イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気分は伝染・・・。

ブログは時間に余裕がある時に書こう、と考え始めると、「毎日一つ時代」とは違って、

「ま、今日はいいか、書かないでおこうっと

というイージーな気持ちが先にたって、

でも、ごく最近読み始めてくださったという方から立て続けにメールを頂いたりして

「あ。これではいかん!

と思うのですが、結局のところ、愚図愚図していた昨今です・・・。

*****

もう一つ、大変、申し訳の無いことをが。。

実は、一周年記念賞品である「オリジナル・ブリティッシュ・イングリッシュCD」なんですが、実は、やっと録音を済ませたんです。デジタル・ボイス・レコーダーを買うまでも無く、フリーウエアの「Audacity」っていうのでビューティフルに録音再生出来たので、さあ、CD作るぞ!と思って一つ作って、それを使って聞いてみようと思ったら・・・作動しない。」
・・・というIT度の低い私にはプッツン千万な事になり、

夫曰く、

「Audacityをダウンロードして貰ったら聞けると思うよ。」とのことなんですが、

ひょっとして製造→送付を強行して、結局全く聞こえない、ということになったら台無しだ、と弱腰になって、

だから・・・とほほ

未だお送り出来ていません。

早くしよう!!と気持ちは全開なんですけど。

今年中にはお届けするようにしますので、

長~い

で見てもらえると幸いです。

深謝

*****

さて。

イギリスは先日の電車事故を挙げるまでもなく、公的交通機関が非常に心もとない国です。普通に走っている時は

「どうってこと無いじゃないの

と思ったりするんですが、

天災は忘れた頃にやって来る!
CDも忘れた頃にやって来ますので・・・

先週の日曜日、セルフディフェンス(文字通り、自衛の技)のワークショップに参加すべく、近くの駅まで夫に送ってもらい、そして切符を買おうとしたらば・・・

「今日はやってない。」とムスリと駅員氏。

(←困惑した私)「?!?!?え?!?」

駅員「代替バスが出てる。」

「え?!?どういうこと?!?!?」

別に親切な説明を期待したわけでは無かったけれど!

Reat that!

とムッスリ客の目も見ず言い放ち、こんなものを指差す。
Read this!

土日にレールの工事をする為、不通だと!

私には代替バスというのは初体験だったし、
「時間に余裕を見て欲しい。」などと書いてあって、ワークショップが始まる前に到着するのは怪しいと見て、

家に電話して夫に来てもらって、近くの地下鉄の駅まで送り届けてもらい、何とかギリギリ間に合いました。

*****

ものすっごく精神的にダメージを受けた!

客を何と思っとるのか!!!

夫の解釈は以下の通り。

「イギリス人は金(給料)を貰って人にサービスする、っていう思考回路が無い。金を貰った途端に自分はオーソリティーだと思って、客に対して大きな態度を取る。

むしろ金を貰わないで人に親切にする、って言う方が得意だ。」

なるほど、そう言われるとそうなのかも、と思い当たったりします。

*****

このまま終わるとムカつきが伝染するといけないので、

お祓い(おはらい)の代わりに美しいものを二つ。

一つ目は、拙庭のクリスマス・ローズ達の最近の姿。
christmas roses in Feb
オリエンタリスもニゲルも揃って咲き誇っていて、

クリスマス・ローズは花期が長いので、当分、こんな感じで庭の一角を明るくしてくれます。



もう一つは、今が盛りの水仙のスナップショットから。
daffodils今が盛り

水仙、花盛りになるのは本来は3月末だと思うので・・・今年は一ヶ月も早い。。

*****

そうそう、で、「セルフ・ディフェンス=自衛の術」ワークショップで何を得たのか。

これは又、近々のうちに書きますので

スポンサーサイト

PageTop

ヒントだらけのクイズを一つ。

「さてさて!ここは一体どこでしょう?」

というクイズです。

ヒント1.傍の柱には落書きが一杯。
柱に落書き
奥に回り込んで更に落書きを増やそうとしている不届き者が柱の左に見える。

ヒント2.そこから向かい側を見るとこんな家並み。
向かい側の家並み
寒桜が満開!

