イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ど~ん!と、お勧め出来るようになればいいな、な店、三軒。

7日(月)から、新モジュールが始まり(Nutritional Medicineのコースの話です)、さあ、また頑張るぞ!という気分を盛り上げ中!!まだまだ先のことなのに、資格を取った暁に、こんな内容のクリニックを開業したいな、っていうのを自分の中でブレーン・ストーミングし始めたりしています。近々、このブログをお読みの方に、ご意見を聞きたいな、と思ってるんですが、その際は、是非、よろしくお願いします。

********

さてさて、散歩コースに事欠かない、辛うじてロンドンな拙宅、と、一つ前の記事でも書きましたが、

休みの日、ピーカン&風無し、の日は、カヤックを出したくて仕方なくなる人が居るので、

そうじゃないけれど、雨ザーザーではない日は、ぶらっとブランチ(←勿論、駄洒落です)出来るカフェが、色々、近くにあれば、どんなに良かろう・・・朝からイングリッシュ・ブレックファースト、なんてヘビーなのは、我々にはNGなので、所謂「カフェっぽいカフェ。」そう言うのを、潜在的にずっと探しています。

しか~し、☆を5個差し上げたいような店:

・ヴェジ系メニューも充実していて、そして、勿論、美味しい。
・適正価格。
・インテリア等のテースト、雰囲気も良し。
・サービス良好。
・駐車が簡単。

は、なかなか無く・・・、でも、最近、若干見つけたので、シェアしたいと思う次第です。

********

一つ目:ハンプトン・コートに程近い、多少オーガニックなカフェ。

前置き:ハンプトン・コートで、去年から恒例行事になりつつあるかも、なイベント、Foodies Fairに、出かけてみました。

大人一人15ポンドの入場料。私は学生割引で10ポンドのはずなので、2人で25ポンドです。

現地に行ってみて、
290510 002
入り口外から偵察。
290510 003
なぁ~んか、入りたい!っていう気分が盛り上がって来ない。。。
290510 005
中近東の食材料で、Sumacっていうのを手に入れたくて、ひょっとして、売ってるかな、と思ったのが、来た動機の最大のものだったんですが、予想より遥かにしょぼい見てくれで、そういうのを売ってるような感じもしないし、入ったらどうせ、あれこれ食べたり飲んだりするんだろうに、何故に入場料が25ポンドも必要なのか、っていうのが、どうにも納得行かず、、

「25ポンド、どうせ使うんだったら、もっと納得行く使い方したいよね。」

と、夫と私の意見は、見事、一致。


290510 006
せっかく来たので、ウオールド・ガーデン内のバラ園を偵察したりして、
290510 008
テムズ川に向かって歩いて行くと、ヘンリー8世当時の扮装の人達が、観光客に愛想をふりまいて
290510 009
・・・いる訳でもなく、存在していたり。


そうだ、じゃあ、あそこに行こう
290510 021
ちょっと前、ご近所の貴重なるマクロ友が連れて行ってくれた、オーガニックが“ちょっと入った”カフェ。
*以前は、もっと「オーガニック」を前面に打ち出していたのに、だんだん、普通寄りになっているとか。この辺の住人は、年代的に、新しいトレンドがスイスイ進む、っていう訳では無いのかもしれず、残念なことです。

まずは、カプチーノ。
290510 017
スムーズな泡で、コーヒーも美味い!!

より良いスムージー作りの為、テーブルに置いてある「スムージーのメニュー」を眺める。
290510 019

夫が頼んだのが、これ。
290510 020
ブルーチーズ、ロケット、マッシュルームのオープン・サンド。7ポンド少々だったはず。
・・・これが、おお!意外や意外、美味しかった!!

私は、食欲不振の為、注文を控えた、、んだけれど、美味しくって、自主的にシェアさせて頂き、三分の一くらい、食べたかも・・・でも、結果は、ボリュウムたっぷりなので、それで2人とも、満腹。

カフェの名前ですが、未だに知らないんです・・・ちょっと日本語風の名前。ハンプトンコート駅から道を渡った所に、小ハイストリートみたいなエリアがあって、そこにある、黒いテントのカフェです。

余談ですが、何故にここに、表の道から隠されたように、「小ハイストリート」があるのか、前から不思議だったんですが、謎が解けました。
290510 023
以前は、そこが、本当にハイストリートだった。そして、その延長上に、現在の橋と並行に、橋があったらしいんです。このエリア、パッチワークの店とか、アンティーク・ショップとか、ぶらりブランチ気分の時は、なかなか楽しめる、ちょっとした「秘密のコーナー」かも、

