イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月の収穫祭

8月は天候不順で快適な日は少なかった記憶があるのに対し、9月は良い天気が続いていて、暑いくらい・・・イギリスも完璧に地球温暖化傾向顕著です。

ミステリアスな夕焼け
こんなミステリアスな夕焼けの下、「イギリスの9月=薄ら寒い」という先入観は見事に覆っています。

だからハーブもまだまだそのまま食べ続けて大丈夫なのかもしれないけれど、10月2日から暫く留守にするし、出来れば冬の間もうちのハーブ達を引き続き料理に使いたいので、保存可能なハーブを収穫・保存することにしました。

この本の各々のハーブのページで「保存法」を見て、その通りにすることにしました。
ハーブの本
日本からもハーブの本は持って来たんですが、やはり気候が違うと書いてある事も違うので、現地調達本と首っ引きです。

乾燥ハーブと生ハーブでは香りも味も違う・・・乾燥で「別物」に変容すると思いますが、乾燥が一般的な保存法の模様・・・。

ブレア氏が退陣予告演説を(仕方なく)行い、シェリー夫人が又もや問題発言をし・・・というニュースを耳にしながら、黙々と収穫作業に勤しむ我ありき。

◆アンジェリカ
今年は花が咲かなかったので種の収穫は不可能。

鎮静作用や風邪予防作用があるようなので、葉と茎で「自家製ヒーリング茶」にしよう、と、葉と茎を刈り入れ、洗浄後新聞の上で乾かし、半乾きになった状態を紙袋に入れて上から吊るし、乾燥しきるのを待つ計画。
アンジェリカの葉袋入り
袋に入れたのを上から覗いている所。

※袋に入れて吊る方法は以前TVでやっていたので真似ました。うちにある紙袋、コーティングしてある、この目的に適さないものが殆どで困った・・・。

◆ミント
ミント・ティーは食後の消化促進に欠かせないものになって来ているので沢山欲しい所。だからこんなに沢山収穫して、洗って、乾かしました。写真では少なく見えるけど、目の錯覚、本当はたくさんあります!
ミント乾燥中

・・・と言いたい所ですが、実情は:いつの間にか青虫のえじきになって、5株もあるのに健在な葉はこれだけ。スペアミント始め、ジンジャーミント等5種を混ぜこぜにして「ミックスミント・ティー」化を志向。

洗ってからこれに入れてブンブン回して水分を振り払いました。
回して水分飛ばすもの

この後、ほぼ乾いたら新聞を二つ折りにしてホッチキスで止めて袋を作って、それを風通しの良い所に吊るして乾燥させる、という構想です。紙袋の代わりを新聞紙にしてもらおうと思うのですが、大丈夫ではないかな、と期待。

日本に行く前にまだ乾いていなければそのまま吊るしっぱなしにしておくことになる~。

◆レモンバーム
ミント同様です。
レモンバーム乾燥中
こんなこと言うのも何ですが、レモンバーム単独の香りは虫除けキャンドルの匂いそっくりでちょっと何なので・・・何かとブレンドして使いたいと思っています。

◆セージ
これも乾燥。
セイジ乾燥中
生セージをチキン・グリルに良く使っていますが、特に乾燥セージは使用量を少なめにしないと「副作用」(どんな、かは知らない・・・)が出るとのことなので、注意しないといけない・・・。


◆タイム
同様の方法。
タイム乾燥中
タイムは日本に居る時は一番好きなハーブだった・・・。イタリアン風料理には欠かせないし、大量保存を予定。

◆タラゴン
「収穫→洗浄→ぶんぶん回し→新聞紙に広げる」同じプロセスを繰り返してすっかり上達した頃、タラゴンを持って本日は最終。
タラゴン乾燥中

イギリスで初めて生タラゴンと巡り合って、タイムを凌ぐ「一番好き」なハーブになった・・・魚料理に使うと、うっとりする香り。だから沢山持っておきたい。

◆フェンネル
種を採るべく、やはり紙袋をかぶせておいてはじき飛ぶのを防ぐという賢い方法を習いましたが、
フェンネル収穫前
雨が降ったらどうなるの???ちょっと考慮中。
※煉瓦の間の雑草は・・・見なかった事にしてください!(一杯ある・・・困ってます。)

