イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ジェーン・オースティン・ツアー」

近所に住んでいるのに、

リッチモンド・パークにも、ピーターシャム・ナースリーにも行った事が無い、

という、驚きの発言をした陶芸友を、私お得意の「リッチモンド&ピーターシャム・ツアー」に連れて行きました。
・・・イギリス人を日本の私が案内する、っていうのも、何か不思議な感じではありましたが。

何度もこのブログで写真を出したりしているので、今回は、「お馴染みの主要シーン」はリンクで繋ぐだけにして(青字アンダーラインをクリック頂くと、写真が沢山入った関連記事が出て来ますので、お時間有る向きには、是非、見て行ってくださいね♪)、今回、目についた物にフォーカスして、写真を並べてみます。

まず、ピーターシャム・ナースリーに出来ていた、メドウ、、でもないな、何て呼べば良いでしょう。花畑?
008_20100622160635.jpg
うちにも、こんな区画を作りたい!!と思ってしまいました。


屋内店舗の中では、新たにガラス製品コーナーが出没しつつある。
010_20100622160634.jpg
活けてある薔薇自体も、素敵。


可愛く美しい、アレンジメント。
011_20100622160634.jpg
簡単そうに見えて、実は、なかなかこうは、行かない。。


いつ行っても、何か心時めく発見あり、です。


********


リッチモンド・パークは、必ず来るのが、ペンブローク・ロッジ。週末でもないのに、結婚式準備が着々となされていて、
015_20100622160634.jpg
そうか、この季節、週末の予約なんて、百年前くらいじゃないと、出来ないんだろうな、と思ったり。

何度も何度も来ていて、最早、感動今年の夏花壇も、キング・ヘンリーズ・マウンドも、ラバーナムのアーチ(今はもう、花はとっくに終わり)
きんぐさり

も、イアン・ジュアリーの「歌うベンチ」も、

テムズ・ヴァリーの景観
リッチモンドヒル
↑ 母が来た時も、連れて行きました・・・懐かしい想い出。

も、勿論、案内し、その後、

「つつじ&石楠花の宴」↓
つつじ
が終わってしまったとはいえ、まずまずの美しさでホッとした、イザベラ・プランテーションへも連れて行ったんですが、

歩きながら、その友人が、

「リス美!きっと、ジェーン・オースチン時代のレイディー達は、優雅な出で立ちで、こんな風に、ロイヤル・パークを散歩したに違いないわ。今度来るときは、取って置きのロング・ドレスで歩きたいわ♪」

はぁ、、どうぞ、どうぞ


********


その後、リッチモンドの街中に繰り出し、やっぱり、いつも行くキッチン・ショップへ。ここ、地下が二つに分かれていて、別々の階段から降りて行くんですが、そのうちの一つの部屋は、ベーキング関係のものが、あれこれ色々、山盛りに詰め込まれていて、、、

の筈なのに。

あれ?・・・すっかり整理整頓されていて、ベーキング関係物、すっかり消滅。

さすがイギリス、誰ももう、自宅でケーキ焼いたりしなくなって、売れなくなったっていうこと?

と思ったら、全く逆で、ベーキング専門の支店が、すぐ傍に増設されておりました。

ホッ。。


何しろ、陶芸友なので、彼女がキッチンショップで買うもの、陶芸に使えそうなものばかり・・・木製の転がすタイプのラビオリ・カッターとか、シュガークラフト用の道具とか、他のキッチンショップでは、見かけないような収穫物が色々あって、彼女も満足、私も大満足♪


********


その友人が、余りに喜んでくれる物だから、そうだ、彼女なら、あそこも、きっと気に入るだろう、と、計画には無かったけれど、最後に「おまけ」で連れて行ったのが、ここ。

遠くから、既に、「ん?なんだ???」っていう雰囲気が濃厚。
023_20100626073803.jpg

そして、近くで見て、仰天。
024_20100626073803.jpg
トゥイッケナムにあるヨーク・ハウスです。向かいの「イール・パイ・アイランド(うなぎパイ島!)」は、ローリング・ストーンズ設立当初と縁が深かったりします。


すぐ傍のChurch Streetは、気になるレストランや雑貨店が並び立つも、レストランは準備中、雑貨店は既に閉店。

一軒だけ、まだ開いていた雑貨店に入ると、
026_20100626073802.jpg
おお、次の陶芸作品のヒントが居た!


