イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トゲトゲのスープはどんな味?

去年、ヨーロッパ薬膳のオオニシ先生のパリでの料理教室に習いに行った際、個人相談もお願いしたんですが、その時に

「ネトルのお茶なんかも良いのよね。」

とさらりと言われて、吃驚仰天した覚えがあります。

********

ネトルというのは、一見、紫蘇にそっくりなので、
ヨーロッパの
Wikipediaより)

公園で見つけ、大喜びで

「うわぁ、紫蘇が、紫蘇が、紫蘇が自生してる!」

などと興奮して叫んで、むんずと摘み取りそうになったのを必死で制止された、イギリス駆け出し時代の私でした。

が、さすがの私も、「スティンギング・ネトル」の名のごとく、葉も茎も、全身がトゲトゲで覆われた、
茎のトゲトゲ
やはりWikipediaより)

ちょっとでも触ったら痛くて痛くてどうしようもなくなる怖い雑草、ということは身に染みて判って来ていたので、それをお茶にするなんて考えられなかったんです。

********

ところが、お茶どころか「スープにしても美味しいのよね。」などと続けて言われ、頭の中がちかちか、喉や舌が妙な感じになって来てしまいました。

が、その後、数年前のクリスマスプレゼントで夫に貰った「The Wild Food Year Book」を参照してみたら、当たり前のように「ネトルのスープ」のレシピが載っていたし、インターネットで検索してみても幾つもレシピを発見して、

是非とも育てて食べたい!

と思ったのでした。

********

「育てて」っていうのは、その辺に沢山生えているのだと、犬やら狐やらがおしっこかけてるかもしれないと思ったから。

庭の花壇に外から持って来た苗を植えたり、生えているのを見つけたら抜かずに生育を見守ったりしていたのが去年。そして、今年、庭の数カ所から元気に顔を出しているのに気付いていました。

そして今日、いよいよ決行!

********

色々見つけたレシピの中から、一番シンプルで応用も利くもの(ここをクリック)を選び、それを参考にして作成。
*以下は、このウェブサイト掲載の写真です。
スープにしました

玉ねぎ、ジャガ芋を炒めた後、予め茹でておいたスティンギング・ネトルを投入。しいたけ&昆布出しを入れて、更に煮た後、ガーーー!とやって、すると液体はビューティフルな緑色に:写真が撮れないのが残念で堪りません。

塩こしょうで味を整えて、食卓に出すや、すかさず夫が

「うわ。この緑色は、何?」

と聞くので、

「まあ一口飲んでみて。」

と、彼が先入観無しに味わった後で、

「スティンギング・ネトル!」

と正体を明かしました。

********

日本語では「イラクサ」と訳せるようですが、ヨーロッパのものとは少し違うみたいです。

日本の
日本の「イラクサ」:ウィキペディアより。」)

日本に居る時には存在に気付いていなかったんですが、なんでも奈良公園には鹿から守る為にトゲが強力化したものが生えているとのことで、今度行ったときに調べてみたいと思ってるんですが、日本には早春(2月か3月)或いは秋(10月か11月)に行くのが定例化して来ているので、その頃には姿が見られないかもしれないです。

********

蓬もやっぱり去年、庭に移植したし、裏庭を出た所にエルダーフラワーが生えているのは去年確認しているし、薔薇は前庭にあるし、今年は「ワイルドフード」を色々試してみたいな、と思っているんです

********

ランキング応援クリック、今日も宜しくお願いします。

このマークを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリ、と、どうぞ♪

Thank you very much






スポンサーサイト

PageTop

イギリスで年をとるということ

週末、ジャージーの夫の実家に行っていました。先週、義父の87歳の誕生日だったんですが、三日前から義姉夫妻がホリデーでアメリカに発ったので、彼らが留守の間のギャップを少しでも埋めよう、と、当日に行くのはやめて、一週間ずらしたんです。

夫は一ヶ月に一度は必ず行っており、私も二、三回に一回程度、同伴する、というのが、ここ1、2年のパターンになっています。

********

義母が約一年前に逝去してから、義父は一人暮らし。

朝の支度を手伝ってくれる人に土日も含めて毎日来てもらっているし、義姉や義兄が、ホリデー中以外は毎日様子を見に行っている。とはいえ、一人暮らしに違いはありません。それが彼の望み。

出来るだけ今の生活パターンを維持して行きたいけれど、もし今後、どうしても一人では立ち行かなくなった場合、ホームに入らざるを得ない・・・それがイギリスでの老後の標準とのこと。

日本だと、まだまだ子供が親を自宅に引き取って面倒を見る、もっと言えば「下の世話をする」っていうのがあると思いますが、イギリスでは「子供に下の世話をしてもらう」のも自尊心が許さないし、ましてや「嫁に下の世話をしてもらう」なんて、有り得ないみたいです。そういう所を身近な人達には絶対に見せたくない、っていうことらしいです。

出来るだけ自分一人で何とか生活を回して行く。それが難しくなって来たら、子供に全面的に依存するのではなくて、プロフェッショナルな第三者の世話になる。

イギリスでは、そういうことのようです。
・・・「子供に依存するのを当たり前のこととはしない」確固とした意思が義父にも強く感じられ、息子や娘が何か義父の為にしてあげると、度ごとの「有難う。」を欠かしません。

自分の子供を一人前の別個の大人として礼儀正しく扱う有様は、日本人とは凄く違います。

********

義父は今や、世俗的な「欲」っていうのがすっかり無い・・・そして、徐々に徐々に色んなことへの拘りや興味がどんどん薄らいで来ていて、元々、お喋りな人ではなかったらしいけれど、自分から話題を提供したり、積極的に質問したり、っていうことは極めて稀になっています。

家に居るときは、だから、ずっとまった~り過ごしていて、受身の一方。

それが、実の娘ではない私が行くと、ちょっとした刺激になるみたいで、覚醒度がアップする、と夫は言います。
・・義父にとってヒーローであるチャーチルが、第二次大戦開戦に向けて積極的に世論を刺激していくことがストーリーの一つの核になっているDVDを一緒に観ていた時のこと。終始無言だったのに、終わったら、

「日本人であるりす美は、こういうのを観て、どんな感じがするのかな?」


っていうようなことを、極めて礼儀正しい言い回しでセンシティブな質問を急にされて、ちょっとドキッとしました。

「この時代、イギリスと日本が敵同士だったっていうことは勿論知っているけれど、私自身は戦争を全く体験していないし、父親も兵隊にならなかったし、戦争の実感が無い。だから非常に客観的にチャーチルという人を見られましたよ。」

と答えましたが。

********

我々が年を取っていくに当たっての覚悟と構想も、そろそろ具体的に考え出さないといけないかな、と思わざるを得ません。

夫が

「山登りをすると、頂上からは来た道も帰る道も臨める。今、そういう時期なんだな、って思う。」

と良く言うんですが(同じことを何度も言う癖の強い彼のことですから!)、全くそういう実感が湧かなかった私も、ごく最近、彼の言っている意味が判って来たような気もします。

********

ここでいきなり世界が変わってしまいますが、・・・ランキング応援クリック、今日もよろしくお願いします。

このマークを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックください♪

いつも有難うございます。












PageTop

血液型別ダイエット

★コメントへの返事、滞っていて誠に誠にすみません。あと一日二日、猶予をくださいませ・・・いつもすみません。

********

もう、一年ほど前になるのかな、

この本を知人に紹介して貰って、

ダダモ博士の血液型健康ダイエット (集英社文庫)ダダモ博士の血液型健康ダイエット (集英社文庫)
(1998/05)
ピーター・J. ダダモ

商品詳細を見る


何しろこの手の情報には興味しんしんなので、そして、その考え方を取り入れることになるならば、夫に「ほら、ここにこう書いてあるから。」と説明しないといけないし、と思って、

原著を取り寄せました。
Eat Right for Your Type: The Individualized Diet Solution to Staying Healthy, Living Longer & Achieving Your Ideal Weight : 4 Blood Types, 4 DietsEat Right for Your Type: The Individualized Diet Solution to Staying Healthy, Living Longer & Achieving Your Ideal Weight : 4 Blood Types, 4 Diets
(1998/09)
Peter J. D\'adamoCatherine Whitney

商品詳細を見る


・・・が、英語の本の飛ばし読みっていうのが原因なのかもしれないんだけれど、面白い考え方だな、とは思ったものの、グサリと刺さるまでは行かなかったんです。

夫はO型、私はA型なので、この二つにのみフォーカスしての飛ばし読みなんですが、単純化すると

「O型は人類史上初の血液型で、だからO型の人は狩猟民の血を引き継いでいるから、肉や魚を多く食べるべし。一方、A型は農耕民族発生時に現れたことから基本的にはヴェジタリアンが良い。」


という理屈になっていて、血液型によって合う食品、合わない食品、そして実行すべき食事法などが具体的に事細かに書かれています。

・O型は、例えば牛肉、レバー、等々等々が合うけれど、小麦、キャベツ、チーズ、等々等々が合わない。
・A型は、例えば鮭、鱈、大豆、小豆、等々等々が合うけれど、牛肉、蟹、メロン、オレンジ等々等々が合わない。

など、です。

具体的に二人に合うもの、合わないものが大きく異なることや大好きなものが「合わないもの」に入っていることもあって、この本に従った食事法は採って来ませんでした。

********

最近、今度はこの本に出会いました。
パラサイト式血液型診断 (新潮選書)パラサイト式血液型診断 (新潮選書)
(2006/05/24)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


