イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピクニック・コンサート3つ、どれが一番?

☆新しい仕事関係のサイトも見てもらえると、嬉しいです♪ (但し、ここ数日間は、コース内容の説明関係に終始するのですが。)→ こちらをクリック

********

さて。去年の夏は、ハイドパークでの野外コンサートに行きましたが、今年は、6月から7月にかけて、滅多やたらにあるように思うこの種のもの、3つに行って来ました。

1.ヴァン・モリソン@ハンプトン・コート・フェスティバル

天候が不安定で有名(ですよね!?)なイギリスゆえ、夏でも冬なことあるし・・・当日、どんな天気になるやら、判らないのに、しかも、高額だと、予約するのに勇気百倍、、

いや違う!  勇気が非常に必要。

でも、早くしないと良い席が無くなる、悪くすると、売り切れになる・・・。

勇気をもって早めに予約!したんでしょう(夫)、或る日突然、

「ハンプトン・コートのヴァン・モリソン、予約したよ。」

と宣言されました。なな、なんと、一人100ポンド、つまり、二人で200ポンド! 太っ腹だ!

当日(6月10日)ですが、前日は、かんかん照りだったのに、どんより薄ら寒い曇天。
005_20100614061956.jpg

そんなこと、気にせず、ピクニック中の人、多し。
007_20100614061956.jpg

我々は、すぐ近く、ということもあったし、家で食べてから向いました。天気が良かったらピクニックも良いけれど、震えながら、っていうのは、ちょっとね、、、と。

コンサートだけではなくて、もっと早くに入場して、ガーデン(普段は有料)を楽しみ、ガーデンでのピクニックを楽しむ、っていうのも、人気のファクターなんですがね。

008_20100614054334.jpg
雰囲気ある会場。
009_20100614054333.jpg
*歩いている人、冬のコートを着ているところに注目!(クリック拡大します。)

コンサート会場は、この奥のコートヤード。
010_20100614054333.jpg
そこに入ると、「写真撮影、厳禁。違反すると、つまみ出します。」って掲示があって、泣く泣く、カメラをしまう、良い子な私。。

それなのに!コンサート中も、携帯やらデジカメやらで、バシバシ撮る人がひっきりなしなんです。。

小心者の私は、つまみ出されるのが恐くて、いえ、それ以上に、寒くて手をポケットから出すのが嫌で、撮影無し。

会場は、ちょうど頃合いの大きさで、後から計算してみると、3000人程度、入っていた筈です。もし、未だオープンしているなら、このウェブサイトで、会場の雰囲気がバッチリ判りますが、何とも、心嬉しい空気なんです。

終わった時に、やっと、片付け中のステージを撮ってみた、、、。
011_20100614054333.jpg

肝心のコンサート内容ですが、classyの一言。気難しいので、つと有名なヴァン・モリソンのことですから、お喋りなんて全くのゼロ。ひたすら、次々に演奏して行きます。

彼自身も勿論ですが、感心したのが、バンドの面々。一人残らず、「玄人さん」達揃い。

ヴァン・モリソンのバンド・メンバー選択眼にも感服でした。

コートの襟を立てながら(寒かった!)、宮殿内を抜けて、帰るんですが、
012_20100614054332.jpg
ライトアップされた内部を見るのは、初めてっていうこともあって、
014_20100614054409.jpg
これもまた、感動です。

寒くても、ピクニック無しでも、行って良かったコンサートでした。100ポンドの値打ちはあった、と、意地でも言い通す我々でした・・・。(やっぱり、ちょっと高過ぎかな、、、でも、夫はヴァン・モリソンの曲が大好きだし、こんなに近く迄わざわざやって来てくれたら、行かざるを得ないでしょ、と、彼は言うのでした。