こういうのも、陶器で作れるよね、、だって、現にここにこうして、作ってあるもの!
028_20100626073802.jpg


********


彼女が、浮き浮きした表情で、私に進言するに、

「ブッシー・パーク
ブッシーパーク

もホーム・パークもそうだったけれど(←以前に連れて行って喜ばれた)、リス美が連れて行ってくれる色々な秘蔵スポット、絶対、行ってみたい人、いっぱい居ると思う。私みたいに、近所に住んでても知らない人、沢山居る筈!それに、ロンドン市街観光だけじゃなくて、こう言うところにこそ、来たい、っていう日本人観光客も、絶対絶対、うんと居るよ!

だ、か、ら、

ツアー会社を作ったらどう、ね、ね、絶対、名案よ!

名前はね、ジェーン・オースティン・ツアー・カンパニー。ジェーン・オースティン時代に、レイディー達が歩いただろう、ロンドン郊外のロイヤルパーク巡りが主要目玉商品。」

私:「え?!?ミニバスの運転とか、出来ないし、、。」

友:「リス美のPoloで充分よ!少人数まごころツアーが、かえって受けるわよ!!同じようなツアーが幾らするのかチェックして、料金を決めれば?!」


私:・・・面白いかも?!


********


実は、ニュートリショナル・セラピストの資格を得るまでもなく、今からでも「食生活改善パーソナル・トレイナー」みたいなことが出来るじゃない、じゃあ、そういうのをテスト開業してみようかな、と、鋭意、構想を練り始めていたところだったけれど、

ジェーン・オースティン・ツアーっていうのも、面白いかも、

なんて思ってしまう、そんな私だったのでありました。


********


「ジェーン・オースティン・ツアー(仮称!)」に興味の有る方、いらっしゃいますか???(笑)







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私は・・・

トンカツツアーのツアコンです。

ひろ | URL | 2010/07/03 (Sat) 12:46 [編集]


もちろん、興味ありありですーーーーヽ(*´∀`)ノ
日本と違って、ヨーロッパって、街歩きの情報誌とかないし(たぶん・・・)、
日ごろから感度を上げている人じゃないと、見つからないスポットって、
たくさんあるんでしょうね。
キッチンショップ、わたしは入ったら出てこられないかも・・・(笑)
うなぎパイ島って(笑)かわいい。童話みたいですね。
リス美さんのツアー、いつかぜひ参加希望ですー^^

harry | URL | 2010/07/03 (Sat) 16:21 [編集]


ウェールズ時代はウェールズ人の知人から
"local bus authority"と呼ばれていましたし、
ウェールズから始めていったロンドンでは、
おのぼりさんにもかかわらず、道を聞かれること
数度。
そして、ジェーン・オースティン・フリーク
でもあります。

数年後、父母のお世話から解放?されたら、
助っ人としてお手伝いしたいですね。
リサーチとプランニングなら、まかせて!です。
運転は・・・ペーパーです、はい。

はんころりん | URL | 2010/07/03 (Sat) 21:28 [編集]


リス美さん♪

ハーイ!
もしイギリスに行ったらぜひ参加したいです♪
ロングドレスで!?^^
歳を重ねるにつれ、こういう場所の素晴らしさに
感激するようになりました。
お母様、さぞ喜ばれたことでしょう・・・!!


