イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅茶で起こして。

イギリス、と言えば紅茶。

家宝のティーポットをおもむろに取りい出し、人数分プラス一杯の葉っぱを入れる。
沸騰したお湯を注ぎ、葉っぱのジャンピングで中にぎゅっと詰まったおいしさを全部引き出す。
そしてティーコージーを被せて冷めないようにしながら蒸らす。待つこと、そう、3~4分。
そして、ポットをぐるぐる回して中身を一様にし、カップに注ぐ。
たっぷりの牛乳を入れる。

 
イギリス人は皆、そんな入れ方をしている、という幻想を持っている方、ひょっとして、おられますか?私は、そう思っていました。(←過去形がポイント)


さて、夫が初めて紅茶を入れてくれた時、我が目を疑った。頭の中が真っ白になるほどのショック。

 え?

  何、それ、ひょっとしてティーバッグ?

   しかも、紐も無い、おまけに丸型。何それ??

そう、その紐なし丸型ティーバッグをそのままマグに入れてお湯を注ぐ。数分は待って、その後、スプーンでそのティーバッグを取り出し、その後にドバドバと牛乳を入れる。


           < 一丁上がり! >


え?!?!?

 ジャンピング運動は?

     人数分プラス1杯の茶葉は?

  ティーコージー、持ってないの? 私でも持ってるのに・・・。

       あなた、生粋のイギリス人ですよ、ね??

そのような言葉が頭の中を駆け巡った。

でも、独身男性(当時)だし、そういう人はそんなものなのか、と、他の大半のイギリス人は、ティーバッグなんぞ使うなんて、そんな亜流をやっているとは信じなかった。信じたくも無かった。

★余談1:そう言えば、夫の友人の中で、もう二人しかいない独身男性のうちの一人、Sの家に行った時、彼のティーバッグの絞り方が実にビューティフォーで感動した。スプーンでティーバッグをマグの内壁に押し付け、一滴残らず絞りつくす、そしてそれを液漏れなく、ひょい、とゴミ箱に捨てる。
★余談1':そのことを誉めると、「え?Sの方が上手っていうの?」と、夫が焼餅を焼いた。何で男の人って、こんなどうでもいいことにまで対抗心剥き出しなんだろう、それならば、本式紅茶で勝負してよ、と、私は思った。

★余談2:デパートの台所用具売場で不思議なものを目にした。台紙を見てみると「ティーバッグ・スクイーザー」つまりティーバッグ搾り器。いくらティーバッグ消費量が多いとしても、そんなものが売れるの?と思っていたら、次に行った時にはもう売っていなかった。既に、所謂、定番落ち?!・・・さも有りなん。


さて。夫の実家なら、料理上手のお義母さん、薀蓄の得意なお義父さん、どちらかが本格的な紅茶の入れ方を披露してくれるはず、と期待した。実家に行った。

出てきたのは、やっぱりそのティーバッグ・・・。



じゃあ、やはり料理好きの夫の姉、彼女なら間違い無かろう。

やっぱり期待を裏切らず、ここでもそのティーバッグ。



イギリス上陸後3か月。その間、夫の友人のお宅、五軒ほどおじゃましました。そして、全滅。


昨夜、積もりに積もった疑問を夫に聞いてみた。

「あのさ、周りの人、全部、丸ティーバッグなんだけど、イギリス人のくせに、何でちゃんとした入れ方しないの?」
すると、こう来た。
「ははは、イギリス人に対する幻想、幻想。今時、忙しくて、そんな悠長な事する人、ほとんど居ない。日本だって、お茶を飲むときにいちいちティー・セレモニーしたり、しないでしょうに。ティーポットに残った茶葉を捨てるの、すっごく面倒だから。」

なるほど、かも。何だか寂しいけど。


でも、入れ方はともかく、こちらの人達、落語のご隠居、或いはホームドラマさながらに、本当に本当に、何かと言えばすぐ、お茶を飲む。

朝起きたらまず一杯。その後おかわり。ミルクティーだから、何より牛乳の消費量も生半可じゃないです。

がぶがぶ飲む。
・朝起きてすぐ、まず一杯。その後すぐ、お代わり。
・外出から帰ってくる。座るより先に、まずお湯を沸かす。そして紅茶をたっぷり入れたマグ片手に座る。やっぱりお代わりする。
・食事が終わる。や、お湯を沸かす。

最低でも一日6杯は固い。終日家に居る時だと10杯ぐらい行くかも。

ですから、拙宅の典型的な一日の始まりは、
1.夫が起床。
2.まず、お湯を沸かし、二人分の紅茶を入れる。
3.私のベッドに私の紅茶を運んでくれる。
というスタイルが、ここ3ヵ月、ずっと継続中。いつまで続くか、朝紅茶マラソン?!

★注:丸ティーバッグ、こんなのです。左横はフォートナム&メイソンのアールグレイのティーバッグ(私専用)。はい、私も郷に入っては郷に従え、ティーバッグ派に宗旨替え致しました。日本に居る時は、何と30年間、リーフティーのアールグレイーを飲み続けていたというのに。
ティーバッグ


★最後に:台所の戸棚の奥から、こんなのを発掘した。
ポット

れっきとしたティーポット。夫に問いただすと、

「昔、家で余ってるのをMumがくれた。」でも、どうやら一回も使ったこと無いみたい・・・。

★どこのメーカーの何というブランドなのか、と、興味を持たれた方、うちのはこれです。大衆品の代表選手、番茶ならぬ番紅茶?としては、他にもPGチップスというのもあります。
パッケージ


☆おまけ:うちの夫が一番好きなマグ。理由は「飛行機がいっぱいついているから」とのこと。特別な材質で出来ているから、これで飲む紅茶が一番うまい、とかいう理由では、もちろんありません。
マグ


マーク入れるの忘れてました。。
fc2ブログ・ランキングの為に、これをワンクリック、どうぞよろしくお願い致します。
   ↓



スポンサーサイト

PageTop

日本のママチャリがグローバル・スタンダードになる日は来るのか?(ちょっと加筆修正しました。)

★毎度のことながら、お手間ながら、写真はクリックして大きくしてご覧ください。もっと適正サイズに出来る方法があるのかもしれないんですが、今の私の知識では、このサイズか巨大なのか、どちらかなので、小さい方にしています。

2月26日は祝・結婚3ヵ月!

だから、という訳ではなく、偶然ではありますが、「りす美(仮名です。念の為。)に自転車を買おう。」ということになった。

ちょっとした買い物に、今までは歩きかバスで行っていたのが自転車で行けるのは大歓迎!

自転車店で。自転車2

自転車


見回しても私がイメージしている「ママチャリ」など、どこにも御座いません。辛うじて似た雰囲気のは、明らかに幼女用のもの一つ。
幼女用等


ママチャリって、ひょっとして日本オリジナル?! ・・・ 誠にその通りの模様。

ママチャリが無いならば、大阪地方で汎用される「さしべえ」なんて有る訳もない。
★さしべえ:傘をさしながら運転する時の為に、サドルに傘を固定する道具。大阪のママチャリには押しなべて付いていて、東京の人が感動する。

買ったのは女性用のタウン・コミューター。前輪8ギア×後輪3ギア仕様!夫のはマウンテン・バイクだけれど、私は荒い道に行ったりしないから、これで良し!と選んだ。
私の


泥除けもライトもリフレクターもオプショナル。バスケットは、映画アイリスでアイリス・マードックが乗っていた自転車に付いていたような籐かごを付けようかな?!

そして、早速、サイクリングに繰り出した。

テムズ河畔をすいすい風を切って(冬だから結構寒い・・・)サイックリング、サイックリング、るんるんるん♪

川には、いつものように、やっぱりカヤッカーが(木の枝で隠れてよく見えないのですが、中央下の方)通り過ぎていく。
カヤッカー


そして、また、初にお目にかかる鳥が上陸して来る。図鑑で調べないと・・・。
鳥 近
鳥 去る


ここで川を眺めるのが好きだった人の遺族が寄付したと思われるベンチがある。For pondering - ここであれこれじっくり考えて。
ベンチ



自転車は依然、すいすい、すすい~。


あ。船が挟まってる!船挟まってる

挟「まってる」のではなく、わざと挟んでいる模様。向かって左のRYC=リッチモンド・ヨット・クラブのエクステンションなのか?次回、向こう岸探索にて要確認。


すると途中から道は小石がぽこぽこ出ている土の道に変貌。小刻みの振動で全身がぶるぶるぶるぶるぶるぶる∞ブルブルブルブルブル。

「震えるぅ~~~。」と叫ぶ私に、先を行く夫が「これはショック吸収器付きだから大丈夫ぅ。」と冷たく叫び返す!結婚後3か月目だと、こうなるのか。

「私のT-Rexにもショック吸収器をつけたい!!」
「え??何?T-Rexって何それ?」
「これ、T-Rexっていう名前なの、ほれ、ここ見て。」


                <爆笑>


T-Rexなんかではなく、書いてあるのはTREK!ポスト調査エピソードの影響もあって、TrekをT-Rexとすっかり勘違いしていた私。。

ぶるぶるブルぶるしながら丘の下まで辿り着いた。そこからは、自転車を押しながら丘を登り、私が大好きな景観を誇るリッチモンドヒルへ。

自転車に乗りながら見上げていたこういう景色。
kayak入れる場所

★私のテムズでのカヤック・デビューは、ここから出航し、左にチラッと見える島をぐるりと(極めて短距離です・・・)回った。
見上げる


今度はそこに立って、さっき自転車を漕いでいたあたりを見下ろす。
ヒルから2

ヒルから


       見上げた所から見下ろす。表と裏のよう。

かき~っん、と晴れた日なら本当に絶景かな、の風景。この日は冬曇りで残念だけれど、それでも、コンスタブルもこんな景色を見ていたんだな、と、何だか感じ入ってしまう、リッチモンドヒルからのテムズの流れ。