この本でハラリと来たのは、免疫血清学的見地でした。単純に言うと、

・血液型によって持っている自然抗体は異なる。
・口に入れるものも血液型物質を持っているものが多い。
・例えばA型は抗B抗体を持っているが、B型物質が含まれている食材を多くとると、抗B抗体がどんどん減って無用なエネルギーが消費されてしまう。

ストン、と腑に落ちました。

********

この考え方でスクリーニングされると、「合う食べ物」「合わない食べ物」は、以下の通りです(そのまま引用します)。

・O型に合うのは貝類、牛蒡、キャベツ、蕪、りんご、里芋、椎茸。合わないのは牛肉、馬肉、へび
・A型に合うのは豚肉、なまず、うなぎ、サンショウウオ。合わないのは羊肉、鯨、ハマグリ、亀、わに。

            ↓
★ダダモ博士よりずっと数が少なくて、
★夫が大好きなりんごや椎茸が「合うもの」に含まれている。
★「合わないもの」は、双方ともに、食べなくてもちっとも困らないものばかり。

というわけで、藤田紘一郎氏の考えを取り入れた食生活はかなり簡単に実行できるので、意識してみようかな、と思っています。

********

お手間をかけて申し訳ないんですが、マークのクリックでランキングの応援を頂けると嬉しいです。

これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてね♪

いつも有難う









PageTop

追い込まれないとエンジン全開にならない遺伝子は私の突然変異から。

父と母:何かやらないといけないことがあったら、すぐにとっとと着手して早くやり遂げてしまう人達です。

祖父母:やっぱりそんな感じだったような記憶あり。

ところが、

:打って変わって、納期から逆算してギリギリのタイミングにならないと「乗り」が出て来ない。
・・・でも、良くしたもので、そろそろ始めないとやばいな、っていうのが読める特技がある為、間に合わなかった、っていうことは無いんです。

:私に輪をかけてのギリギリさん、またの名を超マイペースさん。(私が勝手に今、つけました。)
・・・まだまだ大丈夫でしょ、とばかりノウノウとしている(ように見える!)ので、周りが焦ってしまう、そして、大学に行くまでは、自力では間に合わず、周りが助けてやっと納期に間に合う、っていう傾向が強かった。大学に行ってから後はもう、彼女自身の甲斐性でやってもらわないと仕方ないので感知していませんが・・・もうとっくに成人してるので当たり前ですけれど。

********

「突然変異は遺伝する」:中学だか高校だかで、確かに習いました。

だから、私が突然変異第一号、娘はその遺伝子を受け継ぎ、増強させた???

********

さて、ちんたらしていたコレッジも、いつの間にか急速に追い込み期に入りました。

・6月にはどの科目もテストが待ちうけ、

・長いエッセイの宿題もどしどし設定され、

・リサーチも実際のレポートを書き始めないといけない。

アンケートをお願いした時に快く応じてくださった大勢の方々、本当にお世話になり、有難うございました。おかげさまでイギリス人50余名、日本人70余名分が集まりました。
・・・どういう訳か送信することが出来なかった方、逆に受信することが出来なかった方がそれぞれ若干名おられたのが大変、大変、心残りなんですが、一体全体どういうことなんでしょう。

イースター休暇前後は{①突発性の全身200箇所痒い痒い事件+②足の水ぶくれ破裂事件+③右手親指炎症事件}のおかげもあって、お勉強どころではなかったので、溜まってきています。
ご心配をおかけしましたが、
①痒い痒い事件は何とか治まって来ています。
②水ぶくれ跡は、やっと薄皮が形成されました。
③親指の炎症は・・・痛くて寝られないのは治まったものの、痺れが残存。
・・・年齢とともに治るのが遅くなる、っていうことなんでしょうか、哀しい

だから、

5月は、お勉強に集中しないといけないな、と、ヒクヒクと、ひしひしと、感じ始めています。

★「4月中は、まだ良いかな、」などと思っている所が、いけませんね。

********

ところで、6月が学年末、っていうのは酷い!

だって、イギリスが一番美しく、外に出たい、出たい、と体がうずく時です。

嗚呼、やばい。

********

現在、アンケー結果をエクセルの表化中。

体重と身長からBMIを計算するのが結構、難関!
∵イギリスでの体重の単位、「ストーン」と「ポンド」が普通で、それをkgに換算しないといけないんですけれど、自分で変な風に換算してくれている人が何名かおられて、残念ながら有効回答とは出来なかったのが残念です。だって、「25kg」なんて、そんな訳ないでしょ。。

********

もうすぐイギリス人も日本人も表化が完了!

完了をさっさとさせれば良いものを、ブログ書いてみたり、

或いは、こういうもの→(ここ、是非クリックしてください!決して損はさせませんから。いやいや、見ないと一生の損!?)で笑い転げてみたり、


こんなこっちゃ、イカン

はい、今すぐ、集中します。

********

ランキングマークのクリック→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←で応援頂けると嬉しいです。

いつもお世話になり、有難う♪♪







PageTop

五月人形などという無謀。

この前の日本行きは、東京の宿は成田駅最寄りにとったんです:成田は千葉だからおかしな言い方ですが。

*理由1:夫が東京の街中を余り好まない。
*理由2:以前、一泊したら凄くくつろいだ。
*理由3:味わい深い店、結構ある!

********

それから勿論もちろん、ホテルが安い、っていうのもあります!

因みに成田は最初は空港のすぐ近くに、と全日空ホテルに泊まったら設備が古っぽくなっていたので、

その次は日航ホテルに泊まったら、全日空以上に古めかしかったのと、どちらもホテル以外は外出する所も無くて窮屈で、

次からは溜池の全日空ホテルに泊まったりしていたんですが、直行バスがあるとは言え、朝が早いのがなんだし、

で、試しに成田駅近くのビジネスホテルっぽいところに泊まってみたら、これが悪くないんです。
・部屋も狭くは無いし、
・ホテルマン&ウーマンも素朴な感じでリクエストにパパっと応じてくれるし、
・ベトナムからの便が成田に朝早くに到着したので特別に早くチェックインさせて、とお願いしたら朝一番に掃除して対応してくれたし。

それから!!成田さんへの参道沿いの店が結構面白いの。露天で自然薯とか落花生を売ってたり(←買って帰りました!)、かと思うと外人キャビン・クルーを正面から意識したカフェとかパブなんかがあったり、チグハグ&ホッコリ、って言う感じです。

********

で。ここからが本論です。

こんなものを売っている店、発見。
雛人形ミニ

ガラス製ミニ雛人形が各種揃っている。

そのほかも色々


その横、これは何だ?!?
端午ミックス

端午の節句関連のものが混沌とまとめてあって・・端午の節句って、桃太郎の犬なんかも出て来ましたっけ???


で、閃いてしまったんです


ガラスで出来るなら陶器でも出来るでしょ!

********

昨日から再開した陶芸教室ですが、

雛人形も追ってやりたいけれど、

まずは、武者人形に取り組みたい!

全日空の機内誌、毎月送って貰ってるんです。
・・・日本で働いていた頃、全日空に乗りまくりだったので、スーパーフライヤーなんです。すると、手帳だとかカレンダーだとか、あと、機内誌もイギリスまで送ってくださるんですよ~。

そこに確か、上品極まりない武者人形が載っていたんです、で、それをモデルにしようと、切り抜いて陶芸用のファイルに入れた、とばかり思っていたら、昨日見てみたら無い

慌てて色々検索していると、楽天に行き当たって、そこで、こんな感じで良いかな、っていうのに巡り合いました。

これ
武者人形

或いは

これ
可愛い男の子

をモデルにして作ってみたいな。

********

高度なものを目指しすぎかな、とは思うんですけれど、前向きに検討したいんです!

・・・モデルにするものと全く似ても似つかないものを作るのが得意(←要するに、下手!)なので、どうなるのか自分でも恐ろしくはある。。

********

今から取り組んで、出来るのは夏以降になってしまいますけれど、乞うご期待?!

********

最後に唐突ではありますが、

ランキング・マークのクリック、どうぞよろしくお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


いつもありがとう








PageTop

奈良町に食べ物で勧誘??

過去の整理より、今に集中、そして将来に向かって進む!がモットーの私故、
       ↑
良く言うとそんな感じですが、要するにドタバタ駆け抜けているだけ、なんですが

撮りっ放しで日の目を見ていない写真、色々あります。

********

今日はそういう在庫写真の中から「奈良町ミニミニ案内」です。

********

何度か書いているかもしれませんが、実家は奈良市です。大学一年から10年間という最もアンテナの立っている時は東京方面に居たし、イギリスに来る直前、独り身で再度、東京暮らしだったので、実は東京の方が馴染み深いんです。だから余り頼りにならない案内ですが、

「奈良町」って、ここ数年で、ぐんとお洒落(それなりに、だけど)になって、面白いお店が色々出来ています。神楽坂と似たニオイを感じます。

そんな中から三カ所。

◆一カ所目:気軽なランチやお茶にもってこいのお店「てんてんカフェ」。実家から歩いて1分。

これは「本日のランチ」:確か700円台だった覚えがあります。数限定なので早い者勝ちですが。
本日のランチ
「そんな安いのは有り得ないから、せめて980円に値上げしたらどうですか?」などと進言してしまいました・・・。

甘いもの大好き人間(夫)を連れている以上、食後のデザートは外せない。

これは「デザート盛り合わせ」
デザート盛り合わせ
アフタヌーン・ティー奈良版、といったところでしょうか。和菓子系は勿論、ふわふわのシフォンケーキも絶品。。

故・河島英五さんのご家族がやっておられる有名店ですが、有名店にありがちな嫌味っぽさは全く無いのが大変よろしいです。


◆二カ所目:夕飯も良いけど、もランチもgoodな「飛鳥」。実家から歩いて5分。

天ぷら屋さんなんですけれど、天ぷらがメインの一つになっているコース料理が目にもお腹にも嬉しいお店なんです。

以前は夕飯に連れて行って貰ったんですが、今回はランチで行きました。

坪庭を眺めながら待っていると、
坪庭を眺めながら

お雛様が近いことから、こんな仕立てで最初のお料理。
最初は屏風つき

天ぷら。画面左上では、鍋がふつふつと煮立って来ています。
天ぷらと左上で鍋煮え中

鯛めしだったんですが、蓋、開け忘れ・・。
鯛めしだったか

デザートは特製苺大福とプリン。
苺大福
・・・私が作るへっぽこ苺大福と180度違って、目に良し、舌に良し・・・。

以上で一人分、確か3500円では無かったのかな、と思うんですが、定かなことは確認できませんでした。


◆三つ目は・・・「てんてんカフェ」の道を挟んで真向かいにある「奈良工芸館」。入場無料なんですけれどね、いつ行っても誰も居ないの。。展示品、高価なものが沢山あるのに、無用心です。

今回、ここに行った理由は、イギリス王室の芸術性を確認するため。

去年、チャールズ&カミーラ夫妻が日本訪問時にここに来て、何やら作品を作った、それが展示されてあると聞いたので、是非見てこよう、と勇んで行きました!

