イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ど、れ、が、いいかな、現在、一つ目を試用中♪ 

一週間ほど前、ウィズリー・ガーデンのショップに立ち寄った時、

この本が、
100 Flowers to Knit and Crochet100 Flowers to Knit and Crochet
(2009/02)
Lesley Stanfield

商品詳細を見る


文字通り、

に飛び込んで来ました。

毛糸で色んな花を編む、編物の本です。二本針と、かぎ針と、両方が載っていて、編み方も丁寧に書いてあります。

********

ちょっと本題からそれますが、何種類もの「手作り」関係の本が、平積みされていて、これって、経済状況を反映しての「買うより作ろう」っていうトレンドになって来ているのかな、

・・・っていうことは、

私なんかは、トレンドの最先端じゃないの♪

などと思ったのは、思い過ごしかな???


********

本題に戻ります。

あの本が目に飛び込んで来た時、

わぁ、何て可愛らしいの

と、浮き浮きしてしまい、

思わず手に取って、ぱらぱら見ていると、

ぴぴぴっ

来てしまったんです。

********

帰ってから、アマゾンで、即、注文しました!

********

再び、本題から逸れますが、本屋で本を買う事って、滅多にありません。

きっと、アマゾンならもっと安い筈だから、私にとっての本屋は、アマゾンの為の、展示場みたいなもの。。

誰が一体、本屋で本を買っているんだろう、と心配なんですが、本当に、だれが買っているんだろう。


********

本題に戻ります!

そして、二日後に、本が届き、

すぐさま、私にも出来そうなものを、編み始めました。

********

三たび、本題から逸れますが、

高校や大学の頃、テスト直前になると、どう言う訳か、本屋に行って、立ち読みしたり、或いは、全く、テストと関係無い小説なんかが無性に読みたくなってしまった・・・その癖は、未だ治らず、鉢巻き締めて、テスト勉強やらレポート完成やらをしないといけない、この今、編物なんぞに手を出してしまう私。。


********

本題に戻って、

色んな花を、編物で再現しようと言う趣向の本なので、実物に近い色合いの毛糸で編むようになっているんですが、私の手持ちのアクリル毛糸は、

赤、濃いピンク、薄めのピンク、クリーム色、白、ブルー、

のみなので、どれを編んでも、皆、色合いが同じようなんですけれど、

今の所、これだけ、作りました。

花たわし

直径、5~8cm程度で、平べったいの、もこもこしたの、中のほうが厚いの。

*注:ご指摘される迄もなく、本人が、下手くそって判ってるんです。花びら七枚の筈だったのが、指示通りにやってるつもりなのに、八枚になってしまったり、っていい加減だし!

でも、目的が目的だから、これで上等だ!と割り切って、恥をしのんで、披露しています!

********

で、目的は、何なの?




へへへへへ♪♪



花アクリルたわし

です♪

********

台所の小物は、赤か、白、と決めているので、アクリルたわしも、赤か白。

・・・それだけでは、いかにも愛想無しなので、赤に近いピンク、白っぽい黄色の毛糸も仲間に入れました。

********

アクリルたわしを使おう、と思い立った時(=ここをクリック)、適当に、かぎ針編みで、四角いの、丸いの、そして、その次には、大きめのトラック型の、を編んだんです。

使っているうちに、判って来たのは、小さめのが正解、っていうことでした。

大きいと、小回りきかせ難い。しかも、乾き難い。

********

で、あの本を見た時、

「どうせなら、可愛い花形のアクリルたわしを作りたい!」

って閃いたという、

ま、ただ、それだけのことです。

********

今、最初に編んだ、赤くて平べったいのを使っています。(さっきの写真内、一番右)

使い心地は・・・ちょっと、小さ過ぎる、っていうか、嵩が低過ぎるかな。でも、悪くは無いですよ。

これらを全部使ってみて、どれくらいの大きさで、どれくらいの厚みのが、一番、使い易いのか、見極めたいと思ってるんです。

********

いつも応援、有難うございます。今日もよろしく♪

こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックお願いします






スポンサーサイト

PageTop

一日で変わってしまう、今の庭。

日光と気温が、
如何に
植物の成長に大きく関係するか。

・・・毎日、実感しています。

ここ数日の初夏らしい気候で、庭の植物の成長に、ぐんと弾みがつきました!

だから、写真を撮ったら、すぐにアップロードしないと、現状と大きく離れてしまいます。

********

数日前。
左花壇

「数日後」の今日は、

・もう、つつじは散り、
・その奥の方に「狐の手袋」が蕾を膨らませて来ていて、
・その手前のアスチルベにも蕾!
・写真右端の方の白いルピナスは、花房の長さがこの倍以上に。

********

これも数日前。右下の紫色のベル・フラワーが、降り注ぐ強烈な日差しでハレーションを起こしている!
このコーナー

今日は、
・クレマチスの花がもっと沢山に増え、
・左下に少し蕾が見えている芍薬は、大きな花が五つ咲き、蕾も何個か待機中。
・ベルフラワーの右横に、小さなアリウムが沢山蕾を覗かせてきています。

********

こぼれ種で勝手にわんさか生えてきているニゲラ。この時点で、既に蕾が開花を期待させていたんですが、
じらせるニゲラ

これは、期待はずれ。

今日になっても、花は、未だ一つも無い。でも、背丈がぐぐっと伸びました。
ピンク、紫、白の花はストック。未だ寒いうちから花が咲き始めて、未だ咲き続けているんですが、いつ迄、もってくれるのか、期待と心配で、毎日点検しています。

********

銅葉のもみじ(写真内、左)、今年の春まで、両方に木々が迫っていたので、伸びきれなかった部分が短くて、妙な枝ぶりなんです。
何かが見える
だから、短い所を通して、その向こう側の花が透けて見えるんです。

この時は、まだ花が咲いていなかったのに、もみじの向こう側、今は、三種類のトーンのピンクのゼラニウムが沢山咲き誇っています。

・・・ところで、もみじのもっと向こう側に、見えているのは、何??

庭の向こう側のクリケット・フィールドでピクニックしている人達!
トリミングで

********

毎日、何かしら、収穫を食卓に、っていうのを楽しめるようになりました。

この日は、チャイブ(花の部分を飾りに)、サラダ用の菜っ葉、ローズマリー一つまみ、よもぎ、レモンバーム、と結構控え目でしたが。
今日はこんな

レモンバームは、ミント同様、どんな過酷なる環境下でも、機嫌良く成長する子みたいです。
せっせとお茶に
せっせとお茶にして飲んでいます。レモンバームだけだと、虫取りの臭いみたいで、あまり好きじゃ無いんですが、蓬とミックスすると、まろやかになることを発見!

レモンバーム&蓬茶、結構いけますよ♪

********

植物の今後の健やかなる成長を念じて、よぉ~ぉ、お手を拝借!

ちょちょちょん、ちょちょちょん、ちょちょちょんちょん!→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                                    ↑
               いえ、三本締めでは多過ぎる!クリックは一回で充分ですので


いつも応援、ありがとう






PageTop

まだこんなことやってる進歩の無い私に溜息吐息。

ユニクロのプレーンなセーター、普段着に愛用しています。

・Vネックが好きです。
 (Vネックってスクールボーイみたいだから嫌!っていう夫とは対照的に。)

・チャコールグレー、好きです。

だから、このセーター、活用頻度、多し。
      ↓
油断すると

このセーター、でも、どこか、様子がおかしくは無いでしょうか?