ヒント3.ゆかりの建物。
スタジオの正面

ヒント4.その建物を見上げるとこんな感じ。
Let It Beを屋根の上でプレーした
見上げた辺り=屋根の上で、かつて何か有名なことが行われた。

ヒント5.これは向きが反対。人数も一人足りない。
渡っている向きが反対

ヒント6.意外に短かったので丁度工事していたお兄さんたちに「ここ?」と確認したら
工事中のおにいさんに質問
「そうだよ。」と返事あり。

ヒント7.渡った真ん前の建物にはこんなサインが出ている。
Abbey Houseのサインが

ヒント8.地面に近い場所だと持って行かれるからなのか???家の二階部分に標識があった。
道の名前はこれです。

ヒント9.ここ超有名人物四名がこちら向きに渡ってくる図を入れてみてください。
横断歩道の写真を改めて
存命者は二名・・・。

*****

すぐ判ったと思いますが、

答えは

「ビートルズのアルバム

"Abbey Road"の

ジャケットの表紙
Abbey Road



になった横断歩道」


です。

季節が違うとまるで違う感じ~?

★車に轢かれると困るので・・写真の角度が少々違っていることをご容赦ください。

*****

場所が地下鉄St. John's Woodの近く、というのは調べがついていました。いつか行こう、と思いながら延ばし延ばしににしていたんですが、昨日、ちょうど、この駅の近くに出かける用事があった機会に行ってみました。

すると駅を出てすぐのコーヒーショップには最近発売されたビートルズの切手やらビートルズの絵葉書が置いてある:流石に「ビートルズ饅頭」は無かったけれど。

地図を読めない私でも、明らかに同じ目的を持つと思われる観光客風の人達が目指す方向に歩いて行くと着くことができました:休日ならきっと、もっと沢山押し寄せているのかも。

未だに大勢が見に来ていそう。若い人が多い。・・・ちょっと驚きでした。

*****

あまりに簡単なクイズだったので、最後に少々難しいクイズを出してみよう!

「このSt. John's Woodっていう駅名には特出すべき特徴があるのですが、それが何なのか、判りますか?!?」

ふっふっふ。。難しいぞぉ~。絵文字名を入力してください←私が作った絵文字。一応、ヒントのつもり。

答えは、「続きを見る」をクリックすると出てきます。


PageTop

やっぱりそうか。

開設一年目をもって、「毎日一つ書く事を日課に」から「もっとゆっくりペース」にブログ更新を変更した途端に・・・すっかり、大変ご無沙汰してしまいました。何とかまだ生きています%83%8F%83V

返コメントも遅れに遅れていて申し訳ありません:可及的速やかにお返事いたしますので、見放さずにお許しくださいませ。

*****

本日は、ある日本人国際ビジネスマンとお話をしていて「やっぱりそうか%90%5E%8A%E7」と思ってしまった「イギリス人の典型的な一面」について、です。

「イギリス人が数人以上出て来る集まりで、必然的に言語が英語って言う時、仕事でも仕事以外でも、イギリス人同士が勝手に話を進めて行ってしまわないか?

日本人だったら、日本人の中に外人が混じっている機会には、外人に気遣いを示して、意見を聞いたり、その人が主役になって話が出来るようにしないか?」



というのがテーマです。

*****

そういう話が出て、「私一人が思っているだけでは無かったんだ!」と改めて感じたんですが、
・・・英語という外国語を使って、イギリス人にしか判り難いジョークの島が沢山現れる英語の海の中を渡って行くのって、しんどいです。

自分が言いたい意見を発言しようと手ぐすね引いていても、お喋りなイギリス人達(皆、ほんとにおしゃべり!一旦口を開くと止まらない!!)の発言が漸く途切れた隙間に入り込もうと手に汗握って、お尻を少し浮かせて待っていて、

やっとその機が訪れた時、前のめりになって会話に入って行こうとしても

成功率は5割未満!

何故なら、私が口を開く前に他のイギリス人が既に話し始めるから。

*****

このテーマに関連して、忘れもしない7年前のエピソードを一つ。

ビジネススクールの授業の一環として、多国籍集団がグループに分かれてサバイバル・ゲームをしました。私はイギリス人男性二人、インド人男性一人、そして私の四人チーム。場所はイギリスのとある野原。爆弾が落ちている場所を、数個の情報を元にして探し当て、収拾して帰る、という「お題」。

イギリス人二人がインド人と私を眼中にも入れず、さっさと歩き始め、終始一貫、彼らのペース。

帰った後の反省会で、インド人男性が問題提起:
チームワークもへったくれも無かった。イギリス人だけで事を進めて、外国人である我々への配慮など、微塵も無かった。問題だ。サバイバルゲームの途中でこういう問題提起をするのは、他チームに遅れを取るので相応しく無いと判断して控えたけれど、今後の行動においても関係して来る事なので、話をしておきたい。」

私は「ま、仕方無いのか。」と諦めていたので、そうやってちゃんと発言して決着をつけようとするこのインド人男性に感動してしまいました。

*****

日本人が大人し過ぎる(私のようなものでも例外ではない!)というのも問題で、ちゃんと声を挙げるべきだ!!

