イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリスが素早い反応を示す時

最初に:一つ前のブログに「fc2ランキングのひよこマークをクリックすると出てくる画面で私のブログが全く違う意匠で紹介されているけれど、fc2さんに要請しているので早晩変わると思う。」といったことを書きましたが、さっき見てみると正しくなっていました。
今日のお断り:ブログの背景をお花模様から変更して数日経つのですが、一番左のコラム(本文用)以外の右側の二つのコラムが、なかなか出てこない現象が現れています。謎・・・。それこそ、ランキングマークをクリックすると、すぐちゃんとなるんですが、皆様にランキングマークのクリックを強いる為に私が操作している訳では決してありませんので、どうかよろしくご了解くださいませ・・・。


7月7日にハンプトンコート・フラワーショーに行った時、「今、ここでRHS(Royal Horticultural Society≒王立植物協会とでも訳すのでしょうか)会員になればクレマチスの苗も差し上げます。」というキャンペーンに乗って会員になってしまいました。

「28日以内に丁寧に梱包した苗を戸口までお届けします。」という触れ込み。

これがそのビラ。念の為にと壁のボードに貼ってあります。
クレマチスの苗、差し上げます。


28日後、というと、7に28を足して31を引くと 

→→→ 4、つまり8月4日までに届かないといけない。

今日は8月10日(=私事ですが・・・娘の24歳の誕生日の一日前!)です。。

もちろん、届いていません!

一昨日、電話しました。

「確認しておく。」とのことです・・・・・。

*****

7月25日に血液検査を受けました。

ピロリ菌の検査とリューマチの検査がメイン。

そもそも、検査のアポイントメントをするのに一週間かかった。そして、検査後二週間経っても、結果は未だ出ない。

・・・既に三度電話しているんですがその度に

「未だ届いていません。じゃあ、また電話してください!バ~ァイ!」

さすがの私(=元・瞬間湯沸かし器 vs. 現在・イギリスのペースに合わせよう努力とはしている)

三度目(おととい8月8日)には切れた!

私:「ちょっと待った!私はバ~ァイ、と言えない。これで三度目。もう二週間経つ。いったいいつになったら来るのか。目処を言って貰わないと電話を切らない。」
と強硬に出たぞ!!

結果は、
「Oh! 早く結果を送るようにファックスしておきます。また電話してください、バ~ァイ!」

私:「いやいや、ちょっと待った!ドクターから2週間しても症状が改善しなかったらもう一度診察を受けるように言われている。検査結果があった方が意味があると思って待っている。もう、この前の診察から3週間経った。仕方が無いので検査結果を待たずに今すぐアポイントメントを入れることにする。」

そして、検査結果がそれまでに届いているのかどうかの確証が得られないまま、明日、診察を受けに行きます。意味があるのかどうか、私は知りません。


※以下、血を採られた時のエピソードです。愉快な話でもありませんので、時間のある方だけ、お読みください・・・。

私の所属しているNHSのメディカルセンターには、一週間に一回だけ、血を採るナースが巡回して来て、一人一人、血を採る部屋に患者を呼び入れて、血を採るんですが、
・日本みたいに、はい次、はい次、はいはいはい!っていうベルトコンベイヤー方式(←今、勝手に命名しました)ではなくて、一人当り20分程度もかける悠長ぶりと
・アルコール消毒もしないのと、
・それから、痛かった!
・そして、「痛い。」と言うと、「そうそう、暫くヒリヒリしますよ。」と同情してくれる余地は勿論、下手なやり方への謝罪など(もちろん・・・)皆無。
・その夕方ふと見ると、直径5.8cmの青あざの円形が血を採られた穴の周りに形成されていた!
・・・「こんなことになったのは、50年という長きに渡って何度も受けた私の被・採血史で初めてのことである。大変なことになった。」と電話したら、「あ。大丈夫です。普通のことです。」と言われた。イギリスの採血は乱暴が普通なのだろうか。

私はもう二度と再びイギリスで血を採られるようなことはしない!