カナダのバンクーバー市の元になったジョージ・バンクーバーも言っている。「これほどに綺麗な景色はまたとない、ここで暮らしてここで死ねたら最高だ(意訳)。」と。
バンクーバー


この後、リッチモンド・パークをつっきり、下りの車道をジェットコースターさながらのスピードで走り下り、そして、家に帰って・・・そのまま一時間、ばったり倒れたままだった。

ものすっごく疲れました。

何がって、乗り慣れない高サドル&多ギア自転車でブルブル&草の上&上り坂を含む10kmをいきなり走破したんだから!
★因みに、彼はもっと先のキュー・ガーデンまで行こうと目論んでいたのを、私が喘ぎ苦しむのを見て、仕方なく途中で引き返したのです。アングロサクソンの夫が満足する運動量について行くのって、なかなかに大変です。この先、どうなることやら・・・。

fc2ブログ・ランキングの為に、これをワンクリック、どうぞよろしくお願い致します。
   ↓


ところでタイトルに戻りますが、日本のママチャリって、西洋じゃ売れないんでしょうか???




PageTop

七転び八起きの動物クイズ

イザベラ・プランテーションのガイディッド・ウオークに行ったら、多分、悪天候予報の為、いつの間にかキャンセルされていた、という昨日の話。数々の同情、慰めのお気持ちを頂き、本当に有難うございました!!

昨日のあの場で、直感が私に「こういう事にいちいち目くじらを立てていては、多分、この国で幸せに余生を送ることは出来ないのではないか?」と囁いた・・・。

そこで、
「七転び八起き」
「塞翁が馬」
「覆水を盆に返す法はある」

といった有名な格言に従った行動を取れないか、と考えた結果、今まで一人で来た事が無く、いつも何やらお喋りしながらいい加減にぶらついていたので、この際一人でゆっくり園内の観察をすることにしました。
★三番目のは勝手な創作で格言ではありませんのでご注意ください!

って言っても大げさな事ではなく、この際、一人でゆっくり園内を観察しよう、として、目に付いた動植物をカメラに収めた、というだけのことなんですけれども。

で、動物あてクイズです。全問正解者には豪華景品が当たる!?
★いつもいつもで何ですが、写真は全部、クリックして拡大してみてくださいね。

<では、まずは水鳥達から>
鳥インフルエンザの恐怖はあるものの、鴨たちは大丈夫だろうと踏んで、池に浮かぶ水鳥達を観察しました。

こんなに色々なのがいます。群1
群2


★そうそう。食事中
これは昨日のではなく、他の機会に撮った写真ですが、凄く面白かったのでおまけに付けます。カモ達が一斉に顔を水に突っ込み、ピチャピチャ大きな音を立てて食事中の図、です。


普通のカモ(マガモ)は置いておいて、目に付いた珍しいのは、こういうのでした。

まずは第一問目。
白黒あひる
生きているとは思えない雰囲気を醸しだしてますが、生物です。

第二問目。
茶頭
これ、特にピンボケで、ほんとにすみません。

第三問目。
黒で赤目
何か文句あるのかぃ、とでも言いそうな顔。うっかり赤目修正を自動的にしようとして、違う違う、この鳥はもともとが赤目だ、と、手を止めた。。

第四問目。
掛け軸
これが昨日「掛け軸から出てきたような」と言った鳥です。

<小鳥からも一つ。>
第五問目。
小鳥
小鳥用のえさを入れ、大きな鳥達が取りに来ないようにケージを被せた場所に集っています。

<小動物を最後に。>
第六問目。
木の上で
私が食べたりんごの芯を投げると猪突猛進でやって来て奪取。多分お気に入りのいつもの場所なんでしょうか、木の上の絶好の場所で食べだした。
★これが判らない人はいないとは思うのですが。

答えは「続きを読む」をクリックしたら出てきます。その前に、ランキングへの投票を是非お願いします。何だかこの頃、点数がどんどん下がっていて寂しいんです・・。

←これをワンクリック、是非、よろしくお願いします。

PageTop

晴れ女、憤慨す。

今日、2月24日金曜日は、カレンダーに花丸が付いている。

いつだったか、いつもの散歩コースのリッチモンド・パークに行った時、この中の「イザベラ・プランテーション」という植物園に、今日の11時から園内のガイディッド・ウオークがあるという小さなポスターが貼ってあった。無料。2月は10日と24日。

そうそう、平日のこういう目玉行事に飛び付けるのが会社員やってない最大のメリットの一つ!行かずにおくまいか、と、固く決意していた。10日は折悪しく、とてもガーデン・ウオークの楽しめるような天候ではなかったので、残念ながらパス。24日に賭けていた!

日程が近づいてきたおととい、週間天気予報を見てみると、ぎょっとするような予報が出ている。雨、雪、強風、超低温、という類稀なる悪天候要素ミクスチャー。しかもこの数日は、本当に樺太を思わせるような(もちろん行った事は無いので勝手なイメージ)悪天候。斜めに降る雨に始まり、霰(あられ)に雹(ひょう)までがオンパレード。

今週末には一斉に咲きそろうかな、と楽しみにしていた庭の水仙も、又、縮こまってしまったくらい。

昨夜の予報も、全く芳しくない。

「ぜぇったいに行くのだ!」と固い決意だったのが、だんだん怪しくなって来る。今回もパスかな・・・。と恨めしく思いながら寝た。

今朝7時。外を見る。あれ?ひょっとして大丈夫かも??

8時。ほんとに、行けそうかも。

8時45分。晴れ間が見える・・・。

そうだ、行ったとしても途中で天気が崩れる可能性もある。そんな時に備えて英気を養っておこう!と、9時45分に目覚ましをセットして仮眠に入った。

目覚ましで起きた。。外を見る。は、晴れている。。あの天気予報は何?!?

カイロを貼ったり厚い靴下を履いたり。バタバタ支度して、10時20分に玄関を出た。

100mほど歩いたところで、マフラーを忘れたことに気付く。が、もう遅い。このまま決行!

実は、イザベラ・プランテーションは、一人で行ったことが無い。方向音痴では誰にも負けない私。リッチモンド・パークは結構ワイルドなので、迷った挙句に遭難したらどうしよう・・・そんな不安が頭をかすめる。

すると、いつも夫と行く時に曲がる、私道なんだけどパブリック・フットパス、という高級住宅地の入り口があった。そうそう、ここで左折。
曲がり角
★今日もこれに限らず、写真は全部、クリックして大きくして見て下さいね。

道に沿って、大きなお邸がずらりと並んでいる。邸宅たち


プライベートのゴルフコースでは、向こうの方でおじさん達がパットの最中。
ゴルフコース


あ。ラダスター・ゲイトがあった!ここまでは、何とか覚えていた。
※リッチモンド・パークの入り口は数箇所あって、その中の一つ。ラダスター・ゲイト



さて、これからがいよいよ本番。果たして無事にたどり着けるのか。期待と不安で胸はいっぱい。

枯れ草茂る中、道無き道を進む。誰もいない。遭難したらどうしよう・・・。りんご二個しか持って来なかったけど、生き延びられるだろうか。リメンバー・セマフォア・タワー。腹ペコは辛いぞ!という教訓がちっとも生きていないじゃないの!!



(早歩き中。)



前方左手に、見覚えの有る森が!見えた!

あ、あれ、きっとイザベラ・プランテーションに違いない!

伸び放題の枯れ草に足を取られながらも進む。

あ。黄色いのが見える。ハマメリスだ。間違いない、ここだ、ここだ!着いた!!
gate from far


イザベラ・プランテーションには4~5箇所の入り口がある。集合場所はその中のここ、と、ポスターを見た時に夫は言っていた。時計を見ると10時58分。間に合った・・・。
plaque



(期待の笑みを浮かべて、一人佇み、待つ。)



でも、誰も来ない。

あれ?ひょっとして別の入り口?!?そんな馬鹿な!こんなに苦労して(とその時は思った。今思うと別に苦労などしていない。)、やっとの思い出ここまで辿り着いたのに(何を大層な、と今は思うけれど、当時はそう感じた)。うわ!今から走ったら、始まっていたとしても追いつくかもしれないぞ。

ダッシュ!