でも、先進国首脳会議を筆頭に、多くの国際会議の場でも、多分・・・きっと、日本人は殆ど発言せず、発言しなくても仕方無い、みたいに諦めてしまっている情景が想像されてしまいます。

*****

せめて家庭内では日本人の発言力を強化すべく日々邁進するのですが、やっぱり、話の量は夫が65%、私が35%って言う所かもしれません。

*****

もっと英語が上達すれば良いのだ、という面も確かにありましょうが、

「イギリス人は外国語を一生懸命使って自分達の意見を言わないといけない経験を持たないので、外人の辛さが判らない。」
というのが底流にあるのだと考えています。

*****

今迄だと、このあたりで「ランキング投票のお願い」をしていたのが、もう、ランキング、やめましたので!
*ランキングそのものから撤退したいのですが、やり方が判らず、fc2に問い合わせしても返事が来ないままなので、ランキング画面ではズルズル残ってしまっています・・・。

*****

意見を聞こうと思っていたのに、さっきから夫は誰からかかかってきた電話にずっとかかり切りなので、夫の抗弁機会はありません



PageTop

ブログ一周年の前日に。

ここ数日、コメントへのお返事も遅延し、記事もアップロードせず失礼しました・・・ちょっとブログから離れていました。

日本時間ではもう既に、イギリス時間では明日、

ブログ開設一周年を迎えます

★ところで先日、当選者が確定した記念賞品の現況ですが、
  ・原稿は校了。 
  ・録音方法は確定。
  ・CDは購入済み。

あとは録音→CDにコピー→発送 なのですが
・・・声優が多忙で、リハーサルも出来ない状況。すみませんが、あと10日程待ってください。

そうそう、未だ送付先をご連絡頂いていない方もおられますが・・・結局、興味が無くなった、というのでなければブログのメールフォームで教えてください。

*****

ブログと距離を置いていた間に雪解けは着々と進行し、

あの日は雪だけじゃなく、氷も張っていて
氷の上を歩いているのも
氷の上をオシドリなどがえっちらおっちら歩いていたりしたけれど、

目と鼻が付いている人面木?
目と鼻が付いている木
・・・の鼻に雪が積もっていたけれど、

つつじの小道がすっぽり雪に包まれていたけれど、
つつじの小道が

ハマメリスの花の黄色と白色のコントラストがビューティフルだったけれど、
白と黄の対照がきれいなハマメリス

好評だったトリの足跡に次いで、犬の足跡もなかなかのものだったけれど、
犬の足跡も

雪だるまを作る親子が記念写真を喜んでくれたけれど、
雪だるまを作る親子
※注:西洋の雪だるまは三階立て!

もう、すっかり解けました。

*****

今朝、夫が「ちょっとちょっと、ちょっと!」と呼ぶので行くと、
外を見よというから
何かが伸びている?!

家の中からすっかり死角になっているこの場所で、
にょろにょろ伸びていた
暖冬のせいか、アスパラガスがニョロニョロ、人知れず伸びていたのが・・・雪ですっかり凍傷になったみたいな姿に。。

クリスマスローズは雪が降った事など全く関係ないみたいに
クリスマスローズは変化なく
続々開花への着実な歩みを見せています。

これは、ニゲルの後ろに二株あるオリエンタリスの中の、花の中に点々模様が入っている方の花。
点々入りのオリエンタリス

*****

一年間、ほぼ毎日ブログを書いた(といっても全部で311個しか無いですが)
ランキングの応援もお願いし続けた。

二年目を目前に、何だか憑き物が取れたかのようになりました。

二年目からは、一日一個に拘らず、今迄よりゆっくりペースで書いて行きたいと思っています。

目指している「バランスの取れた生活」の中で、他の事の比重をあげたいな、と思うのです。

*****

ランキングは・・・応援して頂くと順位が上がって嬉しかったし、上位にいるおかげで新しい方からのアクセスがあって、それもやっぱり嬉しかったのですが、

「海外ブログ」というカテゴリーに居る事への違和感がだんだん強まって来て、

カテゴリーを変えれば良いのか、と、他のカテゴリーを探すのですが、ぴったりこれ!というカテゴリーが特定できず。

この際、ランキングから脱退することにしました。

ですから今日からはもう、ランキング・マークのクリックをお願いしないので、お手間をかけてもらう必要が無くなりました。

その分、良ければコメントやメッセージを貰えれば嬉しいです。
*なるべく早く返事しますので!

では、二年目からも宜しくお願いします


PageTop

10センチは積もりました!

