イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファーンボロ・エアショー(Farnborough Air Show)でLord of Warを思い出した日。

デモンストレーションその3

ファーンボロ・エアショーってご存知ですか?
・・・私は知りませんでした。世界一の「エアショー」で、二年に一度、イギリスのファーンボロにあるFarnborough Airfieldで行われる航空機見本市。今年は先週の月曜(7/17)から一週間行われました。

「エアショー」って、一体、何???

そこで、それをこの目で実際に見るため、行って来ました。

※念の為にお断りしておきますが、私は飛行機マニアではありません。ずぶの素人で、全くもって飛行機に詳しくありません・・・フラワーショー以上に猫に小判、豚に真珠、なんですが、行く機会が降って湧いて来たので、せっかくだから、行かせて頂きました。

会場に近づくと、折しも例のエアバスA380(ヒースローに来た時の写真はここをクリック)がデモ飛行中(右の方に小さく見えます)。
a380が上空を飛んでいる
・・・納期が大幅に遅れるとして、社長が首になったり、すったもんだの最中なのに、フランスとドイツの威信にかけて、出席しない訳にはいかないし、デモ飛行しない訳にはいかない、ということなんでしょうね。。

会場に入ったら、「商品見本」がずらりと並んでいます。

このエアショーは軍用と商業用の両方が対象とのことですが、圧倒的に多いのは軍用機。

こういうのとか、
チェコの軍用機
チェコのファイター。

これは、
Saab Gripen
スゥエーデン、SAABによるGripen。

言われなくても軍用と判るヘリコプター。
ヘリコプタ
イタリア製。

これはイギリスからHawk。
UK Hawk
かなり前に、私が今住んでいるすぐ近くにあった(今は移転)工場で開発されたものとのこと。

そしてこんな、見るからに身震いが出てくるsinisterな雰囲気満点のもの。
無人機その2
米国製の無人機=UAV=Unmanned Aerial Vehicleだそうです。

これも無人機。
無人機その1
やはり米国製Global Hawk。

無人機・・・まるで鉄人28号を操るかのように(と思ってしまいました)、飛行機を地上からリモコンで操縦する。人が乗らないと飛行機のデザインが大変フレクシブルになり、容積的にも小さくて済む。無人機にカメラを載せておいて地上から見張る方が正確だという説もあるそうな。

これは・・・ミサイルが剥き出しに見えてしまっている!
ミサイルです
米国F18 Hornet。ミサイル発射のデモは、もちろん、さすがにありません・・・。

軍用機に圧倒されてしまいましたが、商用機もあります・・・エアバスA380も置いてあります。さっき帰ってきたばかりの模様。
a380斜め後ろから
何枚か撮りましたが、このアングルが一番デカさを実感できると思いました。一体、どれだけ遅れるのか・・・言われている問題点は、何れも解決可能のようですけれど、それにしてもこの図体、やっぱり空に浮かぶ事自体、私には理解不能でした。

・・・エアバスは「超大型機」に開発の主軸を置いたのに対し、ボーイングはドリームライナーと自称する「未来の中型機」=787。この787のフライト・シミュレイターや実寸の機内を模したモデルがどかん、と置いてあるパビリオンにも行って来ました。

各国の航空会社の発注数からは、完全にボーイングの戦略に軍配が上がっていることが歴然・・・。


それに対抗すべく、遅まきながらエアバスがA350の強力プロモーションを大々的に開始しましたが、このエアショーでもこんな看板が数箇所。
a350の看板
「エクストラ・ワイド・ボディ」の中型機、というのをボーイング787と対抗するキーポイントにしているのが、エクストラ・ワイドな看板からも明確・・・なんですけれど、それが果たして競争優位足りうるポイントなのかどうか?

日本の航空機関連産業が一つに集まったブースもありました。
日本のブース
一つ一つ基本技術をきちんと完成させていけば、近い将来、日本で航空機を完全製造することも可能かも。

日本からもう一つ、宇宙館の中にJAXAのスペースがありました。
JAXAのブース
コンコルドの後、商業用の超音速機は不在となってしまっていますが、日本がそれを2020年目処に開発する計画とのこと。

会場の外と展示スペース内を舐めるように見た後、外に出たら・・・
デモンストレーション1

「レッド・アロー・ディスプレイ・ティーム/Red Arrow Display Team」と呼ばれるRAF(=ロイヤル・エアフォース)の精鋭パイロット達によるデモンストレーションの真っ最中。
※トップの写真もその中の一つです。

デモンストレーションその2
地球温暖化、卑近な例ではこの酷暑を更に悪化させるんじゃないの、と言いたい所でしたが、隊列を全く崩すことなく、本当にお見事にまとまったチーム。RAFで数年パイロットを務めた後抜擢されて、このようなエア・ショーやフライ・バイ/fly-byと呼ばれる王室行事の記念飛行デモなど専門に、腕前を披露するらしいです。

