イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こういう、じんわり静かな幸せ感が、典型的な「イギリスならでは。」 - 母と娘のイギリス旅から

※これは、母と娘のイギリス旅シリーズの一つで、そして最後です。

娘が一日かけてじっくりBritish Museum/ブリティッシュ・ミュージアムに行きたい、とのことだったので、この日は母だけを連れて、とある「English Garden/イングリッシュ・ガーデン」に行きました。

Losely Park/ルースリー・パークという所です。

車で30分ほどの所。私たちが結婚式をしたGuildford/ギルフォードの南に位置します。

広い敷地内に、Losely Houseという、今もオウナーが住んでいて、決まった日だけ公開している館、広~い庭、ギフトショップ、カフェ、それから結婚披露宴等に貸し出しているBarn/バーンも点在しています。
ここをクリックするとホームページが出てきます。)

もう5年ほど前になりますが、夫の父が心臓手術を受けにロンドンに来た時、義母の気持ちを紛らわせる為に静かで美しい所に連れて行こうとして選んだ場所で、義母が大変気に入ったとのこと。だから、私の母も気に入るのではないか、との夫からの提案でした。

Kew Garden/キュー・ガーデンのような超有名で人がわんさかわんさか訪れる「ガーデン」とは違って、静かでゆ~ったりしています。

私は、ガイドブックに出てくることは無い、
・超有名ではない
・車で30分程度走れば着く(私には未だ無理で、夫の運転によるものなんですけれども・・・)
・きれいに手入れされているけれど、やり過ぎではない
・ゆっくり出来る
・美しい
そんな郊外~ちょっとしたカントリーサイドの、このような所が、イギリスの良さの真髄の一つではないか、と思うのです。

この日はLosely House/ルースリー・ハウス非公開日だったので、庭を中心に、オープン・エアのみでしたが、もうもう、充分に、気持ちの良い数時間を過ごす事が出来ました。入場料は一人4ポンドと少々(900円程度)。

受付のお姉さんも感じよかったし・・・ま、致し方ない、1000円未満なら、良しとしましょうか。


公園から庭に行く間にあった、デカイ木。
五葉の松?

写真の中で小人のように見えるのが母。

母は「五葉の松ではないのか」というのですが、そのような純和風には私には見えなかった・・・。


これ、ガーデンをはいってすぐの所。
ネッシーたちなのか?
夫いわく、「確実に、ネッシーがモデルだな。」

・・・でも、ネッシーって、二匹もいるんでしたかねぇ???


これはローズ・ガーデン。
薔薇園


ハーブ・ガーデン~野菜畑。
ハーブや野菜1

もう、それはそれは、私が惹かれているハーブというハーブ、育ててみたいと密かに思っている野菜という野菜が健康に育っていて、羨ましい~!
ハーブや野菜2


庭師さんが片手にナメクジ退治用の薬を持っていたので、「あ、それ使ってるんですか?」と聞くと、

「本当は使いたくないんだけれど、今年のように寒い雨天がずっと続いた後、急に暑くなって晴天が続く気象はなめくじにとってのベストな環境なので、大発生してしまった。やむなく使っている。」とのことでした。やっぱりね、ナメクジとカタツムリの大発生はうちの庭も同様。

これは、途中にあった「キス」の像とやら。
キスの像
本当にイギリスって、どこかに必ず面白いお茶目なものが、本当に、必ず配置されていて・・・、そういうの、大好き!!

背景に見えているのは「ガーデン・コテッジ」:屋根の形が妙に面白い。


壁を越えると(階段がちゃんとありました。よじ登った訳ではありませんのでご安心を)ウオーター・ガーデン。
ウオーター・ガーデンです。


蓮の葉の上に、ひなが乗っかっている!!
ひなどりが葉っぱの上に。


ワイルド・フラワー・ガーデン。最近、新しく作ったとのこと。
ワイルドフラワー
写真で見ると真っ白にしか見えないんですが、実際には色々な色の小花が散りばめられていて、こんなのも素敵。


カフェで食べたLosely Ice Cream、大っ変おいしゅうございました(食べてしまったので、もちろん写真は無し、です)・・・んですが、カップの裏を見ると「made in Wales」と書いてあって、「ここの夫人が伝統レシピに基づいて趣味で作っている手作りのもの???」という甘い期待は見事に裏切られた、のですけれどね。。

********

さて、これを持ちまして、「母と娘のイギリス旅」シリーズは完、とさせて頂きます。

ご参考までに、これまでのもののアドレスを付けておきますので、未だの方は見てみてください!