そんな時に限って、その辺を人が歩いていて、そして怪訝な顔で私を見ている。

ダッシュ、ダッシュ、ダッシュウウウウウ。

走りに走って、やっと11時10分に、別の入り口に着いた。

誰もヒトは居ない。居たのはマグパイ(鳥)一人マグパイ



取り敢えず中に入った。喋り声が聞こえる方向に急ぎ足。でも、犬を連れたカップル。

    方向転換。

また、喋り声。行った。赤ちゃん連れの女性。

          方向転換。

あっちで喋り声。老夫婦。

 またまた方向転換。


そして判った。あ~あ、完璧に置いていかれた・・・。


せっかく、せっかく来たのに。


仕方なく、一人で園内をくまなく歩いた。

そうこうするうちに、さっき、集合場所と思っていたのに人が居なかったので、ここではない、と結論した入り口に舞い戻ってきた。落ち着いた気持ちで、改めて、そこに貼ってあるポスターと横の地図のYou are here.を見比べた。え?!ここで良かったんじゃないの!!



ああああ、イギリスいい加減!
勝手にキャンセルになったに違いない!!何より、こんなに歩き回ったのに、それらしきグループに行き会わなかった!!!!!!


次回は3月10日。よぉし、こうなったら、次回は、今日回って色々湧いて来た質問を片っ端から案内のおじさん(おばさん?お兄さん??お姉さん???)にするんだから!

・質問例1)ヘザーは冬もピンクや白の花状のと、まっ茶色になってるのとあるんですが、茶色のは枯れてるんですか?
・質問例2)南天とヘザーはいつもお友達みたいに植えておられますが、何ゆえ?
・質問例3)池にいる鳥の中で、掛け軸から抜け出してきたみたいな和風のトリは何?
・質問例4)ハマメリスを是非、庭に植えたいのですが、高価なので、失敗無い管理方法を教えて欲しいです。
・質問例5)いったい何種類ぐらいの石楠花やつつじがあるんですか?

fc2ブログランキング、これを押していただけると一票入ります。
よろしく一押し、お願い致します!是非に。
    ↓



★イザベラ・プランテーション:名前の謂れははっきりしないそうです。1831年開設。1950年に小道や小川の工事開始、53年一般公開。E.H.ウィルソンという植物コレクターが日本から石楠花、ツツジなどを持ち込んだ。椿や木蓮を始め、珍しい植物がある。池には多種類の水鳥がいる。新しい小川やヘザーが追加されたりして、現在も手が入り続けている。


PageTop

グリニッジが明石だとすると、ブリストルはどこ?

何からこの話になったのか・・・。

アメリカ人もイギリス人も、頭字語(acronym)をやたらに使うんだから、もう!と、この看板を見て憤慨したことがきっかけだったのか?
トイレの看板


それとも、セマフォア・タワーの役割を知って、何と悠長だったことよ、と逆に感嘆したのが発端だったのか??

或いは、日に日に日が長くなって来て、朝7時はもう明るいね、と喜んだことからだったのか???


どういう話の流れからだったのかをどうしても明確に思い出せないのだけれど、とにかく、イギリスには二つの時刻がある、という話になった。

イギリスと言えば天体観測で世界標準時刻を定めていたグリニッジ天文台から取ったグリニッジ標準時というのが世界中で長く普及していた。今はもはや、原子時計で定める協定世界時(UTC=Coordinated Universal Time)が取って代わったらしいけれど、イギリスではもちろん(!)、まだまだグリニッジ標準時なんでしょう。トイレの門もそれに従って開閉しているようですし。

★ここで初めて、上の写真の解説です。
(写真の上をクリックして、拡大して見て下さい!)実はこれは、我々のお手軽散歩コース、リッチモンド・パークの門の一つである「ロビンフッド・ゲイト」のすぐ内側にある公衆トイレットの門についていた看板。ここに書いてあるBSTがBritish Summer Time(イギリスはサマータイム制を採用している)でGMTがGreenwich Mean Time(グリニッジ標準時刻)、イギリス人なら全員すぐに何のことか判るそうです。


そんな馬鹿な!イギリスの実質的西の端、ランズエンドに行った時も、時刻は一緒だったし。

でも、ブリストル(Bristol)・タイムというのが、ある、というのです。

そこで又また!調べてみたくなってうずうずして来た・・・で、調べてみた。そうしたら、本当にそういうのがあるんです!

時計
(写真の上をクリックして、拡大して見て下さい!)
ブリストルにあるこの時計の写真、赤い長針と黒い長針がありますが、赤い方は秒針とかじゃなくて、ブリストル・タイムを指しているそうです。場所はブリストル(ロンドンの西150km位の、ウエールズから程近い場所にある都市。★ちょっと脱線。ブリスト・ル、と発音するみたいに見せかけておいて、実はブリストゥルという発音の曲者スペリングの一つ。曲者スペリングは他にもまだまだあるけれど。

話が長くなるのでぎゅぎゅっと圧縮すると、イギリスは、1792年から「ローカル時刻制」というのが普及して、ブリストルだけではなくて、その土地、その土地の子午線の位置で、土地ごとに時刻を決めていたそうなのです。だから、国中の時刻はバラバラ。

ブリストルはロンドンより2o 35' 西にある。昔習った記憶によると、15°=1時間だから、ということは、ロンドンより約10分遅い。で、約10分黒い長針より遅い赤い針は、そのブリストル・タイムを示している。

さて、ところが19世紀中ごろになって、鉄道や電信や郵便が普及して来ると、場所によって時刻が異なるのが大変不便、辻褄が合わなくなって来た。そこで、鉄道会社(Great Western Railway)がまず、ロンドン時刻を全国の駅全てに導入し始め(1840年)、更に、1884年にはついにGMT=グリニッジ標準時刻が世界標準時刻として定められた。

従って、もう、とうの昔にブリストル・タイムもへったくれも存在しない。あの時計は実質的には観光名所みたいなものなんではないんだろうか?

あ、ちょっと待って。何故、針が二本あるのか。ブリストルの人が頑固にローカル時刻を守りたかったのなら、ローカル時刻の針だけで良かっただろうに。頑固にローカル時刻を守ろうと思ってはみたけれど、不安になって、標準時刻も付け足した、ということなのか???

・・・行って、この目、この耳で確かめたい気持ちが湧きに沸いてきてしまった。これは困った。ポストを訪ねる旅と、一体どちらを優先すべきなのか!?


★今日の学び1.イギリスは、郵便ポストの件と言い、ちょっとつつくと、歴史の話になる、というのが得意だ。
★今日の学び2.何か、これ、ミステリー小説のネタとか、そんなものに使えそう。十津川警部がイギリスに出張して事件を解決する西村京太郎の鉄道ミステリーの新境地、とか。
☆今日の予想1.きっと近い将来、ブリストル方面に、時計とポストを見る一石二鳥の旅に出ているかもしれない。

fc2ブログランキング、これを押していただけると一票入ります。
よろしく一押し、お願い致します!
    ↓


尚、問題の時計は、ブリストルのコーン・エクスチェンジの建物(という所)にあるそうです。
※時計の写真はhttp://wwp.greenwichmeantime.com/info/bristol-time.htmより。

☆コメントを入れたいけど入れ方が良く判らない、コメントが画面に公開されるのは嫌、といったご意見の方がおられたので、そういう方の為にメールコーナーを新設しました!(右側コラムの下の方のメールフォームと言う所)。メールくださ~い!!

PageTop

鏡台が家にやって来た。

副題:イギリス結婚祝い事情・実例篇
(すみません。。ちょっとだけ、のろけ的要素入りかも。請ご容赦。)


<プロローグ>
祖母が嫁入り道具だったであろう鏡台で化粧水をつけていた姿をはっきりと覚えている。

母も若い頃、鏡台の前で化粧していた。家を新しくしたら、洋風のドレッサーになっていた。

義妹も確かにベッドルームにドレッサーを持っている。

で、私。恥ずかしながら、ずっと洗面所の大きな鏡の前で立ち化粧!鏡台もドレッサーも持ったこと無い。いつだったか、趣味の一つが木工、という夫に、「ドレシング・テーブル作ってよ。」と言ったことがあったけれど、「現在の腕前では、ハードル高過ぎるな。」とにべも無く断られた。


<序>
さて、昨秋結婚するに当たって、20代ならともかく、それに私は再婚だし、式とか披露宴とかをしたい、と思ってはいなかった。

ところが夫が決然と言った。
「友人で結婚していないのは、たった二人。今まで、その二人の未婚者を除いて、友達全っ員の式&披露宴に招待され尽くした。だから、しない訳には行かない。」
「それに、この先、結婚の記念日ごとに思い出して語り合うよすがが欲しい。」
「シンプルでも納得できるレセプションがしたい。」

そこで、インフォーマルなレセプションをすることになった。

問題になったのが「お祝い」。


<破>
「日本だと、事前に渡しておくこともあるけど、普通は新郎新婦の友人とか後輩とか会社の若い人とかが受付に座って、お祝い金を収拾するよ。だいたいの金額の相場も決まってるし。」
「え?!イギリスではそんな事しない。プレゼントして欲しいもののリストを新郎新婦が作って招待客に渡し、そこから選んで贈るのが一般的。懐具合とか、親しさとかに応じて、金額も人様々だし。」
「でも、だいたい必要なもの有るから、別に欲しいもの無いし・・・。」
「皆から聞かれる事は火を見るより明らか。何も言わないのは一番みんなを困らせる。早く決めないと。」
ということになり、結局、イギリス国内から来てくれる人達への招待状には、
「お祝いを考えて頂いている場合は、ジョン・ルイス(近所の百貨店)のバウチャーを頂けると有り難いです。」という一文を付け加えた。
※日本から高い飛行機代を出してわざわざ来てくれた人達には、当然辞退する、と申し上げた。


<急>
さて、レセプション当日。

会場に選んだBarnの入り口近くで、お客様たちを出迎える。
barn front

barn front 2

よく来てくれた!わぁ、久しぶり!!などから始まり、zxoiulef serskdjliosu skjlsd seiuosekrtjl;spss sjkdifsd aedskjq./wlrjhupe/m.fdsfodklfasuopie sdoserje sprpuoase eiwaeor etc. etc.... と、

それはもう、やんややんや、がやがやざわざわ、もみくちゃ、あ~~~。

一斉に言葉を交わし、同時にその時点でカードと祝いの品が直接本人(夫)に次々に渡される。

バウチャーが大半だけど、シャンパングラスだの、はたまたシャンパンそのものだの、リネンだの、そういった「物」をくれる人もいるので、もう、てんやわんやの極み。誰から何を貰ったのか覚えておくのに文字通り、血眼!