これだけだと、判りにくいかな。


じゃあ、これだと、明快ですよね
      ↓
こうなうよ

一目瞭然だから、説明の必要無いか、と思うんですが、一応。

洗濯の設定を間違えて、縮こまらせてしまったんです!

********

イギリスの洗濯機って、温水での洗濯が通常。

ウール、シルク、デリケートもの、等々、素材別に数種類の温度設定があって、因みにうちのは、水、30度、40度、50度、60度、75度、95度、が選べます。

イギリスに来た当初は、何も考えずに、コットンを60度で洗って、色落ちさせてしまったりしました。

********

それから。

前の住いでは、夫が結婚前から行っていたドライクリーニング店のサービスに、満足していたんですが、こちらに越してから、もう、一年半以上になるというのに、未だにタラタラしていて、近くの信頼できるドライクリーニング店を探し当てて無いんです。

タラタラの言い訳ですが、イギリスは、所謂、衣替えって言うのが無い。
=夏でも冬物が必要な天候のことが多々ある。

未だ返って来ないのに、急に必要性が出て来た場合を慮って、クリーニングに出すタイミングが掴めない、

だから、一年以上、「クリーニング行き」の身で待機しながら、寒い時にお呼びがかかるコートがあったりするんです。

何か、それ程、大切じゃないのを出して試してみて、大丈夫なら、大切なドレスなんかも出そう、とは思えど、それも心配で、結局、それ程、大切じゃないのは、自分で洗ってしまっています。

********

説明が長ったらしくなりましたが、要するに、

このセーター、超普段着だから、自分で洗ってしまえ、と、洗濯機に入れて、

そこまでは良かったんだけれど、

設定ミス・・・「ウール30度」でやれば問題無かったものを、通常の「コットン40度」でやったものだから、しっかり、こってり、コットン張りに洗いすぎてしまったんでしょう。

子供サイズになったけど、目が詰め詰めになったから、子供でも着られない・・から、チャリティーショップに寄付することさえ出来ないです。



嗚呼



セーターに悪いことしてしまいました。

許して、セーター。

********

こんなヘマな私でも応援してやろうという奇特なお方は、

こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックくださいませ。

いつも有難うございます。









PageTop

陶器作品、今度は勢揃い。

最新の陶芸作品は、先日、半分ほどをもう紹介してしまった(ここで、です)んですが、その時に持ち帰っていなかったものも、とっくに持ち帰って、どんどん使っているんです。今日は、その様子を紹介させてください♪

★コースターです。
コースター
・・・この難点は、型押しした模様が、実際の使用時には、すっぽり隠れてしまうこと!

***

★うねり大皿(と名づけました。)
うねり大皿
どっしりした、大きな四角い皿が欲しいな、とずっと思ってたんですが、土をのばしていくうちに、何だか薄っぺらくなってしまって・・・急遽、デザイン変更したんです。

四方を持ち上げて、少しくらいお汁っぽい料理でも、こぼれないように、と思っていじっているうちに、このように波打った、という次第です!

***

★花瓶
花瓶

えへん!

どうです、このプロ級のロクロ作品!!たいしたものでしょ?!

・・・それもその筈、ロクロは先生のメアリーによるもの。もう、半年以上前になりますが、え?!もっと前か??未だ近所のアダルトスクールで習っていた時に、パンフレットに載せる写真を撮りにカメラマンが来たところに、ちょうど居合わせた私。

「撮らせてくれたら、一つ何か作品作ってあげるよ。」

と頼まれて、「やらせ」ポーズを披露した、その時の「ご褒美」です。

*釉だけ、私がやりました。

***

★これ、もう、先日、紹介済みなんですが、ことのほか気に入っているのと、いつだったか、薔薇の形の松ぼっくりを拾ったけれど、カメラが無くて写真が撮れなかった・・・その松ぼっくりを乗せてみたところです♪
楕円大皿もう一度


********


で、早速、大活用してますよぉ、じゃんじゃんと!

☆これは、うねり大皿と、楕円大皿を並べて使っているところ。釉が同じなので、ペア使用したい、と、結構、無理矢理・・・楕円大皿には、だから、海苔が並んでいるだけ。。
大皿で巻き巻き
色んな具をレタスで巻いて食べる、という趣向だったんですが・・・ジェム・レタスの葉っぱ=小さすぎて、こぼれ続出で・・・企画倒れの一品でした!

***

☆これは、再度登場の、「手の平丼」。
手のひら丼
いびつな形が、かえって、可愛くて、可愛くて・・・

サイズが、ちょっと多目のプディングにもピッタリなので、スイーツ丼としても大活躍。
プディングもこれで
・・・甘酒アーモンド・プディングの上に、甘味を少し加えた上で、ローズウオーターで香りをつけたのコンポートをぽっとり。。

この「手の平丼」、大うけ(私自身に、です!)だったので、同じようなのを、今、あと四つ作っています。

***

まるで夏のような日差しになった日曜の昼ご飯。そんな貴重な日は絶対、パティオで食べるんですが、この日は、日差しが強過ぎて、早く食べないと、傷んでしまいそうなくらい。

楕円大皿に乗せたのは、豆腐チーズ(豆腐ピクルス)をエゴマの葉&スモークサーモン&海苔で巻き巻きした、スターター。傷まないうちに、、大急ぎで食べました。
*真ん中のピンク色のは、チャイブの花が可愛かったので、置いてみました。
大皿を使って
手前右側は、りいこさんのレシピを多少いじらせて頂いて、、、だから、野菜畑から間引いた生野菜も乗っかっています。。タレの配合抜群、二人で美味しく頂かせていただきましたよ、りいこさん♪


これもパティオで食べた、数日前の夕飯。夜は、さすがに昼のようにギンギラな日差しじゃないので、これは、安心して、ゆっくりと。

うねり大皿に、大根&エゴマの葉を敷いて、そこに、スモーク鰊を酒蒸ししたものを乗せています。
もう一度使い方

********

これから拙宅にご飯を食べに来る方々、これらが登場してくることを、しかと、覚悟しておいてください

********

ところで、コースターの使用例が無いのに気付いてくださった方は、おられますでしょうか。

・・・実は、使用にそれ程支障は無い、、かな、とは言え、どう見ても波打ち過ぎなので、新たに、波打ってない真っ直ぐなの(これが結構、難しい!)を製作中。だから、今のは、そのうち・・・お蔵入り、かな。。

********

いつも通り、最後はやっぱり、応援のお願いです。

ブログ・ランキングへの投票、これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←をクリックしてくださいな。

いつも、有難う














PageTop

チェルシー・フラワーショー、今年が最初で最後(?)

試験と宿題で、肩凝り凝りの昨今。

だから、

一にも勉強、

二にも勉強!

とにかく、勉強第一!の昨今。

勉強以外、やってはならぬぞ!!

