イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちびくろサンボ復刻に因んで(ちょっと遅いけど)。

★最初に:昨日のきつね被害の件、数々のご提案、本当に有難うございました。現時点での対策案としては
・棘のある植物の鉢物を買ってきて水仙エリアを取り囲む。
・ロンドン動物園でライオンか虎の糞を貰ってきて庭に置く。
が有力となっています。より適正適切な方法案をご指導ご鞭撻頂ければ非常に幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。★

さて本題。

イギリスの道は、日本と同じで車は左側を走る(というか逆に、日本がイギリスと同じ左側通行を取り入れたのだろうけれど)。

→ だから、日本人がイギリスで車を運転するのは簡単。

と思うのは、ちょっと待った!!


イギリスで油断ならないのが、

1.まず、車はマニュアルシフトが優勢。(レンタカーも)
2.スピードカメラが引っかかりやすい所を狙い撃ちするかのごとくに配置してある。
3.そして。ラウンドアバウト!!!

ラウンドアバウトをどんな風に説明したら良いのだろう、と、まずはWikipediaで調べてみた。それをそのまま、以下にコピー&ペーストします。


ラウンドアバウト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ラウンドアバウトとは日本でいうロータリーのようなものである。gyratory circusともいい、アメリカでは正式にはmodern roundaboutと呼ばれる。イギリスでは交差点よりラウンドアバウト方式になっているところが多い。統計上は通常の交差点より安全とされている。

[編集]
方式
一番メジャーな、イギリスのラウンドアバウトでは、車両は時計回りに走っている。 新たにラウンドアバウトに進入する車両は、ラウンドアバウト内の車両の進行を妨げてはならない。


位置大規模なラウンドアバウトでは、右図のような走行方法が一般的である。 直進と左折の場合は、外周に沿って走るが、直進車は、図に点線で示したような、いわゆる「アウト・イン・アウト」のラインで走っていることもある。右折および転回の場合は、進入時には内周に沿って走り、自分の行きたい方向の一つ手前で、外周に車線変更する。ラウンドアバウト内に車線がひかれている場合もあり、その場合はそれに従えばよい。


※図もあったので貼りたかったのですが、私には出来なかったので、興味ある方はお手数ですが、Wikipedia(上のWikipediaにリンク張ってます)でご覧ください。


判りますか?私はこれを読んで、余計頭がこんがらがって来ました。

多分、習うより慣れろの典型なのだと思うのです。夫に言わせると「あんな便利なものは無い。右が優先、とさえ覚えておけばいいんだから。」

要するに、交差点の代わりにロータリー(←という言葉を使うと、ほれほれ、又アメリカ英語!と指摘されるので要注意。)がある。そこに入ったら、標識を見てどの出口が自分の行く先かを判断し、そこから出て行く。一回目に見逃したらもう一度回って二周目で出て行けば良いし、それでもまだ判らなければ、「ここだ。」と判るまで何周でも回って、判ったら初めて出て行けば良い。

もちろん、普通の交差点もあるのですが、ラウンドアバウトへの苦手意識が強いだけに、やけに目に付く。

マルチプルなラウンドアバウトまであります!

これは、中央に大きなのがどかんとあって、それを取り囲むように小さなサテライト・ラウンドアバウト(勝手に命名)が5つあるものの例。このややこしさ、殆ど趣味の世界じゃないの?と思えて、何だか滅茶苦茶イギリス的?!
右矢入り
左矢入り

★上の写真、歩道橋の上から撮ったのですが、残念ながら、もっと上空に行かないと全貌は拝めない・・・。仕方ないので、部分部分をお目にかけます。白いペイントが剥げているのでくっきりとは見えないのですが、
黄色の↓で示したのが親ラウンドアバウト。
赤、紫、ピンク、青紫、黒の↓で示したのが、親を取り囲むチビ達(先程はサテライトと言いました。気まぐれで呼び名をコロコロ変えてすみません。。)五人衆。
☆実物を見たい方:ヒースロー空港に程近い、ハットンクロス駅を出たすつの所にありますので、イギリスにお越しの際は是非とも、その目でしかとお確かめください。