◆チャイブ、レモングラス、ナスタチウム、ボリッジなど
は「保存不適」とのこと。でも、何れも重宝しているハーブなので、チャイブとレモングラスはフリーズドライ、ナスタチウムとボリッジはオリーブ油漬けを試してみようか、と思っています。

・・・いつものてんやわんやぶりは嘘のような、淡々とした「ハーブ収穫記」でした。どんな結果になるのやら。

ハーブ栽培と日日の活用はイギリスに来て取り入れた、楽しい生活の為の大切な要素・・・二年目の来年は少しは「脱素人化」を目指したい、です。

★本日も、どうぞよろしく・・クリックでランキング投票を!

「ま、楽しかったかな。」~「並レベルかな。」に至る感想を持ってくださった方は、是非是非、以下のマークの上を一つずつクリックして行ってください。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
***いつも応援、本当に有難うございます!!!***

以下、少し前に既に作業を行った瓶入れ完了品から。
先行品瓶入り済み。
後列左がオレガノ、右がレモンタイム。
前列左がコリアンダーの種、右がオリーブオイル漬けバジル。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ミントって青虫が付くのですか~?びっくり!
来年はシソも加わりますね~^^

hami | URL | 2006/09/27 (Wed) 04:15 [編集]


hamiさんへ

ミント、日本じゃ病気知らずだったんですけど小さい青虫が住み着いて蛹になったりしていて気持ち悪い・・・です。

紫蘇!楽しみです。植えるのまだまだ先のことですね・・・種の仕舞い場所を覚えておかないと!

りす美 | URL | 2006/09/27 (Wed) 05:31 [編集]


留守の間、気にかかりますね。
「ペットがいるので、なかなか出かけられない。」と言われる方がいますが、庭の植物だって一緒だと思いますね。ペットだったら、それなりの手間を惜しまなければ連れて行くことも可能ですし、便利なペットホテルもありますから、植物のほうが大変かも。

ish | URL | 2006/09/27 (Wed) 09:37 [編集]


ishさんへ

ほんとに・・・庭ごと連れ歩くことは到底出来かねます!帰って来たらどんなことになっているのかちょっと楽しみでもあります。

りす美 | URL | 2006/09/28 (Thu) 03:26 [編集]


ハーブって、お料理にも、ハーブティーにも、バスタイムにもかかせないですよね。
タラゴンは私も大好きなハーブのひとつです。あの甘い香りはなんともいえないですよね!
またいつか、タラゴンを使ったとっておきのレシピをお教えいたしますね。


lapis | URL | 2006/09/28 (Thu) 05:10 [編集]


lapisさんへ

タラゴンを使ったとっておきのレシピ・・・是非是非おしえてください!!

りす美 | URL | 2006/09/28 (Thu) 05:26 [編集]


まだフレッシュなタラゴン庭にありますか?
ガバッと、一掴みほどいります。

lapis | URL | 2006/09/28 (Thu) 05:41 [編集]


lapisさんへ

タラゴン・・・日本から帰ってくる頃には、もう一度葉が茂っていることを期待。。今は殆どもうありません~。遅かりし!

りす美 | URL | 2006/09/28 (Thu) 06:13 [編集]


ハーブってほんとにきれい。
でも日本ではちょっと湿気が多くて、なかなか栽培が難しいんですよね。前にベランダで作ったけど、すぐかびるし、虫もついちゃって。泣く泣く捨てました。しかし、スーパーやデパ地下で買うと、ほんのちょっとで馬鹿高いし。。。
ハーブ、乾燥させて、保存するんですか。

hiro | URL | 2006/09/29 (Fri) 09:07 [編集]


hiroさんへ

レモングラス、日本ではみるみるうちに巨大になったのが、こちらでは控えめだったりもして、気候条件って本当に大きい、というのを・・・当たり前でしょうが、同じものを育ててみて実感します。

乾燥が一番妥当な保存方法かな、と妥協です。生にまさるものは無いと思うんですけど無いよりは、と思ってね。

りす美 | URL | 2006/09/30 (Sat) 17:09 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。