********

とは思えど、そんなの不可能、、、実は、チェルシー・フラワーショーに行って来ました。。

・・・コレッジが無いけれど、陶芸教室の有る水曜日。陶芸が終わってから駆けつければ間に合う、夜の部に行って来たんです。。。。。。

********

この日は、RHSメンバー限定、しかも5時半からの部。

それでも、人が一杯いるんだろうな~、と予想してはいた、

けれど、、いえ、

やっぱり、

その通りでした。

チェルシーその1
*注:余りにも、お顔がバッチリ写っていて、しかもオリエンタルな風貌だったので、差し障りあるかも、と、ぼやけさせて頂いてます。

********

今回、一番、この目で、とくと見たかったのが、これなんです。

これが見たかった

ブログのリンク先の美月さんが紹介しておられた、実物と見まごう「ホース・チェスナッツ」の実。彼女の記事は、こちらをクリックでどうぞ。

その会社の展示即売ブース。ここに並んでいるもの、全部、陶製なんです。到底、私などが作れるような代物ではありません。芸術作品、そのものです。

********

これが、ショーガーデンの金賞トップ。
チェルシーその次

日本人によるものも、勿論あります。

例えば、これ。
あともう一つある
撮影アングル悪いですね・・・本当はもっと、風情のある素敵なお庭でした。

日本人作品は、あと二つありました。

********

沢山、写真は撮ったんです。だから、もっと沢山、乗せたいのはやまやま、なんですけれど、新しいカメラとPCの相性が悪くて、ダウンロードするのが物凄く手間・・なので、ご興味ある場合は、RHSのウェブサイト(ここをクリック)で、是非、じっくり、ご覧くださいませ。

********

っていうような、やる気に欠けている私をお許しください。

なんか、自分自身の気持に納得できないんです。

どうしてなのか、って言うと、

ここだけの話ですが、感動しなかったんです、チェルシー。。

何しろ、イギリス最高峰のフラワーショーです。そして、場所もセレブ御用達のチェルシー。。

・・・なんだけれど、

「ハンプトンコート・フラワーショーの方が、やっぱり、いいわ。。」

などと、本当に、ここだけの話なんですが、思ってしまった私は、

やっぱり、

変人?!・・・多分。

********

一つの理由は、会場、狭いんです。

狭い所に、人がわんさか居るから、息苦しいし。

狭くても、あっという間に回れる、っていう訳では無くて、一つ一つ、人混みをかきわけて、見て行かないと鑑賞出来ません。


もう一つの理由は、「これは驚き!!」っていうようなものに巡り合えなかった

・・・ここだけの話(←こればっかり!)なんですが、過去のハンプトンコート・フラワーショーに行った体験を思い起こして、マンネリな気もしてしまったし。

********

確かに美しい、素晴らしい。んです。それは否めないんです。

私が鈍感だ、っていうのは、大きいとは思うんですよ。

でもね、どしん!っていう感動は、覚えなかったんです。。

期待が大きすぎたのかな。

********

面白かったものたち、例えば、以下のようなものです。

★壁が庭:そういうあしらいが、何箇所かありました。Edible Wall=壁が菜園、っていうのもあって、やってみたい気がした!
チェルシーこんなの

★半ば本気で、トゥリー・ハウスが欲しい私ですが、諦めています。そんな諦め心に火をつけた、このミニチュア・ハウス!
これもチェルシー
欲しいわん。。

★トップギア(TV番組)のジェイムズ・メイがデザインした?制作した?・・・とにかく、彼が関わっている、工作用粘度で作った庭。
もひとつチェルシー
おふざけなんだけれど、小川には鯉まで顔を出していたりして、なかなか凝っていました。

★コテッジガーデン風のミニ・ショーガーデンの端っこに、どう見ても、蓬(よもぎ)としか見えないものが、すくすく成長している。
忘れないように
たまりかねて、「これ、蓬(mugwort)ですか?」って、そこのおじさんに聞いたら、

「うぉ!そんなこと聞いてくれたの、あなたが始めて。何故、知ってるの?」

と、喜んで貰えました。

********

ところで、これ、買いました!

水彩画のプリントものなんです。鳥ばかり描いているおじさんのブースに、夫も私も大好きなロビンが題材になっているものが、何点か。

その中から、夫へのバースデープレゼントに良いかな、と思って、これを選んだんです。
これもです

ところが・・・買ってから気付いたんですが、実はもう、今年のバースデープレゼント、前倒しで、あげてしまってたんです。

彼の誕生日は11月なんですが、今月初めにスコットランドに行った時の「衣装」:ゴアテックスの上着を、新調してあげた・・・それを、すっかり忘れていた!

だから、これ、クリスマス・プレゼントになります。

60cm×40cm程度の、決して小さくは無いものなので、隠し場所を探すのに苦労しましたが、

何とか、彼に見つからないように、隠しています。

どこに隠したのか、すぐ、忘れかねない私が恐い~

クリスマスプレゼントを買ったことを忘れて、また、何か買ってしまうかもしれない私も、怖い~~。

********

チェルシー・フラワーショーは、テレビで観る方が良いかも、と結論しかけている、多分、かなり変人の私ではあるんですが、

ランキング応援クリック、お願いできれば嬉しいです。

こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリとクリックしてね♪

有難う

********

しつこくてすみませんが・・・皆、チェルシーに、何を期待して行くんだろう。ひょっとして、セレブリティに会えるかも、っていうような期待も大きかったりするんだろうか。一人も見かけなかったけれど!

などと、未だ、すっきりしない私です。










PageTop

暑い日は、ブージャブージャだ!

まずは、報告から。もう一ヶ月以上前になりますが、これでアンケートのご協力をお願いしていた「リサーチ・プロジェクト」なんですが、先ほど、つい先ほど、レポートを書き終えました。ご協力頂いた方々、改めて、本当に有難うございました。結果、興味あります???そのうち、ご紹介しますね。

********

さて。

乳製品、精白砂糖は出来るだけ避けています。

何しろ、マクロバイオティックに忠実なもんで

、っていう訳ではなくて、

実際に摂ると調子が悪くなるし、やめると調子が良いし、なので、。

イギリスは、ケーキでも、フルーツでも、何にでも、ドッサリとアイスクリームをかけて食べるのが一般的に普及してる(←私の周りでは、少なくとも)ので、イギリス人の知り合いのお宅に食事によばれた時なんか、不便なんですけれど、上記の理由のため、基本的にアイスクリームはパス、なんです。

・・・ん?!水曜日にチェルシー・フラワーショーに行った時、喉が渇いて、思わずソフトクリームを食べた、けど。。

********

このような背景の中、

ごく最近、乳製品も砂糖も使っていない、「代替アイスクリーム」の存在を、知りました。

ブージャブージャ、っていうブランドから出ている

「Stuff in A Tub」

ブージャブージャ

ご近所のマクロ友、Rさんと一緒に、例のガーソンズ(「例の」っていう意味は、こちらをクリックすると判りますのでね。)でお茶を飲んで、その後、そこのファームショップで買い物をしたんですが、

「ガーソンズはブージャブージャのアイスクリームが売ってるのよね。」

って、

「ブージャブージャ」

というのが、まるで、当たり前の一般名詞であるかのように言われて、

私は


なに、それ?????


状態だったんですが、

知名率は、どれくらいなんだろう?!?
*そもそもは、オーガニック・チョコレート(トリュフ)で始まったブランドみたいですが。

********

ココナツ味とピーカン&メープル味を買ってみました。

Dairy Free, Egg Free, Gluten Free, Low Cholesterol, Lactose Free, Organic, Soya Free, Vegan, Wheat Free, Yeast Free

っていうのが売り、なんですけれど、

だから、つまり、

乳製品、卵、グルテン、乳糖、大豆、小麦、イーストが入っていない。


じゃあ、どうやって作ってるの???


箱に書いてある原料は・・・

★ココナツ味のは:水、アガベ、カシューナッツ、ココナツ

★メープル&ピーカン味は:水、アガベ、カシューナッツ、メープルシロップ、ピーカン

とのこと。


通販サイトのレビューには、「アイスクリームより美味しい!」って言う声も載っていて、


一体、どんなお味?!?


と、まずはピーカン&メープル味の方から味見をしてみると、

蓋を開けたら

わ、、冷た、、い!