ざっと見てもそれらしきものは無く、誰も居ないから聞くに聞けず、建物の表をお掃除していた女の人に聞いてみると、ちり取りとほうきを持ちながら案内して貰えました。

じゃじゃ~ん!









イギリス王室の芸術性




・・・あの、、名前をしゅるって書いてあるだけなんですけど??愕然

********

デジカメ、買い替え時だったな、としみじみ思う写真の出来なんですが、、、それでも、日本の食は、ものすごく高いものだけじゃなくて、お安いもの、そこそこのものでも芸術の心がしっかり入っていていいな、と改めて思ってしまいました。
*うんとお高い料亭にも連れて行って貰って、もうもう、一つ一つがドラマ!っていう品々を堪能し切りました、んですけれど・・なんと、カメラ忘れてしまって、写真無し!

ランキング応援クリック→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←よろしくお願いします♪♪









PageTop

ワイヤーを付けて、OK !

超大金持ちの話の次に、なぁ~んか、しみったれた話かな、と思いはすれど・・・。

********

レシピ本を見ながら料理する時って、「レシピ本立て」に本を開いて乗せて、っていうのでOK。

なんだけれど、、、

リンク先のレシピブログでピンと来たレシピはA4用紙に印刷してファイルしてるんですが、ファイルは本立てに乗りにくい、で、困っておりました。



が、今般、見事、解決しました!



デジカメ、相変わらず紛失したままなので、写真で示せば一発のところ、冗長なる文字説明になってしまいますが、

料理する場所の前は窓になっているんですが、その左右の壁に、目の高さより少し上に当たる場所に細い釘を斜めに打ちつけ、そこにワイアを張りました。

そして、そのワイアに洗濯バサミでA4用紙を挟んで、一丁上がり!

********

窓は大きいので、ワイアは2m以上の長さです。
・・・壁に絵を吊るす時に使う金色の丈夫な、目的にドンピシャなワイアがガレージ(=DIYルームと諸般の道具置き場)にあったのが幸いでした♪

********

レシピのコピーを挟むっていうだけでは芸が無いので、他のものも引っ掛けてます。

・・・ラップ、一度使ったら即刻、捨てますか?私は洗って二三度、使う!!

ケチくさいかなぁ~、だって勿体無いじゃないですか!

で、洗ったラップを干す所にも困ってたんですが、それも、このワイアが解決!

********

なんか、ワイア見てるとニンマリして来るんです。

~~全身かゆかゆ事件に始まり、水ぶくれがハジケて出来た傷がなかなか治らない、親指の腫れも収まらない、、そんなこんなで睡眠不測が続いて疲労困憊してるというのに、

虻蜂取らず、じゃなくて、泣きっ面に蜂!今日なんかスーパーの駐車場から車を出そうとすると、なんと、ギアが動かない!ほとほと困り抜いてしまって・・・

っていう運の悪い最近、そのワイア見て、幸せを感じています。


そうだ、これって特許登録!、、って程のことは、無いか。。

********

こんな話で恐縮ですが、ランキングの応援して帰ってください♪

このマークを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてね








PageTop

イギリスのカスタマーサービスの謎が解けた?

親指の腫れと痛みがなかなか消えなくて、キーボードを打つのが非常に難しくて、だからブログを二日間、お休みしてしまいました。コメントの返事も、すみませんが、もう少しお待ちください・・・いつもすみません。

********

さて、ジグムント・フロイトの孫に当るクレメント・フロイトが84歳で急逝のニュースが木曜日のニュースをにぎわしていましたが、日本ではどの程度の注目を浴びていたのでしょうか?オビチュアリーを読むに、極めて多才な人だったみたいで、羨ましい限りです。

多才と言えば、この人も。
ダーウインの肖像

誰もが知ってる人ですが、だれでしょう???







チャールズ・ダーウィンです。

今年はダーウィン生誕200年とのことで、テレビやラジオの番組でもダーウィンのことが取り上げられがちな昨今、彼が結婚後、ロンドンの喧騒を逃れて移り住み、亡くなるまで住んでいた家、「ダウン・ハウス」に行って来ました。

家、というよりは「館」。外観は、こんな風です。
ダウンハウス外観

中に入ると、沢山、沢山の部屋・・・。それぞれが約200年前そのままを再現してあります。

これは、彼の書斎。
彼の書斎

これは、Drawing Room:英和辞典だと「客間」と訳されていますが、客間と言うよりは、リビング・ルームと訳すべきではないのかなぁ?
室内の様子


200年前の再現、と言われなければ、ちょっと(かなり?)古臭いけれど、今あってもおかしくないインテリア。

時代の流れをものともしないインテリア、ということなのか、或いは、イギリスって進歩が無い国なのか?
・・・ダーウィン家は、何しろスーパーリッチだったみたいなので、200年を経ても充分通用するインテリアだったんでしょうが、進歩が無い国、っていうのもあると思う・・・。

奥様は何と、最近、倒産の憂き目で世間を騒がせたウエッジウッド家出身。二人の間には、何と!10人の子供が出来、うち7人が成人したとのことです。

沢山の部屋があって当然、、でも、どうやって七人もの子供を育て上げたのか???

スーパーリッチだから使用人だって好きなだけ雇えるし、難しくは無かったんですね・・・。

で、財源ですが、決してダーウィンの研究や著作から得た収入ではなくて、彼のお父さんが頗るお金持ちだっただけでなく、不動産貸与による収入も頗るつきのものだったとのこと。実家からの甚大なる支援と彼名義の資産のおかげで、働いたりしなくても充分過ぎるお金があって、生活の為に収入を得る必要はさらさら無かった。

ダーウィンは最初、医者にならせようとする父親の意向で学び始めるんだけど、血が嫌いでドロップアウト!次に聖職に就くべく改めて大学に入ったけれど、その時点で「ビーグル号」での探検の誘いを受け、5年間の航海に出て、そしてそれがきっかけとなって世界的Naturalistとなる道が拓けた。

これが「ビーグル号」内の彼のキャビン。
ビーグルのキャビン

航海先から送ったデータを印刷・配布してくれていたメンターのおかげで、航海から戻った時には既に有名人になっていた彼。その後も生活のことを全く心配せず、思う存分な研究、実験を行って次々に著作を書き上げて行った。

ダウンハウス
  ↑
実験、観察用の温室。広大な敷地内には、広大な庭、畑、メドー、テニスコートなどがありますが、全て彼の観察や実験という角度から設計されていた模様。

********

敷地内を歩いているうちに

「そうか!」

と閃いたんです。

そう言えば、映画「Miss Potter」でビアトリクス・ポターが出版社を経営する男性と結婚しようとした時に「商売人と結婚するなんて!」と親から反対されたくだりがあったことも思い出して。

イギリスでは「働かないで悠々自適が尊い」という流れがあって、だから「生活の為にあくせく働く」っていうこと、したくもない、っていうのが遺伝子に組み込まれているっていうこと??

だからカスタマーサービスが杜撰で、どっちが客なのか!って言いたくなる場面に富むの???

そう言えば、逆にボランティアとして働く時は、すっごく気が回る!