<エピローグ>
ハネムーンから帰って暫くしたある日。
「ドレシング・テーブル、ジョン・ルイスに予め行ったら、これならリス美(仮名。もちろん)が気に入る、と一目で判ったのがあったから、作る代わりに、バウチャーの中から、まず、あれを買おう。」と夫。

わ。覚えててくれたんだ・・・。そうか、だから、ジョン・ルイスのバウチャーって決めたのか。と初めて気付く、いつもながら鈍感力に富む私。

一緒にサンプルを見に行くと、本当に私の好みにぴったり。樫の木製の、素朴・ハンサム・品位も有り、と三拍子揃った素敵なお品。

こうして、結婚(祝い)のシンボル的な存在として、50歳にして初めて、鏡台を持つことになった。


おととい。いよいよ、サンタが街に、じゃなくて、ドレシング・テーブルが家にやって来た!
dt

毎朝、寝室に鎮座ましますこのお品の前に私自身も鎮座して撫で回している・・・。

<蛇足>
もっと正式な由緒正しき結婚の場合がどうなのか、その辺は知りません。あくまでも、一つの、変則的かもしれない例です。

毎年11月に裏庭で焚き木&花火パーティーに友人たちを招待するのが、ここ25年来の夫の恒例年中行事とのことなので、今年のその際、「これが、貰ったバウチャーで買ったもの。」として披露されるんだと思います。

<続・蛇足>
ははは、もいいとこ・・・写真、スツールから何か出てる。アップロードしてから気付きました・・・紙ラベル取り忘れ!すみません、大勢に影響無いと思うので、再撮は割愛させて頂きます。悪しからずご了承ください。。

fc2ブログランキング、これを押していただけると一票入ります。
よろしく一押し、お願い致します!
    ↓

PageTop

T-Rexとポストの関係に初めて気付く、の巻。

副題=ポストだらけ。

T-Rexと聞いて、
★マーク・ボランを思い浮かべますか?(ちょっと古過ぎ?)
★それとも、最大の肉食恐竜ティラノザウルス(Tyrannosaurus rex)?

いずれにしても、

Q:「Rex」とは何なのか?

私は、知りもしなければ、全く気に止めてもいなかったのですが、ひょんなことから、そう、イギリスのポストのおかげで知ることになった、というお話です。

(※最初に一言:ポストの写真が沢山出てきます。お手数ですけど、みんな写真をクリックして大きくして見て頂けますか?その方がはっきり判りますので。)


さて、ちょっとRexについては横に置いておいて、まず、昨日のポストの全体像を見てください。
gr


写真をクリックして大きくして見てください。下の方に「GR」とありますが、一体これは何のこと?グレイト・ブリテンっていうくらいだから、グレイト何とか??

・・・早速、種明かしをしてしまうと、

GR=Georgeus Rex。
Georgeusはジョージ(George)のラテン形。
Rexはやはりラテン語で国王。
つまり、GRとはジョージと言う名前の国王のことで、このポストはこの国王の時代に出来たということを示しているのです。

ここまでで、もう既に私は、何だか大感動・・・。でも、まだ続きが。

調べてみると、最初のポストが出来たのは1852年とのことだそうです。
1852年以降、現在までの間にジョージと言う名の国王は二名。
ジョージ五世:1910-1936 (現在の女王エリザベス二世のおじいさん) と
ジョージ六世:1936-1952 (同、お父さん)。

このポストは、この二名のうちの何れかのジョージ国王時代のものだったということになります。いったいどちらの?


この疑問を抱いた私は、まずGR以外にどんなマークのあるポストが実在するのか見てみようと、近所を回ってみました。


最寄りのノービトン駅前にポストがあったような気がして行ってみたら、こんなのでした。
norbiton

問題の部分を拡大すると、
n bu

GRのGが筆記体で、更にローマ数字Ⅵが組み込まれている!そうか、五世は、ポストが出来てから初めてのジョージだから誰に遠慮なく、ただGRで良かったけれど、次の六世は、五世と識別する為にⅥの字を追加しないといけなかったんだ!!つまり、さっきのはジョージ五世時代に出来たポストだったんだ!と、ここで謎が早くも解消。


しかし、一旦エンジンのかかった私は、ここで止めるなんてことは出来なくなっていた!

更に今度は少し先の小さな郵便局の前のポストまで行ってみた。するとそれは、こんなのでした。
ed bu

大きくするとこう。
ed

ERにⅦが組み込まれている!プレイボーイとして名を馳せたエドワード七世(1901-1910)、ということは100年ほど前に設置されたものだ!100年も立ち続けているポストに感服・・・。さっきやめなくて良かった~。


ぐるりと回ってもう一つ見つけたのがこれ。円筒型ではなく、四角くて小さめ。ERとあります。現在の女王エリザベス二世。ポスト始まって最初のエリザベスさんだからⅡは入っていないんだ!
注:この場合のRはRexではなく、女王を表すRegina。
qe2


雹だの、横殴りの雨だの、強風だので午後3時頃になるまで外に行けなかったので、残るVR=ビクトリア女王(1837-1901)のと、シンプソン夫人と結婚して王位を弟のジョージ六世に譲ったエドワード八世(1936)=ERⅧの発見は又今度、ということにして帰って来ました。

検索してみたらVRの画像があったので、おまけにつけておきます。
vr

(www.pbase.com/image/24942430より)。

エドワード八世は、在位期間が一年にも満たなかったので、ポストが見つかれば極めてレア物ということになるかも。

最後に、そもそもの最初のQへのAを念のために明記しておきます。
答えは、「王様という意味のラテン語」。そしてティラノザウルスは恐竜の王だからT-Rex。・・・という訳でした。

☆今日の学び1.:イギリスでは、ポストを見つめるだけで、ちょっと賢くなれる。お得。
★今日の学び2.:ポストもなかなかやるもんだ。

ああ、すっきりした~、何だか得したぞ~、と思った方、早速ランキングのワンクリックをどうぞよろしくお願い致します!
←(このマークをクリック)

かえって頭がこんがらがって来た、何だか沸々と色々な疑問が湧いて来た!そんな方も、今日のところはこれぐらいで勘弁してください!結構、疲れた・・・。クリック、よろしくお願いします!!
←(このマークをクリック)


ああ。今日はすこぶる真面目、何だか、世界不思議発見!みたいになってしまった。


そうそう!ポストに曜日の札がついていて、札は曜日に合わせて毎日変わる、という昨日の話。昨日のポストは律儀にちゃんとTUEになっていました。でも、今日の他のポスト達、入れるスリットはあっても入っていないものや、スリットすら無いものばかり!昨日のがむしろ例外??

そうだ、至急、イギリス全国のポスト国勢調査を実施したい!

ポスト国勢調査員求む!
やりがいの多いお仕事です!
★但し、無給のボランティア・出世払い、ということになります。どなたか、希望者はおられないでしょうか???




PageTop

曜日民族

夫との会話の例です。

(例1:夫から始まる時。あくまでも仮の例。)
夫:来週の水曜、カリー食べに行かない?
私:ん?それって何日のこと?
夫:う~~んと(とカレンダーを見に行く)、25日の水曜。

(例2:私から始める時。誤解しないで欲しいのですが、実際の生活では、殆ど家で食べます。飽くまでも判りやすい例として出しています。)
私:23日の夜、イタリアンに誘われたんだけど、一緒に行く?
夫:え?それって何曜??
私:えっとえ~っと(とカレンダーを見に行く)、木曜。

・・・と、こんな調子で、どうも噛み合わない。スケジュールの話になると、いつも会話が突然ストップする。ほんとに、い・っ・つ・も。


ある時たまりかねて、今後の会話を「(何月)何日」に統一すべく申し出ました。

私:あのさ~、何曜日っていわれてもピンと来ないから、何月何日、って言おうよ。
夫:ははははは!!そんな馬鹿なこと!全然イメージ湧かない!2週間以内は何曜日って言うのが常識!!
私:イギリスの常識、世界の非常識!!断固反対、イギリスおかしい!
夫:違う、何曜日は世界の常識、日本の非常識!!!