そして、確かに、

美味しい

・・・未だ、アイスクリームの季節では無いです。今すぐ、夫に食べさせる訳にはいきません、何しろ、大黒柱なので、健康第一!!?

・・・だから、暑くなるまで、私が時々味見をしながら、暫くフリーザーで休んでいてもらいます。

********

500mLで5ポンドするんですよ。
*未だに1ポンド=200円で換算する私なので、1000円。わ、高い!

原料を見た限りでは、完璧に自分で作れそうでは、ありませんか。

宿題全部、提出し終えて、試験も全部終わったら、

トライしてみようかな、

と思い始めてるんです。

********

名前、可愛いんですよ。こういうネーミングが出来る会社なら、間違いないかな、なんて思ってしまいました。

★ヴァニラ味のは:Keep Smiling Vanilla M'Gorilla
★ココナツ味のは:Coconut Hullabaloo
★メープル&ピーカン味のは:Pompompous Maple and Pecan
★チョコレート味のは:Hunky Punky Chocolate
★生姜味のは:Feisty Winjin Ginger Dessert

********

いつも応援クリック有難うございます。

今日も、どうぞよろしくお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←こちらをクリックしてね♪






PageTop

イギリス人はシフォンケーキを食べないのか?

素朴な疑問が

むくむく、むくむくむく

イギリス人は、シフォンケーキを食べないの?
  作らないの?
    存在を知らないの???


・・・何しろ、食べ物に疎い夫なので、彼に聞いても正解は得られるはずも無く、

ヴォランティア先のカフェのシェフに聞こうと思っても、指の怪我と勉強とで暫く行っていないので、その機会も無く、

だからずっと、「?」が頭から消えずに居ます。

********

何を言ってるのか、っていうと、

「シフォン型」なんですが、
   

シフォン型

キッチンショップあれこれ巡っても、

ここなら、その種のものはある筈、とジョン・ルイス(デパート)に行っても、

ここに無い訳は無い、とレイクランド(キッチンショップ・チェーン←かなり好き)に遠征しても、

無いんです!

レイクランドは、レジで聞いてみたんですが、

「なにそれ?」

みたいに見つめられて、

「あ、この人、店の品揃えの知識が薄いんだ。」

と思って、試しに

「フリーザーに氷がくっつかなくするシート」の場所を聞くと、ささっと連れて行ってくれ、

「換気扇用のフィルターペーパー」もタッタカ誘導してくれ、しかも、「外に換気するタイプだったら、こっちで充分。」っていう風に、商品知識もあることが判明。

・・・つまり、レイクランドですら、扱っていないことが確定しました。

********

いつもの通り、こういう場合は、ウィキペディアに行ってみると、シフォンケーキはアメリカ発、ということが判明。(こちらをクリック)

ひょっとして、イギリス未上陸、、、なんてこと、あるの?????

********

そんな私を知ってか知らずか、

本当に偶然、

長期イギリス滞在から先日、日本に戻られたゆき子さんが、「これ、イギリスで私が使ってた型、りす美さんにあげる。」って、さっきの型をプレゼントしてくださったのです!!!

だから、早速、焼いてみました。

シフォンケーキ

レモン&ポピーシードのシフォンです:前庭の黄色い薔薇が今、満開中なので、レモンの黄色をシンボライズさせるべく(?)、穴に入れてデコレーション・・・のつもり。
*葉っぱは、やっぱり、うんとこさ茂って来ているミント。
*ポピーシードは、前の家で沢山咲かせていたポピーから採ったもの。

********

ところで、本当にシフォン型じゃないと、シフォンケーキは凹むのか、という疑問への答えを得んと、

マフィン型
   

シリコン型

で実験してみました。


結果は・・・そんなに凹みませんよぉ~。

マフィン型で

  
型から外した後、すぐラップをかけて、写真を撮るときも取るのを惜しんだ怠け者の私です。
*にんじん&ココナツのシフォンです。
*型は6つ穴があるのに、ケーキは5個しかないのは・・・ははは、すぐ一個、試食したからに決まっているではありませんか!

********

ところで、いきなり、何故、シフォンケーキなの、っていう話ですが、この前、日本で本屋さんに行った時、目に飛び込んできた、

この本。
 
まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本
(2008/10)
なかしま しほ

商品詳細を見る


パラパラ見てると、色んなシフォンケーキが焼きたい気持が、まるで、シフォンケーキが、ムクムク膨らんでくるかのように、むくむく湧いてきて、買ったんです。

一台に卵を四つも使うので、基本的に卵は食べない私の場合、「毎日」なんてトンでも無いんですが、初の作品でも、むらなくフワフワに焼けたし、気分を良くして、時々焼こう、と思ってます。

********

繰り返しますが、

食に疎い夫

ですから、我が家では、「シフォンケーキ」ではなく、

「すっごく軽いケーキ」

と呼ばれていますが・・・。

********

ひょっとして、コンラン・ショップとか、ハロッズとか、セルフリッジとか、そういう所には置いてあるんだろうか???

・・・日本だと、そんなに探しつくさなくても、売ってますよね。。

********

ランキングマーク、応援クリックしてもらえると、次に焼くときも、順調に、すくすく、ふんわり、焼けてくれると思うんです♪

だから、どうぞよろしくお願いします。→→→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリとね♪

いつも有難う













PageTop

イザベラは必でしたよ!!

タイトルの通り、もはや過去形です(多分)。

リッチモンド・パーク内のイザベラ・プランテーションのことです。

ガーデナー氏は、「イザベラは、つつじの時だけじゃなくて、一年中、見所があるように作ってある。」と言うけれど、やっぱり、何と言っても、イザベラがお祭りみたいになるのは、5月初旬の10日間くらいです。

だって、大半のつつじや石楠花が咲き終わったところは・・・余り綺麗なものではないし。

日本から来た友人と行った時は、曇天+雨ポツポツ、で、日が燦々とさした景色にはお目にかかれなかったので、夕方だったんですが、日が照っていた数日前、もう一度、行ってみました。

◆結論:写真は、腕よりも、光が決め手だ!

********

以下、しつこいですが、今年の状況を、今度は光当る中で、もう一度記録しておきます。

小川を挟んで咲き誇る、つつじ、つつじ、つつじ。
小川が流れて

ちょっと高い所に登って(夫が、です)、見下ろして撮った風景。
ピンク主体

ピンク系以外にも、黄色やオレンジのだってあります。
黄色やオレンジも

これは、「小人の帽子」。
小人の帽子

逆さ富士、ならぬ、逆さツツジ。
陽の当たる逆さツツジ

小川近くの、水辺の植物とともに。
こんな水辺も

こちらは石楠花ですが、7種類あることから、「7人の小人」と呼ばれてます。
7人の小人

ブルーベルの季節は、もう終わりかけですが、濃いブルーのイングリッシュ種が、ふさふさ。
濃いブルーベルも

どうだい、イザベラは凄かろう、と、胸張って威張るオシドリ達。
胸張る二羽
*オシドリ達が、やかましく喧嘩(だと思う)してたんです、彼らって競争心に富む鳥なんだろうか。

********

「行くべき!」と何度も煩くお薦めした、近隣の方々へ:今年行きそびれた、という場合は、来年は、是非是非、ね♪

********

日本から来年のゴールデンウイークにイギリス観光に来ようと思っている方々へ:イザベラも旅程に組み込んでみてください♪♪ 損はさせませんよ!

********

ランキング応援クリック、いつも有難うございます。

今日もよろしくお願いします♪→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

Thank you so much.











