イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自給率、前年比50%増を年々、連続更新の予定?!

この頃、朝一番の日課は「苺摘み」と「グースベリー摘み」。

庭のすみの小さな池の周りに増殖している苺と、ハーブコーナー横のグースベリーが、この所、連日製造実績、極めて良好!!!特に苺は、赤みが増してくると鳥に取られてしまうので、少し赤いだけで摘んだり、葉っぱで隠したり。

・・・ここまで読んで、「うらやましい」と思われた方、ご安心ください。

こんなんですから。
苺とグースベリー


とにかく庭で口に入れるものが出来る、っていう、そのこと自体が嬉しい、そんな入門レベル。


というのも、そもそもは、夫がガーデニングに興味がある訳では全く無く、彼が庭に求めるのは、「緑と静寂スペース」と「花や実(なら何でも良い)だけの人のようだから。

それ以上は、面倒くさいみたいなのです・・・。


「これ、何て言う植物?」と聞くと、

"It's quite nice."と答えるので、

「あのぉ。niceかどうかが問題ではなく、名前を聞いてるんですけども。」と詰め寄ると、

「堪忍してぇ・・・知らん。」

「え??でも、自分で買って来たんじゃないの???」と更に問うと、

「適当に買って来て植えただけだから・・・。」

庭にある植物の半分以上がこの調子でした。



植えっ放しで、剪定とか肥料を施す、っていうのも殆ど無かったみたい・・・。


それなのに、

「これ、こっちに移動させたい。」とか、

「ここ、こういう風に変えたい。」と言うと、

「え??せっかくずっとそこに居るんだから・・・。」と渋る。


仕方ないので、今年は取り合えずどんな風に季節ごとに庭の様子が変わっていくのかを観察する一方、植物の勉強をして、来年早々から変えていこうと思っているのです(但し、勉強は未だ全くと言って良いほどしていない・・・・・・・・)。

ただ、日の当たる所に空きスペースを作って一年草を植えたり、湿気のあるシェードの空きスペースにはにホスタを植えたりなど、ちょこちょこと実験をしています。

実験の最たるものが「ハーブ・ガーデン。」

作った当初はこんな感じ(ここをクリックでした。


それが、一ヵ月半経った今や、毎日の料理に欠かせない存在に!!!

タイム、バジル、チャイブ、ボリッジ、ローズマリー、オレガノ、カモミール等。
タイム、バジル、チャイブ、ボリッジ、ローズマリー、オレガノ等


ナスタチウム、パセリ、アーティチョーク等々。
ナスタチウム、パセリ、アーテイチョーク等


ミント、コリアンダー。
ミント、コリアンダー
※コリアンダーは茎しか写っていない。。

料理の途中で、

「じゃ、これからハーブの収穫に・・・。」と

ルンルン♪鋏を振り回しながら?庭に出て行く時、

幸せな気分で一杯になる・・・。


美しいだけでなく、「利用できる」ガーデニングを目指している私の初年度としては、まずまず滑り出し良好???


しかるに

・「イギリスは雑草が生えたり虫が来たりしないからラクチン」と、確かに東京のガーデニングスクールで聞き込んだのに、とんでもない! 雑草は、生えてきます!!!

・ブラック・フライがナスタチウムの葉の裏に集合していたり、巨大なめくじが暗躍したり(何れも気持ち悪いので写真は無し)

・レモングラスが今ひとつパッとしなかったり、
レモングラス


・アンジェリカも大丈夫?と思える風貌だったり、
アンジェリカ


諸般の悩みはある・・・。


でも、日本では何度トライしても成功しなかったラベンダーまで花を付けて来ているし、
ラベンダー


やっぱり日本よりぐっと育てるのが楽なのかもしれない???きっとそうだ!!


