イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

曜日民族

夫との会話の例です。

(例1:夫から始まる時。あくまでも仮の例。)
夫:来週の水曜、カリー食べに行かない?
私:ん?それって何日のこと?
夫:う~~んと(とカレンダーを見に行く)、25日の水曜。

(例2:私から始める時。誤解しないで欲しいのですが、実際の生活では、殆ど家で食べます。飽くまでも判りやすい例として出しています。)
私:23日の夜、イタリアンに誘われたんだけど、一緒に行く?
夫:え?それって何曜??
私:えっとえ~っと(とカレンダーを見に行く)、木曜。

・・・と、こんな調子で、どうも噛み合わない。スケジュールの話になると、いつも会話が突然ストップする。ほんとに、い・っ・つ・も。


ある時たまりかねて、今後の会話を「(何月)何日」に統一すべく申し出ました。

私:あのさ~、何曜日っていわれてもピンと来ないから、何月何日、って言おうよ。
夫:ははははは!!そんな馬鹿なこと!全然イメージ湧かない!2週間以内は何曜日って言うのが常識!!
私:イギリスの常識、世界の非常識!!断固反対、イギリスおかしい!
夫:違う、何曜日は世界の常識、日本の非常識!!!

そこで、少しインターネットで調べてみました。すると、日本では、七日間を一単位とし、日曜は休む、という週休制が正式に導入されたのは、明治六年に西欧で使われていたグレゴリオ太陽暦に改められてからで、それまでは太陰太陽暦が使われていた、つまり、生活に「週単位」が入り込んで来たのは明治以降のこと、ということが判ったのです。

なるほど、そうだったのか・・・。西欧の人達の頭には「週単位」が日本人とは比較にならないくらい深く入り込んでいるんだ。

何だか、深い感動。

さて、私達夫婦が今後、「何曜日」か「何日」かどちらを標準と採用するのか、それは今後の我々の力関係による。楽しみ。。

★ところで、今日、近所の郵便局に行って、ふとポストを見たら、何と、ポストに「月曜日(MON)」という札が入っていた!ほら!!
ポスト拡大
写真の上をクリックして拡大すると、ポストの大きな笑顔が目に飛び込んできますよ・・・。

回収時刻や頻度が平日と土日では違うんでしょうけど、別にポストに曜日をつけなくってもいいでしょうに。

何でも、郵便回収に来る人が曜日の札を持っていて、一日の最終回収時に次の日の曜日に取り替えるらしいのです:写真を撮ったのが月曜だったので、この日は月曜の札が入っていた。おぉおぉ思わず一句出て来た!
イギリス人、そんなに曜日に執着してどうするの!?(字余り)

★★この件をきっかけに、ポストについて、へぇ~っていう、新たな発見をしてしまいました。詳しくは、明日或いは明後日にでも。たかがポストと侮るなかれ、何でもちょっと調べると奥が深いものです。

曜日付きのポストが気に入った、と言う方もそうでない方も、このブログのランキング投票に、下のひよこをワンクリックしてください!
   ↓

   ↑
クリックすると、今のランキング状況が判る画面に行けます。よろしくお願いします!!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やりぃ!一番取りぃ!
うちのパートナーはアメリカ人で、やはり曜日で話します。
だからですかね、記念日とか忘れるのって。


次回はポストの全身写真を!!イギリスのポストっておしゃれそう。

eshiraishi | URL | 2006/02/21 (Tue) 09:45 [編集]


eshiraishiさんへ。

修正している最中の極早コメント、有難うございますv-266

記念日忘れるのは許さないけど!?

KK | URL | 2006/02/21 (Tue) 09:49 [編集]


笑ってるぅ!!

本当にこのポスト、笑ってる。
しかも、すごく可愛い笑顔!!!

でも、面白いですね。イギリス人って曜日が基準なんですね。ちなみに純日本人カップルの我が家では、「25日の土曜なんだけどぉ・・・」って感じで伝え合いますので、わかりやすいです。

くるみ | URL | 2006/02/21 (Tue) 10:13 [編集]


くるみさん。

日本のポスト、いつの間にか殆ど四角い金属製に変わってしまってますよね。イギリスは何でも古い・・・ポストも古いままで、口をあけて笑って立ってます。

KK | URL | 2006/02/21 (Tue) 10:19 [編集]


これは気づかなかった。
もしかしてうちもこんなので会話がとぎれたり
話がすすまなかったりしてたのかも。
洞察力がすばらしいですね。
そしてポストに曜日をつけるのにも驚き!楽しいなー。
イギリスで驚いたのはトイレを流すのにコツがいるとか
お湯の蛇口と水の蛇口が別々だったことなどなどです。まだまだありましたがまた今度に!

