イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

取って置きのビューポイント。さあ、セントポール大聖堂を見に行こう!

セントポール大聖堂(St.Paul's Cathedral。St. Paul'sと略して呼ぶ。)は言うまでもなく、イギリスの旅行ガイドブックの筆頭に載っている程の大変有名な所。

クリストファー・レンによるバロック様式の傑作建築としても、或いは故ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚式が賑々しく執り行われたことでも良く知られている。

だから、私ごときがご案内する必要は無い。地下鉄のセント・ポールズ駅で降りたらすぐそこだし、それすら面倒なら、ロンドン・タクシーに乗れば難なく到着できる。

ここでご紹介したいのは、余り知られていない、このセント・ポール大聖堂の取って置きのビュー・ポイント。

どこにあるのか?

このブログを何度か読んでくださっている方には、「またぁ~。」と言われそうですが、と言えばもうお判りでは?はい。つい最近では土曜のホワイトデーにもうろついていたリッチモンド・パークにあります。

場所の名前はキング・ヘンリーズ・マウンド。元々は前史時代の王様の墳墓らしいのですが、何度も改修が重ねられた結果、オリジナルとは似ても似つかない姿になっているのかもしれない、とのこと。

二週間ほど前に行った時の写真で辿って行きます。


お馴染みのスノードロップ咲き誇る谷間を左手に見て感嘆し、
谷間のスノードロップ


右手の大きな木の周りの可憐な姿を愛でながら進むと、
木の下のスノードロップ


「キング・ヘンリーズ・マウンド」の看板が見つかります。(注:この写真、看板の向こうにもスノードロップが咲いているのがわざと見えるアングルで撮っているのに気付いて頂けましたか?)
看板


そこからは上り坂。

30m程も歩くと早くもリッチモンド・ヒル最高峰でもある、このマウンドの頂上。望遠鏡(←無料が嬉しい!)が設置されています。
望遠鏡


そこからこの穴を通して遠方を見る。すると、

運の良い(≒天気が良い)時には、
・素敵なお店の並ぶスローン・スクエア、
・バッキンガム宮殿に程近いセント・ジェームズ・パーク、
・首相官邸で有名なダウニング・ストリート
・ウオータール橋
を経て、この場所から10マイルも離れた所にあるセントポール大聖堂のドーム部分が見えるのです。このように。
運がよければこう見える


先日行った時は、あいにくの冬曇りで、あの先にあるのね、と想像しただけでした。
今回はこんな感じ


こんなにも離れた場所からビルなどに何ら遮られること無く見通せる景色はヨーロッパの中でも非常に稀。ロンドンにある8つの保護景観のうちのひとつだそうです。

これは、ローマにあるアベニュー・ヒルから鍵穴を通してサン・ピエトロ寺院が見える、やはり有名な景観で、ここからヒントを得たのかもしれないそうです。
※、とここで看板の写真から拡大再生産した写真を挿入しようとするのですが、何度やっても何度やってもどういうわけかダメ・・・。残念ですが、仕方なく取り止めにします。

望遠鏡のそばの地面に置かれた円形モニュメント。
stone monument

グルグル回しで刻まれていたのは、こんな言葉。
Heavens! What a goodly Prospect spreads around Of Hills and Dales and Woods and Lawns and Spires And glittering Towns and gilded streams till all The stretching Landskip into Smoke decays! The Seasons 1727 (by) James Thomson

★論文の書き方の授業で学んだ「大文字で書く言葉のルール」に全く従わずに、好き放題に大文字にしているのが、元言語学徒としては非常に気になる。。それを我慢して、書いてある通りに表記。

☆これ、どうも、セント・ポール方面を見た感想ではなく、逆方向のテムズ川がのたりと流るる景観への感動を表したのでは?というのは私の私見です。和訳は・・・近日中に創刊予定の「看板で学ぼう楽しい英語」メルマガに掲載予定。
(失礼・・・つい悪乗りして筆が滑ってしまいました。創刊予定はありません。)

☆逆にセントポールからキング・ヘンリーズ・マウンドは見えるのか、という疑問については:セントポールのドームの上にも登ったことはあるのですが、それは素晴らしいパノラマ・ビューでした。が、心眼でしか見えなかったです・・・。

fc2ブログ・ランキング参加中です。これをワンクリック、どうぞよろしくお願い致します。
   ↓

人気ブログ・ランキングも参加開始しました。全くタイトルすら発見出来ないので、設定がちゃんと出来ているのか不安だったんですが、315位に居るのを先程発見!道は遠い・・・。すみません、こちらのマークもワンクリックで応援、どうぞよろしくお願い致します!
   ↓
ひよこマークを押した後、もう一度戻ってきてください!!
   ↓
人気ブログのマーク




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えっと、確かにいいヴューポイントではあると思います、人によっては。。^^;; (以下省略)
わたしは好きですよ。

「看板で学ぼう楽しい英語」創刊、楽しみにしてますよ~。

hiro | URL | 2006/03/07 (Tue) 08:23 [編集]


木々の間から・・・・

緑の中に見えるセントポール大聖堂は絶景でしょうね!!

しかし、リッチモンドパークって色々見所あるんですね。りす美さんがお気に入りなのもわかるような気がしますv-238

くるみ | URL | 2006/03/07 (Tue) 19:36 [編集]


hiroさん

10マイルだから16kmも離れている場所をピンポイントで見通すって、酔狂で良いな、と思うんですよ。木の葉に囲まれた穴から覗くのも雰囲気ありますしね。

KK | URL | 2006/03/08 (Wed) 03:52 [編集]


くるみさんへ

夏の夕方だと見える確率は高そうなんですよ。はい、リッチモンドパーク、フル活用させていただいています!

KK | URL | 2006/03/08 (Wed) 03:54 [編集]


公園

キューガーデンへは行かれないんですか?あっそこの入園料の高さにはびびりました(笑)。だってイギリス物価高いじゃん。もったいなくて思わす園内をジョギングしちゃったよ。

のびー | URL | 2006/03/08 (Wed) 08:04 [編集]


のびーさんへ

キューガーデンは仰るように高いので、花が一杯咲いているピーク時を狙って行くことにします。10ポンド≒2000円というのは、幾らなんでもちょっとね・・・。

KK | URL | 2006/03/08 (Wed) 09:30 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。