********

2.我がヴィレッジ恒例の、ウオールド・ガーデンでのピクニック・コンサート

打って変わって、これは、私が、たま~にヴォランティアしている、ミュージアム・カフェがある、ウオールド・ガーデンが会場。

これは、内容はともかく、コミュニティ活動の一環として、「参加することに意義有り路線」。

とは言え、二流、三流どころのバンドだし、雨風の中まで、行くって言うのはね、、と、予約せず、当日券にしましたが

7時半開始で、この日は、その直前迄、テムズ川でカヤックやっていたので、ギリギリ滑り込み。

会場に行くと、もはや、ぎっしり、テーブルと椅子を並べた人々で埋まっていて、
019_20100730233313.jpg
うろうろしていると、お隣チームが、既に、落ちついてワインを嗜んでおられるところに遭遇。

うちは、ビールと、おつまみのコレ↓(アーティチョーク)だけです。。だって、大急ぎだったので。
021_20100730233312.jpg

でも、昼間に、自主ピクニックを家でやっておいたので、
018_20100730233637.jpg
良しとしよう♪

デザートは、これ、何度作った事でしょう・・・・
016_20100730233637.jpg
グースベリーのクリスピー・パイ。
017_20100730233636.jpg
グースベリー・アイス付き♪♪


と言う訳で、ラベンダー満開=蜂ブンブンで、ちょっと恐い中、
023_20100730233312.jpg
夜の8時でも、こんな青空の下、
026_20100730233311.jpg
他の家族が、ばっちり気合いを入れたピクニックをする中、
024_20100730233312.jpg
アーティチョークをしゃぶりながら、音楽に耳を傾けんとする、我々でした。

一人12ポンドとはいえ、音楽を聴く、っていう目的のみの為だったら、むむむな催しでしたが、

それでも、ヴィレッジの良き民達は、ダンス、ダンス、ダンス
027_20100730233635.jpg
なのでした。

*ヴァン・モリソンのコンサートでさえ、踊る人々が居たし、ほんとに、踊るの、好きですね、イギリスの人々。

********

3.ライトニング・シーズ@ハンプトン・プール

一昨年、今年と、このピクニック・コンサートの一番人気は、10CC。なんですが、日程が合わなかった事もあって、我々が選んだのは、ライトニング・シーズ。

私は「ピュア」しか知りません・・・。

開場と同時に会場に入り、セットアップ。

001_20100730234149.jpg


8時過ぎに、漸く、ステージに動きがあって、さあ、ライトニング・シーズ登場だ、と待ち構えていると、何の予告も無かった、サポート・バンドが出て来るとのアナウンスに、ちょっと白けた我々。

・・・ではあったんですが、これが、瓢箪から駒!

Lucinda Belle Orchestra(ルシンダ・ベル・オーケストラ)っていうんですが、
002_20100730234131.jpg
このルシンダの魅力的な事といったら。。。姿態もそうなんですが、ケイティ・メルアを彷彿とさせる、甘いヴォイス、そして、堂々としたパフォーマンスぶりに、「ああもう、今日は、これだけで帰っても良いくらい。」とまで思ってしまった程です。
003_20100730234117.jpg
ハープはギミックか、と思いきや、本来は「ハーピスト」だそうです。

思いがけず、得した気分♪♪♪

・・・帰ってから早速、彼女のCDを買って、毎日かけてます。
すごく浮き浮きさせてくれる、音楽のスタミナ剤、みたいな・・・いや、そんな風に行ったら、強壮ドリンク見たいだけど、そんなオヤジくさいんじゃなくって、色っぽいです~。


さて。いよいよ、本命登場。

全く同じシーンに見えてしまうんですが、

これが、開演早々の頃。
005_20100730234108.jpg

これは、中盤。
007_20100730234019.jpg
ぞろぞろ皆、前の方に行って、ステージ前でダンス、ダンス、ダンスなので、

見えない!

そうこうするうち、私が唯一知っている曲、ピュアはいつ?!と思っているうちに、終演!