軍用機、商用機に関係なく、次から次に行われるデモ飛行。それを炎天下(この日も灼熱地獄)、立ったまま、或いはのんびり座って見ている沢山の人達。
飛行機スポッターたち


でもその裏では、Lord of Warさながらに、武器購入の商談を進める人達も、この会場の中には沢山いたはず・・・。

50年来、このファーンボロ・エアショーは続いているとのことです。

イギリスに住むようになって、しかも行く機会が巡って来て・・・そんな事でもなければ、私は一生、知ることすら無かった世界的イベントでした。

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。

一つだけでも、二つでも三つでも、お好きなマークをクリックください
・・・でも本当は、三つ全部クリックしてもらえると、最高に嬉しいです!
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
***いつも応援有難うございます!!!***




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本でも

友人のお父さんが勤務する各務原飛行場で行なわれる航空博の招待券を手に、友人とともに足を運んだことを思い出します。
当時最新戦闘機だったイーグルやシーハリア、戦闘ヘリの飛行、ブルーインパルスなどの航空ショーでした。
腹に響く轟音のなか、これらが使われないことを願っていました。

ish | URL | 2006/07/25 (Tue) 21:02 [編集]


私も行ったことがあります。
懐かしいです~
私も夫に連れられ行き、迫力に驚きました。

makiko | URL | 2006/07/25 (Tue) 23:39 [編集]


すげー!!!

確かに人を殺める道具なんだけど機械美はあってなんだかんだいっても戦闘機は好きっす。エアロダイナミクスの美しさ。F1マシンも「速い車」ほどデザインが綺麗だし。

戦闘じゃなくて一回乗ってみたいなぁ~。

のびー | URL | 2006/07/26 (Wed) 00:24 [編集]


はじめまして、ランキングから遊びに来ました。
イギリス中東部在住です。

素敵なエアショーのレポートですね!
私は行った事はないんですけど、
RAFの基地が近くて、よくレッド・アローの練習風景などが見えます。
ただで見られてラッキーです(笑)

また遊びに来ますね!
応援してきます。

みぱせ | URL | 2006/07/26 (Wed) 06:43 [編集]


旦那はこのショー、招待で行ってましたわ。
楽しかったみたいです。

私はまだ未経験です。

leira-london | URL | 2006/07/27 (Thu) 00:22 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/07/27 (Thu) 14:21 [編集]


無人機って、何だか未来の乗り物みたいですね。
将来、商用機でも無人機が登場するのかも。
電車は無人がありますからね。

にしても、まるでUFOみたいな形だとつくづく思います。

sumitaka | URL | 2006/07/27 (Thu) 15:03 [編集]


ishさんへ

各務ケ原飛行場・・・航空博物館にフライング・ボートを見に行った事あります!!!

りす美 | URL | 2006/07/27 (Thu) 18:39 [編集]


makikoさんへ

なんだか複雑な気持ちになりました。アクロバット・ショーを楽しむのと、あんな風に戦争でやってるのね、と思う気持ちが交差して。

りす美 | URL | 2006/07/27 (Thu) 18:40 [編集]


のびーさんへ

のびーさんの感想が一番ストレートな、男性代表コメントだと思いました。飛行機の開発って軍用機から民間機、という流れで、色々な意味で一番優秀で美しいのが戦闘機なのかもしれません。

りす美 | URL | 2006/07/27 (Thu) 18:43 [編集]


みばせさんへ

レッドアローの練習ですか!まるで浦安に住んで、TDLの花火をベランダからただで見られる、そんな感じ???!でしょうか。

りす美 | URL | 2006/07/27 (Thu) 18:44 [編集]


leira-londonさんへ

男の人は文句無く楽しいみたいですね。

りす美 | URL | 2006/07/27 (Thu) 18:47 [編集]


航空博物館。

過ぎし日の私の仕事の遺物です。

ish | URL | 2006/07/27 (Thu) 19:07 [編集]


ishさんへ

あの航空博物館の設計をされていた、ということなんでしょうか?!?

りす美 | URL | 2006/07/28 (Fri) 14:43 [編集]


設計なんて、とんでもないです。

私は、建築家ではありませんので^^。
私の仕事は、ハードウェアほんの少し、ソフトウェア何でもが本業でした^^。
呼ばれれば、どこへでも!、です。

ish | URL | 2006/07/28 (Fri) 20:50 [編集]


ishさんへ

イマジネーションに欠けていて、どんなお仕事か描ききれません・・・。

りす美 | URL | 2006/07/29 (Sat) 15:30 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。