暖冬だと油断していたら雪が降って、しかもたっぷり積もりました!

庭のスノードロップが雪に埋もれてしまっていた朝。
snowdrops in the snow
こんなになっても別状無く咲き続けることが判っているので安心!

*****

ずっと以前、霞ヶ関で働いていた頃、昼休みに日比谷公園に息抜きに行ったりしていました。

そんな事を思い出して・・・リッチモンドパークは東京人にとっての日比谷公園のようなものかも?仕事で固まった頭をほぐすのにぴったりだから!などと日比谷公園とリッチモンドパークを並べて思い出すことがあります。

雪が積もった今日の午前中、色々やっていて・・・ふと、

そうだ、雪が溶ける前に、一っ走りリッチモンドパークの雪景色で息抜きしよう!
と車を飛ばしました(と言うとカッコイイですが、実際はゆっくりゆっくり気をつけて!)

車を停めて公園の中に入って行く。
入って暫くすると
この時間(昼前)にはもう、溶け始めて道路は汚くなってはいるんですが、

木々が白く化粧しているのを遠くから見るのはやっぱり美しい!

*****

いつものイザベラ・プランテーションの、

いつものオシドリ達。

おいおい、地上で固まって何してる!!?
木の下に大勢固まって

私の気配で早くも動き出し、飛び始めるものがでてきて(真ん中~右上にかけて)、
飛び立つものがでて

殆どが飛び立ってもまだトロトロ残っているものもいるんですが。
殆どが飛び立って


水面にざざ~っと着水。
水面に着陸


*****

サフォークで鳥インフルエンザが見つかって、えらいことになっています。ここは大丈夫であって欲しいです。

行ったり来たりの足跡。
行ったりきたりの足跡集

オシドリにしては足が大きいようにも思うので、なんだろう、これは?

*****

オシドリの写真はクリックしてじっくり見て頂くと、飛んでるのとか歩いてるのとかが色々見えてきますので、クリックお薦め

お薦めついでにこっちの方↓↓↓もクリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  

Thank you very much!
as always♪

PageTop

冬と夏とじゃ大違い

当たり前かもしれませんが、冬は寒い。

だから庭はほったらかしです。
夏はハーブガーデンからハーブを収穫して料理に使うのは勿論、BBQしたり、芝生に寝っころがったり、或いは夫ご自慢の手作りデッキで食事したりしたなあ、そう言えば・・・。懐かしいあの頃。

コンサーバトリーも

やっぱり、

…ほったらかしです。

エグゼキュティブ・エンターテインメント・エリアという栄誉ある別名で呼んであげることもあるコンサーバトリーは夫の手作りの簡易な作りで、
暖房完備!
だから庭同様、寒い。
★別名の由来は、家が狭いので、ここを色んな用途(*)にフル活用するから。
(*)洗濯機や乾燥機の置き場。DIY場。ハンギングバスケット制作場。ダイニング。など。

冬は家の中だけで毎日を営むので

狭い!

早く来い、夏

*****

・・・という思いを汲むかのように、ここへ来て、冬の庭が少し動き出して来ています。

この前紹介したスノードロップ、水仙、ヒイラギ南天に加えて、

いよいよクリスマス・ローズのニゲルが開花して来ました。

三株あるうちの一株の中の蕾の一つが開いて来た。
一つ開花したクリロー

もう一つの株は沢山の蕾が控えていて非常に楽しみ。
沢山の蕾が鈴なりの株

三つ目のニゲル。もう一つ有るクリロー・ニゲル

ニゲルの方が先に咲いて、オリエンタリスはその後に咲く・・・筈だったのが、同時。いや、むしろオリエンタリスが先に咲いているのは、やはり今冬はいつもと様子が違うんでしょうね。
★オリエンタリスが咲いているのを撮るのをすっかり忘れてしまいました。又いつか是非!

*****

今日は色々やる事が重なって・・ちとグロッキー。

「仕事・遊び・趣味のバランスが取れていて、そして、バランスの取れた食事を作って食べる生活」を志向しています・・・それが理想だ、と思って。

でも、理想の筈の「バランス生活」は「仕事一辺倒」だった頃より忙しくてややこしいんですよ・・・。それぞれの量を減らすべきなのか?でもそれだとフラストレーション溜まるし。

だから今日のブログはこれだけ。です。

Take care!

*****

ブログ・ランキング投票のコーナーです。クリックするのも疲れる、などと言わずに、押して行って下さい!
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
三つのマーク↑↑↑を一つずつカチリ。カチリ。カチリ。と押してくださいませ

Thank you very much.