ただし、重篤なる欠点が一つ。駐車が至難!我々は、ブッシーパークに車を停めて、とことこ歩いて行きました。

********

二つ目:隣の町に最近出来た、ベーカリー&カフェ。

これは、ご近所の陶芸友が、

「リス美が気に入りそうなベーカリーがオープンしたから、案内する♪」

と、その町(そこに、彼女が住んでいる、っていう訳でも無いのに!)の「気になる店々」ともども、連れて行ってくれたんですが、
290510 041
おお、サワードウや、オリーヴ・サワードウが、定番商品として、売られている!

パンを売っているだけじゃなくて、店内で軽い飲食も可能。コーヒーも美味しいし、価格も妥当だし、駐車は近くのセインズベリー(10ポンド以上買うと、2時間まで、無料。通りを渡ったホームベースは、一時間まで無料)が便利だし、愛想も良いし、、、。なんだけれど、オープン間なしで、仕方ないのかもしれませんが、コンセプトと運営の間に、未だ、幾分、ギャップがあるかな、早く軌道に乗って欲しいな、、という、今後の展開に期待甚大な、その名もズバリ、「フラゥワーズ(Flours)」という店です。ウェブサイトは、ここをクリック

レビュー・サイトを見ると、我々の印象に合致するようなコメントがやり取りされていて、ちょっとヒヤッとしました。私が将来クリニック開業したら、私自身が俎板の鯉、、、になるほどの注目を集めれば、の話だけど。

そうそう、土曜日は、その町(ウォルトン・オン・テムズ)で月1回ある、ファーマーズ・マーケットだったので、夫と一緒に繰り出すと、こんなベーカリーもあった♪
290510 056
フォッカッチャが美味しそう・・・買いました!

「店はどこにあるの?」って聞くと、車で一時間以上行かないといけない町だったので、このベーカリーは、ファーマーズ・マーケット時のお楽しみです。

********

三つ目:うちからは遠いけれど、良ければ定期的に通いたい、という思いが有る・・・キングズクロスのマクロ風な日本料理店

開店して未だ半年ちょっと、だと思うんですが、評判は、まちまち。。それこそ、コンセプトには、非常に共感出来るし、イギリスで数少ない、マクロ(風)レストランなので、とにかく一度、行ってみたいと思っていたんです。つい先日、やっと、ランチしました。

私が頼んだ寿司セット。確か7.5ポンド。
290510 037
勿論、不味くは無いんです、美味しいのは美味しい、が、大感動の美味!・・・っていう訳でも無い、。そもそも、期待し過ぎなのかな。そうそう、Nさんと同感だったんですが、春巻きの中にマッシュト・ポテトが入っているっていうのが、{春巻き=パリっ}を期待して食べたこともあって、どうにも納得出来なかった、かな。

同行のNさんが頼んだ冷やっこセット。確か8.5ポンド。
290510 038

実は、この後、もう一軒に偵察に行ってから、リージェンツ・パーク近くで2時から始まる薬草園ガイディッド・ツアーに行こうというプランだったので、開店と同時の11時に集合、っていうことにしていたんです。が、行ってみたら、12時開店に変更になった、更に、一足早く到着したNさんは「あっちの方に行ったよ。」とのこと。指し示された方向に暫く歩いて行ったけれど、姿は無いし・・・携帯に電話すると、店のすぐ前の公園に居るとのこと(差された方向と反対!)。。

二人が無事、合流した時点で、彼女が朝からウェブサイトを再チェックした時には、「開店は11時のままだった、」とのことなので、開店まで付近をウロウロする、っていうのも何だし、交渉して、中に入れて貰おう、ということに。

入れて貰えたんですけどね、そして、暫くしたら、無料でお茶も頂けたりもしたんですけれど、、12時ちょっと前にやって来た店員さんに、厨房の中で、店主なのかシェフなのかの女性が、「ウェブサイトには11時から、ってなってたって言ってね、中に入ってるのよ。」って言う感じで、明らかに我々のことが、言及されて居る声が聞こえて来て、う~ん、日本人ならば、「お客様は神様」じゃないにしろ、もう少し、言葉遣いを考えて欲しいよね、と思ってしまったのですよ。。

一時間遅れたことで、もう一つ行きたかった所は、行けなくなってしまったのに、客のスケジュールを狂わせたことへの気付きも侘びの言葉も無かったし、ま、ここはロンドンなので、日本的サービスを期待する方が、悪いのかもしれませんが。