・・・なるほど、そうか、アンコールに取っておいたんだ、と、

「アンコール、アンコール、アンコール」の声にジョインしていると、

やっぱりそうでした、アンコール曲は、ピュアでした。

ルシンダ・ベルのおかげで、一人26ポンドの料金が、お値打ち価格に思えた事でした。


・・・と言う訳で、これら三つの中で一番は、私の中では、このハンプトン・プールでのコンサートかな♪


********


ピュアの歌詞、改めて見てみると、すぅ~ごく良いです。

既に、長ったらしくなってしまったので、ここにではなく、

ご興味ある方の為に、

「続きを読む」から、歌詞を見ながら、曲が聴けるようにしておきます♪
  ↓↓↓↓↓




続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ロイヤルバレエ・スクールを見て来ました。

もう、三年も前の事。リッチモンドパーク内のホワイトロッジにロイヤルバレエ・スクールの建物増築現場に遭遇(ここをクリック)

必ずオープニング・イベントがあるに違いない、絶対行くぞ、と興奮したものの、案の定、すっかり忘れて幾星霜だったのが、最近、偶然、バレエのパフォーマンスや校内見学が出来る事を発見しました。そして、行って来ました・・・もう二週間以上前の事なんですが。

********

リッチモンドパーク内で、唯一行った事の無かった「Sheen Gate」集合、1:30にピックアップのミニバスがやって来ることになっていました。

待つ事数分、来ないのか、と不安になって来た頃、やっと、やって来たミニバスに乗り込み、そして、ほんの5分程で、玄関に到着。
089_20100707025324.jpg

建物に入ってすぐのホールから、向こうの方を見た所。
090_20100707025324.jpg

中に入ると、若く美しい、魅力的な女性がガイド役として登場。写真撮影は、「バレエ・ミュージアム」と生徒以外はOKとのこと。

そう言えば、ロイヤル・オペラ・ハウスのバックステージ見学に行った時も、生徒達の写真撮影は厳禁、って言われたので、まあ、そういうことなんですね。
091_20100707025323.jpg

この建物(ホワイトロッジ)は、皇室保有のもので、元は、リッチモンドパークでの狩りの時に使われたとのこと。それを、ロイヤルバレエ・スクールが借りているそうです。
100_20100707025541.jpg
ニネット・ド・ヴァロワが、1955年に創設し、借り受け始めたとのことです。

ビリー・エリオットが練習している所を想像したりして。
092_20100707025323.jpg

バルコニーからは、ずず~っと先まで、一直線にリッチモンドパークを貫く形で、景観が拝めます。
093_20100707025323.jpg

生徒達は、この日は、全員留守。エクスカーションに行っているみたいで、ちょっと残念。
094_20100707025323.jpg
生徒達は、Year 7からYear 11の男女半々とのことで、つまり、ここはロイヤルバレエ・スクールの中の、いわゆる「ローワー・スクール」。Year 12からは、コベントガーデンに移ります。

ビリー・エリオットが学んだのは、ここ、ですよね?!・・・最初、Year 7を7歳と勘違いして、そうか、そんなに小さいときから、こういう世間と隔離された場所で、バレエに打ち込むんだ、と、ちょっとセンティメンタルな気持ちにすらなりましたが、7年生なので、11歳から、ですか。それくらいからなら、まあ、良しとしますか。。


寮の建物。
095_20100707025542.jpg

グラウンドの向こうは教室。
096_20100707025542.jpg
バレエだけを学ぶのではなくて、一般の学校同様の科目を学んだ上で、バレエのトレーニングが上乗せです。

敷地内に、ヘッド・ティーチャーの家。
097_20100707025542.jpg


099_20100707025541.jpg
マーゴ・フォンテーン像。
098_20100707025541.jpg

********

世間とは、確実に、時空が異次元。隔絶された独自世界、そんな感じがしました。

101_20100707025702.jpg

生徒達、自然にすっぽり囲まれた、この敷地内で、賢明にバレエに専念してるんでしょうね。感無量。

*見学希望の方、問い合わせ先等は、こちらをクリック。7月は、22日と27日に、またツアーがあるようです。(但し、見学出来るのは、メインの建物とミュージアムだけで、教室や練習場はオープンされていません。)