目指したい究極はターシャ・テューダーの庭、なんていうとゲヘヘと冷笑されるかも、と思いながら、敢えて言ってしまおう・・・。


3年計画で、ターシャ・テューダー・・・は幾らなんでも、やっぱり無理だろうから。。せめては「ターシャ・テューダー風スピリットが少しは感じ取れる」庭にしていきたい、という野望すら抱く、今日この頃なのですが、どうなりますことやら・・・。

では、最後にハーブの花の皆さんの紹介で、本日は締めくくらせていただきます。

ナスタチウムの花
※夫が「ナスターシャ」と呼ぶ、ナスタチウムの花。そう言えば、ナスターシャ・キンスキーって、今はどうしているんだろう??

クリーピングタイムの花
クリーピング・タイムの花です。

dillの花
ディルの花です。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

生き生き大地

素敵なターシャ。素敵な生き方、素敵な庭……。

村上妙子 | URL | 2006/06/15 (Thu) 23:35 [編集]


村上妙子さんへ

ちょっと大きく出てしまって後悔していますv-15

でも、彼女が庭作りを始めたのは確か57歳だったか、ということを思えば、ひょっとすると何とか少しだけスピリットを取り入れるくらいは可能かも、と思いたいです・・・。

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 23:48 [編集]


熱中すれば三年で行けると思います。
お仕事をしながらですと、毎日出来ない事もあるし、負担が大きいかもしれませんが、私のローズガーデンも3年である程度まで
行きました。(今年4年目です)
楽しみながら、育ててみてください。
経過レポート待っていますよ♪

のんの | URL | 2006/06/16 (Fri) 11:35 [編集]


名前は、関係なく

気に入るかどうかですね、私も。
きれいな花、かわいい花、おいしそうな実、ですね。ご主人に賛同!。

ish | URL | 2006/06/16 (Fri) 18:44 [編集]


のんのさんへ

熱中して三年、ですか・・・私、熱しやすく冷めやすい典型的な短距離走者型なんですが、しかも雑なんですが、どうなることでしょう・・・。

※リンクさせて頂きました!

りす美 | URL | 2006/06/16 (Fri) 19:05 [編集]


ishさんへ

ishさんも夫同様「quite nice」系なんですか??帰って来たらしかと伝えます。大喜びすると思います。

りす美 | URL | 2006/06/16 (Fri) 19:06 [編集]


やっぱりガーデニングを楽しめると、イギリス生活を2倍、3倍楽しめる感じですよね。

私は、当初そんなにガーデニングには興味が向かなかったので、今の家に7年前に越してきて小さいながらも自分たちの庭ができたときも、大好きなバラやラベンダーを植えていたのはもっぱら夫で、私はあまり手を出さなかったのですが、急にガーデニングに目覚めてしまったのは、5年前に娘が生まれてから。赤ん坊だった娘が昼寝の間に、庭で土いじりを始めてみたら、すっかりはまってしまって、今では時間も忘れて、庭でいくらでも土いじりに没頭してしまうぐらい。

ガーデニングって、ヒーリング効果やリラックス効果バツグンですし、何より花が咲くと気分も明るくなります。私もまだまだガーデニング初心者ですが、年々野菜作りにも少しずつ手を出して、「食べられる」ガーデンも目指しています。

りす美さん流のお庭の完成、そのうち拝見させていただけるのを楽しみにしています。

Ai M | URL | 2006/06/16 (Fri) 19:51 [編集]


AiMさんへ

お嬢さん、まだ5歳なんですか・・・うちの娘がその頃は、私は全くもってガーデニングなどとんでもない、仕事と保育園の送り迎えだけで精一杯って言う感じだったので、ガーデニングに興味を持ち出したのは40代になってから。でも、才能は無いみたいです。何しろ、雑なもので・・・。花と会話する、みたいなことも出来ないし。でも、庭いじりは、嵌りますね。気がつけば、漁師のように真っ黒な手になっていて、ちょっと困っています。

りす美 | URL | 2006/06/16 (Fri) 20:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。