そこで、少しインターネットで調べてみました。すると、日本では、七日間を一単位とし、日曜は休む、という週休制が正式に導入されたのは、明治六年に西欧で使われていたグレゴリオ太陽暦に改められてからで、それまでは太陰太陽暦が使われていた、つまり、生活に「週単位」が入り込んで来たのは明治以降のこと、ということが判ったのです。

なるほど、そうだったのか・・・。西欧の人達の頭には「週単位」が日本人とは比較にならないくらい深く入り込んでいるんだ。

何だか、深い感動。

さて、私達夫婦が今後、「何曜日」か「何日」かどちらを標準と採用するのか、それは今後の我々の力関係による。楽しみ。。

★ところで、今日、近所の郵便局に行って、ふとポストを見たら、何と、ポストに「月曜日(MON)」という札が入っていた!ほら!!
ポスト拡大
写真の上をクリックして拡大すると、ポストの大きな笑顔が目に飛び込んできますよ・・・。

回収時刻や頻度が平日と土日では違うんでしょうけど、別にポストに曜日をつけなくってもいいでしょうに。

何でも、郵便回収に来る人が曜日の札を持っていて、一日の最終回収時に次の日の曜日に取り替えるらしいのです:写真を撮ったのが月曜だったので、この日は月曜の札が入っていた。おぉおぉ思わず一句出て来た!
イギリス人、そんなに曜日に執着してどうするの!?(字余り)

★★この件をきっかけに、ポストについて、へぇ~っていう、新たな発見をしてしまいました。詳しくは、明日或いは明後日にでも。たかがポストと侮るなかれ、何でもちょっと調べると奥が深いものです。

曜日付きのポストが気に入った、と言う方もそうでない方も、このブログのランキング投票に、下のひよこをワンクリックしてください!
   ↓

   ↑
クリックすると、今のランキング状況が判る画面に行けます。よろしくお願いします!!

PageTop

寝る子は育つ。

昨日の日記を見てくれた陽子さんからのリクエスト:イギリスに住んでいた頃、春の訪れをクロッカスや水仙で知ったのは丁度今頃では?咲いて来たら写真が見たい、と。。何と言うグッドタイミング!取っておきの写真が目白押しです。

☆やはり、写真を一枚ずつクリックして拡大して見てくださいね。


まずはクロッカスから。


昨日の散歩中、遠くの方に何やら黄色いカーペットが。c遠景1


近寄ってみると、クロッカスが咲いている!
c遠景2


もっと近寄ったら・・・あれ、一面の黄色と思ったら、紫のが一人だけ混じっている。
c近寄ったら


実は、うちの庭にも出てきているんですが、ある日気付くと蕾がバラバラに・・・鳥がつっついたみたいなんです。大ショックもいいとこでした!!何ってことをしてくれるんだか!生々しい傷口は完全には癒えませんが、何とか持ち直して来ています。
cうちの庭


次は、スノードロップ。

これも昨日の散歩中に発見した群生。
sd遠景


近寄ったらこんな感じ。
sd近づいたら


これは、昨日のセファモア・タワーを囲っている垣からこぼれ咲いていたもの。
sd足元に


親ばか?うちの庭のが一番可愛い・・・。
sdうちの庭


日本に居る頃は、年末から白い日本水仙が咲き出したりしていましたけれど、イギリスのは、あと数日は待たないとだめみたいです。
水仙は未だ。


埋めたまま放ったらかしにして何もしなくとも、毎年必ず、1月下旬からぼちぼち顔を出し、2月中旬、つまり今頃になると花盛りになってくるのがクロッカスやスノードロップ、ということです。

朝は9時頃にならないと明るくならず、日中もどんより曇り空、そして3時過ぎにはもう暗くなってくる、そんなイギリスの冬。旅人時代は「何だかロマンティックぅ。」で済んでいたのが、住み始めると、そんな呑気なことではすみません。樺太と緯度が同程度(なんですよ!!)なんだから仕方無いんでしょうけれど・・・。

年が開け、しばらくして、春の訪れを確実に知らせてくれるクロッカスやスノードロップ。来年に備えて、今年は庭の芝生に沢山沢山、埋め込もう、と固く心に決めています。

 - 以上、イギリスから、埋めっぱなし球根花前線でした。

けなげに咲き誇る花達に、一票ください!ひよこのマークを押してください。
   ↓

   ↑
今日のランキングは一体どんなことになっているのか、押せば判るんですよ・・・。


PageTop

リフレッシュするのは疲れる。

(はじめに:なまちゃんさんご要請のカントリー・パブの記事の件ですが、ちょっとだけ、それ風なのを後ろの方に入れました。もっと網羅的にやるまで、今しばらくお待ちくださいませ。)


さて週末。一週間の激務の果てに疲れきった夫。でも、晴れてりゃどこかに行かずには気が済まない!

「今日は遠くまではちょっとしんどい。」と自ら申告したのを幸い、じゃ、ちょっとだけ、この辺で軽くどこかに行くか、ということに。

昨11月の結婚式に日本から来てくれた友人達の中で、夕方の飛行機だった陽子さんと一緒に行った、空港からさほど遠くない、タワーのあった公園みたいな所、何ていう名前だったかも確認したいから、あそこに軽いお散歩に行こう。

家から車で約20分。到着した所の名前は「オックハム&ウイズリー・コモン(Ockham & Wisley Common)」。これが説明ボードです。
ockham common sign
☆ガーデニングに詳しい方ならご存知かもしれない、ウイズリー・ガーデンの近所です。

何でも、自然生態系を守る活動の一環として、ヒースを維持しようとしているとのこと。一面のヒースの原。ヒース、そしてヒース原に生息する数々の生物にダメージが大きいとのことで、侵入植物であるスコットランド松(ポツポツ覗く緑はスコットランド松の子供達。)は、生えてきたら伐採される運命。
chalk road
☆道が白いのは土壌が白砂だから。

どんどん歩く。

急に目の前が明るくなって、どど~ん、と、タワーがそびえる。その名はセマフォア・タワー(Semaphore Tower)。1822年建立。当時の通信手段は何と手旗信号!軍港ポーツマスの船から軍司令部のあるロンドンまで、合計15箇所のこのようなタワーのてっぺんに付けた自動手旗信号機(旗では無くて棒とのこと)を使ってメッセージをリレーで届けたそうな。伝言ゲームだから、時間はかかるし、確度も怪しい。
semaphore tower

棒の横にある筋、これが、その自動手旗信号機の跡。旗の代わりの棒が動いていたのを想像して、何だか、しみじみ・・・。
tower top


さて、タワー観察の後、引き続き歩く。

白砂の土壌から、今度は真っ黒の土に変わっている。
boggy path

「ちょっとちょっとぉ。またこんなグジョグジョの道!いつも、いっつも、こんなとこにばっかり連れて来てもう!!」
「だいじょぶ、大丈夫。」

どんどん進む。

「今日って、軽い散歩のはずだったよね。」
「軽い軽い。」
「お腹すいた。。」

パブリック・フットパスをどんどん進む。

narrow path
狭い道、かきわけ、進む。

あれ?ここ、民家の敷地内・・・。backyard
パブリック・フットパスが裏庭を突っ切っている・・・こんなの有り?有るそうです。だから、家を買う時は充分気をつけないといけないそうです。

またまた急に目の前がぽっかり明るくなったと思ったら、runway
これは一体なんですか?滑走路?でも草ぼうぼう。

おまけに、馬車が通ってる!?
horse on runway


脇で牛達が井戸端会議??
牛の会議か


実は、1960年代にVC10という英国製の飛行機のテストフライト用滑走路として使われていたのだそうです。アメリカの飛行機産業に凌駕され、そしてお払い箱に。そして打ち捨てられてこんな状態になっているとか。悲しい・・・。
☆VC10の所をクリックすると、VC10のサイトに飛びます。

で、その元滑走路をまた、どんどん歩いて行く。
「どこまで歩く気?」
「え?端から端まで全部。」
「だって、今日は、軽い散歩の、はず、だった、よね。」
「軽い軽い、だいじょぶ大丈夫。」
「お腹、す・い・た。」
      ・
      ・
      ・
地図を見て、夫は言う。「ここを突っ切って、道を渡ってウイズリー・ガーデンに出て、その横の道を進んでいくと、ほら、PH=パブリック・ハウス、パブがある。ここまで行こう!」

パァブ、パ・ブ、パァブ、パ・ブ、と呪文を唱えるように足を引き摺る私。
「足がフットマッサージを要求してる!もう歩けない!!」
「だいじょぶ、大丈夫!」
「行き倒れになったらどうするのよ!」
「はは、だいじょぶ、大丈夫!」
「私はか弱い大和撫子!」
「だいじょぶ、大丈夫!」
「お腹すいた、もうだめ・・・。」


あ。と短く叫ぶ夫。「この地図にCHって書いてあるのは、クラブハウスのことか!あそこに見える立派な建物、あれ、プライベートのゴルフクラブのクラブハウスだ!っていうことは、ここを通り抜けてパブに行く事はできんな。すまん。」
「え?まさか、パブに行けないっていうこと??パブランチだけを励みに歩いているというのに!」
「ごめんごめん。ぐるっと回って車まで戻ろ。パブはその後。」

           ・
           ・
           ・
私はもう、知りません!一人でどうぞ!!
疲れたわ


すわ!武器を持った迷彩服の男!夫が危ない、迷彩服
結婚したばかりなのに未亡人になっておらりょうか!!!

