イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二日続けてゲーム・ナイトでした。

日曜日に行ったファーマーズ・マーケット(お読みでない方は→ここをクリック)で何を買ったか?

1.オレンジ色のビーツ
オレンジ色のビーツ

2.雉肉雉肉ごろり
そうです、キジです。

3.鹿肉鹿ステーキ肉

*****

「ジビエ」と言った方が伝わり易いのかもしれませんが、英語では野禽獣肉のことを「game meat:ゲーム・ミート」と言います。
・・・と言う訳で、一昨日、昨夜と二日続けて野禽獣肉=game meatを食べました。
※念の為に付け加えますが、コンピューター・ゲームで二晩連続徹夜した、ということではありません。

*****

小学校三年生の時に読んだ松谷みよ子作「おしになった娘」
:貧乏な小作の娘が病気になって何も喉を通らないので、父親が、当時、百姓が食べられなかった小豆を調達して来て「あずきまんま」を作って食べさせたら回復した。娘は嬉しくて「あずきまんま食べた♪」と手毬をつきながら歌ったところ、小豆を食べた事が知られる所となり、この父親は処刑された。娘は自分の歌が原因で父親を亡くしたショックで口がきけなくなった。娘が川原で悲しんでいる所にキジのひなが一羽で現れた。その時、おしになったはずの娘の口から言葉が出た。「お前も自分が鳴いたばかりに父親を撃たれたのか。」と。
・・・と言ったような話だったと記憶しているのですが、だからキジを食べるのって逡巡したのですが、

去年の年末だったか、たまたま入ったカントリー・パブでキジのメニューがあって、夫が注文したものを恐々一口食べたら・・・美味しかったのです。

だから、今回は自分で料理してみようと思いました。
雉ロースト、取り分け中。
雉ロースト、取り分け中の図。

*****

★私が生まれてから高校卒業まで過ごしたのは奈良市。奈良公園を庭とし、奈良公園の鹿をお供に引き連れて遊んだ、などという訳では全く無いのですが、昔は奈良公園の鹿は神の使いで、食べるなんて持っての外、家の前に鹿が死んでいただけで鹿殺害の罪を問われて石を投げて殺された・・・などと言う事もあって、「鹿肉を食べる」というのも大きな抵抗感があったのですが、

夏のスコットランドで、やはり鹿肉を食べるのは経験済み。

だから、今回は自分で料理してみようと思いました。
鹿肉ステーキ料理の夜
★注:鹿肉は真ん中に。焼いたら縮んだ・・・。

*****

★私は原則的には「シーフード・ベジタリアン+たまには肉も可」派です。
が、西洋人である夫の体は我々と違って肉食慣れして来たつくりになっていて、「たまには」以上に肉系統を食べないとエネルギーレベルが低くなるような、そんな気がして、結婚してからは「メインディッシュは一週間のうち4~5日はシーフード系、2~3日は肉系、野菜わんさか&大豆製品常用」にしています。

game meatを食べるなら、尚一層、野菜も力強いものを食べないと!と思って、「根菜サラダ」を副菜にしました。
驚きの根菜サラダ
※「根菜サラダ」=ジェイミー・オリバーのレシピを大いに参考にしたもので、基本的には根菜類などを薄くスライスして生のまま食べます。これが・・・美味しいんです!!
※ジェイミー・オリバーのレシピは「Unbelievable root vegetable salad」というもので、この本の43ページに載っています。
Cook with Jamie Cook with Jamie
Jamie Oliver (2006/10/05)
Michael Joseph Ltd
この商品の詳細を見る

この本、10月に買ったんですが、私のような「荒っぽい」ヒトでも面倒なく作れる「骨太繊細意外な美味しさ発見レシピ」(←勝手に命名しただけです。)満載で、最近、甚く愛用しています。

今回は
・オレンジ色のビーツ
・赤色の(=ごく一般的な)ビーツ
・にんじん
・ラディッシュ
根菜ではないけれど、
・マッシュルーム
・ロケット
・セロリ
・栗
・くるみ
・ごま
も仲間に入れて、

最近ヒット中(拙宅内限定ですが)の特製ドレッシングで和えました。
※ファーマーズ・マーケットで買い物した後で入ったパブで食べた「ほうれん草と苺とくるみサラダ」という不思議なモノ・・・このドレッシングがベリーの香りがするような気がして聞いてみたら「ブルーベリー・ドレッシングだ」と言うので・・・それをヒントに
「マーマレード・ドレッシング」を研究開発(!)したのですが、
オリーブオイルにマーマレードを混ぜ混ぜ・混ぜ混ぜして、レモンを絞って、塩・こしょうを挽き入れて、醤油をちょこっと垂らして、そんな感じです。
サラダは今一つ、酸っぱいのも苦手、という夫なのに、このドレッシングだけは何と「美味しい!♪と言ってます。

*****

★「オレンジ色のビーツ」って、サラダボウルの中のどこにあるの?と思われた方、そうなんです、オレンジ色の服を着た、実は中は鮮やかな黄色ビーツだったんです。(写真内のオレンジ色ものものは人参です。)
外はオレンジ、中はブライトイエロー
皮を剥いた後の断面です。まるで忍者だ・・やるなぁ!敵ながら(?)天晴れ!