PageTop

心配して損したデイヴィッド・ボウイ

DBポーズ

いえ、ボウイ本人じゃなくて、昨夜、夫と夫の友人と一緒に行って来たトリビュート・バンドのことです。

********

トリビュート・バンド・マニアっていう訳じゃないんですけれど、縁あって(?!)、色々行ってます。

ビートルズ。
ボブ・ディラン。
クイーン。
ツェッペリン。

どれも、それなりの入場料だったので、気にならなかったんですが、

昨夜のは何と、一人6ポンド、と激安!

DB的傾き

********

キングストン駅近くのパブが会場なんですが、聴衆は、ざっと数えて60人くらいかな。

っていうことは、全部で360ポンド。

パブと半々として、バンドの取り分は180ポンド。

バンド総勢4名だから45ポンドずつ。

そういうのが月に何回あるんだろう?

10回くらいは、あるんだろうか?

だとすると、一人当たりの月収が450ポンド。

とすると、年収は5000ポンドくらい。

今、ポンド安いけれど、相変わらず1ポンド=200円で計算してるので、それで換算すると、

年収、たったの100万円。

え~、、そりゃ、ないでしょ。

どうやって、生活してるんだろ。

女に貢がしてるんだろうか。

ボウイ役は、優男だけど、


DBアップで

他のバンドのメンバーはルックス、大した事無いし、貢ぐ女、果たして、いるんだろうか。

老後はどうするんだろ。


********

・・・夫達は、全曲、馴染みのものだったみたいだけれど、私はデイヴィッド・ボウイを通過していないので、知ってる曲が無いし、ぼーっと聴きながら、彼らの予想年収の計算をしたりして。

********

演奏も終盤になってくると、踊り狂う聴衆が出て来て乗り乗りになるんですが、

必ず踊るね

私は逆に、暗~くなってしまったんです。

********

帰り道、夫にそういうことを切り出してみると、

「本職は持っていて、土曜だけ、趣味でやってるのに決まってるじゃないか。それに、皆、どんどんドリンク飲むから、パブはそんなにピンハネしないから、もっと貰ってると思うよ。。」

なんじゃらほい・・・。

心配して、大損しました!

********

そう言えば、ボウイ役の人、休憩時も、ゆったり楽しそうに優雅に歩いたり談笑したりだったものね、、。

だから、心配する必要、皆無だったみたいです。

先に言ってよ!

********

来週の土曜日は、同じ場所でローリング・ストーンズのトリビュート・バンドです。ちょっと行きたい、かな♪

昨日は、Human Biologyのレポート(エッセイって言うんですよ)を無理矢理にやり終えて、その勢いで行ったけれど、まだ色々、宿題あるし、来週は、やめておくかな。。

迷い中。

********

行くべき、って思う方は、こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへクリックしてください。

行かずに勉強せよ、っていう方は、こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへお願いします。

・・・どちらもランキング投票につながってます  

クリック、有難う♪







PageTop

5月の庭は、まだまだ育成途上だけど。

今日は、現在のうちの裏庭のスナップショットです

フロント・ガーデンの左端にある扉から横の通路を進むと、こんな風にホスタの鉢植えなどが見えて来て、裏庭が始まります。

横から入ると

*三つのホスタのうち、一番右のの鉢受け(濃紺)は、へへ、、私の作品♪ で、その右奥に、こっそり小さくなってるのは、私の作ったバードバスぅ

********

ところで、私はどちらかと言うと、いえ、はっきり言って、せっかちです。

だだだだだっ

と、希望が叶って行って欲しい。

でも、この家の庭作りは、そう言う訳に行かなくて、もう居直って、毎年、少しずつ良くなって行けばいいか、と思ってるんです。

********

パティオの先、左側はこんな感じです。

向かって左

左手前に種類違いのクリスマスローズが三株。

その横にも、こちょこちょ、色々なのが出て来てるんですが、つい数週間前まで水仙とムスカリが大挙して咲き誇っていた場所。世代交代して、今度は別の宿根草が数種類、どれもモリモリ成長して来ています。

それらの前方に、つつじが満開中。

*庭のこの部分は、宿根草と球根で、手間要らず空間として、このままで良いかな、と思ってるんです。

********

パティオの先、右側は、冬の間に苗を植えておいたストックが、二週間ほど前から、大活躍中です。

向かって右を逆から

左側より随分、日当りが良い空間なので、ぶどうの苗も育成中。ぶどうが成るのは、いつのことかな~。

写真右の方、ストックの周りがもじゃもじゃして見えるのは、こぼれ種から勝手に生えて来たニゲラ達です。もう、つぼみが膨らみかけてるのも幾つかあって、嬉しい

ここは、季節ごとの一年草を入れ替えて行く花壇にしようかな、と思ってるんです。

********

変わってこれは、裏庭の左側、一番奥に近い部分に新たに作ったレイズド・ベッドの中で、一段高い、根菜用の「畑」:根菜が深く土中にすくすく育って行くように、かなり高くした所。

根菜用

4月に入ってから、大根、ゴボウ、パースニップ、ビーツの種蒔きをして、今、順調に育って来ています。

ワイアでカバーをして、鳥や猫やりすから守ってます。

********

左右の花壇なんですが、殆どは、沢山のシュラブが伸び放題になっていたので、そのままでは「ガーデニング」しかね、去年はギブアップ状態でした。

惜しみながらも、何本もシュラブを根こそぎ抜いて、その後、小石や根っこを除き、堆肥を入れて耕し、そういう努力を数年間続けて、だんだん「ふかふかの土」にして行こうと構えてるんです。だから、今年の段階では、まだ宿根草はあまり植えず、野菜畑と一年草を主にしています。

*写真、何枚か撮ったんですけれど、う~ん、、、今少し、未公開。。

********

大好きなクレマチス・モンタナ、びっしり咲いてくれて喜ばしい限り

お隣に侵入

なんですが、ふと、お隣の庭を覗き見ると・・・もっこりもこもこ、どんどん侵入して行っている有様が如実に見えて、あれ~ぇ

********

あと一二ヶ月すると、もう少し、見栄えがしてくるかな、と期待しながら、勉強の合間に、花壇の世話をしてるんですが、草花の成長とともに、例の、、なめくじ。あれらも活躍して来ない訳は無いだろうな、、と思うと鬱陶しい~。

応援クリック→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←頂けたら、なめくじや鳥に負けずに、うちの花達は、きっと、きっと、すくすく成長することでしょう!だから、、どうぞ宜しくお願いします♪♪♪






PageTop

お城訪問。

昨日も書いた通り、先週の水曜は、日本から訪英中の友人と一緒に、陶芸教室に行ったんですが、

その友人が、基本作業に懸命に取り組んでくれて、一回で大判の鉢受け皿完了!

二人でやれば、何て早いの!!

勤勉なる日本在住日本人に感謝
 (イギリスに住むと勤勉度が落ちるのは、私だけ??)

********

終わったのが3時だったんですが、その足で、ウィンザーに行ったんです。

お城です

・・・私の狙いNo.1はレイクランドっていうキッチンショップ訪問だったんですけれどね。

********

お城がどんなか、っていうのは、ガイドブックなんかにも出ているので、そういう所には出て来ないであろう、妙なものを4点、紹介します。

その1.街灯のてっぺんに王冠あり!