ここが私が所属しているNHSのメディカル・センター(何かの為に、とラベンダー全盛時に撮影しておいたものです。)
メディカルセンターを外から。
※質問される前に・・・左の方に見えている緑色の物体の正体、未確認です。。

*****

7月24日にイギリスの免許証を貰う手続きをしに行きました。

これが「届くまでの間の仮の免許証として使ってください。」と渡された紙。
DVLAのレシート
※白く霞んでいる部分は私の名前を書いてあるのを消してあるからです。

「15 working daysを目処としてプロセスする。」と書いてある。

15 working daysとは、まる三週間。そして、明日が、まる三週間目。

今現在は、まだ三週間経っていないので、

もちろん、未着です。


*****

このように、万事に渡って

遅い!

そして

当てにならない!

イギリスって、こういうのが、日常茶飯事なんですね・・・。

再認識し、改めて溜息。。ふぅ。

*****

ところが!

大変素早い反応があることがある。

テロ関係です。

*****

夫の出勤前。朝食を食べている時、夫が

「今日からイギリスの空港発の飛行機には、財布、パスポートといった最低限必要なものを入れたプラスティック・バッグしか持ち込めなくなった。」とボロリ。

え?!?!?

夫:「BBCニュースのトップ記事になっていた(夫は朝起きると、まずこのサイトをチェックするのが習慣になっている)。昨日、機内に爆弾入りの手荷物を持ち込んだテロリストを逮捕したらしい。」

つまり、昨日のテロ未遂の後、即刻、このような規制が敷かれたのです。

BBCニュースのビデオがありますので、詳しくはここをクリックして観てみてください。

因みに日本の新聞にこの件が載っているかどうか見てみましたが、少なくともさっき見た範囲では、未掲載でした・・・。

ラップトップも持ち込めない、でもラップトップをスーツケースに入れて預けるなんて、怖くて出来ない。

私:「出張者でラップトップいる人、どうすんの?機内でも仕事するのを計算に入れて出張するじゃない。」

夫:「ゴミ箱を設置してあるんだろう。」

私:「え??」

夫:「規則違反は一切認められないはずだから、ラップトップは機内持ち込みできない。預けたくなかったら置いていくしかない。」

・・・・・

いい加減(≒フレクシブルとも言うが)なイギリスですが、こういう時の融通は全く利きませんから。

知らずに空港に行った人達で、きっとヒースロー空港はてんやわんやの騒ぎになっているんでしょう・・・想像するだに忌まわしいことです。

*****

この記事を書き終って再びBBCのウエブサイトに行ってみると、もう既に空港の混乱状態等が新たにレポートされていました。例えば、こんな(ここをクリック)です。

今日はこのニュースで持ちきりになって行くような気がします・・・。ラップトップ持ち込めないどころじゃなくて、もっと大変なことになってしまっています。。。

*****

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。
一つか二つか三つ、(できれば全部!)お好きなマークをクリックください。
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  

***いつも応援、本当に有難うございます!!!***











スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

物事って何がいいんだか・・

イギリスっていい加減!
しかも血液検査結果って命にかかわるんじゃないの?って思ってしまいますね。
たいしたことなければ、笑い話ですむけど・・
私だったら、耐え難い。瞬間湯沸し器になって当然ですよ。
でも、有給休暇はきっちりとれる。
夕食は家族団欒で。
などなどいいところもたくさんありそうで、イギリスがいい、日本がいいと単純には言えないですね。

kirakira | URL | 2006/08/10 (Thu) 19:29 [編集]


kirakiraさんへ

本当にその通り!です。

家族団欒は大切ですね・・・。

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 19:40 [編集]


りす美さん
ヒースローの情報を教えてくれてありがとう。。。
早速観光に来てる知人に知らせました。^^
いつまで続くのでしょうか?ずっと???
テロリスト逮捕できて良かったけど、もし見逃していたら、と思うと大惨事になってましたね。怖い~~~

hami | URL | 2006/08/10 (Thu) 19:53 [編集]


hamiさんへ

恐ろしいです。

暫く、この件に関わる新たなニュースがどんどん報道されると思うので、ウオッチングしないといけませんね。。

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 20:05 [編集]