PageTop

「ジェーン・オースティン・ツアー」

近所に住んでいるのに、

リッチモンド・パークにも、ピーターシャム・ナースリーにも行った事が無い、

という、驚きの発言をした陶芸友を、私お得意の「リッチモンド&ピーターシャム・ツアー」に連れて行きました。
・・・イギリス人を日本の私が案内する、っていうのも、何か不思議な感じではありましたが。

何度もこのブログで写真を出したりしているので、今回は、「お馴染みの主要シーン」はリンクで繋ぐだけにして(青字アンダーラインをクリック頂くと、写真が沢山入った関連記事が出て来ますので、お時間有る向きには、是非、見て行ってくださいね♪)、今回、目についた物にフォーカスして、写真を並べてみます。

まず、ピーターシャム・ナースリーに出来ていた、メドウ、、でもないな、何て呼べば良いでしょう。花畑?
008_20100622160635.jpg
うちにも、こんな区画を作りたい!!と思ってしまいました。


屋内店舗の中では、新たにガラス製品コーナーが出没しつつある。
010_20100622160634.jpg
活けてある薔薇自体も、素敵。


可愛く美しい、アレンジメント。
011_20100622160634.jpg
簡単そうに見えて、実は、なかなかこうは、行かない。。


いつ行っても、何か心時めく発見あり、です。


********


リッチモンド・パークは、必ず来るのが、ペンブローク・ロッジ。週末でもないのに、結婚式準備が着々となされていて、
015_20100622160634.jpg
そうか、この季節、週末の予約なんて、百年前くらいじゃないと、出来ないんだろうな、と思ったり。

何度も何度も来ていて、最早、感動今年の夏花壇も、キング・ヘンリーズ・マウンドも、ラバーナムのアーチ(今はもう、花はとっくに終わり)
きんぐさり

も、イアン・ジュアリーの「歌うベンチ」も、

テムズ・ヴァリーの景観
リッチモンドヒル
↑ 母が来た時も、連れて行きました・・・懐かしい想い出。

も、勿論、案内し、その後、

「つつじ&石楠花の宴」↓
つつじ
が終わってしまったとはいえ、まずまずの美しさでホッとした、イザベラ・プランテーションへも連れて行ったんですが、

歩きながら、その友人が、

「リス美!きっと、ジェーン・オースチン時代のレイディー達は、優雅な出で立ちで、こんな風に、ロイヤル・パークを散歩したに違いないわ。今度来るときは、取って置きのロング・ドレスで歩きたいわ♪」

はぁ、、どうぞ、どうぞ


********


その後、リッチモンドの街中に繰り出し、やっぱり、いつも行くキッチン・ショップへ。ここ、地下が二つに分かれていて、別々の階段から降りて行くんですが、そのうちの一つの部屋は、ベーキング関係のものが、あれこれ色々、山盛りに詰め込まれていて、、、

の筈なのに。

あれ?・・・すっかり整理整頓されていて、ベーキング関係物、すっかり消滅。

さすがイギリス、誰ももう、自宅でケーキ焼いたりしなくなって、売れなくなったっていうこと?

と思ったら、全く逆で、ベーキング専門の支店が、すぐ傍に増設されておりました。

ホッ。。


何しろ、陶芸友なので、彼女がキッチンショップで買うもの、陶芸に使えそうなものばかり・・・木製の転がすタイプのラビオリ・カッターとか、シュガークラフト用の道具とか、他のキッチンショップでは、見かけないような収穫物が色々あって、彼女も満足、私も大満足♪


********


その友人が、余りに喜んでくれる物だから、そうだ、彼女なら、あそこも、きっと気に入るだろう、と、計画には無かったけれど、最後に「おまけ」で連れて行ったのが、ここ。

遠くから、既に、「ん?なんだ???」っていう雰囲気が濃厚。
023_20100626073803.jpg

そして、近くで見て、仰天。
024_20100626073803.jpg
トゥイッケナムにあるヨーク・ハウスです。向かいの「イール・パイ・アイランド(うなぎパイ島!)」は、ローリング・ストーンズ設立当初と縁が深かったりします。


すぐ傍のChurch Streetは、気になるレストランや雑貨店が並び立つも、レストランは準備中、雑貨店は既に閉店。

一軒だけ、まだ開いていた雑貨店に入ると、
026_20100626073802.jpg
おお、次の陶芸作品のヒントが居た!