*****

間違えないでください、うちの庭ではありません。もっと広い広い、広~い公共の場所です。
公園斜面のスノードロップたち

もう少し斜面に近づいて撮ってみました。
斜面にもう少し近づくとこんな。
スノードロップが咲く斜面in Richmond Park



PageTop

アロマテラピーを少々

日本人的には

「アロマテラピーと言えばイギリスが本場。」

或いは

「イギリスと言えばアロマテラピー。」

というイメージが濃いのではないでしょうか?

少なくとも私はそんなイメージを持っていました。
★イギリスがアロマテラピーの本場、というのは、ちょっと違うみたい・・本場はヨーロッパ大陸のようです。

*****

「やりたいことを全部やりたい!

特にイギリスに住むからには、

イギリスに住んでこそ出来ることは

是非!」


といった思いを日々実行せんとバタバタしている私ですから、

そろそろアロマテラピーなんかにも足を突っ込みたい、かも?!

と思うのは当然の今日この頃。
★代替医療には大いに興味ありますので。

*****

丁度、近所のアダルト・エジュケイション・センターで募集していた初心者コースがあったので、「アロマテラピーとは一体何ぞや。」を学ぶ志に燃えて、申し込みました。全部で10回の基礎コースです。

*****

蓋を開けてみたら。

もうもう驚きで一杯

*****

まず。初回。

「申込者数が予定を下回ったので10回分の資金が出せない。だから8回にして欲しい。或いは、不足分を皆で出し合ったら10回出来る。」
と、事務の人がやって来て言うのです。

生徒一同で話し合った結果、
「不足分を皆で出して、っていうのは、おかしすぎる。10回分っていうので既にお金を支払っているのだから!だからこれ以上のお金を出すことはしない!!妥協して、回数は8回にして、一回につき30分ずつ延長してもらって、10回分を8回でやってもらうことにしよう。」

先生にそのように伝えたら、
「いいよ。」
と言う事になったんですが、

結局二回目からも30分の延長っていうのは無くて、で、8回で終了、ということになっていて・・なんか変な感じ。。

*****

次。内容なんですが、

私が期待していたのは:
アロマテラピーの歴史であるとか、或いは各成分の説明であるとか、そのような「アロマテラピーの触り」を満遍なく教えてもらえる、ということ。

ところが・・なんと、殆どいきなり、二人一組になって、お互いの背中や脚~お尻をアロマ・マッサージする、という

マッサージ実技教育の展開

となったのです!・・・将来、プロのアロマテラピストになったらこうする、ああする、という説明を聞きながら。
☆そんなふうな学習風景なので、写真を撮る事は控えています。だから、写真、無しです。我慢してください。

コース・シラバスは
・各種エッセンシャルオイルの主成分
・エッセンシャルオイルの使用方法
・ブレンドの基本原則
・客のケアと衛生 ここを見過ごしてたかな。
・マッサージの歴史
・基本的マッサージ手法

改めてコース名を見てみると「アロマテラピー&マッサージ」
・・・このコース名からは、少なくとも前半は理論、後半がマッサージ実技っていう雰囲気なのでは?

*****

それからそれから。先生。

すごく感じの良い女性。近所でアロマテラピー・クリニックを開いているアロマテラピストと判明。

すごく感じが良いんですが・・・でも、ちょっと

・初回に基本のエッセンシャル・オイルが販売されることになっていたのに、未入荷。
・次回には、ということだったのに、未だ!
・三回目に、いよいよ、と思っていたら・・・「あ!私ってバカバカ!!忘れて来た!」

明日、四回目ですが、彼女は果たして持って来るだろうか?

すごく感じが良いと、そんな風でも許してもらえるんだなあ、、という学びは得た。

*****

明日こそはエッセンシャル・オイルのセットが貰える、
もとい、
購入できる(勿論、イギリスのことですから、無料で何かが貰えるなんてことは、勿論、ありませんので。)
のだろうか?!?!?

明日は、パートナーを入れ替える、って言ってたなあ。今までの人はぷっくり体だったけれど、滅茶苦茶太ってはいなかった。明日、ごっつい人がパートナーになったらどうしよう・・・。生徒を一人ひとり思い浮かべると・・ごっつくない人がいなかったような気もする~

*****

どうか、ランキングの応援クリックで、明日の無事を祈ってください。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
これらマーク↑↑↑を一つにつき一回ずつ押してくださいませ

Thank you so so much!

