イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「夏はアウトドアだ、カヤックだ!」が終わるとどうなる?

劇場正面から

<起>
日本に行くのが10月2日(月)。その前の土日(=明後日と明々後日)のどちらかは、ワイト島の見える辺りでイギリスでの「カヤック納め」を構想中の夫。
※私のカヤック力が未熟な為、今夏は毎年恒例になっていた様子の「ワイト島への遠征」が出来ず、フラストレーションが溜まっている筈。しかし!私はこの土日、むしろゆっくりしたい~。さて、お天気はどちらに味方するか?!?

カヤック納めとなるのなら、じゃあ、秋以降の「「放課後」のささやかな楽しみ」をどう組み立てるのか?

★要素1)「イギリスで良いのは劇場に気軽に行けること」・・・秋から冬にかけてはこの要素を積極的に入れていきたいと思っています。
劇場玄関前
地下鉄トッテナム・コート・ロード駅すぐそばのドミニオン・シアター。最初の写真もそうです。
★要素2)晴れ間を縫ってのウオーキング・・・近場のフットパスを歩く。
★要素3)ナショナル・トラストの建物等々を巡る。・・・スコットランドに行った折、ファミリー会員になったんです。不思議なことなんですが、イングランドで「Theナショナル・トラスト」会員になるより、「スコティッシュ・ナショナル・トラスト」会員になる方がお安いんです。会員になれば入場料が不要になるので、行けば行くほどお得!
★要素4)ウイズリー・ガーデンにお勉強に行く。・・・RHS会員なのでウィズリー・ガーデン入場が無料。この特典をフル活用する。
★要素5)DIY・・・これは主として夫が主担当ですが、私もミシン(カーテンやブラインドを作った後すっかりご無沙汰)で諸般のものの作成を再開

等々等々、いくらでも浮かんで来てしまう・・・。

大学を卒業してから30年近く「無趣味人間」で「趣味ってどうすれば見つかるんだろう。」と悩んでいた日々が嘘のように、まるで、かつて憧れた「多趣味人間」に仲間入りしたかのようで面映いことこの上ない・・・。

<承>
さて、何でもお高くて身が竦むイギリスですが、★要素1)の中の「気軽に」というのは「沢山やっている&手頃なお値段で楽しむことが可能」という両面から正しい、です。

実は月曜の夜(←イギリスに慣れてきた証拠に曜日で言及している自分に気付く・・・)、

We Will Rock You:The Musical by Queen and Ben Elton
に行って来たのです。

ブライアン・メイが実は天文学にも造詣が深い、とか、フレディ・マーキュリーがどうしたこうした、という話を夫がしていた翌日くらいにロンドン在住先輩でマイミクのAiMさんから「Metro(地下鉄の駅で無料配布しているタウン紙)に19ポンド(≒4000円強)のオファーが出ていた。期限は9月一杯。」という情報を聞き込み、「これは行かねばなるまい。」と、最も人出が少ないであろう月曜に狙いを定めて電話で申し込んだ所、G列の31、32(=前から7列目で真ん中よりステージに向かってやや左)という願っても無い席が入手出来たのでした。

自席から斜め後ろを見た所。
席から後ろを見たら
もっと我々的年代が多いかと思っていたら若い人の方が多かった。

★Special Thanks to AiMさん。ありがとう!!!

ストーリーの解説をする愚は避け、ここでは一番印象に残ったことを・・・。

帰りの地下鉄で夫が「女性陣の方が凄かったな。」とボロリ。主役を演じたスゥエーデン人のピーター・ヨハンソンも勿論良かったのですが、私も全く同感。

中でも私が非常に気に入ったのがジェナ・リー・ジェイムズというスカラムッシュ役を演じた女優さん。
私が無知なだけで誰でも知っている著名女優なのかもしれないのですが・・・

キビキビ&お茶目&お見事!
・・・声量にも感心しましたが、「体のばね」に心底感心して彼女の一挙一動に釘付けになりました。

冬に日本でやるみたいですが、彼女も日本に行くのかなあ・・・もしそうなら、日本で行かれる方、注目お薦めです!

