イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリス町村採点:但し我流。

家のどこかに隠されている

「こういう所に住んでみたい。」・・・と思うに到るメカニズムは所謂「右脳」による総合判断によるのかもしれませんが、強いて「左脳的」に要素を列挙して分析を試みました。

以下、順不同です。

◆要素1:上質で楽しいキッチンショップがある。
ハビタとかヒールズっていうようなチェーン店じゃなくて、独立店舗で、いわばキッチン用品のセレクトショップ。まず、これが有るか無いか、有ったとするとどんな品揃えか。
★私にとって物凄く大切な要素です、これ!

◆要素2:ローカル本を扱う本屋がある。
全国的に流通していない、その町や村独自の話題の、したがって部数も少ない本。場合によってはリーフレットみたいな薄いもの。アマゾンでは買えない本。
・・・そういうのを扱う本屋があるのって文化度が好ましいレベルと思うのです。

◆要素3:アダルト・スクール生徒作品のレベルが高い。
ハンプシャーの有る町に「陶芸展」の看板が出ていて入ってみたら・・・
貝殻風の大皿
貝殻風の大皿。

楽焼(Raku)の花瓶など。
楽焼の花瓶など

小太りの可愛い船。小石の色選択も良い良い!!
小太りの船が可愛い

極彩色の大皿。その左奥の茶色いのは足が生えたゴミ箱!
極彩色の大皿やゴミ箱や

カラーなんですが、何故か水墨画を髣髴とさせる大皿(右手前)など。
水墨画みたいな大皿


作家は全員ナイトスクールで陶芸を習っているアマチュアとのこと。びっくりする程、玄人はだしで感心しきりでした。

◆要素4:小じゃれたカフェやレストランがある。「大それた」ではなく、あくまで「小じゃれた」なのです。日本みたいについつい足が向く居酒屋が町にゴロゴロ、っていうのはもうイギリスでは有り得ない夢、と諦めたので、せめてカフェ、レストランはそのようなものがあらねばなるまい

先日のノーフォークの旅、結婚記念日当日に行った川沿いのレストラン。誠に誠に大満足でした。
ウエイトレスのマナーが最高。客も楽しおとなしく食べている。
レストランの天井です。
写真を撮るのがはばかられて・・天井風景です。
勿論、お料理・・カナッペもスターターもメインも、全部合格点、しかもお値段はローカル価格!

★逆に、ある町に行って歩き回っても入ってみたいカフェが無くて、でも足が棒になってきて仕方なく入ったチェーン店N。何と・・チョコレートケーキの中ほどでやけに塩辛くって「??」と思って断面を見たら塩の結晶が光っていた・・・Nにはどの町であろうともう、行かない!!

◆要素5:スーパーマーケットはウエイトローズとテスコとが欲しい。
行く度に隆盛とアップグレードを感じ取れる一般スーパー最大手テスコでおおよその物を買って、拘りあるものは高級スーパーたるウエイトローズで買う、あとはスペシャルティ・ショップで補う、というパターンなので。

◆要素6:毎日でも行きたい雑貨屋、クラフトショップがある。
好きな雑貨屋やクラフトショップは、そこに居るだけで気分が高揚して来るので精神衛生上も不可欠

◆要素7:品揃え豊富なイタリアン・デリがある。
店を見回すだけでも幸せになれますが、お兄さんやお姉さんがとっつき易くてお友達になれて、試食もどんどんさせてくれる人だと文句なし

◆要素8:近くに沢山の種類の苗を扱うガーデンセンター、ナースリーがある。
こういう所も実用面だけでなく、私にとってはパワースポットなので、・・・逆に、無いと発狂します。

◆要素9:オドロオドロしくないオーガニック食糧店がある。
インド風音楽が流れている、照明の暗い・・そういうのではなく、普通の人(=私)が入るのに躊躇しない店構えのものです。

◆要素10:女性でも居心地の良いパブが数軒ある。
パブに女性一人で、或いは女性だけで入れない、と思っている人が居るようですが、そんなこと全くありません。
パブのカウンター付近
「良いパブ」は一歩踏み入れると感じ取れる・・快活な雰囲気、微塵も荒れていない、煙もうもうじゃない、等など。

