イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファーマーの妻の在り方 その1

流木を組み合わせたもの

昨日紹介した夫の従姉妹は、両親の近くに住んでいます。

彼女の両親ですが、
・夫がファーマー=農場主。
・じゃあ妻は農婦として農作業に勤しむのか・・・?と思いきや、

このファーマーの妻は、
フラワー・アレンジメントのプロフェッショナル
だったのです。

*****

そういえば30年程も前になりますが、イギリスの「ファーマー」のお家におじゃまする機会があったのですが、その時に目にしたのは、

「ファーマーがきちんとジャケットを着ている。」
「ファーマーの妻がロングドレスを着てディナーを振舞う。」
という姿。

イギリスの農業って日本の農業と随分違う~とびっくりもイイトコでした。

*****

話は戻って、従姉妹の母に当たる彼女がフラワー・アレンジメントのプロ、ということ、私は全く知らなかったのです。
・・・正確には、去年の結婚式の時に、やけに微に入り細に入り、詳しくフラワー・アレンジメントを褒めてくれるので「只者ではない。」と感知してはいたのですけれど。

*****

従姉妹の家に泊まった翌日、このお宅に寄りました。玄関の扉を開けると・・・

目の前に花、花、花。
玄関の扉の向こう側正面

・・・ここにお邪魔するのは三度目で、多分、過去二回も同じような様子だった筈なんですが、「花関係」に目覚めたのが極く最近なもので、目に入っていなかったみたいです!

*****

家の中に招き入れられた後も私はまだ彼女が「フラワー・アレンジメントのプロ」とは露知らず、
「わぁ、素敵!この流木はどこから持って来たんですか?」
※因みに答えは「スコットランドに行く時などに拾って持ち帰る」でした。

とか

玄関入ってすぐの所のコレを見て
「ひやぁ~!華やか!!!え??全部生花なんですか、うわ、凄い!」
玄関の扉のすぐ中右

とか、

一歩中に入って上を見るとあったコレを見て
天井からくるくるぶら下がって
「うお~!!これこれ、こういうのをクリスマス・デコレーションにしたい!」(実は去年の残骸を置きっ放し、とのこと)

などと、ひたすら感動表現に勤しんでおったのですが、

「すっごく素敵・・・上手ぅううう。アダルト・スクールとかで教えたらどうなんですか?」
などと言う言葉がするりと私の口から出て来た時、

「先々週も、クリスマス・アレンジメントの授業をした所なの。」

・・・・え?!先生様だったのですか。。

と、誠に遅まきながら認識したのでした。DVDも出しているとか!

別に学校に行った訳ではないとのこと、多分、そういうのって生まれながらの才能なんでしょう。私には、そういう才能が非常に乏しいのが本当に悲しい。

*****

(広大。。)の中、全般に渡って、
・彼女の作品、
・作品途上、
・作品後置きっ放し
・・といったモノが散見され、でも溢れかえって見苦しい、という訳では無く、

好ましい感じ、です・・・・・・・。

金色や銀色のものも生のものにスプレーをしているのが主で、中には長く置いておくものはシルクのものもありました。

私はシルクフラワーには興味が無いので、私の関心は専ら生花や生素材を使ったものに集中。
※・・と言いながら余談的重要情報:高校の時、通信教育魔だったんです。色々やりましたが、その中の一つに、リボンフラワー講師の資格を得たという、長く忘れ去っていた過去が、私にはあることをたった今思い出した。。あれはどういう気の迷いだったのか自分でも不明。

このアレンジメンもクリスマス用によろしいではないか。
こんなクリスマス用アレンジメントも

あ!!こういうの、木の実や松ぼっくりで作ればいいのね。
木の実を組み合わせたものを板に

これは、むしろ薔薇の右奥のモノが良い味出して座ってる!
薔薇のランプと間抜けうさぎ

こんな感じに太いリボンに木の実やら何やらを絡ませて行くのも・・使えるぞぉ。
太リボンに木の実やら何やらを

などなどなどなど・・・・・・・・・・・・。

*****

これが「アトリエ」。
彼女のアトリエがあった
・・・「ワークショップ」ではなく、確かに「アトリエ」と呼称してました。私もこんな「アトリエ♪」が 
欲・し・い

*****

花だけじゃなくて、ぼろテーブルを拾って来て再生させたりもしていました。
ジャンクを再生したテーブル
チャリティーに出すとのこと。

*****

さて、家の中を練り歩いていて・・隅の方でこんなものを目にした・・・
くるくる曲がった枝が
(右の白いのは大きなリボンでこの際、関係なし。)くるくる曲がった枝!