私の仮説は飛躍し過ぎでしょうか。

********

そんな私の仮説とは無関係に、今日も我が夫は、まるで日本人であるかのように、一生懸命働くのは美徳、とばかり、眠い目をこすりながら会社に向かいました。
・・・でも考えてみると、うちの夫も職業選択に当っては「大学は、一生好きで取り組める分野、という角度で学部を決めた。金儲けし易い職種(具体例は語弊があるので敢えてあげませんが)は僕には退屈に思えて全く興味が持てなかった。」と言ってるから、基本的には流れからそれてはいないのかも。

********

*尚、写真は全てイングリッシュヘリテージのダーウィンに関するページ(ここをクリック)から拝借しました。

********

ランキングマークのクリック、いつも有難う。

今日も、これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリ、と、どうぞよろしくお願いします♪
















PageTop

さすがはイギリス、と久々に目から鱗が落ちた身近な話。

もうかれこれ4年前になる(・・・月日の経つのは早いとも言えるし、未だ4年しか経っていないの?とも思える・・・)んですが、我々の結婚式とレセプションの場所の候補が数箇所ありました。

{結婚式自体はレジストリー・オフィス(レジスター・オフィスとも言う)で行い、レセプションは別の場所に移動する}というのが基本案だったんですが、レセプション会場候補を見学する中、レジストリー・オフィスと同格の「結婚式が執り行え、レセプションも出来る会場」があることが判りました。

◆そのうちの一つはリッチモンド・パーク内のペンブローク・ロッジ。

結婚式はこんな感じでやって、
一階会場

レセプションはパティオも使ってテムズヴァリー一帯を眼下に見下ろす絶景下で、
外でのレセプション

っていうような会場。

◆もう一つはテムズ川上、キングストンとサービトンの間に浮かぶ島、Ravens Aitにある会場。

********

ペンブロークロッジの会場は、他の一般の人達にも丸見えで気恥ずかしいのと、夏ならまだしも、何しろ11月下旬だから、どんより曇って景色がゼロ、っていう可能性も高かったのと、式次第が固定していたのと、そんなこんなでNG。

Ravens Aitの会場は、コンセプト的には「テムズ川に浮かぶ島で結婚式」って、すごくロマンティックに聞こえるんだけれど、見に行ったら公民館風で全然ロマンティックじゃなかったのでNG。

としたのでした。

********

ええ~、、、ここまでは、実はイントロです

********

さて、今日の新聞に、上記二番目の会場候補だった「Ravens Ait」について、ちょっと吃驚するようなことが載っていたんです。

◆要約すると、ここを保有していた結婚式会社が折からの経済恐慌の中、いつの間にか倒産していたらしくて、という所で、まず一つ驚き。
・・・やっぱりちょっとショボカッタから、、。もう少しアップマーケットにしていたら使う人が沢山いたかもしれないけれど、経済危機においても、かえってアダになったのかな。

◆そして、二番目の驚きは、より大きかった!それは、空き家になったこの会場にSquatterと呼ばれる「空き家を見つけて住み着く人達」が住み着き、しかも、この島は公共用地であるから住むのは違法じゃない、と言っているらしいこと。

そして、ここに自給自足のエコ・フレンドリーなセンターを作ろうとしているらしい、ということ。
ravensuait
Healing people and planetなぁ~んて書いた幕が張ってある!

◆しかも、しかも、更に吃驚したのは、この人たちのしていることが、イングランド及びウエールズに於いては法に触れない行為らしいということです!

無理矢理押し入った、ということでなければ、居住者の居ない他人の家屋に住み着くのは違法じゃないんですって!!

現に半年ほど留守にして帰ってみたら知らない人達が沢山住み着いていて、出て行ってもらうのに二ヶ月もかかり、しかも、家中ボロボロにされていた、なんてこと、結構あるらしいんですって!  

ひや~

キングストン・カウンシルは、これら現在の居住者の言い分を受け入れてはおらず、立ち退きを迫っているらしいんですけれど。

********

ニュース記事のオリジナルは、ここをクリック

記事の後ろの方に読者からの意見が投稿されていますが、ざっと見てみてまたまた驚くことに、このsquattersの肩を持つ意見が多いこと!

私がおかしいのかなぁ・・・。

まだ親指は腫れてて痛いにも拘らず、明日にでも様子を見に行ってみようかな、と思ったりしているワタクシであります。

********

Squattersの言い分に賛成の方は、これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてください。

キングストン・カウンシルが正しい!と思う方は、こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←どうぞ。

どちらが正しいのか良く判らん、と頭が混乱してしまった方は、これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←どうぞ。

・・・へへ、どれをクリック頂いてもランキング投票につながるんですけどね。








PageTop

ナースに感動。

GP(医者)の当たりが良く無い私、だからイギリスの医療システムへの懐疑心だらけなんですが、今回、医者はともかく、ナースの当たりは良いのかも、と嬉しく思って、嬉しかったことをベッドに入る前に軽く記録に残しておきます。

*GP=ジェネラル・プラクティショナー。病気になると、どんなトラブルでも兎に角、自分の属するクリニックのGPの診断を受けるのが第一関門。その後、必要とGPが判断して初めてスペシャリストに診てもらえる、というのがイギリスのシステムです。

********

昨日書いたように、右手親指の腫れと痛みが引かないこと、左足首上の水ぶくれ跡も治っている実感が無いことから、だんだん切羽詰まって来て、渋々、近くの病院の「マイナーな怪我や病気の為のWalk-In」という施設に行くことにしました。

GPに診てもらうのには予約が必要なので、すぐその日に診てもらえるとは全く限りません。緊急の場合には「A&E」という救急外来があるんですが、私の場合、「緊急」というのとは少しタチが違うので、やっぱり予約の要らない「Walk-In」という所に行く事にしました。文字通り「必要な時にぶらっと行ったら、その場で相談に乗ってもらえる」という場所です。

********

夫の運転で、ここに着いたのが午後7時半。

受付のおねえさんが感じ良くて、ちょっと幸せになったりしたものの、延々と待たされて、名前を呼ばれたのは一時間後の8時半。

中に入ると、そこには医者ではなく、ナースが座っていて、どうしたのかと聞かれ、二つの傷について描写する。

ナースは、以前、ブッチャーのように採血された怖い経験があるので、自動的に身構えてしまったんですが、この人は愛想が良い訳では無いんだけれど、信用に足るオーラが一杯。

********

長い話を短くすると、

1.足の水ぶくれ跡の手当てをささっとしてくれて、透明プラスターを張って、それを4日間はそのままにしておくこと、と指示された。お風呂は無理だけれど、シャワーは全く問題無しとのこと。

2.親指の先については、爪を削って中を覗きたい、とのことなので、わ、こわ、、と思ったけれど、所詮はまな板の上の鯉なので、

「痛いの、嫌いですから。。」

と上目遣いに丁寧な仕事してね、と示唆して、手を差し出す。

丁寧にやってくれました!

少し削る度に

「大丈夫?」

って聞きながら!!

感動。

結局、爪と皮膚の中に土が残っていたりはしないことが判り、

「じゃあ、抗生物質を差し上げます。それから破傷風の予防注射はしましたか?」

と聞かれ、ぎくり。。まさか注射しようっていうんじゃないよね。。。。注射、大嫌いですから。

「したかもしれないけれど覚えて無いです。」

と答えると、部屋を出て誰かと相談しているのが聞こえる。

な~んか、破傷風関係の注射をしようという魂胆(!)が見えて来たような気がして思いっきり身構える・・・

するとやっぱり図星!

「注射、嫌ですから、私。」

と脅かす私に横から夫が

「この人はベストなことをしようとしてくれてるんだから。」

と口を挟み、既に私のジャケットを脱がせようとまでし始めて、ますます眉を潜めて防衛態勢に身を固めるワタクシ。

ナースのメラニー(←名札があったので判った)は全然動じず、結局知らぬ間に注射されることになってしまって、

すると彼女は注射も上手で、全然痛く無かったんです。

時計を見ると9時半。一時間に渡って、丁寧に処置して貰えたのでした!

********

処方箋を持って薬局まで薬を買いに行かないといけないんだろうけど、この時間で開いてるのかな、と不安になっていたら、ナースのメラニーが薬の箱を持って現れ、

「これとこれ、スペクトラムの違う二種のペニシリンですが、一日四回、それぞれを2カプセルずつ服用してください。」

と、薬をくれたんです!

********

だから、すぐに薬がのめて、すぐに帰途につけて、大嫌いな注射をされたにも拘らず、物凄く好印象を持ってしまいました。

ナースは以前は看護学校的な養成所を出ればなれたらしいんですが、最近は、他の色々な資格と同様、大学でディグリーを得ないとなれなくなっています。私の今行っているコレッジでも、ナースになるために大学に行こうとしている女性が、それは沢山居るんです。私が一番懇意にしている友人もナース志望者。

彼女達もメラニーみたいに頼れるナースになっていくのかな、と、あたたかい気持ちになって帰って来ました。

夫もメラニーには全面的に好印象を持って、チップという訳では無いんだけれど、何かしたくなったんでしょう、待ち時間が長くなると読んで持って行った夕刊を差し出して、

「夕刊、要りませんか?」

って、夕刊を渡してました・・。

********

こんななら、もっと早く行けば良かった・・。快方に向かうことは確実な気がしています。

********

GPに行くと、処方箋をなかなかくれずに、一週間様子を見てみて、それでも改善しなければまたおいで、なんて言われたり、処方箋を出してくれても薬代はかかるんですが、ここでは、すぐ、無料で薬を出してくれた・・どういう仕組みになってるのか、ちょっと謎なんですが。

********

★昨日の記事へコメントやメールで親切なメッセージをくださった方々へ:ご心配おかけしてすみません。そして、有難うございます。お返事、明日以降になってしまいますが、お許し下さい。

********

一応、ランキングマーク、置いておきますので、もうもう、仕様の無い子(?)ね!と呆れながらクリックして頂ければ、、嬉しいです。

これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←がランキングマーク。

いつも有難うございます







PageTop

ガーデニングには危険が一杯。

暖かくなって来たので喜んであれこれ素人なりにガーデニングの真似事をしている訳ですが、防備を完璧にして取り組まないといけない、と思い知らされてしまっています。

まず、数日前にちらっと書いたように、全身にわたって虫に刺されたんですが、その際、

「足下からか、袖口から入って来られたんだろう、だから、長靴と手袋をして虫が入って来る可能性のある入り口を塞ごう!」

と決めたのに、

喉元過ぎれば熱さ忘れる、そのもので、

◆長靴のかわりにつっかけ式のガーデニングシューズで畝作り等に取り組み、

◆はたまた、手袋したままだと種蒔きが不自由だったから手袋を外して種蒔きして、ついでにその後も手袋無しで色々やっていた、

そのつけが、、、

◆足首近辺、足の裏を虫に刺され、、、足首近辺のは水ぶくれに発展し、その後潰れる。足の裏のも腫れて歩くのが痛い。

◆右手の親指の先がどくどくと痛くなって来て、昨夜は眠れなかった。

********

どうしようもないです、私。何かに熱中すると、そのことしか見えなくなってしまう、っていう傾向は自分でも薄ら判っていたけれど、夫に明快に指摘されて、そうか、私ってそういう人間なんだ、と初めて深く自覚してしまっています。

********

水ぶくれ跡は、熱いお湯にコットンを浸して、それで傷を消毒した後、消毒薬をスプレーして、傷が乾燥して来るのを待っているんですが、未だその段階には至らず、

親指の先は、菌をやっつけるべく、熱々のお湯に漬け入れること数回。この「hot bathing」をやる度に、どくどく、っていうのが引いて、熱々で熱いんだけれど、何度もやりたくなってやっています。

********

何故、こんなことになってしまっているのか。コンポストに謎が隠されていると見ています。
・充分に発酵していなかったのか、
・急に暖かくなって来たからなのか、

コンポストから虫が発生して来ているのでは?