・ちょっと抜粋→ここをクリック  
・これも、抜粋。かな→ここをクリック  
・カントリーサイド→ここをクリック  
・三つの船体験  →ここをクリック  
・キュー・ガーデン →ここをクリック  
・オクスフォード→ここをクリック  

「10日ほどのロンドン郊外の滞在で、のんびりイギリスを味わう」旅をプランされる際の参考にでもなれば、幸いです。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うわ~!ほんとにきれい!

素敵な所ですね、ここ。
うちのちびっ子たちがもう少し大きくなってからかなァ、行くとしたら。残念だけど。

ウチの庭がもっともっともっと大きかったらワイルドフラワーをやってみたい!
ウチでやったら雑草にしか見えないですよね?こういうの。

かよ | URL | 2006/06/24 (Sat) 21:07 [編集]


広いですねー

これだけ広くて、素敵な庭が超有名ではない・・・ってことは、あちこちにこのレベルの庭があるのでしょうか。もしや、イギリスって庭の国?あこがれが、ふくらむばかりです。

Qu | URL | 2006/06/24 (Sat) 21:21 [編集]


Losely Park、いいですね。そのうち、行ってみたいなあ。

でも、車がないと行きにくいところのようですね(夫の運転の腕が上達するのと、私の英国免許が取れるのと、どちらが早いかしら、それ次第で)

こうしたガーデンが本当にイギリスにはたくさんあって、そういうところを一つ一つ回って、具体的な行き方(電車やバスでの)のデータも盛り込んだ、私的ガイド的なウエッブサイトを作りたい、と思っているんですけど、まだしばらく着手には時間がかかりそうです。

Ai M | URL | 2006/06/24 (Sat) 21:59 [編集]


ネッシー。

一匹とは、限らないですよ^^。
もし、いまほんとうにいるのであれば、生殖行為がなければ、今まで何千年もの間、生き続けられませんものね。

ish | URL | 2006/06/24 (Sat) 22:57 [編集]


これで有名でない庭園ですか。
手入れもされていて、広くて素敵。
レベルの違いを感じます。
ちなみにナメクジの薬はどんなのですか?

のんの | URL | 2006/06/24 (Sat) 23:35 [編集]


かよさんへ

私もね、ワイルドフラワーとか、自然そのもので、それなのに美しく見える庭、っていうのが理想なんです!庭の一角をそういう風にするっていうのは大いにあり、と思うんです。

車ですぐの所だから、平日の人の少ない時に行ったら、親子での~んびりできると思います!

りす美 | URL | 2006/06/25 (Sun) 07:00 [編集]


Quさんへ

道に標識が出ているのを前々から気付いてはいたんですけど、「超」有名、っていうのじゃないと思うんです、やっぱり。Quさんもご存知無かったでしょ?

りす美 | URL | 2006/06/25 (Sun) 07:02 [編集]


AiMさんへ

そういうウェブサイトか本か、日本人旅行者が便利に活用出来る様なものが作れれば良いですよね・・・もう一歩進めて、そういうミニツアーの企画とかも。ただ、ネックが「車」。私が運転手を出来れば良いのですが、この腕ではね。。。うちの夫、運転も地図読みもバッチリなので、彼を起用しましょう!

りす美 | URL | 2006/06/25 (Sun) 07:05 [編集]


ishさんへ

言われてみると、ネッシー夫婦みたいな感じに見えますが、全くこれは夫のでっち上げです!

りす美 | URL | 2006/06/25 (Sun) 07:06 [編集]


のんのさんへ

ナメクジを引き寄せて殺す薬・・・真っ青の顆粒状。プラスチックの容器に入っています。日本だと茶色の顆粒で目立たなかったのに、こちらのはスッゴク目だってしまいます。

りす美 | URL | 2006/06/25 (Sun) 07:08 [編集]


母と娘・・いくつになっても不思議な関係

パラソルがお似合いのお母様、優雅でお若くお見受けします。かくしゃくとした感じではなく、本当に優雅な感じです。10日の内にどんな話をされたのでしょう??

イクヨ | URL | 2006/06/25 (Sun) 22:21 [編集]


イクヨさんへ

優しいコメント有難うございます!

母が私の住居に泊まったのって、生まれて初めてと言っても良いんです・・・母ってこんな人だったんだ、っていう発見が幾つもありました。

りす美 | URL | 2006/06/26 (Mon) 22:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。