イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏を貪欲に楽しみ尽くすのがイギリス流?

ずらっと並んで


イギリスの冬は暗くて底冷えがする・・・気をつけないと気持ちまで暗~く冷たくなってしまう。

打って変わってイギリスの夏は、それはもう、

gorgeous/ゴージャスそのもの!
・・・晴れている日は、ですが。

乾いた太陽がメリメリと素肌を焦がす・・・でも気持ちよい風が頬を撫でたりして、日陰に入ると気持ちよい、そんな感じです。

そして、この頃は、晴れている日が多い、多い。暑過ぎる傾向強し。うちのwater buttもとうとう、昨日の夜にて、3つとも空になってしまい、庭の水遣りは水道水になってしまいました。

暗い冬の反動、いつ天気が崩れるか判らないことへの反動、そんなことだと思うのですが、

「夏の戸外を貪欲に楽しみ尽くす」

という行動パターンが、昨今、大きく顕著な我が家です。

休日が晴れそうなら、どうやって夏を貪欲に楽しみ尽くすのか、というプランが、休日の前々日くらいから、何故だか緊迫の中、練られます(主として by 夫)。

先日の週末の構成要素は以下のようなものでした。
1.海でカヤック。
2.友人宅でBBQ。
3.別の友人を訪ねる。
4.またまた別の友人宅でBBQ。
5.オープン・ガーデンのアロットメント(何じゃらほい、という方、ご安心を。追って詳しく紹介します)に行く。
6.近所のセカンダリー・スクールのカーブーツ・セールに行ってみる。
7.キュー・ガーデンに行く。

結局、4.は積み残しとなりましたが、その他は全て消化・・・。

     
      殆ど吐きそう。。

今日は、最初の写真でお察しの通り、「6.近所のセカンダリー・スクールのカーブーツ・セール」についての巻です。

この学校、「良い学校」なんだそうです。つまり、教育熱心な家の良く出切る男の子たち(男子校です)が通う学校。

偶然、ここが定期的にcar boot sale/カー・ブーツ・セールをやっていることを知りました。
※car bootとは車のトランクのこと。文字通り、車のトランクに積み込んで持ち寄った品々を販売するバザー。

何と早朝7:30amから1pmまでの時間帯。

「良い学校」の父兄が家にある良質の不用品を持ち寄るバザーと勝手に誤解して、興味津々で行ってみました。

(その後、車を停めるのが難しい色々な場所に行く予定だったので、自転車で。)

結果。

掘り出し物は無かった。

見事に皆無。

ガラクタ、だけ!


ずらり、ずらずら~っと、校内の車が入れるところ中に並ぶ、車、車、車、そしてもちろん、出品されている品々
car boot sale scene 1


・・・行けども行けども、
店広げて


こんな片隅にまで入り込んでいる。
こんな隅っこにまで


私たちには、どう欲目に見てもガラクタとしか見えないもの、あとは、業者禁止のはずなのに、業者としか思えない出展者(電池とか歯磨きを大量に売っていたり・・・)で埋めつくされていました。

「もう二度と来るものか。」ぷんぷん!

と固く決心して帰って来ました。

父兄が出展しているとは限らない・・・。誰でも出展可能。でも10ポンド~20ポンドの出展料が必要なので、その元を取る額は売る必要があるだろうに、誰が何を幾らで買うんだろう?!と、謎、です。

だいたい毎月一度ずつ行われているようです。

せっかくなので、どんな学校なのか、ちょっと見て来ました。

「まなびや」と呼びたくなる、クラシカルな素敵な校舎。
由緒正しきまなびや
由緒、バリバリに正しそうです。

かと思えば、こんな校舎も。
円形校舎ってもう、古くない??
※手前にラベンダーが咲いています。

さすが!と思ったのはこれです。
イギリスの温室。。。
温室です。何とも言えない、この趣。


それから、これ。
クリケット・ピッチ
野球のバッティング・センターのクリケット版みたいなのが、運動場にあるんです!

運動場の隅の方にずらりと並ぶネット・・・「クリケット・ネット」だそうです。ネットで区切られた個室で1人ずつ練習。


そうそう、この機会に、イギリスで自転車を駐車する時の作法を是非紹介しておきたい!

これらは
自転車は柵にくくり付ける
未だ甘い「くくり付け方」ですが、

この国では、日本のように、ただ車輪の所に鍵をかけて立てかけておく、

のではなく、

長いチェーンを車輪と本体を貫通させて、塀とか電柱とか、或いは自転車をくくり付ける為に設置してある柵に、巻きつけて鍵をかけるのです。そうしないと、自転車丸ごと、あるいは車輪を取り外して持って行かれたりされかねないそうです・・・。

だから、自転車で町に行く時は、長いチェーンと大きな鍵を持って行かないといけなくて、ほんとに、もう!面倒。

さて、ちょっとガックリしてスタートを切ったこの日でしたが、我々は引き続き、テムズ河畔を通り、リッチモンドの街中を走りぬけ、その後、恐怖の車道サイクリングをした後、アロットメント見学をし、キュー・ガーデンにちょっと寄って、そして夜にかけて再び恐怖の車道サイクリングをして、やっとのことで、へろへろになって帰り着きました。

軽く10kmはあったぞあれ、と思って地図でルートを測ってみると。

うぐぐぐ・・・何と、20km以上ありました。

これって、「軽くサイクリングする」域内のことですか?