お帽子つき


その2.イギリス流、鬼瓦なのかな・・・。壁に一杯、色んなのが。

草生した


その3.壁面全部にコケ?アイヴィー?・・・とにかく、ま緑。

草はこっち


その4.ウィンザーにもテムズが通ってますが、白鳥が・・うじゃうじゃ。

白鳥がうじゃうじゃ


キングストン・ブリッジ近くにも、うじゃうじしてますが、沢山居過ぎると、気持悪い。。。白鳥、ごめん。

********

今日は、朝、小一時間、お勉強しただけで、、
・朝から、車で30分(モーターウェイを時速130キロくらいで飛ばして(!!)弱のお友達宅に遊びに行って、
・その後、再びイザベラ・プランテーションに行って
・帰ってから食事&ビールでぽわんとなって、
・・・・・明日、早くから実験があるので、それに備えて、今から寝ます。。

これではいかん

明日こそしっかり勉強するぞぉ

        
ほんとに、明日は、しますから!

********

こんな私ですが、応援して頂けると非常に嬉しいです。

これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←カチリとクリックしてね

いつも本当に有難う♪






PageTop

我ながら絶賛する親ばか再び。。

友人は既に土曜日発で日本に帰りました。

正味5日間のイギリス滞在。
・・・・ゴールデンウイーク時でも日本人としては、それくらいが関の山なのかな、と、日本の会社での会社員時代の悩みを思い出さざるを得なかったです。

イギリスはいい加減な国で、うんざりすることも頻発するけれど、有給休暇は全部消化出来る、っていうのはイギリス在住メリットのトップ3に必ず入るポイントです。

********

さて、先週の水曜日は、陶芸教室に友人同伴で行きました。

すると、

嬉しい驚き!

前回、釉薬処理をした私の作品達が、焼きあがっていた!!!

早速、お披露目させて頂きます♪

********

★一つ目は、長方形にうねりを入れた形状の大皿と、長めの楕円形の皿。
55番

これは、長めの楕円の方。おととい、早速、アンティパスティ盛り合わせ皿として夕食に登場。

我ながら、満悦の出来・・・焼き上がりを見て、余りの上出来ぶりに感動の嵐でした。
*我褒めで、すみません~~、でも、惚れ惚れしてしまったんです!!

********

★次は、ピンチボールという手法で作った小丼。

56番

これもね、、焼き上がりの大きさと言い、色合いと言い、大きく気に入りました。

同じグラム数の土で二個作ってみたんですが、あと二個、或いは、あと四個、同じグラム数で、少しずつ歪さが違うのを作り揃えて行こうかな。

実は、栗原晴美さんの有名レシピ本に出ていた湯呑が、制作の動機なんです。、知り合いの陶芸家に頼んで作ってもらった、とのことで、手作り丸出し(っていう言い方は変だけど)の風合いに惹かれ、私も作ってみたいという思いを温めていたものです。

********

★あとは、コースターが六個のうち、五個が出来ていて、あと一つはどうなったのか、と聞いてみたら、釜に入りきらなかったので次回、とのことでした。

陶器のコースターなら、熱々のブレッド・プディングであるとか、ココットの下に敷くのに便利と思って作ったんですが、焼く前から判っていたことだけど、まっすぐじゃないんです・・・。

偉い陶芸家のお爺さんみたいに、

「え~い!こんな不出来なもの!!」

とばかり、粉々に割ってしまったので、写真はありません。



・・・ウソ。。

不出来なものでも可愛い作品たちなので、六個揃った時点で、記念撮影しようかな、と思ってます♪

********

この頃、更新やコメントへのお返事が滞っているのは、お勉強に力を入れているから・・・。すみません。

6月一杯まで、毎日更新、というのは無理だと思うんです。

しかも、食事も手抜きの「三点作戦」実施中。

つまり、

1)ご飯系

58番
この日は、<玄米1合&{小麦+大麦+蓮の実}1合>で炊いたもの。右下に二個、丸っこいのが見えているのが蓮の実。
*注:もわもわは、ピントが合ってないんじゃなくて、湯気ですので・・・。

2)サラダ或いは煮物系

57番
この日は、暖かかったので、サラダにしました。名前は、「色んなもの、ポイポイミックス・サラダ」?・・・鯖の燻製、鰯の缶詰なんかも入れてるんですが、何が入っているかは食べてのお楽しみ。オレンジが隠し味のドレッシングです♪♪

そうそう、真ん中に見え隠れしている緑のもの達は、大根&パースニップ&ビーツ&ゴボウのスプラウト達・・・間引きしたのをサラダに入れました。

3)スープ系

59番
黒豆、セロリ、玉ねぎ等を、切り干し大根の出し&オレガノ&タイムのハーブ味&トマト水煮で煮てみました・・・名づけるとすると、「イタリアン黒豆スープ」、かな?

********

当面は、三点セットの展開に終始して、勉強第一で行きたいと思っています。

だって、学年が終わる6月に向けて、エッセイ(レポートの事をこう呼びます)、実験レポートがドンドン出されて、やってもやっても数が減らない!

読者の方々からもご協力を頂いたリサーチもまとめないといけないし!!

時間がいくらあっても足りない!!!

・・・・・・・それなのに、久しぶりに暖かくてよい天気の今日は、ガーデニングに随分時間を取ってしまいましたけれど。

・・・・・それなのに、昨晩は夫の友人達と食事に行って、夜のお勉強はゼロでしたけれど。。。

・・・それなのに、今夜もBBQに招待頂いているので、多分、夜のお勉強は無しだな。。

・・・・・・・・・・・それなのに、明日はお昼をご招待頂いているので、午前&午後のお勉強は無しだし。

ですので、

今からお勉強開始!

********

グダグダ言ってないで、はよ、勉強せんかい!!

これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←を押して、叱咤激励頂けると嬉しいです。

いつも応援有難うございます♪





PageTop

ゴールデンウイークにうちに遊びに来たならば

コメントへのお返事、また滞らせてしまっていて、申し訳ないです。申し訳ないついでに・・・すみませんが、もうあと一日(+α!?)、ご辛抱くださいませ。

********

友達をヒースローに迎えに行って・・・行きはよいよい、帰りはちょっと恐い、、空港の駐車場から出て、ラウンドアバウトを違う道に出てしまって、、、でもすぐ気付いたので、もう一度空港内に戻って、通り抜け、同じラウンドアバウトに戻って、今度は正しい方向に出て行って・・・なんとか無事に家まで辿り着きました。

こうなったら自信満々?!・・・とも行かないのが私が私である所以でして、、、あと数回、練習を繰り返さないと、ぽわ~ん、と忘れてしまうのは確実

********

さて、今は昔・・・結婚前、イギリスに通っていた(?!)頃、私がヒースローに着くと、夫は、迎えに来てくれたその足で、長いフライトで縮こまった体をストレッチさせないと、なんて言って、公園や川岸やらの散歩に連れ出してくれたものでした。

今回、その真似をしてみました。

★まずは、到着早々に、ブッシーパーク内のウオーターガーデンに行ったんです。ブルーベルが終わりかけ、つつじと石楠花が花盛りの美しい森。

ロビンやブラックバードやブルーティットと思われる鳥などが各々の可愛らしい鳴き声で出迎えてくれるのに感動する友人。それを見て、改めて、この季節のイギリスの美しさを再認識する私でした。

★それから今度は、ハンプトンコート外庭のキングサリのアーチに!

☆注:この時点では、未だカメラを受け取っていなかったため、写真は無し・・・。

********

た~っぷり、自然に触れた後は、我々夫婦のお気に入りパブ達の中でも、トップ3に必ず入る、テムズ川沿いのガストロ・パブに行き、ビールを少々嗜み、

アンティパスティとピザを、ビールのあてに、ちょっと「つまむ」

、、、つもりが、それがもう、夕食になってしまいました。

********
********

さあ!翌日!!!