*****

ざっと読み返してみると食品関係が多い・・・。
夫の場合はプラスティックモデル屋とか海とか川とか山とか、そういう要素が上位に来るはずですが、今時プラスティックモデル屋は余り無いのが・・彼の苦悩源のようです。

*****

町村採点の後はブログ採点??甘く、甘甘で・・どうかお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
「ま、許せるな。」以上の場合(以下の場合でも良いですよ!!)・・・上のランキング・マーク(出来れば三つともお願いします!!)を一度ずつクリックくださいませ。

*****

クオリティ・オブ・ライフで全英一位のカウンティは「エルムブリッジ」と以前読んで、どんな所かと気になってます。
クオリティオブライフ一位のカウンティ
近くのようなので、その内是非行って観察しなくては!

*****

尚、一番上の写真ですが、陶器展で夫が私にと買ってくれた「クリスマス・プレゼント」:その後見当たらないので聞いてみると、「クリスマスまで内緒だから。」とのことでした・・・。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

天井の梁。

とてもよい感じですね。
推し量ります^^。

ish | URL | 2006/12/05 (Tue) 20:27 [編集]


治安のいいパブ・・・

SKYがテレビでやってないとこ・・・

サッカー好きのイギリス人が夜な夜なたむろってビール飲みながら大騒ぎしてないとこ。

でもそういうパブ大好きですけどね。

数年前のヨーロッパ選手権の時に
近所のパブでイギリス人に混じってイングランドを熱狂的に応援してたらしらないおっさんがビール奢ってくれたことがありました。

家で飲むばいいのになぜかパブに出掛けてしまうんですねぇ。

イギリス人も、

そして小生も・・・

ちあ菌 | URL | 2006/12/06 (Wed) 00:00 [編集]


ishさんへ

なるほど、食べるまでもなく、梁を見れば実体が判る、ということですね!?

りす美 | URL | 2006/12/06 (Wed) 05:47 [編集]


ちあ菌さんへ

「小生」・・え??ちあ菌さんって男の人だったんですか?????女の人だとばかり思っていたのですが?!?

私もサッカーの試合の時にパブに行ってビールおごってもらおうっと!!

りす美 | URL | 2006/12/06 (Wed) 05:50 [編集]


さてさてお久しぶりの書き込みスタートです。

むむむ、、とりあえず、店!!!ですね、キーは。
ふらっと入れる、お気に入りの店がある、それと、品揃え豊富なスーパーがあるっていう点が重要なポイントみたいですが。プラスカルチャーセンターの質の良さ、と。
うーん、どうだろ、日本では、ま、そういう場所は探せばけっこうありそうですよね。特に都内なら。エゲレスでは、無理っつうことですな。 なかなかに難しい。。しかもりす美さんのばやい、ガーデニングも思う存分楽しみたいって。うわああ、すっごい欲張り! 笑v-8

hiro | URL | 2006/12/06 (Wed) 08:54 [編集]


hiroさんへ

えっとね、「ここが良いかな?」っていう所が満たしている条件を逆に洗い出したらこうなった、っていうのが本当の所なので、あります、全て満たす所v-10!!

りす美 | URL | 2006/12/06 (Wed) 20:33 [編集]


北海道でも

おはようございます、guitarbirdです

これは面白いですね。
北海道ではどうなんだろうと、あまり多くは知らないですが、
私が知っている市町村を思い浮かべながら読んでいました。
が、ほとんどの項目は、日本ではそもそも考慮されないようなことばかり・・・
ただ、小ジャレたカフェやレストランは、増えているようではありますが、
それは外見だけで、中味はどうなんだろう・・・

guitarbird | URL | 2006/12/07 (Thu) 07:42 [編集]


guitarbirdさんへ

日本には日本なりの設定要件があると思います。
「富士山が見える」(○○富士というのでも可)
「お任せで料理を出してくれる居酒屋がある」
「気に入っている魚屋がある」
とかとか!?

*日本に近頃乱立する外見だけ小ジャレて中身はサービスの何たるかを全く判っていない若い子達が傲慢にやっている所、いけませんね・・・・・・でもそういうのでもイギリスだと貴重な店に思ってもらえるかもしれません。

りす美 | URL | 2006/12/08 (Fri) 06:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。