イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

土曜日、当地方はホワイトデーでした。

金曜の夜は雲がなくて寒く、翌土曜の朝、霜がおりそうな気配充分だった。

土曜日。早朝、起きて外を見たら案の定、こんなになっていた。
朝起きたら

庭に出てお馴染みのスノードロップの所に行くと、こんなにしょぼくれていた。
しょぼくれスノードロップ


そこで。これまたお馴染み、リッチモンドパークに行ってみようということになった。

またまたいつものラダスターゲートから入った。

入ったすぐの所にある馬の水飲み場。氷が張っている。
馬の水呑場


公園に一歩踏み入れて見えたのはこんな景色。一面白く凍てついている。
凍てつく地表


地表をまじまじと見ると、こんな風に凍っている。
地表拡大


そんな日でも、犬はちゃんと散歩に連れてきてもらっている。
犬散歩


人類未踏の道を行く。
人類未踏

僕たちの後ろに道は出来る・・・道程。
足跡

☆ほんの参考までに・・・
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため
『道程』by高村光太郎


鹿が警戒して一斉にこちらを凝視する。
鹿警戒

何もせず通り過ぎた我々を見て殆どの鹿は脱力。一匹だけ心配性のが未だ見つめている。
鹿ほっと


いつものイザベラプランテーションに到着。目に入るものは皆、白く化粧している。

まずはヘザー(ヒース)。ヘザー凍てつく


ウイッチヘーゼル(ハマメリス)の花がこんなにヘロヘロになっている。花期の終わりと霜とのダブルパンチ。
生きた悪くなって

つい先日まで作り立ての錦糸卵のようにピンとして、そしてふんわり良い感じだったのに。
1月は出来たて錦糸卵

★こんな素敵な詩を見つけました。作者の名前がフロストさんっていうのも偶然の一致!
And the dead leaves lie huddled and still,
No longer blown hither and thither; The
last long aster is gone, The flowers of the
witch hazel wither. The heart is still aching
to seek, But the feet question: Whither?
- from the poem "Reluctance," by American poet Robert Frost (1874-1963)

足元に目をやると、霜柱?横向きなんですけど。
霜柱


つつじのあたりも真っ白。そして、息を呑むような静謐。
霜の原

去年の5月に来た時は、同じ場所とは思えないほど、こんなにも鮮やかに色とりどりだった。
5月はこんなだった


池が凍っている。池が凍っているので

池のほとりの緑の葉っぱがシュガーコートされたみたいになっている。
緑の葉っぱ

寒いだろうけど、水鳥なのに水に入らず座り込んでてどうするんだ!!今日は陸鳥なの!?
水鳥が陸鳥に


日本ではあり得ないことだけれど、この国では、こんな寒い日も必ず、ショートパンツの男が歩いている。この日も期待は裏切られない。
ショートパンツの男


霜も随分解けてきた。でも地面に目をやると、まだこんな小枝が落ちている。まだこんな枝が




二時間ほど歩いて、お腹ぺっこぺこ。途中でデイニッシュを買って帰る。


やっと朝ご飯。ああ、コーヒーのアロマがたまらない。デイニッシュが、これがいける、美味い!幸せ~。
やっと朝食

注:黄色いのは、きつねがちょん切った水仙の蕾を水に浮かべたもの。少し開きかけている。

朝食後、庭に出てみると、スノードロップは蘇っている。そういえばもう、随分長いこと咲いてるね、君たち。
スノードロップも戻る



昼前になってさっきのコップを見ると。
水仙開く

水仙の蕾が開いてきている!

霜が降りても、きつねにやられても、イギリスの花は強いぞ!
(日本のも、とは思いますが。)

持ち直したスノードロップ激励の為に、ひよこ印をワンクリックお願いします!
   ↓


ひよこを押した後、もう一度戻ってきて、蕾だけになっても咲いてきた水仙にも一票どうぞよろしくお願いします!!
   ↓
人気ブログのマーク



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さ・・・・寒そうですね・・・・

見てるだけでも寒さが伝わる写真がいっぱい。でも、日本の寒さとは違って氷りついても詩的に見える光景がステキです。

でもでも、土の上でくつろいでる鴨さんたちには笑ってしまいました(^-^;

スノードロップ、見事に復活。すごくすごく美しいですねー!!!

くるみ | URL | 2006/03/06 (Mon) 19:55 [編集]


くるみさん

鴨、笑ってますか・・・とにかく、さぼってましたよ彼らは!実は水に入ってるのもたくさんいたんですけどね。

KK | URL | 2006/03/06 (Mon) 21:24 [編集]


こちらは、今日は春一番が吹いて、いよいよ春!です。
そちらは、まだ寒そうですが確実に春はやって来ているみたいですね。:)
それにしても、ショートパンツのお方。す、すごいです、、、、。ま、寒々しいので、冬のさなかには、お会いしたくないですけど。

hiro | URL | 2006/03/06 (Mon) 21:35 [編集]


ここのポータルサイト 楽しいですね パリのカメラマンの ブログも楽しかったですよ もちろん ぽちっと おしときました

barnet | URL | 2006/03/06 (Mon) 21:40 [編集]


あ、あの~ォ・・・

何時に起きて何時に出発したんですか?
さぶそ~~~

かよ | URL | 2006/03/06 (Mon) 22:33 [編集]


KKさん、こんばんわ。日本は夜です。

イギリスは寒そうですね。(((゜д゜;≡;゜д゜))) ブルブル
厳しい寒さが伝わってきそうでした。
でも、楽しい散歩のようですね。

イギリスのいろいろな風景を見せていただいてありがとうございました。
またきまぁす。

わふわふ | URL | 2006/03/06 (Mon) 23:22 [編集]


見てるだけで・・・ブルブル

は、早起きされたんですね。いつもこんなに早いんですか。
霜景色の中に出かけてみると…やっぱり寒そうですね。でも、やっぱり出会えたショートパンツの男性に、いるいる、と笑っちゃいました。
早朝散歩のあとの、コーヒーと甘いデニッシュは、格別おいしそう!

UKI | URL | 2006/03/07 (Tue) 04:44 [編集]


hiroさん

ショートパンツに半袖の男、かならずいます!どんな冬の寒い時でも。世界七不思議。

KK | URL | 2006/03/07 (Tue) 06:36 [編集]


barnetさん

人気ブログのポータルサイトのことですね?fc2のランキングとは違って、すっごく沢山のブログが目白押し・・・私のは全く発見できなかったので、設定しそこねたか、と訝ったのですが、よくよく見ると、315位だかに、いました・・・。

KK | URL | 2006/03/07 (Tue) 06:37 [編集]


かよさん

アングロサクソンと結婚すると、こんなこともしないといけないのです。。7時半起床!でしたよ。

KK | URL | 2006/03/07 (Tue) 06:38 [編集]


わふわふさん

寒いのは帽子、手袋、厚手のコートで何とかいたしまして、この景色を鑑賞しに行ってまいりました。ご一緒にいかが??

KK | URL | 2006/03/07 (Tue) 06:40 [編集]


UKIさん

霜の降りた風景を見に行く計画は前からあって、金曜の夜に、いよいよ明日決行!と決心して就寝し、そして早朝起床ラッパとともに飛び起きて、でもロングパンツで行ってまいりました!次回は是非ご一緒に!?

KK | URL | 2006/03/07 (Tue) 06:42 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。