ご近所三軒で沢山のコンポストを共同購入したので、他の二軒で同様な被害が出ていないかを聞いてみようと思うんですが、な~んか、私だけのような気もします。

********

ガーデニングは、くれぐれも気をつけて取り組みましょう

********

私って本当にバカだな、と思うんですが、それでも応援してやろうと思ってくださる心優しい方、帰る折に、ランキング・マークをクリックしてくださいな。

これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←をカチリとクリックください♪♪

いつもお世話になります。











PageTop

ご近所中、ガーデニング真っ盛り

裏庭は両隣が楽に見える部分があるので、ご近所のガーデニング模様が具に判ります。

◆左隣のご夫婦は、
・私達がベトナムに行く前にはオーストリアにスキー、
・ベトナムから帰って来たそのすぐ後には、南アフリカにホリデー、
・更にそのすぐ後、ギリシア、、
・もうじき日本、
と、文字通りのジェットセッター・・・お二人とも70代半ばなんですが、目くるめくエネルギーには舌を巻きます。

そして、旅と旅との間、天気が良い時は裏庭でガーデニング!

私達がベトナムから帰って来たら、既にコンポストが花壇という花壇に敷かれていました。

あれってかな~りな力仕事なんだけど、全部、ご主人が一人で、毎年やられるんです!凄いです。

********

◆右隣は賃貸に出す予定とのことで、庭の手入れが最小限で済むような工事をされ、庭の殆ど一面に芝生が敷き詰められてるんですが、

芝刈り機がぶんぶん。

水撒き装置も大活躍。

おかげでうちの花壇の一部にも水のおこぼれを頂戴していて、、、感謝です

********

◆右隣の更に右隣は、奥様が芝刈り機を運転しておられました。う~ん、芝刈り機=男仕事と決め付け、全く手を出さない私ですから、見て見ぬふりです。

********

◆じゃあ、うちはどうしているのか、というと、

ああもう、、、写真を載せられないのが、返す返すも口惜しいワイ。。。

レイズドベッドの石取り(取っても取っても出てくるのは何故なのだ!!)、
種蒔き、
ポットへの植え替え、
種直蒔き、
そして勿論、畝作り(!)、などなど

懸命に取り組む私・・・少しは上達して来ているんだろうか、根がアバウトなもので、なかなか厳しいものがありますが。

ご心配をおかけした全身に渡る虫刺されですが、やっと痒いのが治まって来て、跡も真っ赤から鈍い色に転換して来ました

~と喜んでいたら、

また足元、何箇所か刺されて痒痒が再発。・・・・・甘いビスケットを夫の目を盗んで食べ食べしているから血液が甘くなっていて虫が寄ってくる、という寸法なんでしょうか。長袖来て、しかも手袋をするようになったので、狙われるのは足元!

ハンターのウェリー(ウェリントンブーツ)はよそ行き用であって、決してガーデニング用ではないんだけれど、背に腹は替えられない・・・仕方ないから履くことにしました。

手袋、ウェリー、長袖っていうのがガーデニングの三種の仁義、

あれ、何度やってもちゃんとした文字に変換しないぞ!!!

「三種の神器」でありましょう。・・・そんなこと、今頃気付いたアバウト全開の私ですから、虫も狙いやすいんでしょうね。

ああもう、これ以上、来るな!!!

********

  ↑
虫に向かって言ってます。読んでいただいている方に向かってではないことを念の為、付記します。

********

ランキング応援、どうぞ、今日もよろしくお願いします。

こちらのマーク→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリとしてください。
*緑萌える頃のガーデニングに因んで鮮やかな緑のマークにしてみました







PageTop

撮りたいなぁ~。

消えたデジカメは、今日も出て来ない・・・。もう完全に紛失だな。

結婚する一年前かな、夫の誕生日プレゼントに贈ったものをいつの間にか私が主に使うようになっていたんですが、半年以上前からスクリーン部分が機能しなくなっていたし、そろそろ買い替えよう、とずっと思っていて、邪見に扱ったから逃げて行ったのかもしれません。

5月早々に東京から友人が遊びに来るので、アマゾンで注文して彼女のお宅に届けてもらって、それを持って来てもらおうと考えています。だからそれまで、写真、撮れない・・・・・・・。

カメラが無いことをプラスに転じる
=目で心で鑑賞し尽くすことを学べる良い機会だ!




・・・と思えばよいのかもしれないけれど、

撮りたいものが一杯あって、ちょっとフラストレーションです。

********

撮りたいものは、

例えば

◆薔薇の形の松ぼっくり

拾った場所がちょっとね、、なんですけれど、なんと!松ぼっくりの一種なんでしょうけれど、薔薇の花みたいな形をしているのを見つけたんです!そのままコサージュに出来そう。

拾ったのは墓地。墓参りの帰りに見つけて、どうしようか迷ったけれど、やっぱり可愛くて拾ってしまいました。

********

◆球根のトリプルデッカー第一全盛期

{ムスカリ、ヒアシンス、隙間からパンジー}が爆発的に咲き零れる様子、その最盛期をパチリとしたい・・と思っていたけれど、もう遅いです。ムスカリ、終わって来たものが多くなりました。

ムスカリが顔を出し、ヒヤシンスも出てきて、っていう「始まり」の頃の写真は撮れた(→ここをクリック)のが、今となってはせめてもの慰め。

********

◆球根のトリプルデッカー第二全盛期

チューリップが咲いてくる第二全盛期にさしかかって来ています。赤いチューリップ、白地に赤のチューリップ、それらがピョコピョコ可愛く出てきている様子を撮りたいのに。

来年も同じようなトリプルデッカーを仕込んで、来年の今頃撮る、しかないのかな。

********

◆種まきの後、芽が出てすくすく育っている植物の子供達。

一年草を中心に、数種類、種蒔きしたところ、当たり前だろうけれど、それぞれに見かけの違う芽が出て来て、順調に成育中。

霜の恐れがあるので、5月になるまでは家の中に置いておこうと思っていたけれど、スイートピー、コスモス・サンセットはもう、半分程、地植えしてしまったんです。が、霜ではなくて、鳥害のことを考えていなかった!

昨夕、庭に出たら、鴨の夫婦がお尻振り振り芝生の上を歩いていて、彼らは多分、そういう悪戯をしないと思うんですけれど、植物の子供達が小さいうちは、鳥が食べてしまうことが多いので・・・トゲトゲの付いた小枝を回りに刺して防御。したつもりですが、大丈夫かな。。

********

◆ホスタすし

ホスタが好きで、鉢植え三つと地植え一つあるんですが、鉢植えのが皆、葉が復活して来ています。RHSの月刊誌の最新号に「日本ではホスタの若芽を具に巻き寿司を作る」って書いてあったんだけど、聞き始め!

ほうれん草みたいな味とのこと。何故寿司なのか、判りませんが、ならば是非やってみよう、と手ぐすね引いてるんです!

あ、だから、今撮っておきたいのは「ホスタすし」ではなくて、「ホスタすし」の元。

そうそう、鉢植えの一つには、陶芸教室で作ってきた藍色の受け皿を添えています♪

********

◆私が作った畝

苺を植えた畝、ニンニクを植えた畝、ねぎとリークは土寄せまでしたんだから(、、それが普通か。。)私なのに凄いわ! 何だか畝作りが嬉しくて、更に、畝をあと三つ作ってサラダ・リーブズ(ロケットとか、そういうの)、水菜、菊菜の種を蒔きました。

畝を作るなんて、私にとっては画期的なこと!記念写真を撮りたい、撮りたい!!

********

誰か、かわりに撮りに来て欲しい!

********

ランキングマーク、置いておきます。どうぞよろしくクリックくださいませ♪

これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリとどうぞ。

いつも有難う♡







PageTop

またまたベトナムに逆戻り?!

夫が職場でベトナムに行って来た事が判ると、百人が百人(・・・そんなに沢山、という訳じゃなくて、五人が五人、のレベルでしょうが!)、

「トップ・ギアのベトナム篇観たか?」

ってニヤニヤしながら聞いて来るそうです。

・・・トップ・ギアっていうのは、最初は車オタク対象の車の機能検証を結構真面目にやっていたらしいんですが、いつの間にか、コメディショー的に方向転換して大人気を博しているイギリスのテレビ番組。

ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェイムズ・メイという三人の男性がレギュラーで、要はオチャラケなんですけれど、特にジェレミー・クラークソンが全く持ってpolitically incorrectな発言をバリバリするのが最高に面白いのです。

夫も私もベトナム篇を観ていなかったので、youtubeで観てみたら・・・案の定、抱腹絶倒でした。

細切れに8つに分かれて載っていたので、最初の二つのクリップだけ添付しました。

必見!