和 | URL | 2006/02/21 (Tue) 14:46 [編集]


和さん

トイレを流すコツってどんなのでしょうか?!

蛇口問題!そうそう、ここの洗面台もそうなので、取り替える計画なんです。

要するに、古いものがそのままある、っていうのが驚きの基本ですよね。

KK | URL | 2006/02/21 (Tue) 16:28 [編集]


日本のNHKでやってる英語で遊ぼう
では、毎日、曜日の踊り(ダンスか…)を
やってます。
「チューチューチューチューズデイ」とか。
ほんと毎日いろんな発見があるのですね~

かつみ | URL | 2006/02/21 (Tue) 22:26 [編集]


かつみさんへ。

そのダンスやってる所をビデオに撮って送って欲しいのですが・・・見てみたい!!

発見っていうか、え、何これ?っていうの、一杯あるんです。。

KK | URL | 2006/02/21 (Tue) 22:49 [編集]


曜日は聖書から来てるからなぁ。切手も切り離せない。。。。

はい、こちらでカレンダーやシステム手帳を買うと曜日ナンバーが振ってあって便利ですよね。第9週目から始めようとか。オランダは日曜始まりでフランスは月曜始まりだから多少こんがらがるけど。

のびー | URL | 2006/02/22 (Wed) 01:26 [編集]


のびーさんへ

切手が切り離せない、え?それは何?と随分悩んだ結果、あ、これは切っても切り離せない、という意味だと判りました。全くの偶然っていうか、丁度今、ある記念切手(ブルネルの)を買いに行ったら未だ売り出していないと言われてすごすご帰って来た所なので、益々頭の中が???でした。

カレンダー、そう言えばこの部屋にあるのは一番左が月曜(月曜始まり)です。よく見ると、あ、フランス製!週の番号も一番左に振ってあります。わ、凄い!!! 下に降りてイギリス製2つと日本製のカレンダー1つを見てきましたが、いずれも日曜始まり。週の番号は振ってない。-西洋とかヨーロッパと一括りに出来ないどころか、フランスとイギリスでも違うんですね。

これは、えらく大きなテーマに発展して来てしまったぞ。。。

KK | URL | 2006/02/22 (Wed) 01:38 [編集]


曜日…気にしてなかったけど、確かにそうかもしれません。
こないだ、ハウスメイトとパーティーの日にちを決めようとしてたのが日曜日だったんですね、それでハウスメイトは「次の木曜日」と。日曜が週末なのか、週の初めなのか、その価値観によってもそれは4日後なのか11日後なのかわからないし、そのときは「何日?」と聞いたのですが、こんな事情があったとは…
明治時代から…なるほど。

けい | URL | 2006/02/22 (Wed) 03:21 [編集]


あれ?

うちでは、逆かも・・・・。
旦那は何日で、私は何曜日。
前世では、私がイギリス人で、旦那が日本人だったのかもしれません。(笑

3ぱいんと | URL | 2006/02/22 (Wed) 06:06 [編集]


けいさんへ。

子供の頃からの習慣はお互いに根深くて、予定の話をする時は、何だか緊張してしまいます・・・もうじきイギリス流に慣れるんでしょうか。

KK | URL | 2006/02/22 (Wed) 07:59 [編集]


3パイントさんへ。

あら・・・??

KK | URL | 2006/02/22 (Wed) 07:59 [編集]


アメリカの人とレッスン日を決める時や変更の時、メールのばやい、ややこしいです。曜日しか書いてこないことが多い。確認のメールで私は必ず先に日付、カッコして曜日。
でも聖書の国の人は、まず曜日。カッコして日付なんですよね。

hiro | URL | 2006/03/01 (Wed) 19:47 [編集]


hiroさん

そうそう。曜日があって、たまたまその日は○日、って、数字が付録です。未だ慣れません。

KK | URL | 2006/03/01 (Wed) 21:03 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。