*****

そうそう、ラベンダー・オイルはリラックスに良くて、寝付きが悪い時にコットンに数滴たらして枕の中に入れて休むと良い、ということだったのでやってみたら・・・気持ちよく寝入る事が出来ました。
無しでも寝付きは極めて良い方でもあるのですが。やると凄く気持ちよ~い、です。
コースに行くまでもなく、これくらいは常識なのかもしれない・・・?

PageTop

今日は「癒し系」(←未だこんな言葉、ある??)

何でもお金と引き換えっていう世知辛い国だ、この国は。

しかもバカ高い!

と溜息つくことが多いイギリス・ライフですが、

たまには

無料

のものもあります。

その中の一つで、良く恩恵に与っているものに

パブリック・フットパスがあります。

*****

このブログでも何度も紹介していますが、

国中に張り巡らされている遊歩道。

ここを「ウオーキング」する訳です。イギリス庶民のささやかな休日の楽しみ。

休日の数時間、ちょっと行ってみるか、っていうレベルのは「散歩」に毛が生えたようなものですが、日本だと歩き始めるとすぐ上り坂になってしまうのが、イギリスは平地を選べば上がり下がりが殆ど無い所が気に入っています。

*****

以下、一週間前に行った時の私にとってのハイライトを紹介します。

フットパスの標識って、判りにくい事が良くあって、この時もキョロキョロ見回して探す・・・

すると

私の大好きなスノードロップが咲き始めていたり、
スノードロップが咲き始めている斜面

これは梅?ボケ??
ショッキングピンクの花が
思いがけない鮮やかなショッキング・ピンクが眩しい

馬に乗った親子が通り過ぎて、・・・後姿にくすり
馬の尻尾に注目
馬のしっぽに蛍光マークを巻いてある!

*****

やっと見つかった、今回の入り口です。
今回のフットパスの入り口
木の標識に縦書きでFOOTPATHと刻んであります。

運河沿いを歩いていると、遠くに何か白いものが動いている。
白鳥が遠くの方に見える
白鳥の・・カップル?親子?

跳ね橋があって、
跳ね橋が見えてきた

向こう岸には、ボタンを押すと橋を上げ下げ出来るボードを発見!

「やってみよ、やってみよう!」とワクワクするも・・
スイッチボードがあるぞ。
鍵が無いとだめ、と判ってがっくり。。ま、そうですわね。勝手に弄り回されると困るでしょうから。

「今日は泥んこ道が無くて何だか拍子抜け!」と言うや否や目の前に現れた、思いっきりぬかるみ道!
目一杯のぬかるみ
先に柵を越えて、にんまり待つ夫。。

そんな泥道をどうやって歩いて来たのか、未だ三歳くらいの女の子を連れたファミリー。
小さな女の子のいるファミリー
こんな小さな頃からフットパス歩きに連れて来るのがイギリス流みたいです。

*****

出口の手前くらいでズラっとフットパスと畑との間に立っていた生垣。
むごい剪定でも
無理矢理むしり取るみたいな乱暴な剪定にびっくりしますが、ちゃんと春には又復活して来るのはさすが、です。

*****

二~三時間歩いて出口に出て来たら、よくしたもので、必ず近くにパブがある。
パブのカウンターのフック
パブのカウンターやテーブルに、こういうフックが良くついていますが、犬の紐をかける為のもの。

*****

フットパス紀行・・・スナップショットでした。

*****

この辺で、ブログ・ランキング投票をしておいて貰えれば嬉しいな、と思うのですが・・・

宜しくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
※マーク↑↑↑をそれぞれ一回ずつクリックしてくださいませ。

ご協力、いつも有難うございます

*****

休日の空模様が「二~三時間は雨が降らないだろう。」というふうで、且つ、風が強くないような時、

突然、

「ちょっと行ってみる?」

と出かける我々のことを「無計画な人々」と思われるかもしれませんが、イギリスの天候の有り方から、このような・・・何ていうか、突発性ウオーキング?は、意外に的を得たやり方では?

こういうフットパス、得てして車でちょっとカントリーサイドまで行かないと入り口に辿り着けませんが、

日本からイギリスに遊びに来て、「フットパスを歩いてみたい。」という向きには、テムズ川沿いのフットパスならロンドン拠点でレンタカー無しでも何とか手軽に楽しめるのでは?と言うのが夫の弁です。

PageTop

カメラ、小ましなのを買わないとなあ・・・とは思えど。

キツツキがどこにいる?

guitarbirdさんharryさんが次々に出会われる鳥達、そしてその美しい写真の数々を見るにつけ、

私の中でもムラムラと

「おお・・私も美しい鳥達を見たい、そしてカメラに収めたい。」

という意欲が湧いてきていたところに、

ダメ押し!自然を尋ねる人さんがホタルの幼虫がカワニナを食べているシーンを紹介されていて、

もううううう。堪らなく

「珍しいものを見たい!」

という気分が盛り上がっていたところに、

願っても無いチャンス到来!!!