実態は、兎狩りの一行だった・・・フェレットに兎穴を見つけさせ、そして兎を撃つのだとか・・・。


やっと、やっとのことで車まで戻り、即刻、パブを探してダッシュ!最初に見つけたパブ「ブラック・スワン」に、もう、どんなパブでも良いから、と、突入する!喉を潤し、胃を満たす!
パブへ。
注:今、夫より要請あり。この男の人は夫ではありません、ということを注に入れて欲しいそうです。対抗心?

天国。。すっかりかじかんだ手を暖炉にかざす。パブ暖炉


あれれれ。何だこれは、釘がひん曲がって出ているけど・・・。釘が。



どんな人里はなれた所をうろついていたのか、と思われたでしょ?違うんですよ。

今日歩いていたのは、ここです。a3

この幹線道路の左右に見える森。これらの中におりました。

散歩に出れば、思いもかけないものに色々出くわして、ほんとに楽しい。でも今日は、ほんとうに、疲れました。寒空にすきっ腹は応える。都合10km。予めそれくらいは歩く、と思っていれば、はっきり言って、どうと言うことの無い距離なんですけれど、「軽い散歩」のつもりで、飴二個しか持たずに出発した私が軽はずみでした。気分はリフレッシュしたんですけどね。

☆今日の学び:非常食はいつでも、どんな時にも身に付けておこう。

このマーク、今日も一押し、よろしくお願いします。
   ↓

   ↑
いつもお世話になり有難うございます。

☆やっぱり、写真をクリックして拡大して見てくださいね。

☆それから、サクラサク?の「続きを読む」の所に桜の花の拡大写真とさくらんぼの拡大写真を載せました。ご検分くださいませ。

PageTop

強い子のイギリス人、真冬でもカヤック!

西伊豆のスクールで、私にカヤックの手ほどきをしてくれたプロのカヤッカー晶子さんから、「素人カヤッキング」の記事を書くように、との指令を受けました。

私は何しろ未だ未だか弱い(注:そのうち強くなることを予感しています。)大和撫子(注:生まれが奈良なもので。)なので、冬は無理です!私の実技披露は初夏までお待ちくださいませ。

そんな訳で、私の身代わりを紹介します。

冬晴れの休日に、川沿いのパブリック・フットパス*にウオーキングに行った時に目撃した、冬でもカヤックを漕ぐ人達です。

*(ウオーキングの為の道が、国中に張り巡らされているのです。)

まずこれは、年明け早々。ウェイ川の川岸を歩いていたら、おじさん音も無くやって来た・・・カメラを取り出すのにもたついていたら、柳の枝に隠れた姿しか撮れなかった、という写真です。
冬のカヌーin Wey


次は、2月に入った、やはり天気が良かった休日に、今度はウェイ・ナビゲーションと言って、川と運河が共同運営しているような場所に、ウオーキングに行った折に出合ったカヤッカー。
「頑張ってるね、兄さん!」
「何とかね!」
冬のカヌーイスト ゴダルミン
「達者で暮らせよぉ~!!」
冬のカヌーイスト続き ゴダルミン
「はいは~い!」

そしてカヤッカーは遥かかなたの空の下へと消えていった。


と、今度は前方から、ザトペック(←ご存知の方、います??)登場か!みたいな、全速力で闇雲に走る男がやって来る!!速いぜ兄さん二号!!そんなに急いでどこへ行く?!
ゴダルミン 走る人


その後も川岸を歩き続ける影二つ・・・。
影二つ


おやおや?!今度は、さっき、遥かかなたに消えて行った筈のカヤッカーが、もちろん達者な姿でカヤックを岸に上げている。ありゃりゃ兄さん一号、もう止めるの?と咎め立て心の私と違って、同じ素人カヤッカーとして居てもたってもいられない心優しい私の同伴者が「手伝うよ。」と、一緒に運んであげる。
カヌー運ぶ
注:写真の右端の前がカヤッカー、後ろが私の同伴者、即ち夫。

そう言えば、カテゴリー名の「素人カヤッキング」は、文字通りのずぶの素人カヤッカーの私の冒険物語をいずれアップしようと予め設定しておいたもの。だから、上の二人のカヤッカーが素人さんとは限りません、ひょっとすると、すごく有名なプロ・カヤッカーの冬季トレーニング模様だったのかも。。サイン、貰えばよかった?!

冬をものともせずにカヤックを漕ぐ人達のためにも、このマークのクリックお願いします!奇跡的に、海外情報ヨーロッパ部門で一位。。皆様、本当に有難うございます・・・。
   ↓

   ↑
クリックすると、今、その状況はどんな風になっているかも確認できて、一挙両得です!!


☆このテーマで書いてみろ、写真は無いか、というようなリクエストあれば、ご遠慮なくお申し越しください。但し、記者・写真班・校正者等、スタッフが大変限られている為、即刻、と言うわけには行かないかもしれませんが、大目にみてやってください。

☆今回も、それぞれの写真の上をクリックして、拡大して見てくださいね。

PageTop

サクラサク?

昔、日本の国では、受験時に電報で合格・不合格を知らせてもらった・・・という紛れもない事実を、おとぎ話みたいにしか思えない若い世代が増えていく一方なんだろうなぁ・・・。

サクラサク が合格、

サクラチル が不合格。

昔、日本の国では、今の季節、そんな電報が飛び交っていた。



さて、時もところも変わって、今現在、冬真っ只中の2月のイギリスの国。

本物の桜が咲いているのです!!!

驚き・桃の木・桜の木。です。ほんとに。

全部の桜の木が咲いている、と言うわけでは無い。咲いていない桜の木もある。
咲いてない


咲いてないけれど、何故か幹がぴかぴかに光って存在感をかもし出している桜の木もある。
桜 光る木の幹



一方、咲いている桜の木も、どこかしこにある。

ほら、
桜2

ほらほら、
桜3

ほらほらほら!
咲いている。


1月頃から既にチラチラ咲いているんです。初めは、「桜のそっくりさんだ!梅もどきみたいに、桜もどきとでも言うのかな?でも、よくこれだけ似たもんだ!」と、不思議な感動を覚えていた。
※桜って、私のような素人にでも、木の幹を見れば桜とすぐ判りますから。

結局のところ、本物の桜なんです!何故、冬に咲くのか。そして、いつまで咲いているのだろう?咲いている期間が長いとも聞く。イギリスの気候に合わせて、ちょっと暖かい日が訪れたらポツ、又、小春日和が来たらポツポツ、という咲き方をするのだとも。真相は如何に??調べようとしたんですが、判らない・・・。

そして更に。もっと判らないのが、これ。
さくらんぼ?

自分の目を疑って、ほっぺをつねりそうになった・・・さくらんぼです!!落ちそびれて、去年からずっと木についたまま、しなびてしまったみたい。。

イギリスは、人それぞれ、桜もそれぞれ。

fc2ランキングに参加しています。
冬の寒空の下、何故だか咲いている桜を応援して、一票、お入れください。ひよこを押すと、投票と同時に、今、何位かも判りますので。
   ↓

   ↑
どうぞよろしくお願いいたします。

☆注:お手間ですが、写真は全て、写真の上をクリックして、大きくして見てみてください。

☆☆イギリスの桜の咲き方についての情報お持ちの方、是非、おしえてください。お返しに、というのでは無いですけれど、私はとりあえず、いつまで咲いているのかについて、監視しておきますので。

☆☆☆しなびたさくらんぼ、今一つはっきり見えないですね・・・美しいものじゃないですけど、もっと大きくはっきり写った写真が見たい、という方がおられた場合、お知らせください。写真班が、即、対応いたします。(尚、現在の写真班は、わたくし本人ですので、悪しからずご了承ください。。。)

PageTop

町のきつねと田舎のきつねのお話。

☆タイトルは、(言うまでもなく)町のねずみと田舎のねずみのお話になぞらえたものです・・・。


では、まずは、町のきつねのお話から。

私達が住んでいるのは、ロンドンへの通勤圏で、ロンドン中心部まで電車で20分程度の郊外。

そこに、何と、きつねが出るのです!文字通り「出る」と言う感じ。


私が初めて出くわしたのは、夜11時前くらいに、近くのパブから帰る時。
同行の夫が押し殺した声で、
「ほれ、見よ!」って囁くので、
「え?何なに??」と囁き返して夫の顔をじっと見つめると、
「違う、違う、あれ、ほれ!」と、指差す先には・・・、

“犬のようでも犬じゃない、狼のようでも狼じゃない、じゃあ一体全体、何なの???”という見かけの動物が・・・。それが、きつねとの初対面でした。目と目が合ったその瞬間、脱兎のごとく(狐だから脱狐のごとく?)闇の中に駆け去っていったのでした。

★わかった事:目と目が合ってもロビンは逃げない(昨日の項を参照ください)。目と目が合うと町のきつねは逃げる。


次は、残念ながら私は見られなかったのですが、夫の早朝通勤時の出来事。朝6時前。この季節、外はまだ真っ暗。
夫いわく、
「きつねの夫婦みたいなのが、たったかたったか、明らかな目的を持って、目標に向かって早足で歩いてるのを見た!何だろう、と思ってよく考えると、今日は水曜で、ゴミ収集日。きっと、前もって目をつけておいたゴミ箱に向かって一目散だったに違いない。」

