イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弱肉強食の現場から

※今日はウインブルドンのテニス観戦篇を書くつもりだったのですが、昨夕の出来事をまず書きとめておきたかったので、そちらを優先しました。ウインブルドンのは、この後まだエネルギーと時間があればすぐ続けて、事切れた場合は明日にさせてください。宜しくご理解の程をお願いします!

さて、

ふうぅ。今朝もはよから喧しい(かまびすしい)。

何鳥なのやら・・・、とにかく、やかましい鳥が鳴きたてています。きっと、近所の庭に何か獲物があるのでしょう。

********

昨夕のことです。このネット
ブラックカラントのネット
の中に、りすが一匹迷い込み、騒いでいるのを発見。

そばには鳩たちが降り立って、そわそわ歩き回っている。

実はこれ、ブラックカラントの小木なんです。

何故、ネットをかけたのか?

遅まきながらも学習したからです・・・。



◆学習その1:

ロビンが青虫退治にやってくるのが遅すぎて、丸坊主にされてしまったグースベリー、
グースベリーのアフター


◆学習その2:

鳥達の戦い、そして情け容赦無い略奪。

・・・時は二週間ほど前の夕方。

やはりキーキー、ギャーびゃーと煩いので庭に出てみると、

インコ、
つぐみ、
鳩、
これらの各々のグループが縄張り争いをしているかの場面に遭遇。(既に鳩の部が悪かった。)

見上げてみると、隣の家の桜の木のサクランボがまさに熟れ時。
サクランボのビフォア

これを狙って鳥たちが一斉にやって来ていたのでした。

まず鳩が追い遣られ、次にインコ達が文字通りヒステリックに鳴き喚きながら飛び去り、そして、

つぐみの群が勝ち残り、スターリング達


サクランボを須らく、せしめたのでした。

一日、いや、一夕にして、サクランボは零個に・・・。

どうやら、「今が食べ時」という匂いがするらしく、同時にやって来て、一瞬にして一網打尽に食べ尽くす、という構図のよう。


◆学習その3:

この頃りすが3匹一緒に現れ、大木アッシュトゥリーの幹を上下上下(上下左右ではなく)に忙しなく駆け巡り、
りす3匹
※不鮮明な写真で申し訳無いのですが、赤い○の中にそれぞれ一匹ずつ、長くなっているものが見えます。全部、りすです。

更に、ある時は、威嚇行為なのでしょうか、しっぽを猛烈な勢いでブンブン振り回している。

かと思えば、ふと木の中を見やると、未だ青く小さいりんごを両手で持って食べている。  

・・・そんな所を目の当たりにし、これは何かあると察知。


◆学習その4:

鳩が地面をのそのそ、きょろきょろ、見回りをしている姿も頻繁になって来ていた。



だから、ブラックカラントが熟れ始めた時、ネットで覆って防御したのです。
ブラックカラントのネットその2



昨夕が、

決戦の時でした!



今度は「鳩 対 りす。」

に、

ヒトが乱入!


そして! ヒトが勝ち残りました。・・・だって、食べたいから育てているんですから~。


まずネットからりすを解放し、
りす正面から


そしておもむろにネットを外し、
ブラックカラントの実


未だ熟れるにはもう一息、という感じだったブラックカラントを、止む無く全部収穫。
ブラックカラント収穫


※明日あたりまで日向に置いて熟れたところをアイスクリームに混ぜて食べる予定です。
ブラックカラント収穫後。


「コップの中の嵐」とお笑いかもしれませんが・・・

来年は、グースベリー、苺、ブラックカラント、りんご、といった庭での果物収穫に当っての総合戦略を練り、更に、有効戦術を構築せねばなるまい・・・。

皆様、アドバイス頂けると非常に助かります!


三つのブログ・ランキング(分野はヨーロッパ情報)に参加中。おかげ様で、何とか上の方に食い込めています。今日もマークをクリック頂けると非常に有難く存じます!
※それぞれのマークをクリックすると、他にどんなブログがあるかも一目瞭然です。
※一つ目。ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・二つ目。次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★三つ目は、ブログ村の海外生活ブログランキングです。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自然との戦い・・・・☆

すごいですねー。
一瞬のうちに消えるというのには驚きです!
りすってあんなに長い生き物だというのも、再発見です(^-^;

くるみ | URL | 2006/07/01 (Sat) 19:28 [編集]


くるみさんへ

小さな庭の中で、色々な人生模様が繰り広げられています・・・。

りす美 | URL | 2006/07/01 (Sat) 19:40 [編集]


難!!人類の歴史そのもの。

鳥獣はDNAに組み込まれてもいるように、食べ物に関しては本能的に行動します。自らの生きる領域で絶えず目を光らしています。素早さではヒトは負けてしまいます。日本のイチジク畑ではネットをかぶせたり、三十秒毎に鳥が怖がる大きな音を鳴らしたりしています。しかし、防ぐ発想から離れ、鳥獣の需要以上を供給するくらいの規模を目指して見るのは如何でしょう。

ikuyosum | URL | 2006/07/02 (Sun) 09:50 [編集]


ikuyosumさんへ

まさしく、目を光らせている、という表現がぴったり!!

需要を上回る栽培・・・そうしたいのは山々なれど、これ以上忙しくなるのは、どう考えても勘弁勘弁。。でも、引退後はそんなことをしてみたいです、が、そうなると体力が着いて行かなくなるのでしょうか。。。

りす美 | URL | 2006/07/02 (Sun) 17:06 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。