夫にとっては何でもないことみたいなんですけど、私が弱すぎるのか、彼が常軌を逸しているのか、どちらなのか、判りかねています。

※この後のテムズ川沿いサイクリング、アロットメント、キューガーデン、海でのカヤッキング等につきましては、明日以降、順次書いていきます。・・・ハンプトンコート・フラワーショーの話も未だ終わってないし、waterbutt物語<その2>も未だあるし。。。。。。。。

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。

一つだけでも、二つでも三つでも、お好きなマークをクリックください
・・・と言いながら、本当は、三つ全部クリックしてもらえると、最高に嬉しいです!
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
***いつも応援有難うございます!!!***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この温室いいですねえ。

小学校のとき、大好きだった理科の先生とこどもたちで、のこぎりとかなづちでつくった植物室を思い出します。
私たちは「秘密の花園」と呼んでました。
言いかえれば、基地ですね。でも、学校も暗黙の了解。
そこで、教科書以外の理科、いろんなことを教わりました。

ish | URL | 2006/07/19 (Wed) 17:28 [編集]


過密スケジュールね

凄いですわね。私は1から7までのどれにしようかと考えていたと想像しましたが、週末に全部する予定だったのですか!!!
お若いカップルだから?それともイギリスの皆さんこんなに元気なの~?
月曜日ぐったりしそうですわ。

のんの | URL | 2006/07/19 (Wed) 19:16 [編集]


確かに過密・・・・

私は間違いなく、彼が常軌を逸している方に一票です(^-^;
(旦那様にはご内密に・・)

でも、ちゃんとついていってるりす美さんは素晴らしいですよー☆

ガラクタばっかりでがっかりでしたね。
日本だとバザーは結構掘り出し物もあるんですけどね。でも、学校ウォッチングは楽しいですね♪

くるみ | URL | 2006/07/19 (Wed) 20:53 [編集]


それでも夏はすばらしい

イギリスの夏についての描写は、まさにおっしゃるとおり!!
りす美さんと同じく、冬に向かう時期にイギリスに来たこともあり、実感こもってます。

それにしても、パワフルな週末。私も、当然上の中からどれかを選ばれたのだと思いました。。すごすぎます…
それでも、りす美さん、楽しんでいらっしゃるようにお見受けします♪

UKI | URL | 2006/07/20 (Thu) 00:17 [編集]


ishさんへ

やっぱり?! タイムトラベルして過去にしゅるしゅるしゅるる、っと戻って行きそうな佇まいでした。

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 03:36 [編集]


のんのさんへ

50歳と51歳のお若いカップルです・・・。

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 03:37 [編集]


くるみさんへ

一票、有り難うございます。やっぱりそうですよね。強い人には弱い人(普通の人?)の疲れようが想像できないのかもしれません。

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 03:38 [編集]


UKIさんへ

確かに楽しいのは楽しいんです、頭では。問題は体がついていかん!!ということなのであります。

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 03:39 [編集]


人生を貪欲に楽しむには

体力!
面倒くさがらない!
がポイントでしょうか。

kirakira | URL | 2006/07/20 (Thu) 05:09 [編集]


kirakiraさんへ

朝の5時過ぎにはもう起きてパソコンに向かっているkirakiraさんは、全く何の心配も無く人生を貪欲に楽しめること、間違いなし!

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 05:58 [編集]


海外の方々は(というか欧米の方々は)休みは『休まない』もののようですね。
カナダで毎週月曜日に聞かれるのが「週末はどこに行った?」なのです。
いや、もう結構旅行もしたし、お金もそんなにあるわけじゃないし、なんせ疲れているから家で休んでたよと言うと「何故!!!!」と言われる。
いやいや、毎日外には行けません。
てかそんなに見るところもありません。
休ませてください………。

どうやら、とりあえず外に出るのが美学のようです。
外でチェスやカードゲームをやるとか言ってましたけど………家でやれば?
文化の違いですね。

軽くサイクリングは私の中で5キロ以内です。
20キロは訓練です(笑)。
体がなまってきているような……。

sumitaka | URL | 2006/07/20 (Thu) 14:52 [編集]


sumitakaさん

休みは「休まない」!!!言えてます。本当にそう!ゴロゴロしてるのは落ち着かないみたいです。でも、TVでスポーツ観戦、というパターンも多いようにも聞きましたが。

アウトドア派:家の外のインドア(美術館とか)派:家でゴロゴロする人の比率、どうなんでしょうね。

サイクリングですが、距離をもう少し詳しく測り直したら22kmでした。訓練v-17

りす美 | URL | 2006/07/20 (Thu) 14:57 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。