イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏は向日葵の季節!

なんですけど、うちの向日葵たちは、まだまだ幼い。花が咲くのは8月下旬、夏は夏でも「晩夏」から初秋にかけてのはずです。

以下、一週間ほど前に撮っておいた向日葵達の様子です。

★向日葵畑その1
向日葵畑その1

これは、ガレージ脇の「ホスタ&クリスマスローズ(&アンジェリカ)&鈴蘭プランテーション(←そういう風にしたいと思っているんですが・・・)」の前後に植えた向日葵たち。

去年か一昨年、トレリスのすぐ傍に植えた時、トレリスを伝ってりすがやってきて、今から満開、という楽しみ絶頂期に花をポカン!と切り取られた事がありました。当時まだ私は日本に住んでいたのですが、夫(今は)が意気消沈と怒り心頭だった・・・。ですので、トレリスの余り傍には植えられないのです。

同じタイミングで植えたのに、130cm程度になっているのから、未だ30cm程度の幼子までいます。


★向日葵畑その2
向日葵畑その2

ガレージ前の煉瓦敷きと芝生の境に整列させています。6月に入ってからの第二、第三期発芽グループです。間が不ぞろいなのは、植えたすぐ後でなめくじにやられたものがあるから。


★向日葵畑その3
向日葵畑その3

家の前の小さな地面にも5本ばかり。今年初めての実験でしたが、蓋を開けてみたらここの向日葵が一番成長が早く、3本が150cm程度になっています。煉瓦で囲まれているのが温度的にも風から防御される点でも良いのでしょうか。


全部、多分、「ひまわりロシア」が大元の親だと思います。

何故ならば・・数年前に一度、私が日本で育てていた、背丈が軽く2mは超えてしまう(多分、2m50cmくらいか)「ひまわりロシア」の中でも一番美しかったクリスティー(という名前をつけていました)の種を夫(当時は友人)に寄付したからです。

たまたま偶然、夫も私も向日葵が大好き。夏になるとでっかい向日葵を作っていました。

でも、私のところの向日葵の方が立派だったので。

クリスティーの子供達と、夫の元からの種生まれの向日葵達とのハイブリッド、それが現在のこの庭の向日葵達、のはずです。

5月始めは、
5月初旬に第一陣の種まきをしました。
未だやっとむっくり双葉が出てきそう、そんな感じでしかなったのに、
(手前右側のポットの中。他はコスモスやカリフォルニアン・ポピー)

よくぞここまで育ってくれました!

全部で28本。

アルファベットのAから順番に左側から名前をつけてあります。(28番目はまたAで始まります。←全部、覚えてないですけど。。)



8月下旬、大きな向日葵達が勢揃いしている様を思い浮かべると、もう、期待で胸ふくらみ、

感無量・・・



だったんです。(←過去形に注目)

が、二日前の夕方、「ホスタ&クリスマスローズ(&アンジェリカ)&鈴蘭プランテーション(←希望を描写する名称)」の前を通過中、

「あれ?」

何だか様子が違う・・・。

振り返ると何とあろうことか、ヘクター(左から8番目なのでHで始まる名前です)が横倒しになって、根元からぶっちり折れている。

近づいてよく見ると、根元が噛み切られている・・・間違いなく、りすの仕業です。

絶句。


見事にぷっつり根元から。根元に齧り取った歯型が沢山ついている。





仕方ないので短くして花瓶にさしました。



工業用のアルミフォイルで他の大きくなった向日葵の根元の方をぐるぐる巻き(小さいのは未だ太くなるので)にしました。




昨日、二本目の被害者が出てしまいました。パトリシア(15番目=P始まりの名前)・・・二番目の写真の一番左の子です。




もう、これ以上の被害は出したくない。



今、りすを捕獲してどこかに放しに行くしか仕方ないかも、と深刻に悩んでいる所です。

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。

一つだけでも、二つでも三つでも、出来れば三つ全部クリック頂ければ大変励みになります。
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
***いつも応援有難うございます!!!***




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

暑さに負けない向日葵!

ひまわりは、暑ければ、暑いほど黄色く光り輝いているように見えます。
まるで、りす美さんみたい!(最大級の賛辞のつもり)

感心したのは、ひまわりの種はちゃんとポットに入れて育ててそこから直植なんですね。
私の中の今までの向日葵のイメージは荒地に適当にまいて、生き残ったものだけ育ってこいっていうイメージでした。

りす美さんがそうだ(荒地で生き残る)というのでなく、共通項はどういう環境であっても、きちんと自分らしさを出しているなというところです・・

kirakira | URL | 2006/07/29 (Sat) 17:15 [編集]


kirakiraさんへ

・・・どうお返事したものか。。取り合えず、love & kisses to youv-22

りす美 | URL | 2006/07/29 (Sat) 17:40 [編集]


ひまわりに名前をつけちゃうってところが

すごいですね~。
よく覚えてますね~。
私は三人の息子でさえ名前を間違えるのに(年のせい?)

kusaki | URL | 2006/07/29 (Sat) 21:38 [編集]


kusakiさんへ

三人もいらっしゃるんですか~それなのにあんなにバリバリお仕事されているの、kusakiさんこそ、すごい~です!!

本当のことを言うと、向日葵の名前は、時によって違います:あ、これは5番目だからeで始まるから・・・んんん、Ericと言ってみたり、別の日はElizabethになっていたり。いい加減です。。向日葵は文句言わないので。

りす美 | URL | 2006/07/29 (Sat) 21:56 [編集]


りすって

可愛いくせに、そんな悪さをするんですねえ・・・。うーん、ちょっとゆるせない。でも、相手がねずみなら、もっとゆるせないに違いない。やはり可愛いということは得ですね。

子供の名前!そうねえ。うちも、ひとりの名を呼ぶのに、三つ目でやっと正解だったり・・・^^;3人も名前を覚えるのはむずかしい。花の名前は覚えるのにね。

Qu | URL | 2006/07/29 (Sat) 22:17 [編集]


Quさんへ

私は子供が一人しかいませんが、それでも彼女の事を「健ちゃん」(愛犬の名前)と呼ぶ事がありますv-14

りす美 | URL | 2006/07/29 (Sat) 22:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。