イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリスでは食卓で料理しながら食べる、というのは無い模様。

「冬は食卓で鍋をつっつく」っていう、いわば日本人の常識は、イギリスには存在しないみたいです。「ホットプレートでお好み焼き」も勿論、常識外。
ホットプレートでお好み焼き
※どうして海老が一つだけ飛び出ているのかは・・・謎。
*****
日本から帰って来て以来、ちっとも料理マインドになれないまま・・・昨日の夕食も超手抜き。ホットプレートでお好み焼きと、その後、「フライド・アップル」。
簡単でおいしくて満腹の一石三鳥ぶりに、一生懸命色々なものを作るのが益々面倒になってしまったのですが、

食べている最中に夫が
「unusualな食べ方だ。」と言うので、
「イギリスではテーブルで料理しながら食べるって余りしないのかなあ。」と聞くと、
「しない。」

スイスだと「冬だフォンデュだチーズフォンデュ!」っていう感じ(と勝手に解釈・・・)かとも思うんですが、イギリスでは珍しいことなのかも。

料理に関心の低いイギリス人(と勝手に断定・・・)にも打って付けじゃないか、と思うんですが。
*****
実は、昨夜がこのホットプレート使い初めだったのです。

イギリスでは見つけられなかったので、この前日本に行った時、持って帰って来ました。これ
ZOJIRUSHI ホットプレートやきやき三昧 EA-CT65-XJ ステンレスブラウン ZOJIRUSHI ホットプレートやきやき三昧 EA-CT65-XJ ステンレスブラウン
(2006/08/21)
象印
この商品の詳細を見る

です。

と、このようにさらりと書いていますが、実はちょっとスッタモンダ(という程のことも無いんですけれどね・・・)があったのです。

まず、ホットケーキをフライパンで作るのってせっかちな私には難しいことで、フライパンの温度が安定するまで待ちきれないので、きれいなのが出来なかったり、

何より、温かいのをモリモリ食べようと思ったら、
・フライパン二つをフル稼働させて製造スピードを上げる、
・焼き上がったのを焼いている最中のものの上に乗せて保温しながら製造する、
・そして全枚数、温かいものをドバッとお皿に乗せて、ハフハフ一気に食べる。
・・・もっと良い方法がきっとあるに違いないけれど、これがイギリスにおける私のやり方で、その結果キリキリ舞い(に私はなってしまうのです・・・)、で、「ホットケーキ、ホットケーキ、るん・るん・るるん」という気分になれない。

でも、「お休みの日のブランチはホットケーキ」でありたい私は、だから、ホットプレートが欲しくなったのでした。

しかし、イギリスには売ってない。

「たこ焼きも出来るホットプレートが日本にはある。」と聞き及び、
・じゃあ、今度日本に行く時に持って帰ろうと考え、
・日本でホットプレートを買いに行く手間隙は勿体ない、と思い、
・アマゾンで注文して実家に届けておいてもらっておこう。とごく自然に考え、

アマゾンで検索すると、「たこ焼きも出来る。ハーフプレートで焼肉しながら野菜も焼ける。」っていうコレが出て来た。
焼肉はしないので「ハーフプレートで焼肉しながら・・・」部分は無視して、もう偏に「たこ焼きが出来る。」というのしか目に入らず、何だか物凄く嬉しくなって、「よっしゃあ!」とばかり、即刻購入。

するとその記事を見た親切な友人から「蓋が付いていないのでは?」との忠告メール。

ぎょ!?写真を上から見たり下から見たりしても判る訳は無く、「やっぱり蓋が無いと困るし。」、と思い、
・アマゾンのマイページに行って返品手続きしようと思ったらもう発送済みで、
・その場合、返品用のフォーマットをダウンロードして印刷し、そこに書き込まないといけないとのことだったけれど、
・その時プリンターは印刷不可能状態(※)
(※)エプソンのプリンターなんですけれど、最高に頭に来てるのです、実は。
   ・理由1)イギリスのエプソンのプリンターのインクと日本のとは規格が異なり、イギリスでは入手不可能。
   ・理由2)黒だけで印刷のものも、六色のうち、どれが無くなっても不可能になる。
   →→今回は、黄色が無くなった為、日本で買って帰るまでプリンターは開店休業状態だった。


「急がない 時に限って すぐ配達」
と思わず一句詠んでいると、

日本の母から
「アマゾンからえっらい大きな荷物が届いた。ホットプレートって書いてあるけど、どんな大きいの買ったの?こんなん、イギリスに持って帰れるんやろか。」
と、不安を煽るような電話が・・・。