~~
きんつば、おいしく作ってくださって
どうもありがとうございます♪♪嬉しいな~。

vivera | URL | 2010/07/04 (Sun) 07:00 [編集]


リス美さん♪

少人数まごころツアー、これいい♪
私是非是非参加したいです^^
お友達、名案ですね~☆☆☆

アーチの写真、ツツジの写真
とってもきれいですね~
この目で見たら、もっと感動するんだろうな~♪

コメレス
むむむ、ホリエモン・・・気にしたことがなかったってことはどうなんだ?
ちょっと注意して見てみます^^

なべちゃん | URL | 2010/07/04 (Sun) 07:01 [編集]


Tour

いいアイディアじゃないでしょうか?皆でぞろぞろ歩くよりも、少人数でロングドレスを着て、きれいなつばのついた帽子をかぶって昔に返った気分でゆっくり歩く、そのときを彷彿するようなカフェでお茶をする、ショッピングをするのはいいアイディアじゃないでしょうか?

Marmite | URL | 2010/07/04 (Sun) 07:45 [編集]


はいは~い!
私もりす美さんツアー参加したいです!
こういうあまりガイドブックに載ってないような場所や
ナチュラル・オーガニックなお店での
食事も込みでやったら絶対人気でますよ~。
うなぎパイ島、なんかすごい像がいっぱいですね。
ベーキングの道具のお店も行って見たいな~。

>カフェ行ってみての感想、楽しみにしてますね。

fanifani | URL | 2010/07/04 (Sun) 16:20 [編集]


おもしろそう~

リス美さんの街歩き情報の引出しの多さにはいつも驚かされ
ブログを拝見するのが楽しみです。

ツアー、いいアイデアですね。
観光地には連れて行ってくれるツアーもあるけど
可愛いお店とか素敵なカフェは含まれていませんから。

ありがと | URL | 2010/07/04 (Sun) 16:31 [編集]


ガーデニングが好きだったら、私もイギリスを好きになっていたのかなぁ(笑)??

PS 私が通ったCollegeがAshfordのChurch Rd.にあって、友達とよくStainesに行っていました。Church Rd.は大して面白くはないです(笑)。

あゆみ | URL | 2010/07/04 (Sun) 21:57 [編集]


ツアー、お疲れ様でした
盛りだくさんでしたね、我が家が週末の一日かけて一箇所かけて訪れるところを、一日で網羅していてビックリ!
キングサリのアーチ、一度生アーチを見みたいと思いつつとうとう適いませんでした、えっ?リッチモンドパークにあったんですか!???知らなかったーーー!

ロングドレスで歩く!と思い立ったお友達、かわいらしいですね。

リッチモンドのキッチンショップ、教えてくださいー!
(多分以前行ったことがあるような気がするんですが場所が分りません;)

ろくろく | URL | 2010/07/05 (Mon) 15:56 [編集]


私も興味満々ですーー!!

最近、オースティン作品を結構TVで見てたんですが、
あの頃のドレスは素敵だけど、足元というかすそが気になります^^;
それにしても、オースティンゆかりの土地をその雰囲気で巡るっていうのは、とても女性に受けるアイディアだと思いますよーーー!!

くるみ♪ | URL | 2010/07/05 (Mon) 18:37 [編集]


こんにちは。「いかにも観光客にアピールしてる名所」よりも意外にこういう所の方が、ゆっくり楽しめていいんじゃないでしょうか。地元のリス美さんが、何度行っても飽きないスポットならばなおさらですし、季節によって景色のいいポイントをご紹介して頂けるだなんて、かなり嬉しいです!

お馬さんのブックエンド、なかなかユニークでいいですね。次回作、こんな雰囲気ですか?楽しみです~。

里 | URL | 2010/07/05 (Mon) 21:01 [編集]


ロケ地めぐり

前のコメントでは書きそびれたのですが、
ワタシはコリン・ファースがダーシーの時に、
ウェールズに滞在していたので、
TVの本放送と再放送をジャストタイムで
見ていました。

一昨年、ペンバリーの外観のモデルの
ライムパークへも行きましたが、
門から館までえんえんと歩かされました。
ロングドレスであれを歩くのは、
ちょい、体力が要ると思いますよ。

そのときの様子は上のURLをクリックしてくださいね。


はんころりん | URL | 2010/07/06 (Tue) 22:51 [編集]


すみません。
前の記事の関連URLは

http://eleri.blog43.fc2.com/blog-entry-51.html

です。

はんころりん | URL | 2010/07/06 (Tue) 22:59 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/07/06 (Tue) 23:12 [編集]


ひろさんへ

しいたけツアーに、是非、参加希望ですので!!!