こういうのも、陶器で作れるよね、、だって、現にここにこうして、作ってあるもの!
028_20100626073802.jpg


********


彼女が、浮き浮きした表情で、私に進言するに、

「ブッシー・パーク
ブッシーパーク

もホーム・パークもそうだったけれど(←以前に連れて行って喜ばれた)、リス美が連れて行ってくれる色々な秘蔵スポット、絶対、行ってみたい人、いっぱい居ると思う。私みたいに、近所に住んでても知らない人、沢山居る筈!それに、ロンドン市街観光だけじゃなくて、こう言うところにこそ、来たい、っていう日本人観光客も、絶対絶対、うんと居るよ!

だ、か、ら、

ツアー会社を作ったらどう、ね、ね、絶対、名案よ!

名前はね、ジェーン・オースティン・ツアー・カンパニー。ジェーン・オースティン時代に、レイディー達が歩いただろう、ロンドン郊外のロイヤルパーク巡りが主要目玉商品。」

私:「え?!?ミニバスの運転とか、出来ないし、、。」

友:「リス美のPoloで充分よ!少人数まごころツアーが、かえって受けるわよ!!同じようなツアーが幾らするのかチェックして、料金を決めれば?!」


私:・・・面白いかも?!


********


実は、ニュートリショナル・セラピストの資格を得るまでもなく、今からでも「食生活改善パーソナル・トレイナー」みたいなことが出来るじゃない、じゃあ、そういうのをテスト開業してみようかな、と、鋭意、構想を練り始めていたところだったけれど、

ジェーン・オースティン・ツアーっていうのも、面白いかも、

なんて思ってしまう、そんな私だったのでありました。


********


「ジェーン・オースティン・ツアー(仮称!)」に興味の有る方、いらっしゃいますか???(笑)







PageTop

戦い済んでも、まだ日は暮れず。

「時々」から「たま~」に頻度が減少している、うちの町のWalled Garden内Museum Cafeでのヴォランティアですが、昨日の日曜日の午後、久しぶりに行って来ました。

午後の番は、1時15分からなんですが、勝手口から入ると、シェフ1名、アルバイト1名、ボランティア1名が、余裕無さそうに、忙しく立ち働き、そして、カウンター前には、長蛇の列。日曜日で天気が良い時は、そんなに珍しく無い光景なので、ふ~ん、という感じで、私もエプロンをつけ、働き始めました。

注文を取ったお客様から、「ガーデン内に椅子が並んでいるのは、あれは、何故?」と聞かれて、「ピクニック・コンサートが7月にあるんですけれど、その準備にしては、早過ぎますよね。」と口ごもった私。。

聞いてみると、この日、3時からバンド演奏がある、とのことでした。夏場は、うちの町、次から次に、色んなイベントが繰り広げられるので、見過ごしていました。

その時は、それを何とも思っていなかったのでしたが、、、。

030_20100614055157.jpg

日曜日×天気良し×バンド演奏の三重苦、ではなくて、三重好条件がもたらした売上げ、締めて1万2千ポンド也。一番高くて、5ポンド弱のメニュー設定なので、それとコーヒーを合わせた7ポンド程度が平均単価とすると、延べ1700人の来客、ということになってしまうんですが・・・・・

031_20100614055156.jpg

まあまあ、もう! とにかく! とんでもない展開になりました。

カウンター前に並ぶ人の数、全く減らない。増殖の一方!

食器が足りなくなる!

休憩なんてしてる隙、皆無!トイレにも行く暇無し!

品切れ続出!

この日は、演奏を楽しむ為だけに来ていた人が、見かねて急遽、自主的にヴォランティアに加わる!