ところで、私は運転が下手。
1.地図が読めない。・・・ぁ。一句浮かんでしまったぞ。「カーナビも、私の前では役立たず。」
2.視界が狭い。
3.運転するとすぐ歌を歌って自分に酔いしれてしまう。

そして、イギリス(マニュアル車が圧倒的優勢)では決定的なことに・・・
4.実質的には、生涯にわたって、オートマティック車しか運転したことがない。
☆確かに、教習所ではマニュアル・シフトで免許を取りました。でも、今や、あれれ?ペダル3つも有るけど、クラッチってどれ?確か、真ん中だったよね?!? といった風。

怖いもの知らずにも、夫は私にマニュアルシフトのやり方を教える、と言っています。今はまだ、すぐ暗くなる(随分明るくなって来ましたが)、おまけに日が低いので眩しくて仕方が無い(これもこの所随分改善)、だから、4月になって日が充分に長くなったら、教えるんだそうです。


頭の中には、私の

・ぐるぐるラウンドアバウトを回って回って回って、何周回ってもどこで出たらよいか判りかねて、ちびくろサンボの虎のようにバターになってしまう姿
       や
・ラウンドアバウトの中でエンストを起こして汗みどろになってもがいてもがいている姿

がくっきりと浮かんできます。


         4月が怖い今日この頃です。

fc2ブログ・ランキングに参加しております。これをワンクリック、どうぞよろしくお願い致します。
   ↓


◇やっと写真の大きさを何とか操作できるようになりました。ふぅ。。これで、写真を一つ一つクリックして拡大しながら読み進んで頂く必要も無くなると信じます。バンザイ!
・・・あとは、トラックバックって何?というのを追究するのと、RSSって何?ていうのを調べるのと・・・ブログ初心者は学ばねばならぬことが沢山あって大変・・・。

◆、と思ったのに、アップロードして見直したら今ひとつ。。

  思わず又一句浮かんでしまった:
  「嗚呼がっかり。がっかりがっくり疲れたよ。」

◎今、くるみさんから、絶好の情報を頂きました!私のアナログ手法とは比較にならない新進技術により、先程のマルチプル・ラウンドアバウトの全容が一望のもとに!!

この下の「続きを読む▽」をクリックしてください。

  ↓

全貌はこれです!

ここをクリックしてみてください。

くるみさん、有難うございました!!!

☆ラウンドアバウトの右下に歩道橋が見えますね。その上に立ってラウンドアバウトの写真を撮っている人物、そうそう、それ。それが私です。
     ↑
そこまでウマくは行きませんが・・・。

先程、興奮の余り(それは私か。。)、押し忘れた方もおられるかと思い、もう一度、これ、載せておきますので、未だの方、クリックよろしくお願いしますね。
   ↓

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はい、免許もってません。 車は乗せてもらうもの。 笑 またまた、的確なコメント書けなくて、、、。v-8

hiro | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:02 [編集]


hiroさん

私も30歳までそうだったんですけどね、娘の保育園送迎が不便で仕方なくて、リフレッシュ・ドライバー・コースとか言う、ペーパードライバー用集中コースを受けて再出発したのですわ。それから20年近くオートマ一筋・・・。

KK | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:12 [編集]


思い出しました!

グルグルぐるぐる!
25年前の遠い記憶の彼方からよみがえってまいりました。
私も回りました。ハイドパーク付近で。
ちびくろサンボとはうまい例えですね!
運転お気をつけて。

ゆういちろー | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:15 [編集]


ハットンクロスのランドアバウト、懐かしいです。あの界隈は、私の住んでいたエリアなのですよ!!
イギリスに住んでいて、今現在アイルランドで運転して感じる事・・・地図があるイギリスがうらやましいです!!!