日本に行って実家に届いているものを目撃。70cmx70cmx50cm的サイズの、ほんとに大きい箱!発泡スチロールを噛ませて丁寧に包装してあるからドデカかったのです。仕方無いので、帰る時にそのままでチェックイン荷物にして持ち帰って来ました。

持ち帰ってすぐに使えるか、というと、

「ふっふっふ。イギリス生活 そんなに甘い訳 ないでしょが。」
(若干の字余り)

変圧器というのが必要。
∵日本の電圧=100V vs. イギリス=240V
つまり、そのまま使ってしまうと火を噴く!!

でも、そのまま使えない。
∵プラグ形状が違う。

これ、アップルから出ている「ワールド・トラベラー・アダプター・キット」の説明書からです。
プラグ形状バラエティ
網羅的だったので実物の写真より判り易いと思いました。

左から順に
・英国、香港、シンガポール用
・オーストラリア、ニュージーランド用
・中国用
・北米、日本用
・韓国用
・英国以外のヨーロッパ用

何故こんなに色々てんでバラバラの形状なのか!!

ひょっとして、一緒の形にしておくと電圧が違うのに気付かずに使って大変な事になるから、それを未然に防ぐ為。

・・・っていう親切心からこうなっているのか???

でも、じゃあ、何故、国によって電圧が違うのか!?

どなたかご存知の方、是非、おしえてください。

日本から持ってきたパソコンを繋いでいる変圧器が既に家に一台あります。しかしそれは500Wまでの電力しかダメ。ホットプレートの定格電力は1300Wなので、「1500Wまで」という上位機種が必要。
え~。予めお断りです。電力、電圧、定格電力等、意味不明のまま使っています。ですから・・・どういう意味なのか、という質問をされると困窮しますのでやめてくださいね。

この変圧器、何でも中にぐるぐる巻きになったコイルをぎゅうぎゅう詰めにしてあるとかで、石臼もびっくりする位、

重い!
BMI18台のか弱い女性(私のことです:但しBMIとか弱さとの相関は未調査)には運搬は到底無理。販売しているのは、私の住むロンドン南西部とは道路相性の悪い(私にとっては鬼門のノース・サーキュラーを通る!)地区にある店で、万年初心者ドライバーの私は恐ろしくて車で行くことも出来ず、やっとおととい、夫が行って買って来てくれました。

これです。
変圧器 大
お値段88ポンド也。そう、2万円もするのです。

「ホットプレートと 合わせて3万円以上もの投資をしてしまった訳で、ばんばん使って元を取らねばなるまいぞ!」
(お話にならない激的字余り)

*****
お好み焼きだけで、一同(一同=夫と私の二名)、99%の満腹度。でもそれだけでは如何にも寂しいので、焼きりんご(風)のデザートを作ることにしました。

実は、拙宅のりんごは日本に行く直前に食べ尽くしたのですけれど、塀の向うの家からクッキング・アップル(ウィズリーのおねえさんはクッカーと言っていた)がポンポンと拙庭内に降って来るのです。勿体ないので集めて取っておいて
落ちてきたりんごを保存中

アップルソースを作ったりしています。

でも、どんどん振ってくるので、次々に作らないと消費出来ない・・・でも何だか最近お料理気分じゃない。このジレンマ打破の為、簡易焼きりんごを考案したのです。

撮り忘れて写真は無いのですけれど・・・
1)水洗いしたりんごを皮付きのまま(イギリス流儀はそうですよ。夫は勿論ですが、ウィズリーの試食でも皮付きのままだった)、7~8mm厚にスライス(厚さは適当に、こんな感じが適当かな、と思っただけなので、深い意味は無い)。
2)予め200度にしておいたホットプレートにバターを適量落とす。
3)バターが溶けてくるや、1)をどどどっとプレート上に撒き、その上にシナモン・パウダーをサササッと振り撒き、更にその上にgolden granulated sugar(精製していないグラニュー糖。白砂糖は使わないことにしています。)をささっと振りかけ、本当はこの上に更にバターを落としたい所だけれど、BMI24台の夫を慮って断念。
4)蓋をして待つ事約5分位。

蓋を取ると・・・ふわ~ん、と湯気に乗って舞い上る芳香があたり一面に漂う!