昨夕、夫が偉~く早く帰って来ることが出来て、


彼が戻るや否や、

「珍しいものを見に行こう!」

と猛スピードでダッシュ(車が、ですが)しました。

時は午後5時。

1月後半から目に見える形で日が長くなってきていて、午後5時は、ちょうど日没時。

*****

薄暗いので、いつにも増して、画質悪し・・。

でも撮ったので載せてしまおう。


やましい気持ちを表現すべく小さな文字にしています。

*****

西洋トチノキの芽ぶきです。
セイヨートチノキの芽
いつ撮ろうと思っても光線の関係と風で動くことからぼやけてしまうのが、これは少しはましな方!

鳥の名は知らず・・・
気のてっぺんに止まる鳥
高い木のてっぺんに陣取っている。

木立から覗く夕陽。
木立の間から夕陽

イギリス名物?オシドリの皆さんです。
オシドリの皆さんが沢山
水鳥なのに陸に上がって何してる!?・・・夕方は陸に上がって、ええ、デートっていうか、そういう場面のようです。

うじゃうじゃいます。
うじゃうじゃいるオシドリ
ですから、イギリスにもオシドリ、本当におります!

パラキートが芽を食べている。
パラキートが食事中
夕方は、朝や昼に比べてリラックスしているような感じです。

新しい家に移ったならば絶対植えるつもりの木の一つ。
ウイッチヘーゼル。又の名がハマメリス・モリス。
ハマメリスモリスが目に飛び込む
・・・芳しい香りが一面に立ち込めます。冬に鮮やかな黄色が嬉しい。

花が終わると、ここでも見えているエンジ色のがく部だけが残って、ミニチュア・ローズみたいになる。
ウイッチヘイゼル花の接写

「一粒で三度楽しめる」・・・みたいなお得な木。

ぼーっとした月。。
月と鹿の図
と見えて実はこれ、「月と鹿」:花札みたいな図柄です!じっと目を凝らして頂くとポツポツ白い腹が見えるんですが・・見えにくくて失礼。。

*****

大して珍しくも無い・・・かも。

*****

そのような中、

この日一番の「珍しいもの」大賞は?
一番上の写真です!・・・良く良く見て頂くと・・・良く見えなくて本当に残念。こんなのしか撮れないカメラではいけないですね。。

実は、

こんこんこんこんこんこん・・・と乾いた連続音が聞こえる方を見たら

キツツキが音と同じリズムで頭を振っていた!
という図です。

ここにいるよ
赤丸の中です。


*****

カメラ、新調したい気持ちもありながら、
・使いこなせない可能性が非常に高い。
・どんなものを買うのが最適なのかの判断基準を持たない。
・きっとお高いんだろう、っていう恐れ!
・絶対に、嵩張るのは嫌、という強い意志。
・素人の私には今のレベルが身の丈にあってる、という思い。

そのようなことから棚上げしています。

*****

ブログ○周年記念にカメラをプレゼント、とかいうの、どこかでやってないかな~。。

お読みの方で、そのような吉報をお持ちの方、迷わず私にご連絡ください。お願いします!!

*****

最後はいつも、ランキングへの投票のお願いです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
お好きなマークを一つ、などを言わず・・・出来れば三つのマーク↑↑↑全部を押してもらえれば非常に嬉しゅうございます。

*****

さてさて、「オリジナル・英語CD」ですが、録音方法について、依然、最終調査中。この間、「嗚呼、ここはイギリス。やれやれ・・。」と言う経験を勿論しながらも、何とかなりそうな感じにはなって来ています。

あ、それから、英訳&録音することになった「バラ・マーケット」の記事ですが、マークという夫の友人も登場しています。
→→→マーク役の声優、募集中です。我と思わん方、手を挙げてください。

但し、イギリスまで来て貰わないといけないかな。。スカイプを利用したら日本の方でも大丈夫、なのかも、かもかも??