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:10 [編集]


harryさんへ

そうなんです、キッチンショップ、我を失いますものね!!?この時も、大幅に予定時間オーバーで、あと少しで、とんでもない駐車料金を払わないといけなくなりそうだったんですv-15

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:14 [編集]


はんころりんさんへ

辣腕なんですね?!では、イギリス進出を心待ちにしておりますv-221

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:16 [編集]


viveraさんへ

ロングドレス、色々用意しないといけませんね・・・特に、雨のとき、裾が濡れてもすぐ乾くのとか、イギリスの天気は、油断できませんから!

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:18 [編集]


なべちゃんへ

そういうことなら、ゴールデンウイーク後半が、絶好ですよ!!お待ちしています♪

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:20 [編集]


Marmiteさんへ

日常を忘れて、時代物の映画の主人公になった気分になれそうですね・・・貸衣装(大きな帽子!)の調達も必要かも?!

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:22 [編集]


fanifaniさんへ

はいはい、そういうのなら、どぉんと、お任せ下さ~い♪ただ、この辺、これっていうカフェが無いのが、一大欠点なんですよね。どうしてなんだろう。。。

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:24 [編集]


ありがとさんへ

どうして、そういうツアーが無いんでしょうね・・・大人数で、どっと押しかける、っていうのでは、お店が迷惑だからなんでしょうか、あ、だから、少人数まごころツアーの出番ですね♪

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:26 [編集]


あゆみさんへ

ガーデニングが好きか、と言われると、私はどうなんでしょう・・・育てて食べるのは、大好きですがv-16

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:27 [編集]


ろくろくさんへ

キッチンショップ、ろくろくさんなら、絶対、行った事あると思いますよ。スタバやユニクロの有る区画の、道を渡って向こう側、アルゴスの斜め前です♪

リス美 | URL | 2010/07/08 (Thu) 07:28 [編集]


くるみさんへ

ジェーン・オースティンゆかりの地となると、ハンプシャーの彼女の生家とか、小説の舞台とか、っていうことでしょ、、そうなると、私の運転&地図読み(読めない)術では、ちょっと余りにも覚束ないので、そういうのは、夫が退職後なら、不可能ではない、ですね(彼には寝耳に水v-15)・・・ロングドレスは、濡れても汚れても構わないものをご用意下さい!

リス美 | URL | 2010/07/09 (Fri) 06:14 [編集]


里さんへ

里さんの訪英をお待ちしてますね♪

ブックエンドですが、夫が未年なので、彼への誕生日プレゼントなんかに、羊のブックエンド、っていうのもあるな、とは思うんですが、次回作っていう訳では無いんです。今、味噌瓶とウオール・プレートを製作中で、その次は、ろくろの練習をしてみたいな、と思っていたりするんです♪

リス美 | URL | 2010/07/09 (Fri) 06:17 [編集]


はんころりんさんへ

くるみさんへのお返事にも書いたように、私の手でジェーン・オースティンゆかりの地巡り、っていうのは、ちょっと無理が多過ぎるので、夫が退職した後、彼にやってもらいましょう、、で、その際、はんころりんさんが、イギリスに進出して来てください!!

ロングドレスは、じゃあ、裾広がりのもの。靴は、スニーカーかウェリー、ですね(笑)。

*今からリンク、見に行きます!

リス美 | URL | 2010/07/09 (Fri) 06:20 [編集]


鍵コメさんへ

私達にも楽しい想い出です!!また、是非どうぞ♪

リス美 | URL | 2010/07/09 (Fri) 06:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。