イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏こそ炎天下の長距離サイクリングだ!?

car boot sale=ガラクタ市でガックリ来るのから始まったある休日(そのことはここをクリック)、次はいよいよキュー・ガーデン近くにある市民農園(allotment/アロットメントと言います)に向かってサイクリング!
※特注:この時未だ私は愚かにも、まさか往復22kmの道のりになるなど、思いもしていなかった・・・。

テムズを左に見ながら
テムズ川を左に見ながら走っていきます。

大半は木陰無しの、太陽剥き出し状態の中を、この時はまだ、いとも快適に「サイクリング、サイックリング、るんるんルルン♪」とペダルを漕ぐ私でした。
大半はこんな感じ


やっと木陰に入れた、
やっと木陰の中を
と思ったのもつかの間。

またもや、太陽に直撃を浴びながら・・・
対岸では水浴び
対岸の水浴びを横目で見ながら・・・

「太陽との付き合い方in UK」でお見せしたような光景を目にして(ここをクリック)、どんどん進みます。

まだ寒かった頃にも一度同じようなルートで来たけれど、あの時と違ってすいすい進めるのはどうしてなのだろう?

とにかく、快適、快調です。

リッチモンドの街中に入る・・・と、ストップして写真を撮らざるを得なかった、
リッチモンドの眼鏡屋さん
こんな眼鏡屋さんの看板!面白い!!

そして未だ未だ、どんどん進んで・・・やっと目指す市民農園に到着。

※その模様は明日か明後日かあるいはその次の日にでもお目にかけます・・・ハンプトンコート敷地内の市民農園の端っこの写真(見た目、悪かった)を載せた事を後悔しているのです。あれは本当に端の端だったので、本当はこんなに素晴らしい、というのを載せて、イギリスの市民農園の面目躍如を果たさねば。

<さて、ここまでが約10km少々。この時私は、疲労を感じてはいなかった。私は、ひょっとして鈍感なのかもしれない。>

市民農園の見学を追え、キューガーデンを経て帰途につく。

今度はもちろん、テムズ川を右手に見ながら。

ちょっと行ったらキューブリッジの所に、洞窟みたいな面妖な店を発見!
なにやら面妖なお店
外はオープン・カフェになっていたので、一息入れることに。
一息入れている
※ちょっと一言:この頃、いつもこの、ウインブルドンで買ったポロシャツを着ている私・・・何としたことでしょう、普段着の長袖のTシャツって、私、持って居ないのです!日本に居る時は長袖のTシャツって着る機会が無かったからなんですけれど。だから着ては洗って又着て、の繰り返しで、この所、いっつもこればかり!

その後、「テムズ川は干潮のある川」という事実観察をこの目でしかと再確認し、
テムズは潮の満ち干があります。
※向こう岸でいろんな色の点が見えるのは、パブの外で堤防に腰掛けてビールを飲んでいる人達です。イギリス人、もちろん、外に出て太陽の下で飲みます!

間もなくキューガーデンに到着。自転車を外の柵に縛り付ける
・・・その辺からです、私の脚が言う事をきき難くなってきたのは。脚、引き摺り加減。

夫は夫で、履いて来たつっかけ(この長丁場を、靴じゃないんです・・・びっくり。)で靴擦れを起こしてキューガーデン内を裸足で歩く。
☆何でもオーストラリア(少年時代3年間を過ごす)の学校では裸足で歩かされたので足裏が丈夫に完成したらしいです。


~ ベンチで一眠りしてしまいました。 ~

一眠りしたら元気になるどころか、もっと脚がだるくなって・・・

それなのに自力で自転車を漕いで帰るしか方法は無い~。

おまけにそこからは、ブンブン車が走る車道を、車と競争しながら?漕ぎ走るのです。

この辺全般にわたり、写真、ありません。
だって、ストップして写真を撮るのは危ないし、もうそんな余裕無くなってましたから。

へろへろ。

ギアを変えても、漕ぐのが楽にはならない。

へろへろ・・・

方法の体でちょっと細い道に入り、そこで停止。肩で息。

しばらく、乗らずに押す。

夫は靴擦れの痛さにも拘らず、私の自転車も一緒に持って押し歩いてくれる、のですが、それでもダメ。歩けない。

へろへろ~

また、ちょっと休憩。


これを繰り返し、

やっとのことで帰り着きましたとさ。。。終わり!

ああ、思い出しても疲れが蘇って来ます。帰ったらもちろん、バタンキューだった、

と言いたい所ですが、水飲んだ後、庭の水遣りをして、ビール飲んで、適当に食べて・・・それからは文字通りのバタンキューでありました。

あ!!今、窓から裏の家の人達がホースで水遣りをしている所を目撃中・・・イギリスの水不足を加速する禁止行為。密告すべきなのか。。しないけど。


★最後に、おまけです。

サイクリング中、川の中にこんなものが見えました。
白鳥の胴体だけ

これは一体、何??!



暫くするとこうなりました。白鳥の全身像に

        白鳥さんでした。


えさを食べていた?それとも、余りの暑さに頭を冷やしていた???

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。

一つだけでも、二つでも三つでも、お好きなマークをクリックください
・・・と言いながら、本当は、三つ全部クリックしてもらえると、最高に嬉しいです!
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
***いつも応援有難うございます!!!***

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイクリング♪サイクリング♪

すこし厳しそうですね。
でも、慣れたら、たぶん・・・楽しいですよ♪。
娘を引き連れて、市内サイクリングをするときに彼女らもへとへとに。
賀茂川を行けるところまで下がって、また市内をぐるりと上がってくるのに、なんだか似ているなと思い苦笑?してしまいました。
でも、車道はくれぐれも気をつけてくださいね。

ish | URL | 2006/07/22 (Sat) 20:23 [編集]


お疲れ様でした・・・・

炎天下の下の長距離ですか・・・
もう疲れは取れましたか?
どうか、くれぐれも熱射病にならないように気をつけて下さいね。

最後の白鳥、ダーリンと一緒に爆笑してしまいました。頭を冷やしてたのかなぁ(^^;)

くるみ | URL | 2006/07/23 (Sun) 00:12 [編集]


ishさんへ

ご心配、有難うございます。車道、ほんとうに怖いんです。押して歩道を歩く時もありますが、そればかりでは時間がかかって仕方が無いので、恐怖の中、車道も・・・。

りす美 | URL | 2006/07/23 (Sun) 01:23 [編集]


くるみさんへ

白鳥の湖、じゃなくて、白鳥のテムズ川、でした!

りす美 | URL | 2006/07/23 (Sun) 01:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。