PageTop

10名様と対象記事を発表します。

「ブログ一周年記念・オリジナル英語CD」の募集は1月31日で締め切らせて頂きました。合計で

33名様

ものご応募を頂きました。

「そんなもん、欲しい人いるのかな?」

という声もある中、皆様方からの数々の提案を反故にしてまで決めた賞品なので、10名様からの申し込みも無かったら悲しいなあ、と気持ちが揺らいでいたので、

声優(勿論、夫です・・)ともども、本当に喜んでいます。

*****

「りすの能力活用方法で妙案」というのは、カードを庭にランダムに置いて、一つずつの上にナッツを置き、りすの登場を待つ。そして、りすが最初にナッツを取ったカードの人が一位。以下、10枚目までを選ぶ、という「妙な案」でしたが、

・風が吹いて飛んでいってしまう。

・夫が会社から帰って来る頃にはもう日がとっぷり暮れていて、実行困難。

・そんな上手い事行くか強烈に不安。


といった理由で没に。

*****

代替案として、以下のような公明正大なる方法により、選ばせて頂きました。

*****

まず、33枚のカードをトランプよろしく良く切って、全部を裏向けて並べる。
33枚全部を並べた所
表が透けて見えない為、裏紙を使用しています!・・・ただのケチ?いやいや、エコです、エコ。

オレンジをランダムな方向から転がす。
最初の一投はここに。
一個目はここに着地。だから、この方が要望された記事を英訳することとなります。

以降、テーブルを周りながら色んな方向からオレンジを転がし、全部で10枚の上に。
9個で10枚分をクリア
オレンジが9個しかないのは、二枚のカードを股にかけているオレンジが居るからです。

*****

当たりのカードをひっくり返すと、
当選者のカードを表返す
すみません。写真を圧縮すると、クリアに文字が読めないですね・・ほんのり見えている方のもあります。

*****

一位の方。

ほーほさん。
希望記事は「バラ・マーケット(12/23)」

ほーほさん、おめでとうございます

*****

あとの9名は、次の方々です。

ゆうさん
ちあ菌さん
AZさん
yk-chanさん
Quさん
てつおっぱいさん
アナキョンジャさん
kazumiさん
山根さん
9枚のカードを再び切って、一番上のカードから順番にハンドルネームを並べました。)

おめでとうございました!!!

*****

惜しくも今回、オレンジが乗らなかったカード、「残念賞」の方々は、以下の通りでした。

ナラさん
自然を尋ねる人さん
遠田たきさん
あすかの父さん
Yog00さん
guitarbirdさん
きゃらさん
dekobokoさん
kira kiraさん
Marmiteさん
harryさん
ウシミさん
ゆっきーさん
オセロさん
ひまわりさん
fujisanさん
くるみさん
ぷにおさん
rocoloさん
あざらしのママさん
ピッピさん
Hiroさん
yukiさん

せっかく申し込んでいただいたのに、そして、いつも頂く暖かく面白いコメントが頭の中を走馬灯のように流れるのに・・当たらなかったこと、本当に申し訳ないです。

こら、オレンジ!!
(と、オレンジのせいにする為、オレンジを起用しました。)

*****

抽選方法の公正さについては、公職選挙法もびっくりのレベル(?)だと信じています。

*****

さて、
1 英訳する。
2 その間にCDへの録音方法を確立する。
3 録音する。
4 ビートルズの切手を貼って送付する。
というプロセスに突入します。

当たられた10名の方々は、メールフォームでご住所氏名(年齢・性別等は不要)を連絡してください。

*****

録音方法については、これから近所のFlexible Learning Centre(←注:イギリスではCenterではなくCentreと綴る。)のBill(←注:Gatesではないが、自称Computer Geek。ほんとに自分で言ってますから。)のアドバイスを得に行って来ます。フリーウエアをダウンロードするのか、或いはこの際思い切ってデジタル・ボイス・レコーダーを購入するか。
・・・今後、使い道もあるだろうから、安いデジタル・ボイス・レコーダーを購入しようかな、と思い始めてはいます。

*****

23名の残念賞の方々なんですが、せっかく申し込んで頂いたんだから、何とか出来ないものか、と考えあぐねているのですが、録音したもののマス・プロダクションは時間との相談なので時間を頂けば出来る。あとは追加CD代、郵送料等を算盤でハジクと、ううううん、どうしよ。とジレンマの真っ只中にいます。

残念賞の方々、何か良い案があれば教えてください。

*****

では、Billに会いに行ってきます。無料相談所なのでBillを独り占めできかね、横から色んな人がお構いなく別の質問に割って入ることも多分に考えられ、だから・・ちょっと大変かもしれませんが、頑張るぞ!

*****

・当たった方は、きっときっと、ランキングのクリックをしたい気分ですよね?ね?ね?(とごり押し。。)
・残念賞の方、気を悪くせず・・押して行って貰えると凄く恩に来ます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
ブログ・ランキング応援の為、マーク達↑↑↑をそれぞれ一回ずつクリックくださいませ。

有難うございます。

今後とも、どうぞ、ごひいきに宜しくお願い致します。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。