032_20100614055156.jpg

営業時間は、5時終了なんですが、終わった時点で、もう、頭の中、真っ白。寄り目状態。

片付け終わると、6時前。

その時、初めて、カフェの外=ウオールド・ガーデンを観る余裕が出来て、美しく咲き誇った薔薇、ラヴェンダーなどに感動したのでした。

いやはや、正しく、戦い終わって日が暮れて、、な感慨。ですが、10時前まで明るい夏の日は、まだまだ昼間のようで、ガーデンに出て、何枚か写真を撮って、疲れを癒しました。

文章の合間に挟んだ写真は、全部、その時の風景であります。

029_20100614055157.jpg

ふうぅう。

写真は、全部、クリック拡大します♪










PageTop

つつじ&石楠花の下見。

前の家の時は、我々のメインの公園は、リッチモンド・パーク。今の家になってからも、ついつい、足を伸ばしていました。が、実は、もう一つのロイヤル・パークである、ブッシー・パークが、至近ではあるので、今の住所に馴染むにつけ、ブッシー・パークに比重を移して来ています。

例年なら、ゴールデン・ウイーク当たりが、丁度、両公園ともに、見事なる、つつじ&石楠花の最盛期。

今年はしかし、極寒の冬が長かった影響で(と捉えています)、ちょっと遅い。5月11日に、もうじきイギリスを離れる北ロンドンの友人、東ロンドンの友人との、「三人でお喋り会」というのをすることになっているので、丁度その頃にピークだったら、ラッキーなんだけどな、と、火曜日に、まずはブッシーパークのウッドランド・ガーデンに、下見に行って来ました。

つつじは、まだ、こ~んな感じ。
008_20100430154040.jpg
まだらハゲ状態。・・・いや、ハゲたんじゃなくて、未だ生え揃って無いんですけれど。

石楠花は、種類によっては、盛りのものも、ポツポツとは、あった。
006_20100430154040.jpg
高~い所は咲いているもの。


bee.jpg
シャッターを押す瞬間に、中から蜜蜂が出て来たもの!


dwarf.jpg
小人さんの帽子みたいな形の花。


fluo.jpg
怪しい蛍光色の花。

********

この所、凄く良いお天気が続いているので、少し心配ではありますが、揺り戻しもあるので、この分だと、本当に、5月11日当りが、最盛期になるかもしれない!!

・・・最盛期を過ぎた頃が、何ていうか、一番汚らし~くなってしまうので、何とか、最盛期あるいは、少し前、っていうタイミングになって欲しい!

********

一渡り見回した所で、少し先に、ふわふわ茶色の産毛の塊、発見!

鴨の雛だ!

と、そろそろ近づくと、

違いました。


ウサギの赤ちゃん達でした。
001_20100430154824.jpg
人の気配で、若干、固まるんだけれど、

逃げずに、その場で、草を食むのをやめません。
usako.jpg
全く、何の警戒心もない、しら~っとした顔の子。


もぉ~う、邪魔しないでよ、煩いわね、
004_20100430154823.jpg
みたいな顔をして、一心に食べている子。。


か、かっわいい~~。
・・・やっぱり、ちっこいもの、って、いと、可愛らしい♪ でも、こんなに無用心だと、狐とか鳥とかに、あっという間に掻っ攫われるんでは、と、心配でもある。




大人ウサギの場合は、ちょっと違います。

人の気配に、ピクピクピクク!!!
010_20100430155551.jpg
あと一歩近づくと、すぐさま、ぴょんぴょん逃げていく、っていう、そういう瞬間です。


食べている時も、出目金さながらに、目玉全開で、360度警戒態勢!
009_20100430154037.jpg
・・・兎の目って、こんなにも出っ張ることが出来るんだ。。


********

そうそう、これは、実は、火曜よりも、数日は前のことなんですが、鴨三人組が、睡眠中のところに出くわしました。
005_20100430154823.jpg
これって、この前、うちに来て、我が物顔でのし歩いていた、例の、あの、三人組???(→ここちらをクリック!!)・・・拙宅見回りの任務を終えて、休息中の図、っていう感じなんですが。

********

では、唐突ではありますが、今から、お勉強です。集中しますので。








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。