イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

守るだけでは無くて、新しいことを創り出す・・・

というのが大切ではないのか?

と思う事が、実は、しばしばあります。

アルン川とアルンデル城

 今回は、大変、語弊ある内容になる予感が濃厚・・・。 

イギリスでさすがと思う事の一つ、ナショナル・トラストやイングリッシュ・ヘリテージで大切に保護されている有数の文化遺産の数々。

「え?!?!?」と、思わず仰け反る程の高い入場料(10ポンドとか12ポンド、つまり2000円以上がざら)を払っても、確かに値打ち有り、と思える充実した内容に大いに納得するし、

ガーデニングに関しても、確かに感心することばかり、学ぶ所ばかり、です。国民の全てがgreen fingerを持っている、という訳ではないにしても、かなりそんな感じ。

博物館も数も種類も本当に沢山あって、それぞれが見応え満点。

国中に張り巡らされたフットパスも便利・・・。

緑の多いカントリーサイドの長閑な風景。

そういうものを散々楽しんで来て言うのも何ですが、将来から振り返った「今」を文化財にする為には、「現在」をクリエイティブにしていかなければならないのではないのか?

過去の栄光に胡坐を掻いて、安穏としているように、どうしても見えてしまう。

確かにシティには世界中からお金が集まり、ファイナンシャル・マーケットは活況を呈しているのだろう、

けれど、

それって、「手触り実感のある実態」はあるのか???

イギリスの国力が充実していったのは、蒸気機関車を発明し、作り、船を作り、橋を作り、建物を作り、・・・色々な物を発明開発して実態のあるものをどんどん作り出して行ったからこそではなかったのか?

今は、いったい何を作り出しているの?

*****

幸か不幸か、天候が「海カヤック」向きでは無かった為、週末の「イギリス最後のカヤッキング」の夢(by 夫)は儚くも消え、来夏、アルン川を潮目を見て遡る為の下見を兼ねて、歴史の街アルンデル/Arundelにドライブしました。

確かに美しい。歴史有る城。
★一番上の写真は、アルン川を左に見ながら見上げたアルンデル城。

品格ある、居心地満点のパブ。
アルンデルのパブ。


右端のテーブルに残っている皿は、夫と二人でシェアして食べたお料理。
パブ。右端のテーブルに座った。
※お料理おいしかった!でも一人一皿は、私には到底無理なボリュームです。

雰囲気満点の素敵な街並み。
・・・でも、何か心がざわざわしたんです。
(だから、街並みの写真、一枚も撮れなかったのです。)

さすが!の品揃えのアンティークショップと並んで
・プラスティックのガラクタを賑々しく並べて売っている店や
・アンティークとは言い難い、小汚いだけの古い物だけで開いている店や、
・決定打は公民館のような所でやっていた、誰が買うのだろう、と思う物ばかりの「クラフト」展。20年か30年古いのでは。

誤解しないでください、アルンデルに楯突いてるっていう訳では無いんです。誰でも好きになる、そんな佇まいの「歴史町」です。

・・・でも、街を歩きながら、

イギリスよ!過去の栄光が偉大なのは重々判りました。敬服です。

その上で、「今」、「現在」、世界に向かってクリエイティブに新提案をどんどん出して行く、大きな影響力を持って世界を引っ張って行く国になって欲しい、・・・という勝手なおせっかいな思いが沸々と湧いてきてしまったんです・・・。

*****

この街で一番気に入ったのが二人の門番。

★この極上のふてぶてしさを見よ!!
門番の一人。

★どんな恨み言があるというのか?!
葉に埋もれているもう一人。

気に入った訳の一つは・・・イギリスに、もっとヤンチャになって欲しいからかもしれません。

*****

そんなことを思いながら、明日はいよいよ日本に向かって・・・午前中に家を出るので、ブログは98%の確率でアップデイトできないと思う・・・。

あぁ、あぁ、あぁ、あぁ、

せっかく、ランキングが良い調子になって来たと言うのにぃ~・・・。

*****

日本でもブログが書けるようにしようと思ってます。多分、当初は、「犬ブログ」かも・・・。

実家に居候が続いている・・最初のご主人様=わたしの顔を見るや、いきなり興奮の絶頂になって右往左往&キャオンキャオンするであろう、「健ちゃんThe柴犬」
健ちゃんThe柴犬
は永遠なり!