********

◆最初のクリップ:



「サイゴンからハノイ近辺まで車で行く」というのがお題なんですが、

・一人1500万ドンずつ貰って、大金持ち気分で車を買いに行くんだけれど、1500万ドンは1000ドル程度に過ぎないことが判ってがっくり・・。

車は到底買えないからバイクを買って、出発する。という所までが最初のクリップ。

********

◆二番目のクリップ:



三人それぞれが、やっとのことで最初の落ち合い場所まで到着する、という所まで。

この二番目のクリックを観れば、私のブログでは充分に表現し切れなかったベトナム・バイク事情、ベトナム・道路事情が詳らかに実感満点で判ります。

是非、観てみて♪♪

********

2万円程度のにするか、5万円程度のにするか、迷っています・・・デジカメのことです。

どこがどう違うのか・・私程度のカメラの腕(の無い!)人に、どちらの価格帯のバージョンが適するのか、判りかねているんです。ああ、、、、検討するの、面倒。。

********

ランキングマーク、お手数ですが、クリック頂ければありがたいです。

これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてね♪

いつも有難う








PageTop

メインディッシュは桜。

事務連絡1:滞っていた返コメント、全部書き終えました・・・というつもりです。もし、抜けがあったらすみませんが、ご指摘頂ければ有難いです。
事務連絡2:アンケートのご協力有難うございます。申し出て頂いた方全員に、教えて頂いたメールアドレスにフォームをお送りしたつもりなんですが、これもやはり、抜けがあったら、ほんとに申し訳無いですが、ご指摘いただけますでしょうか。よろしくお願いします。

********

イースターホリデーに入ったとたんに雨!だから、っていうのもあるのかな、ちょっと凹んでいたりする昨日今日なんです。

********

水曜日、持ち寄りランチ会をやったんです!!

この日の私の都合が頗る良かったので、

・この日に来ることが出来て
・マクロバイオティクスに忌避感が無くて
・お料理に興味があって

っていう友人達に声をかけて、都合のついた人達5名(みさこさん、もづさん&みにもづちゃん、ゆき子さん、洋子さん←あいうえお順)が来てくれました。
*5名中、4名は成人、残る1名はベイビー。

********

私の勝手で
・素材はオーガニックものにしてね。
・動物性素材を使うならその3倍以上の野菜と一緒にお願いします。
・白砂糖やインスタント調味料はNG。

っていう条件を出させて貰って・・・随分考えさせてしまったみたいです。すみません。

時々思うんです、マクロ一辺倒っていう訳じゃないんだけれど、自分で作る時は、やっぱりマクロを意識した「良いものしか体に入れたくない」気分・・・でもそうすると、マクロって人付き合いのスコープを狭めないか、、って。或いは、一種、肩身が狭いような思いを何故しないといけないんだろう、、などと。

でも、もう今更、「バリバリ非マクロ」には戻れないのも事実なんです・・・。

他のマクロの人達、どうしておられるんでしょ。

********

さて、当日のメインディッシュは

桜!

器に盛ると

********

さて、桜と一言で言っても色んな種類がある・・・日本に居た時は、誠に恥ずかしいことながら、桜って、
・ソメイヨシノ
・八重桜
の二種類だと思っていた節が。。

イギリスは
・真冬から咲き出すもの、
・一重の白花、
・一重の淡ピンク花、
・一重のもう少し濃いピンク花、
・八重の白花、
・八重の濃い目のピンク花、
・八重のピンク花
などが、それぞれのタイミングでてんでに咲き乱れて行くんです!

うちの裏庭のは一重の白花の大木。この日、満開!
*デジカメ紛失のため、写真無し・・あれぇ~。

そして、裏庭を出た所がクリケット場になっているんですが、その周りには、ぐるりと色んな木々が植えてあって、うちの家の近くには、こういう桜があります。
ランチョンから

お隣のおじさまが「あの桜は、それはそれは、芳しいんだ~。」と言われていたので、嗅いでみると・・・
桜のアップ

う~~ん、これは日本の桜もびっくりな、微妙かつ上品なる芳香。幸せうっとりです。

大木ではなくて、充分に花のところに手が届くので、、、少々頂いてしまって(桜、許して。。)テーブルの真ん中に置きました。それが最初の写真です。

********

私の勝手な条件設定の中、工夫して作って来て頂いた料理の数々。
全体はこんな

◆この時点で持って来て頂いていたものは
・豆乳茶碗蒸し
・苺
・シフォンケーキ
・米麹のお漬物
・おからの煮物

◇私が作ったのは、特にイギリスではなかなか入手出来ないものを中心にしようと思って、リンク先のレシピブログ(izumimirunさん、viveraさん、ゆんさん、うーらさん)から学んだレシピや気に入っているレシピ本を基にして作ったんですが、
・蓮根の種と黒米入り玄米ご飯
・蓮根ミルフィーユ
・ライブレッドの切干サンド
・ヴァイタリティ・シチュー(黒豆、高野豆腐、大根、切干大根、牛蒡、蓮根、人参で)
・桜味の粉ふき芋
・酒粕&あんこ

あとは麦茶。

一人ずつお皿に取って頂きました♪
一人ずつだと

◆一足遅れて、一番遠く、オクスフォードから わざわざやって来て下さったもづさんとみにもづちゃん(ベイビー)がお持ちくださったのがこれ。
後からやって来た
甘辛春雨 & はと麦&クレソンの味噌タヒニ和え(もづさん、すみません。勝手に名づけました)
・・・あ、この時点でタコのグリルも作って出してみました。

この後、シフォンケーキと苺を頂き、お腹一杯なんだけれど、う、ぐるじい、、、っていう訳ではなく、気持のよい満腹感♪

この種の集まり、一度だけ、じゃじゃん!と滅茶苦茶頑張ってやってそれっきり、っていうんじゃなくて、出来れば定期的にでもやりたいな、と思うから、ごくごく普段普通に作って食べてるもの、とお願いしていたんですが、バラエティに富むそれぞれに美味し~いものを頂くことが出来て、

来ていただいた方々、本当に有難うございました。

********

以前も書いたと思いますが、

私は料理好きだけど、料理上手ではないんです。

・・・でも、家で夫と二人の食事の時、もちろん失敗も多々あれど、たまたま思いついたものを作ってそれがヒット、美味しくてたまらん、っていうことも結構あったりはするんですよ。

けれど、いざ、って言う時には「あれ?なぁ~んか、美味しくない・・・。」っていうぼやけた味になってしまったりして、

今回もそう。だから、人知れず、、、落ち込む落ち込む。。。。。

********

恐い顔だけれど、実は「落ち込む必要なしだよ、」と言ってくれているのかも?な

守ってください

四天王像・・・この家には不似合い、且つ、「隠れ可愛らしいもの好き」の私は居心地悪く感じてしまうのですが、前回日本に行った時に父が持たせてくれたもので、たまたま、食卓近くのこの窓に高さも幅もぴったりなので、今、仮にここに住んでもらってます・・。ここにカーテンを付けて、普段はカーテンの後ろに居てもらう、っていう案もあるんだけれど、どうでしょ、それって。

********

◆毎日美味しいものを作りたいし、いざ、という時にも間違いなく美味しいものを作りたいんだけれど、どうすればそうなれるんだろう・・・・・。

◆何でマクロで肩身の狭い思いをしてしまうんだろう・・・少数派=隠れキリシタン、みたいな心境になってしまうのが情けないわ。

などと、うじうじ思ってしまっている歯切れの悪い私です。

********

デジカメ出てこないのに、写真はどうした?

→デジカメ持参のみさこさん撮影のものを使わせてもらいました:みさこさん、有難う♪

********

こういう感じで良かったら、他の方にも参加して欲しいし、この種のランチ会の企画もして欲しいな♪

********

最後はそう、恒例のランキングマーク。

こちら→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてから帰ってね♪

Thank you very much.


*先日から急に、広告表示が入って、あれ、私、何か誤操作した?と調べてみると、fc2が高速コンテンツ配信システム導入に伴う費用を得る為に広告表示を開始したとのことなんです。広告いやだったら高速サービスは得られないんですって。高速表示されてる実感、ありますか?私は、、、正直な所、未だ無いんですけどぉ。鈍感だからな。。。












PageTop

アンケート集計中。

カメラ紛失事件、結論から言ってしまうと、夫のものは出てきました。

********

日曜日にウィンザー近くの夫一族の墓地に墓参りに行って、その帰りにウィンザーにあるSavill Gardenに行って来たんです。

savill garden
   ↑
デジカメ無いのでSavill Gardenのウェブサイトから借用。クリックで拡大します。

Gardenという名前の通り、Gardenです。

ナショナル・トラストでもイングリッシュ・ヘリテッジでもなくて、ロイヤル・ランドスケープっていう、私は初めて聞きましたが、そこの管轄。

ナショナル・トラストでもイングリッシュ・ヘリテッジでも、ロイヤル・ランドスケープでも、イギリスのGardenはやっぱりイギリスのGardenで、

素敵です。

静謐という言葉がぴったりな佇まい。心がしん、とする。

色々な種類の水仙が咲き乱れ中。

中でもこれ、Narcissus bulbocodiumっていうのがここの名物と見ました。背丈15cm前後なので強風にも倒れない!
bulbocodium
  ↑
やはり同様の理由で同ウェブサイトからの借用です。

********

私のカメラが紛失したままなので、ここでは夫の、なんと・・アナログカメラ登場!