新しいカメラを携え、出発♪
*なんですが、SDメモリーカードが付いてないんですよ!!それが普通???付いてない、って判っていれば、カードもバンドルして買ったのに、サービス心の薄弱さが日本っぽくないんではないの?!
・・・だから、SDカードを買うまで、まだ写真無しなんです~。

********

ローカルな知名なので、訳判らないかもしれませんが、この日の道程は以下の通りでした。

1.ブッシーパークまで車で行って、メインの駐車場に車を停める。
2.そこから公園内のフットパスや草の中を掻き分けて、ハンプトンウィックに出るゲートまで歩く。

*そして!その時、

「あれ、蕨が一杯出てるね。」

と友人。

「うん、でも、誰も摘まないし、日本のと違って食べられないのかもしれないから、一度も試したこと無い。」

と私。

そして、ここで、二人の間に、チカチカ電気が走る

********

これは
行きに収穫した

この翌日、蕨のあく抜きをした後、ざるに上げている所です。


そうです、計画外でしたが、蕨摘み、しました!

********

3.キングストンで少しお買い物。

4.この日のメイン・イベントの一つ、フェリーに乗って、リッチモンドまで、一時間のテムズ川の旅。

5.リッチモンドで街中を少しぶらぶら。
・・・そのつもりは無かったんだけれど、日本で購入した鉄道の切符を有効化させる手続きに駅まで行ったので、そのついでに、です。

6.もう一度川岸まで戻り、お茶。

7.ピーターシャム・ナースリーまで歩く → ピーターシャム・ナースリーの見学。
・・・なんと、気に入っていたガーデンプランニングの会社の出店が消滅していた!景況のなせる業か・・・がっかりです。

8.ピーターシャム・ゲートからリッチモンドパークに入り、ペンブロークロッジまで登る。
やっぱり記念に
ペンブロークロッジ正面玄関前で、無理矢理の記念写真。

9.生憎の曇り空(+雨もポツポツ。。)だから、見えるはず無い、と思ったけれど、キングヘンリーズ・マウンドに行ってみたら、晴れてる日よりよほどくっきり見えてびっくり!
・・・写真↓には写らなかった
まずここから
んですが、このビューポイントから、ロンドン市内のセントポールがビシッと見えた♪

10.この日のもう一つのメインイベント会場、イザベラ・プランテーションまで、またまた・・・ウオーキング。。

そして、そこでは、期待通りの

咲いている
見事なる
こんなにも
つつじ、石楠花の大歓迎に遭遇。
こちらの方も

ピークを超えかけているとは言え、ブルーベルの絨毯も。
迷いながら

いつも、あれ?どこに居るのかな???って迷ってしまったら、不思議とここに出てくるんです。
いったいどこだろ

薄暗い池に移りこんだツツジが日本庭園を髣髴とさせる空間です。

********

この後、ラダースタイル・ゲートまで、勿論また歩いて、そこからバスでキングストンに戻り、キングストン・ブリッジを渡り、再びブッシーパークのフットパスを辿って、車に戻り、

そして家に帰って・・・その後、家の近くの美味しいインディアン・レストランに夕食に向かったのでした。

********

10キロは軽く歩いたのでは???

********

うちに遊びに来る方、私にプランニングを任せると、このような行程になってしまうことを、覚悟してください!!?

********

翌日、あく抜きしてから水にさらしておいた蕨で作った煮物。
翌夕のつまみに

二人ともお腹を壊したりしなかったので、食用になるみたいですよ。

来年からは、蕨狩りを5月の定例行事にしよう!!!


********

疲れたと文句を言うどころか、思いっきり楽しんでくれた友人へのご褒美に!!?

こちらを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックくださいませ♪♪♪


いつも有難うございます。










PageTop

明日、友人が日本から来る♪

夫は恒例のマンロー・バギング(スコットランドはハイランド地方にある標高1000フィート以上の峰、約300弱を一つ一つ征服して行く事をこう言います)に、明日=5月3日の夕方、出発し、7日に戻って来ます。

そして、

よりによって、

夫が居ない期間にドンピシャ、のタイミング(=3日夕方ヒースローに到着して、7日に別の友人の所に移動する)で、日本から友人がやって来ます。

********

夫が居ると居ないとでは、出来る事の幅が大きく違うので、せっかくなのに、本当にもう、

あ~あ!

なんですが、

初めてヒースロー空港に車で迎えに行く。

という、私にとっては一大冒険に挑戦(←大げさに聞こえましょうが、私にとってはそんな感じなんです)することになります。

********

何故、大冒険なのかと言うと、

・カーナビを更新していない(やり方が今一つ判らない、、そして面倒。。)ので、去年できたばかりのターミナル5(T5)が入っていなくて、自力で行かないといけない部分がある。
・ヒースローは物凄くややこしい。
・駐車場に入るのが何か、怖い。

等と言う、地図音痴ならではの、地図音痴じゃない人には全く理解出来ない大きな不安の為なんです。

********

順調に行くと、家に到着するのが5時半頃の筈なので、

そして、今の季節の5時半っていうのは、昼間同然なので、家に着いたらすぐ、

・家の周りの散歩とか、

・ブッシーパークにツツジ&石楠花を見に行ったり、
kyonen no
  ↑
去年行った時の写真。

・ハンプトンコートの外庭のキングサリのアーチを見に行ったり、
キングサリ
  ↑
イメージ写真:data phtographyさんのサイトから拝借

・その後、気に入っているパブの一つに行って、

で、8時半頃に家に戻って来て、

・予めシャトル・シェフに仕込んでおく予定の具沢山スープを食べてから、
・入浴
・就寝

っていう感じかな~。

********

月曜の朝は、この頃私が気に入っているパンの中から、今日、買い出しに行って来た、以下を蒸してふかふかにして食べるのって、喜んでくれるかなぁ~。。

・ポールのオリーヴ入りサワードウ
paul-food-bread.jpg
  ↑
ポールのサイトにあった写真。オリーブ入りサワードウは写っていない



・コリアンダー・ライブレッド
コリアンダー・ライブレッド
  ↑
コリアンダーの種が底に一杯、ついてて、これが美味いんです・・・。ウエイトローズ(ちょいアップマーケット系のスーパー)のオンラインショッピング・サイトに載っているチビな写真です。


あと、気に入っている訳じゃないんだけれど、日本では見ないだろうと思って、

・ホットクロス・バン
こちらがホットクロスバンです
  ↑
イースターの日に食べる事になっているらしいけれど、一年中売っている・・・:これもウエイトローズのショッピングサイトから拝借した写真。

********

*本当はハンプトンのファーマーズ・シティ・マーケットで最近売り始めた、じ~んと美味し~~いサワードウ
fcmのパンコーナー
  ↑
お店のウェブサイトにあった写真。パンのカウンター全部を写しているので、私が愛し始めた美味しいサワードウがどれなのか、不明・・。

や、

・セインズベリー(大手スーパーマーケットの一つ)で、全く期待せずに買ったら、意外や意外、夫も私も大きく気に行ってしまった、「時間かけて発酵させました」っていうのがセールスポイントのオリーブ入りパン
ホッとクロスバン
  ↑
半分に切って蒸すと、ふっかふかで美味~い:セインズベリーのサイトより。


も調達しようと思って、夕方まで彷徨ってたんですが、出遅れたと見えて、品切れ・・惜しいなぁ。。

********

今、日本は朝。こちらは夜。なんだか遠足の前の日気分で、ドキドキ、待ち遠しい♪♪

********

これを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
←クリックして貰えたら、無事にヒースローで友人をピックアップ出来るような気がします!?!