日本でも夜のニュースでやっていました。
テロリストを逮捕したそうで、素早い対応に感心していました。最近は爆弾も小型化していて、チェックも大変でしょうね。
そりゃラップトップは無理でしょう。。。
夏の繁忙期にいつも何かがあって怖いですね。。。

のんの | URL | 2006/08/10 (Thu) 21:15 [編集]


血液検査

日本でも、下手な検査士または看護師は痛いのはもちろん、青あざを勝手に人の腕につくってくれたりしますね。もっともひどい場合は、血管が見つけられない方。私は常々わかりやすいですねえと言われていますが、それでも見つけられないようです。そして、手が震えている方も・・・。
以前、りす美さんに勇気付けられましたが、いまは観念しています^^。

ish | URL | 2006/08/10 (Thu) 21:56 [編集]


私の友人が今イギリス旅行中なんですがOxford Circus にある Apple computer Store に行って情報をチェックしてます。 
帰れないというわけではないでしょうけど、不安だと思います。 私も友人が心配です。

kusaki | URL | 2006/08/10 (Thu) 21:59 [編集]


RHS

日本では「英国王立園芸協会」と呼んでます。

kusaki | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:02 [編集]


初めまして!R時代にお世話になりました。小林かつよの料理本今でもずっと頼みの綱です。アメリカよりもイギリスの方が修理でも宅配でもかなり遅いって本となんですね。アメリカよりも悪いなんて・・。

ま | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:20 [編集]


のんのさんへ

そうなんですよ、素早い対応。他の分野でもこのように素早く動いて欲しいです!

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:47 [編集]


ishさんへ

イギリスって健康診断が義務付けられていないんですよ・・・私は血を採られるほど怖いことはなくて、会社の健康診断も出来る限り血液検査は回避して来たんですけど、今回は致し方なく・・・なのに、未だに(さっきもう一度TEL)結果は得られず。どこかに紛失した、とか言ったらどうしてくれようv-217

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:49 [編集]


kusakiさんへ

一日二日で空港は落ち着くはずです。大丈夫ですよ!911の時はアメリカ出張中で、帰りの便がキャンセルされて、いつ帰れるか判らない状況でしたが、運よく復旧第一便に潜り込めたんですよ・・・あの時も本当に怖かった。。

王立園芸協会、ほんとに私、マヌケもいいとこですねv-40horticultureって園芸ですものね、ああ恥ずかしv-73

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:52 [編集]


ま さんへ

おお!!!噂には聞いていましたが、凄い転進~ご活躍ぶりに、ものすごく感心感動です!!!!!!

りす美 | URL | 2006/08/10 (Thu) 22:54 [編集]


テロ、怖いですね。
旅行疲れでボケボケしててニュースも見ずに寝てしまい、りす美さんのブログを見てびっくりしました。
ホリディが中止になっちゃう方もかわいそう。

shibako | URL | 2006/08/11 (Fri) 00:43 [編集]


shibakoさんへ

911の5周年目ということで、恐ろしいですね・・・。

りす美 | URL | 2006/08/11 (Fri) 16:20 [編集]


うーむむむ!!

血液検査、母は日常茶飯事のごとく受けてますが、日本でよかったと心から思いますぅう(~_~;)

テロに対する徹底した対応ぶりには驚きですが、その姿勢で未然に防げたのかもしれないですね。ただ、普通に旅行する人にとっては大変な状況ともいえますが。。。

くるみ | URL | 2006/08/13 (Sun) 00:17 [編集]


くるみさんへ

当面、危機管理態勢が最高レベルに維持される間は、機内持ち込みが非常に制限されるんでしょうね。仕方ないんだと思います。

りす美 | URL | 2006/08/13 (Sun) 00:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。