<転>

「体のばね」で思い出しましたが、白人と我々との身体の基本的違い、この前は「白人の方が体温が1度ほど高い。」と書きましたが、この他に夫や夫の友人達を観察(本人達は観察対象とは思ってもいないでしょうが・・・)した結果の実感は、以下の通りです。

◆筋肉が柔らかい。
ということもあると思うのですが、どうなんでしょう?東京に居た頃、よく通っていた「カリスマ指圧師(←勝手に命名)」Hさんもそんなことを言われてました。

人によって違うのでしょうが、例えばうちの夫、マッサージというものを受けた事が無い。そもそも肩凝りしない。・・・肩凝りしていても気付かないだけ、なんでしょうか?

◆大皺が寄りやすい。
というのは絶対ある・・・。皮膚の表皮が厚い代わりにその下の真皮が薄い=真皮がぐらついてその結果、表皮が大きくねじれる。というイメージなんですけれど。これ、生理学的見地から正しい筈。

◆持久力に富む。
私が特に「すぐ電池が切れる」タチだからそう感じるのかもしれませんが、タフだと思う。
体力だけでなくメンタリティ的にも「日本人=淡白ですぐ譲る。vs. 白人=最後まで諦めない。」という経験も豊富です・・・。

◆太りやすい?
白人が「太りやすい」のか「太りやすい食生活をしがち」なのか、一体どちらなのか、判らないのです。どちらもなのでしょうか?

<結:妙な内容の「結」ですが

筋肉が柔らかいっていいなあ~。肩が凝り凝りの私が言うと、

「キーボード(パソコンの)、えらい力で叩き過ぎなのが理由と違うんか?りす美がパソコンやってる時は家中振動してるし。」と夫。

これは非常に正しい。でも、ピアノ練習と手動タイプライターで鍛え上げた「超凄力フィンガー・タッチ」はどうしようもない~。

超凄力フィンガー・タッチでなくても「かちり」と一押しで大丈夫なのでご安心を!ランキング投票クリック、よろしくお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
三つのマーク、一つずつクリックして行ってくださいませ。
***いつも応援、ほんとに本当に、有難うございます!!!***

★追伸
カラーキャッチャーの件で製造元のACDOCO社に「1)メカニズムを教えてほしい。2)色落ちしたものを元に戻すと標榜している姉妹品で私の下着の変色は元に戻るのだろうか?」と問い合わせ&相談をした所、翌日、1)については詳しくは教えられない、と読み取れる返事、2)については材質確認の後、「complimentary sample(試用見本)を送る。」という返事が来て
ADOCO社より。
・・・そして、本日無事、サンプル到着。もう一つの姉妹商品まで入っていて、迅速さと適切さにたまげました。イギリスにもこんな会社はあるのだ!!

ささ、礼状、礼状。礼状を書かなくては。
★尚、色落ちが元に戻るかどうかの実験は日本から帰って来た後、ゆっくり取り組む予定でいます。結果発表お楽しみに?!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さてさて、やっと今日は休みの日になりました。ということで、書き込み開始です。笑

たしかにねえ。白人ってけっこうしわは目立つような気がする。顔しか知らないけど、それは、顔の表情が豊かだからって、こともあるかも。日本人はそれに比べたら無表情ですもんね。白人女性は30過ぎたら超加速度的にしわがふえるんだそうです。おお、日本人でいがった~。
メンタリティ的な強さの違いは狩猟民族と農耕民族の違いなんでしょうかね。農耕民族はあきらめが早いとか。笑(自然相手ゆえ)

ところで、そちらでは、あんまとか(古い?)鍼とかお灸ははやらないのかしら。

hiro | URL | 2006/09/29 (Fri) 08:59 [編集]


起 10月はもうすぐです。
承 私の住む広島で10月桜が焼く20本   ほぼ満開になりました。
   秋に咲く桜です。
転 8月に葉を全て落とした桜も秋には咲  きます。
決 日本いは春だけではなく、秋も桜が楽  しめます。

自然を尋ねる人 | URL | 2006/09/29 (Fri) 22:42 [編集]


hiro さんへ

しわは、あっても見ないようにするというのが一番効果的な打開策と思っています!
鍼灸をやる所もポロポロ見かけますよ。「本場中国の」と謳ってるのとか。繁盛してるのかなあ・・・日本から帰ったら偵察に行ってみます!

りす美 | URL | 2006/09/30 (Sat) 17:03 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

イギリスにも冬に咲く桜があって、最初見た時は「どう見ても桜だけど、桜のそっくりさんなんだ。」と思ってしまいました!秋桜が一時に咲く・・・一度是非見てみたいものです!

りす美 | URL | 2006/09/30 (Sat) 17:14 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。