イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

出国審査・入国審査にもお国柄が。

飛行機の影が地面に
イギリスに戻って来た時、乗っている飛行機の影が地面に映っているのが面白かった。

今日は、白石ヨットマンを応援する一方、日本行き関連のお話です。

さて、911が起きる直前って、どの国も出国、入国の審査手続きが非常に緩かったような気がする。それが、あの後からアメリカでは指紋を取られたりし始めて・・・イギリスは夏にテロ未遂があったばかりなので、今、厄介になっている。

<イギリスからの出国>
テロ未遂直後は「機内荷物は最低限の必需品のみ。爆弾かもしれないので液体類はダメ。パソコンもダメ。必需品をプラスティック袋に入れて持ち込む。」という、どうしようもない厳しいことになっていたが、
少し緩和されて来て、コロコロ付きの小スーツケース程度の大きさまで持ち込みOKで、だからラップトップも大丈夫だった。アイルランドに行った時にうっかりして口紅を持っていて没収されてしまった(口紅爆弾ということがあるからなんでしょう、依然、持ち込み禁止)ので、「羹に懲りて膾を吹く」がちな私は、手荷物に化粧品類を入れないのは勿論、「化粧して乗り込む」のが禁止でもないのにスッピンで出発した。

だからエアサイドに入るすぐの所での検査は、混み混みと非効率(*)以外は何の問題も無くパス。
(*)「非効率」=男性職員は男性乗客の身体チェック、女性職員は女性乗客の身体チェックと男女別々なのに入り口は一つだから、男の乗客が続く時は女性職員が手持ち無沙汰、逆の時は男性職員が手持ち無沙汰でぼぉ~っとしている。入り口を男女に分けておけばタッタカ進むのに、そういう風に考える人はイギリスには居ない。

そうそう、イギリスは出国の時にパスポート検査が無いんです。「出て行くのは歓迎、さっさとどうぞ。」って言う事なんでしょうが、偽造パスポートでテロリストが飛行機に乗り込むかもしれないのに?!・・・いつも「これでいいのか、イギリス!」という気持ちになります。

飛行機のゲートの手前でもう一度検査があるのです。「またパソコン出さないといけないの、ああもう、面倒。」と予め溜息をついておいたのに、検査の列に入る直前でロープが解かれて「はいはい、ここから後ろの人達はもういいからゲートに進んで。」みたいな扱いになって、フリーパスでラッキーだった。
「りす美。あの人、どうしても検査して欲しいみたいで、手を振りほどいて検査の列に並びに行ったけど、珍しい人だ。」と同行の夫。日本人男性(見た感じから、ほぼ確実に。)でした・・・。

<日本での入国審査>
成田に着き、日本人の列と外人の列に分かれて、日本人の列の方が沢山あるので私は早々に、夫もしかし、速やかに出て来た。日本の入国審査は愛想無しだけれど整然としていて気分が良いです。

*****

さて、日本からイギリスに帰ってくる時には・・・
<成田空港特殊事情>
物凄く納得いかないことがある・・・成田からの出国って、バスや車で空港に行こうとすると検問所で身分証明書を見せないといけない。電車の場合も降りた所に検問がある。

空港手前で、空港に行く人全員に身分証明書を要求するの、世界中で成田だけみたいです。夫の記憶によると「空港建設反対が激しかったから、反対する周辺住民急先鋒を空港に入れないように、と始まった」らしいのですが、それが延々と続いているんでしょうか?どんな意味がある「検問」なんだろう・・・検問そのものより、それに携わる職員の人達のモチベーションが心配にすらなるんですけれど。

<日本を出国する時は>
紅葉を空から見ると
成田を発ってすぐの窓外。紅葉が・・・。

手荷物に厳しい制限があるのはイギリスから出発する時だけ、なんですね!ちぃとも知らなかった・・・。
日本から出る時も、口紅も化粧水も機内に持ち込めないものだと・・・てっきり全世界的規制とばかり思っていたけど、違うのです!だから、全く何の問題も無く手荷物はパス。

日本はイギリスと違って、ちゃんと出国時のパスポートチェックがあります。これもやはり秩序正しく無言にてとっとと進む。

気分良く手続き終了。
日本は山国、を実感
日本を上空から見ると、もうもう、山・山・山。国土の7割は山林と小学校で教えられたのは正しかったことを今更ながら実感。

・・・問題はイギリス入国だ。

<イギリス入国審査>
旅行や出張でビザ無しで来ていた時は、長ったらしい列で延々と待たされるのは辟易だけれど、審査そのもので嫌な思いはしたことが無かった。

「何日滞在の予定?」
「一週間です。○月△日に日本に帰ります。」
「目的は?」
「観光です。」
→ スタンプをポンで一丁あがり!