*****

★雉肉は、「ほうれん草と苺とくるみサラダ」を食べたパブに置いてあったIndependent紙をぱらぱら見ていたらピーターシャム・ナースリーのシェフ、Skye Gyngellさんのコーナーに雉料理のレシピが載っていて、それを使いました。

*****

★鹿肉は、シンプルなのが良いかな、と思って塩コショウ&オリーブオイルを塗って、グリル→ローストしただけです。もう少し真ん中がレアな方が良かったかもしれないのですが、また今度。

ところで、鹿肉の右側にある緑色のものは、あれは何??
・・・実は先日、ブログのメールフォームに「我が社の製品を試食して欲しい。」というメッセージを頂きました。
何かの間違いと思って「日本に住んでいません。」とお断りメールを返した所、
「間違いではない。出来るだけ多くの人に食べてもらいたい。何もコミットメントは無いけれど、出来ればブログで紹介して貰えれば嬉しい。」といったお返事を頂き、
「口コミ・マーケティング、という訳ね。お手並み拝見!良い感じだったら紹介しようじゃないの!」
と住所をお知らせした所、数日たって、製品説明リーフレット、レシピ集と共にサンプルが届いたのです。

博多にある「つなば本舗」の「ゆずとんからし」という製品です。中身の前に私が感心したのは容器でした。長く店頭薬の商品開発に携わっていて、容器の重要さを実感しているからですが、この「スタンドパック」、中身の新鮮さ保持と使い易さの双方を満たして良いじゃないの!(でもガラス瓶より安っぽく見えるのはやっぱり否めないけれど・・・)

これをシンプルにグリル&ローストした鹿肉につけて頂きました。ら、・・美味しいですよ!

せっかくなので、もう少し色々なものに試してみようと思っています。


つなば本舗さんのリーフレット、製品、ウェブサイトの全てにわたって緑茶色でカラーコーディネイトしてあったので・・私もそれ風の色にしてみました。

*****

以上、「ゲーム・ナイト」のレポートでした。
・・引き続き、「ブログランキング投票コーナー」にお進み頂き、三つのマークをクリックしてからお帰りくださいませ
<ここ↓↓↓が「ブログランキング投票コーナー」です。>
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  

いつも応援有難うございます!



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「マーマレード・ドレッシング」美味しそう♪♪♪
ドレッシングを作る時はいつもオレンジジュースを混ぜてて、今ひとつピンと来なかったのですが、今度はマーマレードで作ってみますね。

pippi | URL | 2006/12/06 (Wed) 21:07 [編集]


pippiさんへ

是非どうぞ。イケルと思います!

りす美 | URL | 2006/12/06 (Wed) 22:01 [編集]


meat

おはようございます、guitarbirdです

キジ肉をこうして売っているのですね。
それだけでも見に行きたい!(笑)。
オレンジ色のビーツは前の記事から気になっていたのですが、
この最後の写真を見ると、サツマイモみたいですね、見た目は。
ビートといえばこちらでは砂糖大根くらいしか思い浮かびません・・・
シカ肉は、私の記事でコメントをいただきましたが、
すぐに写真で見られたのはうれしいです。
ああ、ここに来るといつもコメントが長くなる・・・(笑)

guitarbird | URL | 2006/12/07 (Thu) 07:37 [編集]


おいしそー

こんばんわ
雉肉おいしそうですね。実は 昨年ホリデーに いったときに 雉が運転していた車に ぶつかってきたんです。ものすごく 急にでてきたんで よけれなかったんですが。でも反対方向から来た車の人が にこにこして ひろっていましたので、たぶんとってもおいしいのかな?っておもったしだいですが。
彼は とっても残念がっていました。本当はぶつけた人は ひろっちゃいけないけど(イギリスでは)でも あの人がいなかったら 絶対ひろえたのに、、、って騒いでいました。

ケイティUK | URL | 2006/12/07 (Thu) 09:30 [編集]


わ~!さすがお料理上手!
使い慣れない食材とは思えない、見事なできばえにパチパチ。
ゲームミートに合わせた、力強い根菜たちの鮮やかなサラダも秀逸ですね~。
私もドレッシングレシピいただきます♪
こっちのお料理に合うサラダレシピは、試行錯誤が続いていたので...楽しみです(^^)

UKI | URL | 2006/12/07 (Thu) 18:42 [編集]


guitarbirdさんへ

黄色のビーツ(ビート・ルートと言いますが)は本当に鮮やかな黄色で、赤い(赤黒い)ビーツの独特の癖のある匂いがせず、ほんのり甘くて非常に気に入ってしまいました。ファーマーズマーケットにわざわざ行かずとも、この八百屋さんの場所が判ったので又行ってみようかな、と目論んでます!

鹿肉は次回はミディアムで食べてみたいと思っています。

・・・食い気が一杯の今日この頃です!

りす美 | URL | 2006/12/08 (Fri) 06:03 [編集]


ケイティさんへ

それは本当に本当に本当に残念な事をしましたね!
・・・でも自分で捌くっていうことですか、ひょっとして。ひえ~・・・・・・そればかりはご勘弁を。
*実は写真で雉肉の上にぴゅっぴゅっと黒いものが見えるの、私は勝手にローズマリーかタイムか、そのようなものだと思っていたら、羽の残骸だったのです。それが判っただけで強烈に引いてしまったのです。

りす美 | URL | 2006/12/08 (Fri) 06:05 [編集]


UKIさんへ

お料理上手、じゃあないんですよ。何しろレシピを「あ、ここ面倒だからこうしよう。」と勝手に改竄する名人でございますv-15

マーマレード入りのドレッシング、気に入ってもらえれば本望です!

りす美 | URL | 2006/12/08 (Fri) 06:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。