★わかった事:町のきつねはゴミ収集日を知っている。


その次も、やはり私ではなく、夫による目撃。時はクリスマスの数日後、やはり早朝通勤時。
「この前のきつね達と思しきカップルが、途方に暮れたようにうろうろしてた!いつも水曜にゴミ収集、というのは頭に入ってるみたいだけど、クリスマスと正月でゴミの収集が変則的になってるという情報までは掴んでいなかったんだ!!」とのレポート。

★わかった事:町のきつねの情報収集能力は今ひとつ、かも。


最後は、一週間ほど前のこと。隣町のパブに(はい、パブにばかり行ってます・・・)行った帰り。時刻は9時前。車の前方に、道の真ん中に佇んでこちらをぼんやり見つめるものが・・・。危ない!!と車の速度を落とすと、「引きたかったら引いてもよかったのに。」とでも言いたげな、恨めしそうな視線を残しながら、のそのそと立ち去っていった。夫いわく、「ひょっとして病気で自暴自棄になってるのかも。狂犬病にかかっているのも多いみたいだし。健康なきつねなら、こんな時刻に、あんなにふらふら出てくるとは思えない。」

★わかった事:目と目が合ってもじっとしている町のきつねもいる。


★総合的にわかった事:夫は、かなり、町のきつねの気持ちが判るようだ。(結婚前は知らなかった・・・。)

さて、町のきつね。ひょっとして、「わぁ、私も見たい!」とか、「えさをやってみたい!」と思った方もおられるのでは?・・・でも、怖い記事を目にしたんです。庭にやってきて猫を襲ったきつねの話。これがその新聞です。飼い猫の後ろ足をがぷっと一本、食いちぎったとか・・・。
狐に足をかじられた猫の記事
注:折り目が付いて見えるのは、折り目つきのまま写真を撮ってしまったからです。何卒ご容赦を。。

fc2ランキングへの投票を、どうかよろしくお願いします。クリックすると、何位にランクしているのかも見られます。
現在、おかげ様で海外情報ヨーロッパ部門の一位。。。自分でも信じられないラッキー。。。今日も、ワンクリック、どうぞよろしくお願いします。
   ↓


やはりロンドンにお住まいの日本人女性のブログ、どこへ行っても異国人には、可愛い子狐の写真が載っていました。必見!


あ、そうそう、田舎のきつねのお話ですが、今回は時間切れのため、誠に残念ながら、割愛させて頂きます(というのは、ごめん、嘘です。本当は、未取材。。。勢いに乗ってつけたタイトルだったんです。でも田舎のきつねのお話はいつかきっと!)

PageTop

嬉しい出会い

イギリス生活は苦労が多い、的な内容ばかりだと、イギリスって、何も良い所が無い国、と誤解されるといけないので、すごく良いことを披露します。

私は、ばりばりのアウトドア派でも、むきむき運動ウーマンでも、どんどん冒険おばさんでも、何でもないので、大自然と出会う為に大掛かりな登山をしたりは、しません。

でも、自然は大好き。

そして、今住んでいる所(=ロンドンの西の郊外です)からそう遠くない所に、ちょっとした大自然との接点がある、これが、堪らなく、良い!

先日、車で30分少々行った、Godalmingという街のパブリック・フットパス(無料の遊歩道。イギリス全土に張り巡らされている。)を歩いた時の嬉しい出会いを紹介します。

Robin front


ロビンです。

写真の上をクリックして拡大して見てみてください。

遊歩道のすぐ脇の空き地で、枯れ枝の上をちょんちょんしていました。

このカメラ目線!

ロビンはとっても人懐っこいらしいです。庭を掘っていたりするとやって来て、そばでじっと見ているとか。ロビンにしてみたら、土の中から出てくるであろう、みみずを待っているだけなんでしょうが、土を掘っている人にとっては、仲間が出来たみたいな、すごく嬉しい気持ちになるみたいです。(注:土を掘る人=うちの夫 に聞いた話です。)

他にも色々写真はあるのですが、いずれもこのブログの制限である250KBを超えていて、おまけに圧縮しても私の持っているソフトでは250以下にならないので、取り敢えずはこれしか載せられないのが、うううう、返す返すも口惜しい!!!


お帰りは、ロビンの可愛さに一票を投じて、ランキングも確認してからでも遅くないですよ・・ワンクリック、どうぞよろしく!
   ↓


PageTop

一週間待ってる間に死んでしまったらどうしてくれるんですか!?

10日程前に、やけに胃の調子がおかしくなった。・・・所謂げっぷが頻繁に出る。胃が重い。でも、そのうち収まった。しかし一週間前に再発。夫に懇願され、仕方なく医者に行くことになった。

イギリスでは、National Health Service(NHS)というシステムの元、住民の医療は無料。具合が悪くなった時は、住んでいる地区ごとに割り付けられたGP(ジェネラル・プラクティショナー=全科診療医師)にまず行く。日本のように、「内科に行こう。」とか、「耳が痛いから耳鼻科に行こう。」みたいに、診療科目を患者自身が選ぶのではなく、とにかく、何でもこのGPにまず行く。その後、専門医に診せたほうが良い、とそのGPが判断したら初めて、専門分野に特化した医師に送られるという仕組みになっている。とのこと。

一週間前、私が登録しているGPの診療所に行って、受付で診てもらいたい旨伝えた。

受付の人「一週間先まで予約が一杯で、14日になる。バレンタインデーよ!9:50amでどう?」
   「え?今、具合が悪いので、今、見てもらいたいんですが。」
受付の人「どれどぉ~れ。もう一度調べてみましょう。」 ~カチャカチャカチャ、とコンピュータのキーボードを叩く音。~ 「やっぱり、14日まで空きが無いですね。」
   (そもそもは、渋々、重い腰を上げたにも拘らず、何だかどうしても今すぐ診てもらいたくなってくる。)
「一週間も待っている間に手遅れになって死んでしまったらどうしてくれるんですか?」とは、でも、何故だか言えない。。。

結局、一週間の間、重い胃を抱えて、どうにかこうにか、生き抜いた!

そして、いよいよ、今日の日を迎えた!!!

張り切って家を出発!ふと時計を見ると既に9:45になっていることにびっくりして、走りに走ってGPのクリニックに到着。待合室に入る間もなく、キリリとした、かなり美貌の黒人女性がスーツ姿で颯爽と現れ、私の名を呼ぶ。連れられて彼女の診察室へ。

美貌の医師(以降、B医師)「遅刻ですね。」(しばし沈黙。)「で、どうしましたか?」
 「えへへ(と、日本人特有の?誤魔化し笑い)。今をさかのぼること10日前に症状は始まった。胃が重い。朝、空腹時にゲップが多発する。食べるとゲップは治まるけれど、胃の重さ、不快さは消えない。」

 - 中略 -

B医師「Do you break wind a lot?」
私  「?????」
B医師「Do you ブレイク ウインド ア ロット?」
私  「何すか、それ?」

★はい皆様、これ、本日のクイズです。次のうちのどれが正解でしょう?次の三つから一つだけ選んでください。
「Do you break wind a lot?」とは、
1.「あなたは風邪をよく引きますか?」と言う意味。
2.「あなたはいつも、風を切って、ぶんぶん走りますか?」という意味。
3.「あなたはよく、窓を壊しますか?」という意味。

正解は、「続きを見る」の所に書きました。


などのやりとり、その後の触診を経て、次の宣告を受けた。

B医師「制酸剤と痙攣止めの二種の薬を二週間分処方しますので、これで様子をみて、二週間後にもう一度診せてください。ペパーミント・ティーを併せて飲むこともお薦めします。消化を助け、げっぷを沈静する働きがあります。予約は一週間先までしか取れないので、一週間してから電話か来院して取ってください。私じゃなくて他の医師でも全く構いませんが、私を指名する事も出来ます。」

以上。都合約15分。キリリと無料!イギリス万歳!

もちろん、医薬分離ですから、処方箋を持って近くの薬局へ。

薬局のおじさん(以降、薬局O)「13ポンド(約2600円)です。」
「え??6.5ポンドって聞きましたけど?」
薬局O「一つにつき6.5ポンドです、二つだから13ポンドになります。」
「(更に食い下がる!)一件で6.5ポンドと聞きましたよ。」←B医師が、かもしれないと言っていた!
薬局Oの背後の男性(以降、薬局H)「でも、ほんとは一つにつき6.5ポンドじゃすまないんですよ(と、暗に文句を言うな、とプレッシャーをかけてくる)。」
「差額を税金で補填しているということですね。」
薬局H「そうです。」
「これでも私は婚約者ビザに5万2千円、レジデント・パーミットに更に6万7千円、それらに伴う諸費用も含めると、多大な額をイギリスさんに上納してますがね!」という想い出が、この時むくむく蘇ってくるが、おじさん達には全く関係ないので、言わない。


★さて、前後しますが、一番聞きたかったこと、「一週間も待っている間に、手遅れになって死んでしまったらどうしてくれるんですか!?」ということを、持って回った言い方でB医師に聞いてみると、
「緊急事態の際は、病院の救急窓口に行ってもらえば結構です。」と、至極あっさりした答でした。

**************************

結局、イギリスは医療行為そのものは無料だけれど、薬代はかかる。
更に、
・行ったらすぐ診てもらえるのではなく、滅法先まで予約が取れない。
・同じ医師のかかりつけになるのが普通、ではない。
・すぐ診て貰わないといけないような症状かどうかは、自分で決める。
といった、日本人にはちょっと違和感のある事情もあることを身をもって体験した次第です。

※医療は無料、というNHSの原則は戦後すぐ出来たもので、当時はそれ程高度な医療が発展していなかったのでそれで何とかなったが、今や、色々な医療方法が編み出され、高額な機械が必要になったり、高度な手術には人件費が嵩んだりするので、年々、運用が厳しくなって来ているようです。


fc2ランキング、何と、驚くべき事に、皆様のおかげをもちまして、本当にびっくり仰天ですが、海外情報のヨーロッパ部門で、一位になっていました!!!有難うございます!!引き続き、応援をよろしくお願いします!!