今日も・・・ランキング応援クリック、是非とも宜しくお願いします!それぞれのマークを「カチリ」とクリックして貰えると、票が入ります。

・これが一つ目→にほんブログ村 海外生活ブログへ  
・そして二つ目がこれ→人気ブログのマーク
・三つ目もお願いします。→

***いつも応援、本当に、ほんとうに、有難うございます!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

気をつけて行ってきてください、そいていっぱい楽しんできてください。季節は秋へ おいしいものもいっぱいですね 太りすぎには気をつけて 楽しい日本滞在記を楽しみにしてます。

うーたん | URL | 2006/10/02 (Mon) 08:14 [編集]


お待ちしておりま~す

もうすぐ「生りす美さん」にお会いできますね!
ワ~イワ~イ楽しみ~♪

kusaki | URL | 2006/10/02 (Mon) 11:20 [編集]


無理をせずに。

見るもの、体験すること、過ごすこと、いろいろある異国をむりに刷り込むよりも、思いのままに。

「今」、「現在」、世界に向かってクリエイティブに新提案をどんどん出して行く、大きな影響力を持って世界を引っ張って行く国になって欲しい、日本にもそう思います。

ish | URL | 2006/10/02 (Mon) 12:27 [編集]


>守るだけでは無くて、新しいことを創り出す・・・
今日の、りす美さんのお話には私も言いたい事がいっぱいありますが、
それはまたの事して・・・

今日イギリスを発たれるものと,勘違いしておりました。
ご無事な旅でありますように。
そして、半年振りの日本からの楽しい話題もお待ちしています。

あっ、遅くなりましたが、掲示板「みどりのゆび」へのリンク、ありがとうございます。
イギリスでのガーデニングに興味のある方は、ぜひお越しくださいませ。

lapis | URL | 2006/10/02 (Mon) 21:14 [編集]


健ちゃんブログ!!

のアップが待たれます!!v-238
写真の見上げた様子がりす美さんの帰宅を待ってる風にも見えてしまいました!!

可愛い健ちゃん日記を楽しみにしてます。
そして、お元気で日本での日々を楽しくお過ごし下さいねっ!!!(^^)

くるみ | URL | 2006/10/03 (Tue) 17:42 [編集]


日本に一時帰国(帰省ですかね)しているのですか。
今の日本はどうなっているのだろうかとちょっと気になる今日この頃です。

イギリスは確かに昔の輝かしい栄光がありますからね。
カナダにもそのイギリス栄光の歴史が残っている気がします。
世界を引っ張っていく国になってほしいというのは私も思います。
これは私の個人的考えですが、やっぱりアメリカが唯一の超大国では駄目だと思うわけです。
複数の国が引っ張っていかないといつかは駄目になると思うのですが。
日本も含めて頑張ってほしいものです。

sumitaka | URL | 2006/10/15 (Sun) 19:23 [編集]


うーたんさんへ

こんなに返コメントが遅くなってしまってすみません・・・体重増については恐ろしいので、体重計に乗らないことにしました!

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:13 [編集]


kusakiさんへ

生kusakiさんにお会いできて何よりでした・・・皆さん、生kusakiさんは美人ですv-254

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:14 [編集]


ishさんへ

日本は素晴らしい国だと改めて実感しました。細部への心づくしの拘りが何にも増して素晴らしい・・・。

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:15 [編集]


lapisさんへ

色々なご意見、是非とも「生lapisさん」にお会いして拝聴したいです!!

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:16 [編集]


くるみさんへ

健ちゃんブログ、明日か明後日に、と思っているのですが・・・くれぐれも、愛想を尽かさないで欲しいと思ってるのです:理由は見れば判ると思いますv-15

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:17 [編集]


sumitakaさんへ

イギリスに舞い戻って来ました!sumitakaさん、日本をぐんぐん引っ張っていくのは、あなた、あなたですよぉ~!!

りす美 | URL | 2006/10/18 (Wed) 20:18 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。