イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カナダ人を切る!?

イギリス人の深層心理を探る!?(忘れた方はここをクリック)の姉妹編、「カナダ人を切る!」です。
※但し、総数4=家族数1というごく少数のサンプルの為、誠に偏向しているであろう定性データに過ぎないことをお含みおきください!

1.古いものに簡単にコロリとなる!

★証拠1
古っぽい家の前で記念撮影
誰が住んでいるのかいないのか、或いはどういう謂れのある建物なのか、ということは全く無視して、

「わ。古そうな家ささ、記念撮影、記念撮影

と子供達を急かす、生粋のカナダ人の妻。


★証拠2
城の中を三時間

ある田舎町。イングリッシュ・ヘリテイジに入ってはいるけれど、余り有名と言うわけでも無いお城にて。

我々は以前に入ったことがあったので、外をぶらついているから、一時間くらいしたらこの前で待ち合わせしよう。

という筈だったのに、三時間とっぷり見学・勉強していました。

この10歳の少女、彼女が既にもうすっかり、古いものに魅せられてしまっていました。
※手にしているのは音声ガイド。聞き入っています。

<勝手な分析>
妻曰く、「イギリスが大好き!」・・・夫がイギリス人ということもありましょうが、「(カナダと違って)古いものが一杯あるイギリス」が大好きのようでした。多分、それならば、京都・奈良なども大きく気に入る筈。そういう傾向、カナダ人全般にあるような気もするのですが、どうでしょうか?

*****

2.カナダとイギリスのコネクションに夢中になる。

★証拠1
これ見ておお!
リッチモンド・ヒルのビューポイントにある看板に、「George Vancouver」の名を発見して狂喜乱舞。
※彼らはバンクーバー在。

★証拠2
お墓で記念撮影
そのGeorge Vancouverのお墓で、記念撮影!

「デジカメは幽霊が写らないから怖がらなくて大丈夫!」と子供達を説得する父(イギリスで生まれ育ち、20代で渡加の後、カナダに居住。)がいた。

<勝手な分析>
そりゃ、そうですね。日本人だって外国に行ってそこに有名な日本人にまつわるものがあったら感激しますものね・・・。

*****

3.本質は自然児。

家ではコンピュータ・ゲームばかりしているとのこと。でも一旦自然の懐で自由に遊ばせると、そんなもの忘れて自然の産物でクリエイティブな遊びをする子供達(いずれも10歳)。
取ると効果を出すヒアリングエイド
「外すと聞こえが良くなる補聴器」とのこと。どんぐり製。

<勝手な分析>
自然の中をひょいひょい、駆け回っていました。子供はそうでなくっちゃ!・・・って「分析」でも何でもない、感想です。

★なお、写真は親友である夫の「彼らは気にしない」との断定を拠り所として、顔を隠さないでそのまま載せています。

三つのブログ・ランキング(カテゴリーはヨーロッパ情報)に参加しています。マークのクリックで応援頂ければ大変有難いです。
一つか二つか三つ、(できれば全部!)お好きなマークをクリックください。
  にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  

***いつも応援、本当に有難うございます!!!***
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして♪一位おめでとうございます!
そして、初めてお邪魔していっぺんにはまりました。カナダ人、イギリス人分析とっても笑えました!!私はイタリアに関するネタを書いており、りす美さんがおっしゃるように、私も少数サンプルを元に勝手に分析しちゃってます。もちろん、その国の人が全員同じタイプだとは思わないけれど、共通の他とは違う何かを発見するのって面白いですよね~!これからもちょくちょく遊びに来させてもらいます♪よろしくです。

バリエ | URL | 2006/08/23 (Wed) 13:03 [編集]


バリエさんへ

いらっしゃいませ!!私もバリエさんのブログに今からお邪魔させて頂きます!

りす美 | URL | 2006/08/24 (Thu) 06:03 [編集]


実は・・・。

バンクーバーではいやな思い出というか、20代前半の青二才だったのでとてもショックなことがありました。
バンクーバー市内のヨットハーバーが望めるレストランに入ろうとしたときのこと。
ガラス越しにまだ空いている席が目立つ正午直前、扉を開けようとすると扉の向こうのギャルソンらしき男性がおもむろに鍵を。
ノックしてclosedかfullかと聞くと、いやな顔を一瞬、そのあと知らん顔。またノックすると、おもむろにいやな顔をして、『YELLOW NO!。Understand?』と。ショック以上の何ものでもありませんでした。
腹を立てる元気もなくなり、ハイアットタワー近くのいつも中華料理屋でやけ食いでした^^。それでもカナダは好きですよ。
いろいろな人間がいることを学びました。

ish | URL | 2006/08/25 (Fri) 18:06 [編集]


ishさんへ

私は幸いにも、未だにそういう嫌な体験は無いんです・・・単に鈍感で気付かないのかもしれないのですが。そこまで剥き出しに言う人って、その人自身に何か問題を抱えているのでは・・・?

りす美 | URL | 2006/08/25 (Fri) 21:01 [編集]


ishさんのコメントを読んで、私も20代、ヨーロッパのとある国で、レストランでいやな思いをしたことをふと思い出しました。テーブルを外に出してここで食べろ、って。入らせてくれなかった。。。

ところで、アメリカ人もそうですが、歴史や古いということになんか弱いみたいですね。ものすごいありがたがる、っていうか。。

hiro | URL | 2006/08/26 (Sat) 00:42 [編集]


hiroさんへ

逆に言うと日本人は古いものを有難く思わなすぎるのかも、とふと思いました。

りす美 | URL | 2006/08/26 (Sat) 03:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。