メニューを刷新して、もっと定食路線に絞るみたいな気配だったし、まだ、模索中の模様です。繰り返しますが、この手の店は、ロンドンじゃあ貴重なので、是非、すいすい軌道に乗って、そして、気持ち良いサービスが出来る余裕も生み出してくれることを、心から大いに期待、なんです。

・・・ということで、もう暫く、口コミ情報等にアンテナを立てておいて、再訪するかどうかは、改めて考えようかな、という心持ちなのです。辛すぎるでしょうか。。

店の名は、いただき膳。ほんとに、期待しています。

********

ああ、私って、何を書いても、何故にこんなに、長ったらしくなるんだろう、と思いながら、今から、「公開」ボタンを押してしまうのでした。








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

リス美さん、こんにちは!

自分のお気に入りのカフェ探しは
楽しみもあり、いいですよね♪

オープン・サンド、ボリュームありそうで
二人でシェアしてもいいくらいですね(w)
うふふ

来月からまたお勉強スタートですね。
がんばってくださいね♪

三十路オンナ | URL | 2010/06/08 (Tue) 11:05 [編集]


薔薇が美しいですねー
そして建物がイギリス!!って感じ(当たり前ですね(笑))
それに、ヘンリー8世当時の扮装の人達が普通に歩いてるのもツボです☆

オープンサンドは、美味しそうですが、マクロ風の日本料理は
何気に微妙なのは、写真からも伝わってきます(^_^;)

リス美さんが、本格的日本料理店をオープンしたら
はやりそうですね!(^^)!

くるみ♪ | URL | 2010/06/08 (Tue) 17:27 [編集]


リス美さんこんにちは☆

お店の紹介、見ていて楽しいです♪
微妙という素直な感想も大歓迎^^
フォカッチャ?パン?がすごくおいしそう!
食べ過ぎないようにはしていますが
小麦粉系の食べ物、やっぱり大好きです^^

また勉強が始まったんですね~
影ながら応援しています☆

なべちゃん | URL | 2010/06/09 (Wed) 09:31 [編集]


日本料理

日本料理もイギリスではこんなイメージなのですねぇ・・・。
今度外国で日本料理食べてみようかなぁ・・・。
でも、何となく、外国で日本料理はもったいないような気がして・・・・。

ひろ | URL | 2010/06/09 (Wed) 21:46 [編集]


こんばんは^^
パリでアジア系の人が開店させたばかりの日本食→寿司の店に入ったら・・・
どら焼きが蓋つきの銀色の足高の器にすっぽりと納まって運ばれてきて、
笑ってしまったことを思い出しました!

harry | URL | 2010/06/10 (Thu) 22:15 [編集]


三十路オンナさんへ

ブルーチーズが、どろっと溶けて現れた時は、後ずさりしましたが、これがこれが、美味しかったんですよ♪

お勉強は、、うぐぐ、今月から新モジュールですv-91

リス美 | URL | 2010/06/10 (Thu) 22:58 [編集]


くるみさんへ

薔薇は、あと少しで、一番綺麗なタイミングになると思います。そう言う時に、よいお天気だと、本当に感動的なんですけれど。

このお店は、マクロと謳っていたりしないんですけれど、かなりその線なんです。繁盛して、ずっと続いて欲しいです。

リス美 | URL | 2010/06/10 (Thu) 23:01 [編集]


なべちゃんへ

近所でもない店の紹介を無理矢理読ませてしまってすみません・・・なんか、私自身のための覚え書き、みたいな感じです。。

フォッカッチャ、美味しかったですよ♪

リス美 | URL | 2010/06/10 (Thu) 23:02 [編集]


ひろさんへ

写真のはランチのセットなんです。夜はもっと、コースなんかもある筈です。

実は、私も日本料理は、基本的には、日本でしか食べないんですよ。特に魚系は、圧倒的に日本が新鮮だし、そう、勿体ないですよね。ただ、ここは、フィロソフィーにも興味があって、どうしても行ってみたかったんです♪

リス美 | URL | 2010/06/10 (Thu) 23:05 [編集]


harryさんへ

どら焼きが銀の器、、、その国の人に受けるような要素も加味しないと、売れない、っていうのがあるでしょうし、吃驚するような演出も、そういう観点からなんでしょうか。確かに、引きそうですv-17

リス美 | URL | 2010/06/10 (Thu) 23:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。