競い合ってお皿に取り分けむっしゃむしゃ~。

   嗚呼おいしい・・・。

「ここにアイスクリームを乗せたらもっと美味いぞぉ!」と言いながら、生憎のどしゃぶりの中をアイスクリームを買いにコンビニエンス・ストアに行く人は出現しなかった。

        完。
*****
★追記1)クッキング・アップルって、日本では使ったこと無かったのですが、火を入れると歯応えが無くなる・・・ふにゃふにゃになってしまうので、きっとアップルソース専用なんだろうな、と思いながら詳細未調査なんです。
★追記2)「たこ焼きが出来るホットプレート」と判った瞬間、他の商品のチェックもせずに購入プロセスに進んでしまった私は馬鹿でした。焼肉はしない。=「ハーフプレートで焼肉しながら野菜も焼ける。」機能は不要。=そんな機能無くて良いのです。

で、たこ焼き出来て、そういう機能は無いものが・・・あることに・・・買った後で気付きましたが時既に遅し。23000円だかが14000円程度に大幅値引きされていたのが「よっしゃあ!」の原動力の一つだったんですが、

これ
ZOJIRUSHI やきやき ホットプレート EA-BT45-TA ZOJIRUSHI やきやき ホットプレート EA-BT45-TA
(2003/09/01)
象印
この商品の詳細を見る
約17000円が8000円程度にやはり大幅値引きされていて。物凄くショックで落ち込んでしまいました。これで良かったのに~。

「あわてるな ホットプレート 逃げないし。」

★追記3)「健ちゃんで犬ブログするんなら、うちの猿も紹介して。」とメールして来た人がいるので、全く本日の記事と何の脈絡も無いのですが、紹介します。
猿か犬か
※注:「猿」はニックネームで、正真正銘の犬とのこと。名前はペーorペペ(状況によって使い分けるみたいです・・・)。犬種はプードル。親ばかの私としては「健ちゃんの方がずっと可愛い!」と言い切りたい所ですが、ペーちゃんの独特のペーソス漂うっていうか、何だかじーんとするものがあって・・・。
*****
本日の結論をひねってみました。
 「次に日本に行く時にゃ、電気鍋をば 持ち帰らん。」

*****
最後に恒例のランキングへの協力強力要請コーナーです。

黙って次の三つのマークをクリックして応援してください!!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  

「お手数かけて 忝い(かたじけない)が どうか応援 くださいな。」
・・・Thank you verrrry much!

アイスクリームを買って来て又作ったので、写真を撮りました。やっぱり大変おいしい!残念ながら写真栄えする見た目ではないのですが・・・一応、載せておこう。。
簡易焼きりんごアイス

※皮を剥いた方が口触り(?)が良いと思うのですけれど、夫が皮好き(りんごだけじゃなくて、魚も鳥も・・・)なもので、うちは皮有りです。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ホットプレート無事に到着しましたね~^^
うちも今度日本から、もう一つ送ります。
ママ友達が鉄板焼きが食べたい~~~とゆうので人数的に1個じゃ足りないので・・・^^;

そうそう、変圧器は、イギリス時代帰国売りで30ポンドくらいでゲットしました。

アクトン、フィンチェリーに駐妻の知り合いがいると、帰国売りでいろいろ安く購入できるんですけどね~80£は高い~@@

うちも先日アメリカで購入したとゆう変圧器(アメリカの電化製品が使えるとゆうメリットあり)を20ユーロで買い取りました。新品だったので申し訳ない~~って感じでした^^

hami | URL | 2006/10/23 (Mon) 20:31 [編集]


簡単焼きリンゴおいしそう~

冬寒いイギリスでは、熱々をそのまま食べられるホットプレート料理って、ぴったりなんじゃないかなって思います。
今日はキッチンに立ちたくない!って日にも、いいですよね。
お鍋とか、たべたいなー。
とはいえ、生粋のイギリス人であるダンナサマには、お鍋は受け入れ難いのでしょうか。。
イギリスにも、お鍋文化広がらないかな~。

UKI | URL | 2006/10/23 (Mon) 20:38 [編集]


私のホットプレートはこっちの電圧用なので変圧器を噛ませなくていいんですが、その代わりそんな立派なたこ焼き型なんぞついてませんぞ~。(ホットプレートとグリルと電気鍋の3種のみ)

あとパソコンは日本のでも変圧器必要ないと思ったけど…。アダプタの裏の部分にAC 100-240Vと書いてあるはずで、そっからプラグまでの部分だけイギリスのをくっつければ大丈夫だと思います!