何だか軽口を叩く審査官(決まっておじさん)も居て、楽しい程だった。

それが、ビザ付き入国になった途端に、一転した。
*****
◆鬱陶しいいいエピソード
偽装結婚防止とかで、婚約者ビザを取って入国しないとイギリスで結婚出来ないんですが、何日でビザが下りるのか教えてくれないから不安だったので、早めにビザを申請しておいた。スムーズにおりたので、結婚に先駆けて、結婚式の準備の為にイギリスに行った時に、既にそのビザがパスポートにあった。その時の審査官、そのビザをかすめて入国スタンプを押した、それが問題の発端。

この時は一旦日本に帰り、そして二ヵ月後、いよいよ結婚の為に、このビザを使っての入国時。

胸騒ぎはしていた・・・「入国審査はおじさんが無難」という私のルールを逸脱する「若い女性」担当者だったので。(しかも金髪。)

案の定、金髪若女審査官がゴタクを並べて来た。

「婚約者ビザでこの前入国して、結婚しないで帰って行って、またこの婚約者ビザで入国っていうのはどういうこと?!」とギロリ。

「いやいや、この前はビザを使わずに短期旅行者として入国した。」
「(耳を貸さず、ビザ添付の紙を見ながら)ここに、速やかに結婚すべし、と書いとろうが。何故、結婚せずに出国したのか。」
「この婚約者ビザを使うのは今回が初めて。それに、もしこのビザで前回入国したと解されたとしても、ビザ発行日から六ヶ月以内に結婚手続きをすべし、と、ほら、ここに書いてある。まだ、余裕でこの期間内。それに、ほら、ここに、マルティプル・エントリー・ビザって書いてある。だから期間内なら何度出入国しても大丈夫。」←って、何故か、私が解説。

すると隣の審査官(やはり女性!)に声をかけ、徒党を組んで私に絡み出した。

先に入国審査を終えていた婚約者(現在は夫。私を迎えに日本に来てくれ、一緒にイギリスに入った。)が何事かと飛んで来た。婚約者(当時)に向かって審査官が二人して
「速やかに結婚しないといけないのに、何故、未だ結婚していないのだ。」とぎろり。
「発効日から六ヶ月以内に結婚すれば良いと書いてある。まだ何ヶ月もある。」と私と同じ事を説明する婚約者(当時)。

・・・押し問答・・・

あの、念の為に申し添えますが、これ、100%、我々が正しいんです。入国審査で嫌味三昧で絡まれるのは多々ある、とのことです。

とうとう、最初の女性審査官が右手にスタンプを持ち出し、渋々スタンプを押そうとし始めたのを私は見逃さなかった・・・自分達が間違っているのがどうやらとうとう判って来たけれど、間違いを認めたくない、仕方なくこの辺で恩着せがましくスタンプを押しといてやろうかっていう感じが漂い始めて・・・やれやれ、やっと通過できる、さっさと行こう、と思った私。

しかし、婚約者(当時)はそうはいかなかった。
普段は温厚な彼なのに、文字通り湯気を噴出していて、
「マルティプル・エントリーという英語の意味が、君達は判らないのか。マルティプル、即ち何度でも、エントリー、即ち入国が、このビザの有効期間中、可能、という意味だぞ。マネージャーを呼べ。マネージャーを!!!」
それを「もう行こ、行こ。」と引っ張って立ち去ったあの日・・・。
*****

Remember むかつきing入国審査!

今回も女性審査官だったんですが、頭が良さそうな雰囲気を漂わせていたので、多分問題なかろう、と思ったら、全く問題なく入国出来た。

そして、無事、百均とかユニクロとか無印良品などで、イギリスの半額以下でザクザク買った優秀な日用品と、そうそう、勿論、ホットプレートが入った巨大な箱などを連れて、そして家に帰って来たのでした。

でかい影がうつっている
ヒースロー到着寸前。飛行機の大きな影=下から見上げている人にも巨大に見えてるんだろう。

幾多の入国審査、出国審査を無事通過し続けて幾星霜
・・・その結果、小ウサギのように安全、と各国にて太鼓判を押してもらったも同然の私が、ここに居る。
と解釈するのは、どこか間違ってますか?!?!?


*****

どうかランキング応援クリック、して行ってくださいませ。

一つ目をクリック→ にほんブログ村 海外生活ブログへ  
二つ目もクリック→人気ブログのマーク  
三つ目で最後です!→

いつも有難うございます!!!


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

つっこみどころが違う?

出国審査、入国審査よりも
>手荷物に化粧品類を入れないのは勿論、「化粧して乗り込む」のが禁止でもないのにスッピンで出発した

ここで大うけ!!

私は髪が短い時、男性と間違えられたことがあるので「出かける時は忘れずに」口紅と眉だけは書きます。 ましてや電車以上のもの(以上という表現でいいのだろうか?)に乗る時は「いわんや~おや」です。

kusaki | URL | 2006/10/26 (Thu) 06:14 [編集]


わたしもやられました。

10年ほどまえ、ウェールズに暮らしていたとき、スウェーデンへ出かけたら、Japanese Red Army と思われたらしく、ひとりだけ、入国審査に時間がかかりました。
 あきらかに日本からの観光客でない一人旅の日本人女性は疑われる傾向がありました。
 
 ところで、私は成田ってそんなにいやらしい出国前の儀式があるんでしたか?
 ここしばらくは関空からでているので、そんなちぇっく受けた記憶がないんです。

りきちのおば | URL | 2006/10/26 (Thu) 12:38 [編集]


kusakiさんへ

だって別に花婿募集中じゃないし・・・あ、でも男と間違えられる可能性、それは未検討でした。でも間違えられても別に問題無いし、面白いかも?