***フィルムを現像に出すたびに、新しいフィルムを景品でくれるので、ついついじゃあ、と使ってしまう・・・でも一年に一本の消費スピードくらいなので、どんな写真を撮ったのか誰も覚えていないんだけれど。***

ヴィジターセンターの建物がユニークなんです。この辺りから採れた材木のみで作ったとのこと。
savill building
  ↑↓ 同サイトから借用。。
detail of steelwork
横浜の大桟橋を彷彿とさせませんか?

********

Savill Gardenの写真を何枚か撮り、そして、翌日、また夫がアナログ・カメラで今度は裏の桜の見事な姿を撮ろうとしたところ、

あれ?!無いけどぉ~???

一同、狐につままれたのでした。

デジカメに次いで、アナカメまで無くなるってどういうことなの。。

********

「Savill Gardenのレストランでお決まりのカプチーノとキャロットケーキで休憩(いつもお茶休憩は決まってかプチーノとキャロットケーキ・・ウェディング・ケーキも夫の一存でキャロット家^気だったし、、)した時、あそこに忘れたに違いない!」

という結論の元、翌朝、Savill Gardenに電話してみると、

私:「Lost and Foundのセクションはありますか?」
お兄さん:「ええ、ありますよ。」

    そのまま沈黙。

私「あのぉ・・、転送してください。」
お兄さん:「ここでいいですよ。」

私:「昨日行ったんですが、レストランにカメラを忘れたのではないかと思うんですが。」
お兄さん:「ちょっと待ってください、聞いてみます。」

    ややあって、

お兄さん:「届けは無いですね。」
私:「後から出てくることもあるかもしれないですよね。」

お兄さん:「ええ、電話番号とカメラの仕様を教えておいてください。出てきたら連絡します。」
私:「電話は○○○・・・。カメラは、あの、今時なんなんですが・・・デジカメじゃなくて、アナログのなんです。。」

********

仕事から戻った夫に、がっかりするだろうな、と思いながら

私:「電話したけど、届けられてないって・・・。」
夫:「ふへふへ、、、。車のライターのそばの、そんなポケットに入れたりしないようなところに入ってた、、。」

一件落着、でした。

カメラ二台から見放されたみたいで寂しかったので、思いっきりほっとしたのでした。

********

で、今朝からアンケート整理中。

皆様にお願いしていたアンケートですが、お陰さまでコントロールのはずだった日本人からの集まりが到って良くて、こっちを主テーマにしてしまおうか、と思うくらい!

本当に有難うございました。

ブログやってて良かった・・・・・・。

という訳で、集計作業に勤しんでおります。

********

最近滞っているコメントへの返事、、、あともう少しだけ待ってください。

お待たせさせながら何ですが、これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしておいて貰ったら嬉しいな~。

いつも本当にお世話になります。

一同、礼!








PageTop

アンケート用紙送信しました。 and 偶然居た人

沢山の方々からのアンケートへ(何のこと?という向きには→ここをクリック)のご協力のお申し越し、大変大変、有難うございます。つい先ほど、送信しました。万一、届いていない場合は、恐れ入りますがご連絡くださいませ。

********

頂いているコメントへのお返事、停滞しています・・すみません。

言い訳は以下の通り・・・ここ数日、色々ありまして。

折からの好天で、ガーデニング作業に集中:
・・・種蒔き、レイズドベッド内の石ころ除去作業、苗植え、などなど、主として力仕事!

体中、虫にさされ(数えたらほぼ200カ所!)てしまった:
・・・ガーデニング中に虫に取り憑かれたのでは、と夫は言うんですが、金曜日の夜中に体中が痒くなって、闇の中で触ってみると皮膚が凸凹。慌てて電気を付けて見てみたら、赤い噛まれ跡が点々と。。痒くて痒くて、がずっと続いてるんです。ガーデニング中に虫が体にやって来て噛まれた、という夫の説が有力とは思うんですが、ひょっとして重篤な病気の症状だったりしたらどうしよう、と一抹の不安も。。でも元気なので大丈夫とは思うんですが。写真は気持ち悪いので載せません!

カメラは結局出て来ない。そればかりか、夫のカメラまで見当たらない!
・・・一杯、撮りたいシーンがあるのに撮れないフラストレーション!!

裏庭のすぐ外の八重桜、それはそれは、それは見事に満開中なんです。誰か来て撮って欲しい

********

一昨日書いたことの続き(昨日はそんなこんなで記事アップ、お休みしてしまいました。)なんですが、ハンプトンコート外庭の水仙の海を目撃に行った時、敷地内を掘っている人達が居て、

有名な人との事

それだけじゃなくて、テレビカメラが撮影しているかのような感じもする。

何かを発掘中

スタッフと見られる人達も居るし、

こっちから見ると

いくら鈍感な私と言え、こりゃ、なにかあるな?と思わない筈は無かったんですが、この時は不明のまま、

採掘中の場所の横手のウオールド・ガーデン

ウオールドガーデン

を抜けて、

白い海をもう一度眺めながら

白い海も

門を出て、

ヘンリー8世が帰ってくる
*「ヘンリー8世が戻ってくる」との看板

そしてブッシーパークに停めた車の元に戻っていくと、

お澄まし顔の人面木。

車に戻る途中の顔

********

日曜日に写真を整理している折、夫に見せると

「Time Teamだ、この人(最初の写真の帽子のおじさん)、見覚え濃厚!」

と言うのでインターネットで調べてみると、Time TeamというBBCの番組

time team

に出ている「フィル・ハーディング」という人の顔とそっくり・・っていうか、本人だと思います。

Time Teamのウェブサイトには「毎週日曜日午後5:30から」って書いてあったので、時計を見たら、何と5時25分!これは、観よ、ということだ、と思って夫も呼び寄せ、テレビの前で待つんだけれど、

全然違う番組やってて・・・訳判りません!


テレビはニュース以外は全然観ないので、これではいけない!予めテレビガイドを見て、観たいものに印をつけておいて、もっと観よう!

と思ってはいますが。

********

以上、起承転結も何も無い、だらだらした本日の日記、でした。コメントの返信も溜めているし、本当にどうしようもない私を笑って許して

********

笑って許してくださる優しい方へ:ランキングのクリックして帰ってね♪

これをカチリと→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックください








PageTop

黄色い海、白い海

おとといアンケート協力のお願いをしたところ、大勢の方から協力してやろう、っていうメールを頂きました。本当に有難うございます。一両日中にアンケート用紙を送らせて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。改めて、有難うございます♪

********

さて。先週の日曜日に「クロック・チェインジ」=夏時間になりました。

夏時間になると同時ぐらいにイギリスは別の国になる、そしてブラック&ホワイトだった世界が色付きになる、うちの夫が毎年このタイミングで決まってそう言ってたんですが、去年までは聞き流してたんです。

今年、それを明確に実感しました。・・・殊の外寒い冬だったので、春の到来が心底嬉しい今年の春です。

********

イギリスで春のシンボルは水仙ではないでしょうか?この時期、国中(と思う、、)が

水仙、水仙、水仙。

芝生の中に球根を埋め込んでおくスタイルが定着しているので、庭の中は勿論、道の両側、中央分離帯、そう言う所の芝生にも水仙がどかんと束になって咲き誇っています。

********

うちから程近いハンプトンコートなんですが、ここの外庭、水仙が見事。去年はタイミングを逃して、行った時には既に、枯れ水仙の海・・・。

今年は是非、咲き水仙の海を見たいと狙っていました。

工事中の門から中に入ると、
工事中の門から

目の前に水仙がだだ~っと開けていて、
海その1

その中に桜やら
海その2

その3です

マグノリアのピンクも混じって、
マグノリア

それは見事なことでございます♪

********

実は、載せた写真は全て先週の水曜日に偵察に行った時のもの。その時点で八分咲きレベルだったので、今日辺りはピークだったかもしれません。

明日にでも確認に行きたいとは思っているんですが、実はカメラが行方不明になってしまって、新たな写真が撮れない現況なんです。

困った・・・。

********

ランキングマーク、また最後に置いておきます。帰る時、クリックしていただければ大変嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてね









PageTop

協力のお願い

コレッジはイースター休みに突入しました。

つい先日、ハーフタームで一週間休みだったばかりなのに、また今度は二週間のお休み。

こんなことで、必要なこと全部を教えてもらえるのか、ちょっと心配・・・。

********

遥か昔、日本での大学時代、二年生の時に「リサーチ・ペーパー」なるものを書くのが、大学時代の山場の一つでした。卒論の予行練習として課され始めたのかと想像しますが、生まれて初めて英文で長文レポートを書いたのが、大学前半のメルクマールとして深く記憶に残っています。

で、イギリスでも、やっぱり「リサーチ」をやるプロジェクトがコレッジ・ライフに欠かせない課題のもよう。テーマは何を選んでも良いんですが、大学で専攻を考えている内容と関連するもの、という緩い縛りはあります。

********

大学でNutritional Therapistの資格をとったら「食生活コーチング」をやりたいと構想しているので、私のテーマは、「食」に関することです。

具体的には、英国人の「食」意識と、近頃ますます大問題になっている「肥満」の関わりについて、二つの仮説を立て、それを検証して行こうと考えています。

本当は300人程度は対象にした、ちゃんとした定量調査をやりたいところですが、費用ゼロでは、どう考えても無理と考え、定性調査だけれど、ある程度の傾向も無理矢理考察しよう、と目論んでいます。

********

方法ですが、英国人30名程度にアンケートをお願いし、結果を分析することにしたんですが、もう一つ、参考データとして、同じアンケート(日本語訳)で日本人の食意識も調べて対比するのも興味深いな、とちょっぴり欲が出て来ました。

そこでお願いです。

アンケートに協力願えないでしょうか?