   ↓ ここを一押しして投票&ランキングの確認をしてみて下さい!



さて、本文中のクイズの答ですが、自分が選んだ答に自信が無い方は、「続きを見る」の所をご参照ください。





PageTop

イギリスのバスルームは手強い。

まず最初に三択問題です。

問:我が家のバス&トイレ(よくある、風呂の浴槽とトイレが同じ空間にある形式)の内装は、次のうちのどれでしょうか?一つ選んでください。

1.床も壁もタイル張り。
2.床はクッションフロア、壁は総ガラス張り
3.床はカーペット敷き、壁は壁紙張り。

答えは画面の下の方に載せました。答えを考えた後、下まで行ってくださいね。カンニング禁止!













考えて頂けましたか?







さて。答えは、2番の総ガラス張りは引っ掛けで、

正しくは3番

です。

バス&トイレのドアを開けると、部屋一面に敷かれたカーペットの上に、目の前がトイレット、その右がシンク、そのまた右にバスタブ。壁は全部、壁紙張り。バスタブの所の壁紙の上にシャワーが取り付けてあって、シンクとバスタブの間には折りたたみ式パーティションがあって、シャワーの際、それを引き出してきて、水がカーペットの上にかかったりしないようになっています。

トイレはまだしも、バスタブの下もカーペット敷き、しかもバスタブ周りも壁紙ですよ!最初は、うちの夫って、貧乏か変人か、きっとどちらかに間違いない、と思って大変落ち込みました。・・・でも、これ、実はそれほど特殊ではないみたいなんです。

夫の実家、結構お金をかけた(注:親は金持ちでも息子とは無関係なので、その辺はお間違え無きよう)素敵なお家と見ましたが、カーペット敷きのお風呂場でしたし、浴槽周りこそタイル張りだけれど、上の方は壁紙でした。夫の友人宅は、新しい家はともかく、歴史ある家(古い家、の婉曲表現です)は、やっぱり同様。ほっと一息。

さて、イギリスは日本と違って、一度建てた家を改装を重ねながらとことん使い続けるので、戦前に建造された家なんて、ごろごろ。

・戦前の家の良いところは、戦争に備えて頑丈に出来ているのと、敷地が広い、つまり裏庭が広い所。
・悪い所は、レンガが一重なので、所謂インシュレーションに富まない、即ち、冬は寒い所。

そして、うちの家は建造が何と1929年!おじいさんの大時計ならぬ、おじいさんの小家屋。

ですから、バスルームをタイル張り、タイル敷きにすると、寒くて仕方が無いのだ、というのです。

でも、カーペット敷きの床にポンと置かれた猫脚バスタブとシンクとトイレットって、何だか私にはとってもとっても悲しい。

ですから!現在、バスルーム改造計画を密かに立案中。名案あれば、是非是非、是非ともお申し越しください!

注:因みに、バスルームの改造も、夫が実行するのです。断固として。。

fc2ブログランキングに参加しています。
今、何位にランクされてるのかな?って興味ありませんか?
下のひよこを一押し頂くと、投票と同時に何位なのかもわかります。
どうか一押し、よろしくお願いします!!
    ↓    



PageTop

デカ本棚を手に入れる法

夫も私も本が好き。

一緒に買い物に行くと、必ず!自然にまず足が向くのは本屋。「じゃ。○分にここに集合ね。」と言って、それぞれの興味あるコーナーに散って行く。Amazonでうろうろしていると、いつの間にか本を買ってしまっている。

・・・という訳で、本の数が多い。

今般、私が結婚~定住に当たって持ち込んだ本も幾許かの数になる。東京では廊下沿いの作りつけの棚を使っていたので本棚は持って来なかった。

◇結論:私の本と夫の本でその辺に溢れているのを収納するデカイ本棚がいる。

夫は言った。「材木、買いに行こ。」
私:「木???」
夫(嬉々として家の中の本棚達をなでながら):「見よこれらの本棚達を!自分の本棚は、全て自分で作ってきた。置くスペースと本の数や高さを斟酌した上で我が手で作ったカスタム・メイドの本棚達!君にも、この私が作ってあげよう。」
私:「むむむ。。私は、ちゃんとした本棚が欲しいんだけど・・・。」←口には出せない。

そして。

制作開始。

making of bookshelf
鋭意制作中。


約3時間後には、ほぼ完成。

作品を愛でながら講釈を垂れる夫:「出来合いの本棚を買ったら、どんなことになる??大きすぎたり小さすぎたり、果ては、こうやって作った時の材料費の数倍もするのに歪んでいたりする。自分で作るのが一番。」

本棚は序の口も序の口。インテリア、エクステリア、家内外のものは、殆どDIY作品です。セントラルヒーティングも、昔家を買った時、自分でやった。トイレも自分で替えた。庭の柵も自分で取り付けた。壁紙も自分で張替えた。屋根は一人じゃ手に負えないので友達の協力を得て葺き替えた。・・・etc.etc….

夫:「業者に頼んでも、まず、土日は来ないからわざわざ有休取って立ち会わないといけない。待っていても来なかったりする。仕事は雑。油断ならない。自分でやった方がずっとずっと安心。イギリスではそれが普通。」

ただ、けちなだけじゃないの?と最初は疑っていたのですが、義姉の家でも義兄が。彼の友人の家におじゃまする際にもやはりその家のご主人がやっている形跡が・・・。どうやら、夫の話もまるっきりの誇張では無さそうなのです。

ということで、新妻(=わたし)を迎えた我が夫、これから屋内全般を改装していくことになります。予想完成時期:一年後。


fc2ブログランキングに参加してみようと思います。
読んでくださった方、どうか下のひよこを一押ししてください!!
    ↓    よろしくお願いします。

PageTop

洗濯の怪。

私をさめざめと泣かせた、洗濯の怪、のお話。

旅人時代は、専ら必要最低限をちょこちょこ手洗いするだけだったので、ちっとも気付かなかった、そして、暮らし始めてから本当に私を悩ませたのが、洗濯機での洗濯。

“白物が薄グレーになってない?”

と、最初、ちょっとだけ思って、でもすぐ忘れた。

次に、
“そう言えば出てくる物みんなグレーがかってない??”

と思い、でも、すぐまた忘れた。

そしていよいよ決定打。

ひぇ~!!!私のたた、大切な大切な、大好きなモーブ・ピンクのパンティが、何と!灰色になって出てきた!!!!!

そのパンティを手に、その場でよよと泣き崩れる私・・・。

その夜、私は夫に言った。
“日本に帰りたい・・・。”



さてその後、それは硬水によるもの、つまり、硬水に含まれる石灰が原因ではないのか、カルゴンは使っているか、という指摘を受けた。

カルゴン。調べてみると、硬水で洗濯機を使い続けると、石灰がこびりついて洗濯機が壊れる、との説明が。なるほど、カルシウムを退治する怪獣だからカルゴンなのか、と納得。でも、洗濯「機」が壊れる? 私が興味があるのは洗濯「機」ではなく、洗濯「物」だけど、まあ、使ってみるか、と、早速スーパーで購入し、その後、毎回毎回洗濯の度にカルゴン一粒を投入。

でも、グレイ化は継続。。。

今度被害にあったのは、やはり大切にしている白地にベイビーピンクのストライプの入った冬用のパジャマ。


本当に、もう、日本に帰ってしまいたかった。



気を取り直し、ウェブ検索の結果、洗濯機のクリーニングについての記事を発見。何でも、硬水地区では
1.熱い湯に漂白剤2カップを入れて、一回空洗濯。
2.続けてやはり熱いお湯に酢を2カップ入れて、もう一度。
これを時々することが薦められていた。

やってみた。

次に、夫の白モノを数点投入して洗濯。


結果。真っ白に仕上がって出てきた!!!

よかった~。


で、原因は結局、石灰???

いまだに真相が今ひとつ判りかねていて、カルゴンは毎回、非塩素系漂白剤も二回に一回ずつ使い続けて様子を見ている次第なのです。

カルゴンです。
これがカルゴンです。


fc2ブログランキングに参加してみようと思います。
読んでくださった方、どうか下のひよこを一押ししてください!!
    ↓ どうぞよろしくお願いします。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。