ここアイルランドは、道に名前が付いてないので、迷子になったら街に入るまで、延々と田舎道を走らないとなのですよ~ダブリンは別ですが・・・ポストコードもないし。^^;

ランドアバウト最初だけですよ!
確かに今は便利だな~と思いますよ。渋滞の時は最悪ですが・・・^^;

hami | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:21 [編集]


ゆういちろうさん

そうですか、回られましたか~。何周ほど?!

もう少ししたら、ラウンドアバウト回転最高記録保持者としてTVチャンピオンに出演しているかもしれない私・・・。

KK | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:55 [編集]


hamiさん

おお!そうなんですか。ハットンクロスの近くとは、これはこれは奇遇です・・・。

最初のうちって、人は言うんですけどね、それは普通の人の場合で、私は必ずや困難に合うような気がしてならない・・・のです。

アイルランドの道もなかなかのものですね。冬なんか特にすぐ暗くなるから油断ならないかも。

KK | URL | 2006/03/02 (Thu) 21:59 [編集]


ぐるぐるぐーぐる!

どうして、ちびくろサンボなんだろう?の謎が最後にとけました。

ぐるぐるぐる・・・・あれを読むとホットケーキが食べたくなるんですよね。
うちの旦那様もこのブログ読んでから、ずっとグルグルじゃなくて、グーグルと格闘して、ハットンクロスを探してましたv-10

くるみ | URL | 2006/03/02 (Thu) 22:22 [編集]


くるみさん

ご主人に多謝感謝雨あられです。すっばらし~い。今夜、夫に自慢するのが本当に楽しみ!

タイトルね、考えるの、いつも楽しみなんです。ふふ。

KK | URL | 2006/03/02 (Thu) 23:21 [編集]


Rond Point

フランス語だとRond Point(ロン ポワン)なんだけど信号より絶対安全で便利で渋滞がなくなるよ。慣れっす、慣れ。

のびー | URL | 2006/03/02 (Thu) 23:59 [編集]


のびーさん

のびーさんは確か、車の専門家でいらっしゃるでしょ?そういうプロと、この私とではですね、酸いも甘いも噛み分けた大人と生まれたての赤子のようなものなので・・・慣れるまでずっと回ってたらどうして貰えるんでしょうか!?

KK | URL | 2006/03/03 (Fri) 00:02 [編集]


↑のコメント、遂に荒しに入られた模様ですね。

sobamoyashi | URL | 2006/03/03 (Fri) 06:23 [編集]


そばもやしさん

困ったものです・・・。

KK | URL | 2006/03/03 (Fri) 20:34 [編集]


おそばさんのコメント

>↑のコメント、遂に荒しに入られた模様ですね。

なんか僕が荒らしてるみたい。。。

違いますから!(潔白)

のびー | URL | 2006/03/03 (Fri) 23:59 [編集]


のび~さん

ほんとですね・・・件のもの、削除してしまったので。デリケートなのびーさんの心が傷ついていない事を願います。

のびーさんは大歓迎、どんどん荒らして、おっと、じゃなくて、コメントこれからもください!待ってます。

KK | URL | 2006/03/04 (Sat) 03:03 [編集]


失敬、失敬!(親父風)

のびーさん、失敬、失敬。のびーさんはやはりデリケートだったのですね。以前にのびーさんの日記を荒らしてしまったようですみませんでした。

おりすさん、わたしのコメントも同時に削除して下さって良かったのに。のびーさんだけ大歓迎ですか?じゃ、そば姫はすねちゃうからね。ぷん!

そばもやし | URL | 2006/03/06 (Mon) 14:57 [編集]


そばもやしさん

もちろん、大歓迎じゃない、訳がないことをご存知でしょうにv-46いつもコメントほんとに有難うございます!!

KK | URL | 2006/03/06 (Mon) 21:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。