りす美 | URL | 2006/10/26 (Thu) 22:30 [編集]


りきちのおばさんへ

はじめまして!Welcome!!

赤軍派ですか・・・重信房子と間違えられたとかですか?とすれば、りきちのおばさんは、ロングヘアの美女、なんですね?!?

そう。成田は免許証なりパスポートを持ってじゃないと、気軽に見送りとか出迎えに行くと困った事になりかねない、と思います:盛っていかなかったことが無いので困った事になったことは無いんですけれど。そういうの持たずに出迎えや見送りに行ったら、どうなるんだろう???

りす美 | URL | 2006/10/26 (Thu) 22:36 [編集]


入国審査

入国審査は当たる審査官によって天国と地獄・・・な時ってあるんですねぇ
わたしは幸いあんまりイヤな目に遭ってませんが、結婚前に2,3ヶ月に一度の割合で日本から飛んできてたときは、いつもビクビク(それこそコウサギのように)してました。
審査官が間違っててもあんまり言い過ぎるとそれこそ特権濫用して入れてくれないこともあるから・・・大人しくしてるのが一番ですね。
RHSのりんご祭の記事、TBさせてもらっていいですか?

ろくろく | URL | 2006/10/27 (Fri) 18:48 [編集]


すごく大変じゃないですか どちらの国での手続きも イギリスは厳しいって聞きますが成田って結構めんどくさいんですね。私は関西出身だからほぼ関空しか使わないので身分証明書がいるとは知らなかった。トルコは簡単ですよ。もちろん彼らも国は選んでます。面白いのがトルコではトルコ人に対してのほうが審査は厳しい。私たちは外国人専用なのでたくさん並んでて時間がかかる 彼らはほとんど並ばないのに時間がかかる なぜだかわかりません。夫も私よりも出国手続きに時間がかかりました。まあパスポートの写真が10年前のものであまりにも今と違いすぎるため偽造パスポートと思われたらしい。IDをだせといわれてだしたら これもまた10年前の写真 大変でした。しかしこのパスポートで日本の出入国審査では何にも言われなかった。ビザをもってたからかもしれませんが。

うーたん | URL | 2006/10/27 (Fri) 20:26 [編集]


カナダ入国が初めてだったのでその時はあまり気が付きませんでしたが、質問内容は観光よりもビザ入国の方が厳しいのかもしれませんね。
ワーホリビザで入国するときは「今いくらお金を持っている」やら「どこに住む」やら「何をするんだ」とか「学校は?」とか他にも長々と話しましたが、アメリカ→カナダ・カナダ→アメリカの観光は1分かからず「もっと調べてください」と思いましたからね。
もうすぐ再びアメリカ入国なんですけど、今度も楽だといいんですが……。

sumitaka | URL | 2006/10/28 (Sat) 07:17 [編集]


りす美さん、ごぶさたしていました!
楽しい記事がいっぱいで、どれにコメントしようか迷いました^^
若い頃、波乗りをする仲間大勢とバリ島で合流、皆で楽しく出国しようとした時・・・
1人の男の子の番で急にものものしい雰囲気に変わり、「NO~!!!」と言って、おし戻された事が・・・。
そういえば、顔立ちが現地の人の雰囲気。^^;
本人、激怒してましたけど~今は笑い話です。
私も「すっぴんで出国」の所で笑いました。でも自分もやりそう。。。笑

ゆう | URL | 2006/10/28 (Sat) 08:50 [編集]


ろくろくさんへ

明らかに相手が間違っているのに、ヘイコラしたくも無いですしね。困った輩達です、ほんとに!

★トラックバック、歓迎です!!

りす美 | URL | 2006/10/28 (Sat) 21:39 [編集]


うーさんさんへ

何も悪い事してないのに、つい冷や冷やしてしまうのが鬱陶しいですよね。ほんとにもう!

りす美 | URL | 2006/10/28 (Sat) 21:41 [編集]


sumitakaさんへ

現在、遠征中、なんですよね。アメリカ入国、指紋取られるのが何だかちょっと、ですけどね・・・sumitakaさんなら、次回もきっと、全く問題なし、と思います!!

りす美 | URL | 2006/10/28 (Sat) 21:44 [編集]


ゆうさんへ

すっぴんで出国・・・だって飛行機の中に入ったら別に何する訳じゃなし、非常に理屈に適っていると思うのですが、おかしいですか???v-15

りす美 | URL | 2006/10/28 (Sat) 21:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。