LucyO | URL | 2006/10/24 (Tue) 01:17 [編集]


ホットプレート、いろいろ役に立ちそうですが、購入までにけっこうごたごたがあったんですねえ。
うちは、彼が鍋物大好きなので、電気鍋を買わないといけないなあと思っています。

LucyOさんもおっしゃっているように、パソは
変圧器要らないと思いますよ。

lapis | URL | 2006/10/24 (Tue) 04:15 [編集]


hamiさんへ

変圧器、高くて重くて面倒・・・本当に、一体何故、国によって違うのか、誰か納得させて欲しいです。

りす美 | URL | 2006/10/24 (Tue) 19:09 [編集]


UKIさんへ

部屋に匂いが篭るという問題が発生して・・・連日ホットプレート作戦は少し揺らいでおりますv-16

りす美 | URL | 2006/10/24 (Tue) 19:11 [編集]


LucyOさんへ

変圧器を「噛ませないの」・・・ということはイギリスでも売ってるっていうこと、ですね?!?あれま。日本からわざわざ持ち込まなくても済んだんでしょうか。「どうせイギリスには無い。」と早々に諦めてしまういけない体質になって来ているですね、私。

パソコンですが、ラップトップは融通利くようになってるので変圧器不要ですが、デスクトップのはフィックスしてるんじゃないでしょうか。私のデスクトップの方は再度見ましたがやはり「100V」と表示されてました。インターネットが途中で勝手に切断されることが多々あって変圧器のせいにしてたので、無しで接続できるんだったら・・・と淡い期待で見てみましたが。

りす美 | URL | 2006/10/24 (Tue) 19:15 [編集]


lapisさんへ

「鍋物」・・・どんな鍋物をされるのか、機会があったら是非おしえてください!

りす美 | URL | 2006/10/24 (Tue) 19:16 [編集]


イギリスに住んでいた時に、pcが壊れる~と良くメーリングリストで投稿がありました。私が多分250vとかの時にpcがお亡くなりになるから、変圧器を皆さん使いましょう~と言ったら、その途端pcの壊れる話を聞かなくなりましたよ~

主人が計測器を持ってるのですが、イギリスの家はとっても不安的で確かに248vとか表示されました。

万が一を考えて、変圧器を使わない場合は、バックアップは必須ですし、余ってる変圧器があれば使った方がベストかもですね~^^

主人が多分詳しいので、聞いてみますね~お待ちを~^^

hami | URL | 2006/10/25 (Wed) 01:07 [編集]


hamiさんへ

今後もパソコンは変圧器に繋いで使おうと思っています。電圧が不安定というのがインターネット接続の不安定に繋がるんでしょうか???i-Book(変圧器不要)は問題無いので、やっぱりそうなんでしょうか・・・。

りす美 | URL | 2006/10/25 (Wed) 01:36 [編集]


電圧は関係ないと思いますが・・・ネット接続♪

私の友人は家にもよるのか・・・変圧器を通さないとpcが壊れます。私のパワーブックも変圧器一応通してます。アイルランドは220vですよ~
主人に聞いてみたら、良くわからない~と言ってました。お役に立てずすみません。^^;いまさらEU同じ電圧にするのは大変でしょうね~

hami | URL | 2006/10/25 (Wed) 06:52 [編集]


hamiさんへ

v-12インターネットでイライラすること物凄くあって・・・便利なんだかどうなんだか疑問に思うことが多々あります

りす美 | URL | 2006/10/25 (Wed) 20:02 [編集]


うちのホットプレートも炊飯器も秋葉原の外国でも使える電化製品コーナーで買いました。もちろん種類は日本用ほど豊富じゃないんですけどね…。

おお、デスクトップだったんですか!ただし、デスクトップでもプロセッサのところにスイッチがあって、110とか240とか選べるようになっているのもありますよ。うちのはあるのですが古い機種だからかもしれませんね。

LucyO | URL | 2006/10/26 (Thu) 07:24 [編集]


LucyOさんへ

ほほ~お、アキバですか。日本に行く時は限られた時間内でやりたいことの優先順位の高いものをコナス、という感じなので・・・アキバ巡りは頭に浮かばなかったです。そうか・・次はじゃあ、変圧器なしですむものがどんなの売ってるのか見に行ってみよう・・・。

りす美 | URL | 2006/10/26 (Thu) 22:32 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ZOJIRUSHI やきやき ホットプレート EA-BT45-TA

ZOJIRUSHI やきやき ホットプレート EA-BT45-TA [続きを読む]

みんなのキチチチチン / 2009/05/14 (Thu) 10:27


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。