「うわ。これ、これ、これ凄く良い!こんなのどこで手に入れるんですか?」

玄関に一歩入った瞬間からずっと、しきりに感心・感動・感嘆・雨嵐の私に満更じゃないみたいで、気分が鷹揚に高まっていたと思われる彼女は

「倉庫に置いてあるから、分けてあげるわ。ちょっと待って。」
と言うや、いきなりタッタカ外に出て行き、

この左側が彼女用の倉庫。そこでゴソゴソしていた。
これは他の人が作ってくれた
注:このモダンアート?は他の人の作品とのこと。

そして、沢山持ってきてくれました。

*****

その後も勢いに乗ってしまった彼女及びいつの間にか随行していた叔父とに導かれ、
「ひいらぎはあそこに。」
「ベイリーフも良いわよ。」
「これもお薦め。」
等々、広大な庭(これは家の左手の方の区画。
広大な庭の一角
を周遊し、

ご好意に甘えて存分な収穫作業をし、そして小旅行からの帰り、車に収穫成果を一杯積んで持ち帰って参りました。

このような事から、

  ・・・本当に、

   クリスマス・アレンジメントを

作らないといけない状況に追い込まれてしまいました。


だって夫が「りす美がブログに載せたら見てもらえるし。」などと勝手にぺろりと言ったりするもので・・・。

*****

あっと気付いたらいつの間にかもう12月。急がなくてはならない
・・暇そうに見えているかもしれませんが、これでもワタクシ、なかなか色々やることがあるのです。

ですからもしかしたら、何か作るかもしれません。

作らなかった時は「ブログは日本語だから」とか何とか言って、叔母には知らせない事にしよう。。。

*****

今日もクリスマス・アレンジメントをする時間を捻り出す為、他の諸般の「やらねばならぬ事ども」に精出す私に、暖かいご支援を!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
★上のマーク↑↑↑を一つにつき一回ずつクリックください!

いつも応援、有難うございます!!!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/03 (Sun) 00:26 [編集]


お花 すごく素敵!やっぱりプロはセンスが違いますね。何気ない素材をうまく使ってますね。もうすぐクリスマス ヨーロッパは意外と外は日本に比べると地味ですが お家はやぱり派手に飾るんでしょうね~ 楽しそう!

ウータン | URL | 2006/12/03 (Sun) 01:23 [編集]


ウータンさんへ

センスは勿論、何しろ76歳で数もこなしているようです。もっと近くに住んでいたなら、取り付いて(!)色々教えてもらうのに残念です。

りす美 | URL | 2006/12/03 (Sun) 02:50 [編集]


> 作らなかった時は「ブログは日本語だから」とか
> 何とか言って、叔母には知らせない事にしよう。。。

作る前から、そんなズル考えたら、あきまへんで。

Hiro | URL | 2006/12/03 (Sun) 08:02 [編集]


↑のHiroさんのコメントに

思わず1人で笑っちゃいました。いや失礼。
初めまして、ドイツ在です。
「ファーマーでもジャケット」に反応しての初コメントです。私もその状況に遭遇したことがあり、さすが紳士の国英国やねぇと感心したのを思い出しましたよ。
そしてステキなフラワーアレンジメント♪りすみさんのアレンジも楽しみにしてますね。ズルはあきまへんでぇ~(笑)。

Yoga cat | URL | 2006/12/03 (Sun) 15:49 [編集]


Hiroさんへ

あちゃ・・v-15

りす美 | URL | 2006/12/04 (Mon) 04:59 [編集]


Yoga catさんへ

初めまして!、ようこそ!!

ファ-マー=農作業用の服、というステレオタイプを持つこちらの浅薄さに赤面、ですが、特に奥様の方が偉く垢抜けていて、何て言うか、都会の真ん中でしょっちゅうパーティーやってるみたいな、そんな感じで・・・カルチャーショックです。

さっきちょっとだけYoga catさんの所に遊びに行かせて頂きましたが、丁度これから夕食を作るので、後ほど改めて訪問させてもらいますv-254

りす美 | URL | 2006/12/04 (Mon) 05:04 [編集]


76歳!!

76歳でそのエネルギーに創作意欲にセンスまでお持ちで素晴らしいですね。
私もそんな風に年を重ねたいと、願います☆☆

りす美さん、よい先生が出来てよかったですね。ブログに力作がアップされること、日本からも楽しみにしていますーv-255

くるみ | URL | 2006/12/04 (Mon) 09:04 [編集]


くるみさんへ

くるみさんなら間違いなく素敵に年を重ねられると思います!

力作ですか・・どうしよv-16

りす美 | URL | 2006/12/05 (Tue) 01:33 [編集]


うっし!!私もあと25年はがんばらんと!!  とプラスの気をいただきました。
が、根が怠惰、先延ばし、出不精ときたもんだ。 25年後、どうだかなあ。。とりあえず、すり美さんとは、25年後もこのブログでお会いしていることを希望しまふ。長生きしよっと。

hiro | URL | 2006/12/06 (Wed) 09:05 [編集]


hiroさんへ

あの・・本名ではないのですが、「りす美」でして、「すり身」ではありませんのです。。

長生きしてください!

りす美 | URL | 2006/12/06 (Wed) 20:35 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。