・10個の質問に二つの選択肢からどちらかを選ぶことで答えて頂きます。
・体重、身長、年齢、性別もお聞きしますが、記名は自由です。

アンケートに協力すると、図書券だとかボールペンだとか、ちょっとした謝礼が貰えるのが普通かとは思うんですが、今回は何しろ予算ゼロなので・・文字通りのボランティアになってしまします。だからお願いするのは大変恐縮ではあるのですが、どうしてもお願いしてみたいな、と思ってしまいました。

*なお、日本人の大人ならどなたでも、協力してやろう、というかたは、お願いしたいです。

加えて、本来のイギリス人向けのアンケートへの協力も併せ募集中なので、イギリス人のお知り合いで、英語版に協力頂ける方も大歓迎です!!

********

よし、ここは一つ、協力してやろう、

というご親切な方、アンケート用紙(ワードファイル一枚です)をお送りしますので、メールフォームを使って(=このブログ右側にある「メール下さい」って言う所です)「アンケート協力するよ。」と書いたメールを頂けますでしょうか?

厚かましいお願いですが、お申し越し頂ければ大変に光栄です。宜しくお願いします。
*なお、アンケート返信の締切は4月30日と設定させて頂いています。

********

厚かましいお願いついでにもう一つ。これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←をクリックしてから帰ってもらえると、すっごく嬉しいです。

昨日はどう言う訳か管理画面にアクセス出来なかったんですが、さっき見てみたら、5位にいました♪








PageTop

アメリカ軍が爆弾を落としまくった場所

*今回がベトナム旅篇の最後です。

********

ホーチミン市の北西に、ベトナム戦争当時、所謂「ベトコン」のゲリラが八面六臂の活躍をした「クチ・トンネル」という地下道があります。当初、アメリカ軍は地下道の存在を知らず、地下道の入り口のすぐ近くに基地を作ったため、そんなこととは露知らず、夜な夜なゲリラが出没して被害に遭うのに一向に捕らえられないので訳が判らなかった、とか。

全長200km以上にもなると言うこの地下道、これを見るのがベトナム旅の締めくくりとなりました。

********

入場料、やっぱりベトナム人と外人とでは違って、外人は随分高い!思い起こせばハノイでのホーチミン廟が無料だったのは、あれは何故なのか、逆に、判りかねます。

ここのガイドの男性は、英語が上手でした。ひょっとすると、ベトナムで初めて、英語がまともに通じた人かもしれません。

地上部は、竹混じりのジャングルです。
竹交じりのジャングル

アメリカ兵士用のトラップが色々仕掛けてあって、例えばこんなの。
アメリカ人用トラップ

間違ってトラップの上を踏むと、竹槍に突き刺されることになります。

ガイドさんは

「残酷だと思われるかもしれないけれど、アメリカ軍は爆弾を落としまくって、規模の違う人数の殺戮を行ったんだから。」

と言うものの、リアルなシーンを想像して背筋が寒くならない訳はなく・・・。

********

地下道への入り口の一つ。
トンネルへの入り口の一つ

夫は入ってみていました。私も入ってみようかな、と思ったけれど、ちょっと恐くなってパス。

********

ゲリラは男だけではなくて、女性も大活躍したとのことで、女ゲリラと記念写真。
女ゲリラと記念撮影

この写真、夫が物凄い大男に見えてるのは、何故?・・・シャツが出ているからかも。

★では質問: 何故、こうやってシャツが出ているのでしょうか?以下の中から選んでください。

a. 美味しいものを食べ過ぎて腹が出て、ズボンのボタンがかけられなくなった。
b. 腹に一物、隠し持っていて、その隠蔽のため。
c. 今イギリスではこういう着方がファッションの先端だから。










答えは、




b. です。パスポートとお金を入れた貴重品入れをお腹に巻いているんです♪

********

これは、地下の会議室。作戦会議を練ったりしたそうです。
地下オフィス
この部屋の端が地下道に繋がっていて、そこから別の入り口まで地下道を進んでみることになりました。

我々以外にはマレーシアから来た男性三人、合計五名で進みましたが、

地下道では、「小さいことは良いことだ。」

私はスイスイ進めて全く問題ないのに、男性陣は皆、四苦八苦状態で、汗だくになってました!

********

これはホーチミンの執務室。
ほーおじさんと
「ホーおじさんと僕。」

********

ベトナム戦争のことはリアルタイムで知っているし、ゲリラの活躍についても聞き及んでいるだけに、現実にゲリラがアメリカ軍と戦っていた場所に立っているのだ、と思うと緊張せざるを得ません。

アメリカ軍、この辺りで被害が相次ぐことから、集中的な爆撃を与えたそうです。爆弾が余ると皆、ここに捨てに来た、とか。

********

平和になった今、ここにもジャックフルーツがぶらぶら成っていました。
ここにもジャックフルーツが

********

この後、一旦、荷物を預けてあるホテルに戻り、夕飯を市内で済ませた後、タクシーで空港へ。

*タクシーの運ちゃん、空港からホテルまで来た時は、どうしても釣銭を渡そうとしなかったので、この時は、タクシー代がちょうど払える程度の額を手に持ち、やっぱりメーターより高めに払わせようとゴネる運ちゃんに対処した夫でした。最後まで気が抜けない・・・。

********

ベトナム旅から帰ってから、毎日のように

「ベトナム旅、良かった?行って良かったと思ってる?」

と尋ねてくる夫です。

「良かったよ。またとない経験だった。・・・でも、一度だけでいいかな、、。」

と、その度に答えるんですが、

なぜ、何度も何度も同じ事を聞いてくるのか!!! 私が嘘をついていると疑ってるの?

本当に、行ってよかったと思います。戸惑い、苛立ち、腹立ち、そのようなものは、多分に私の予習不足と世間知らずとが原因でしたから。

次のホリデーは、やっぱり・・定価販売が普及しているところが良い、かな。。

ベトナム、一度は行ってみて、ベトナムというもの全体を自分の目で、耳で、皮膚で感じるべし。

沢山、目から鱗が落ちること、請合います♪


********

以上で、ベトナム旅の記録は



長い間、お付き合い有難うございました。

********

今日も最後はいつもの通り、ランキングのクリックです。

何位になってるかなぁ?!?!? 

このマーク→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックして確認してみてね♪


いつもお世話になります。有難う








PageTop

隣のスキップ 昨日今日明日

*今日は「イギリス生活篇」です。

********

「スキップ」っていう代物があります。

幼稚園なんかで習うステップの「スキップ」じゃなくて、

家の改築する時なんかに、通常のゴミ出しでは片付かない、自分でリサイクリングセンターに運搬し切れないし、そういった大きいゴミをそこにどっと入れて、業者に引き取ってもらう、巨大なるゴミ箱のことを言います。

********

今年早々のことだったかな、或いは去年年末のことだったかも。お隣の前庭にスキップがどしん、と置かれました。

改築されているのに伴って、ドンドン、ゴミが入れられて行きました。

一二週間で引き取りにくるんだろう、と思っていたら、いつまで経ってもそのまま。




雨の日も雪の日も晴れの日も、ずっとずっと、そのスキップは居続けた。




そして、ゴミがてんこ盛りになっていったのでした。

********

ホリデーから帰って来る頃には片付いてるだろう、と期待していたけれど、帰って来ても未だ、スキップは居た!

ひょっとすると、前庭にスキップを置物として置いているんだろうか、とすら思う程ではあった・・・。

********

やっと、二週間程前、大きなロリーがやって来た。

運転手のおじさん、ロリーを停めると徐にスキップに近づき、てんこ盛り部分をバッサバッサと芝生に降ろして・・・
取りに来た
そして、てんこ盛り部分以下のゴミ入りのスキップをチェーンで釣り上げて、
積んでった
積んで持ち帰って行った。
*以上、正面から撮りたかったけれど、おじさんに怒られるかも、と、玄関の扉をちらっとだけ開けてこっそり写真を撮ったものです。



あららら・・・

せっかく、やっときれいになる、と思っていたら、ゴミの小山がお目見え。。
置いていった

確かに夫も心配してたんです。あんなに沢山はみ出ているのを運ぼうとしたら、ロリーが道にどんどんゴミを落として行く事になるから、あのスキップ、引き取らないんじゃないのかな、って。

********

この後、どうなるんだろ、と心配していたら、

何日か後に、新しいスキップが届いて、お隣の息子さんが芝生の上に置き去りにされたゴミを放り込んでいました。

又来た
今もこの新しい子(?!)まだ、隣りの前庭に居ます。。

********

私は日本で見た記憶が無いんですが、グローバルスタンダード・サイズだって言うんです。日本にもあるのかな???

********

隣りの息子さんは凄く良い方で、私が花壇の雑草取りをしていると、あちら側からこちら側を覗いて、

「大ゴミがあるなら、うちのスキップに入れていいよ。」

って言ってくれたので、それを夫に伝えると、喜んで色々入れてました。

また、てんこ盛りになったら困るのに、、と心配な私です。

以上、スキップの今日この頃、でした。

********

ランキング、五位か四位か、はたまた運がよければ三位か???

クリックして→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←確認してみてね♪


いつも応援ありがとう









PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。