いつもご協力有難うございます♪









PageTop

イギリス的な(?)小鳥の活躍

「前の家には来なかった鳥が色々来るのが嬉しいね。」

・・・何でも数回言う夫の事ですから、このセリフも何度も聞きました

********

まず、水鳥。

川が近いからなんでしょう、

・裏庭に鴨が紛れ込んで来て、お尻をふりながら散歩していたりするし、
・そうそう、昨日はパティオで夕食を食べていたら、頭のすぐ上をカナダ・ギースがバタバタ飛んで行ったり、
・裏のクリケット・フィールドにポツネンと鷺が佇んでいたり、

そういう、ちょっと有り得ないような事が良くあります。

*デジカメ未到着の為、何の写真も無しです・・・。

********

水鳥以外にも、色んな小鳥が来ます:名前が判るのは、ロビンやブルー・ティット、ブラックバードなど。

*同じ理由で、やっぱり写真無し。。

********

リンク先のguitarbirdさんharryさんが、よくブログで紹介されているようには、出来ないのが悲しいんです。鳥の名前も判らないし、写真の腕も低空飛行のままなので。。

鳥の名前を覚えよう!

写真の腕を磨こう!


といった向上心、全く、湧いて来ないんです

何故?と自問するも、答えは我ながら不明。

********

その代わりと言ってはなんですが、こんなコマーシャルを紹介させてください。




可愛い



、と思いました???

********

私は・・・

テレビで初めて観た時、

「なんだか、、グロテスクっていうか、シュールっていうか・・・何これ?!」

と頭の中が?マークで飽和してしまったんです。

だって、「大きな」可愛く無い小鳥!

********

・・・でも何だかやけに気になって、

そうだ、youtubeにアップロードされてるかも

と探したら、案の定見つけられたので、何度も観ているうちに、

・そうか、これはこの鳥の家なんだ、だからテーブルだとか冷蔵庫だとかに対して小鳥がデカイ、それで当たり前なんだ。

ということに、やっと気付き(←実は私、凄く鈍い!)、

次に

・入ってすぐの所に並んでいるウェリントン・ブーツの先が小鳥の足用に三つに分かれている!
・鳥のアナウンサーがニュースを読んでいる!!歌手も鳥だ!
・冷蔵庫に入っているソーセージっぽいものに「WORMS」っていうラベルが貼ってある!!

なんて言う、小技の数々に一つずつ気付き、

そして、これ、今一番好きなTVCFです。

変過ぎる・・・・・・・・・・。

********

ところで、

小鳥に気を取られるばかりで、何のコマーシャルなのか全く覚えてないのは、私だけ???

コマーシャル効果は、あるの???

********

明後日、豚インフルエンザにもメゲル事無く、計画通り、イギリスに到着する友人がデジカメを持って来てくれるので、やっと写真が撮れます♪

もうじきだ♪♪

********

大きい小鳥に応援クリック→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←お願いします♪

いつも有難う






PageTop

次から次へと・・・。

テロリズムやら残虐殺人やら何やらかやら、ニュースをつけると、毎日毎日、感心するくらい様々な悪いニュースが報道されるので、ニュースを見ると「悪い氣に触れる」から見ないことにしている、と言う人までいるらしいですが、

逆にうちの夫は「ニュース中毒」:毎日、隅から隅までニュースをチェックしないと気が済まない人です。

だから、勿論、「豚インフルエンザ」勃発の件もいち早く知ることとなりました。

********

ところで、イギリスの日本領事館のウェブに登録しておくに在住届けを出しておくと、大きなニュースがあった時、お知らせが届きます。今回は二回。これを書いている最中にまた届いて三回になっていました!二回目のは以下の通りです。

引用

日本総領事館からのお知らせ

英国内での新型(豚)インフルエンザ発生状況(2009/04/29 20時現在)

2009年4月29日

4月29日午後、アラン・ジョンソン保健大臣が記者会見をし、英国における発生状況等を概要次のとおり説明しました(保健省プレスリリースはこちら)。
http://www.dh.gov.uk/en/News/Recentstories/DH_098647

1.英国において新たに確定された3例は、以下のとおりである。
(1)ウースターシャーのレディッチ(Redditch)在住の41歳女性
(当館注:議会下院の首相質疑で、ブラウン首相はバーミンガムと答弁したが、レディッチの誤り)。
(2)北西ロンドン在住の22歳男性
(3)デボンのトーベイ(Torbay)在住の12歳少女

2.デボンの12歳少女は、通っている学校の50人の生徒及びその他の者と密接に接触していることから予防のため、当該学校の生徒230人にタミフルが投与された。また、当該学校は、本日から7日間閉鎖されることとなった。
これに関し、英国健康保護庁(HPA)は、(1)タミフルの予防投与がなされた者はインフルエンザ様の症状が出るか否かをモニターすることがアドバイスされており、症状が出なければ隔離する必要はないこと、(2)タミフルの予防投与は「疑い例又は確定例の者と1メートル以内の距離で1時間以上接触した者」に対して行われることを公表している。

3.英国は、3300万人分の抗インフルエンザ薬の備蓄を5000万人分に増やすこととした。
(当館注:議会下院の首相質疑で、ブラウン首相は現在の3500万人分から増やすと答弁しているが、当館から保健省に確認したところ、3300万人の誤り)

4.国民に情報を知らせるため、印刷物、テレビ・ラジオの広告で明日から大々的なキャンペーンを行う予定。

5.せきやくしゃみをするときはティッシュを用い、これを捨てること、手を定期的に洗うことを再度勧奨した(CATCH IT. BIN IT. KILL IT.)。

引用終わり

********

日本ではどれくらいの話題になっているんでしょう。

こちらは、ひっきりなしに報じられています。

例えば・・・コレッジに通学する際、カーラジオは「BBC Radio 4」という、音楽やコマーシャルが皆無の「spoken words」専用のチャンネルにしているんですが、昨夕も今朝も、ずっとこの話で持ち切りでした。
*日常生活では、判り難い訛りに悩まされることが多々あるので、この番組の訛りの無い英語が有難いです・・・。

今の時点では「パンデミック」一歩手前の重大さ、とのことですが、何故「パンデミック」になり得るような怖さなのかは、動物発生に由来する=人には未だ免疫が無い、っていうことからとのことです。だから「鳥インフルエンザ」も同様に怖いんですね・・・。

********

一つ、あれ?と思ったのは、マスクをすることの是非について。

メキシコで最初に発生したニュース画像では、多くの人達がマスクをしていて、日本以外で(ベトナムの排気ガス避けマスクは例外!)マスクをしている人が外を歩いているのは見初めだったので、これは大事だ、と実感した次第なんですが、

上述のラジオ番組中では、

「マスクは口、鼻の周りの湿気を高くしてウィルスに心地よい環境を作るので、しない方が良い。」

とアドバイスされていたんです。

********

あと、名前。「鳥インフルエンザ(avian flu)」は未だしも、「豚インフルエンザ(swine flu)」は滑稽な感じがして、重大な取り組みがなされていないような感じを与えるから、もっとプロフェッショナルな響きのある違う名前にするべきだ、と議論されていて、なんだか豚に失礼な気がしたんですけれど。

********

マクロバイオティック的に予防するには、「毎日、梅干を一個食べよう!」みたいなことでしょうか。

そうだ、エキネシアを服用しよう と思って薬箱を開けたら・・・2006年9月で期限が切れていた!

********

今日もランキング応援頂けると嬉しいです。

次のマークを→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←クリックしてくださいね♪

お忙しい中、いつも有難う








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。