イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本では地震があっても立ち直って住み続けるのと同様、

洪水が何度も来ても住み続けているイギリスの町の話です。
教会が多いノーフォーク

イギリスは地震が無いので「え、そんな置き方したら地震が来た時に危ない!」というような置き方がされている場合が多くあります。
・・・皿が無造作にディスプレイされ、大きな花瓶が高い所に置かれ、etc.

その度に、
「あ、そうそう、地震は無いんだ。」
と我に返ります

日本の家屋が築15年で建物の価値がゼロになるっていうのも地震が多い事に関係しているんでしょうか、きっと?
・・・逆にイギリスのように何十年、何百年を経ても建物の価値がゼロになったりしないどころか値上がりまでする、とか、古い古い歪んでいる家を好んで住む人が多い、っていうのは、地震が無いのが大きく影響しているんでしょうか、多分?

*****

イギリスは日本のように山がそびえていない、概してなだらかな国土ですが、先日のノーフォーク~サフォーク界隈(お読みじゃない方で場所を知りたいという方、ここをクリック頂くと地図が出てきます。)、際立ってフラットな土地です。

うまく写せなかったのですが、これは、
川よりも低い土地
川、土手、農地があって、川より農地の方が低い所を写そうと試みたものです・・・失敗作で大変失礼します。

だから、地震が無い代わりに、というのも何ですが、洪水が多発します。

*****

Bank Houseに宿泊した(詳しくはこれをクリック!)キングズ・リンという町ですが、川沿いの町で、過去何度も何度も何度も何度も洪水に遭い、

      この建物に、どこまで水が来たかの記録が
      何箇所も。
      洪水が何度もあった証拠
      1メートル近くまで達したことも
      あるみたいです。
      ★注:赤いの字=夫の象徴

それでも水が入ってくるのを防ぐ工夫をして、

◆通常は奥行きの深いベンチになっているのが、いざという時はそれをはね上げて防御壁にするようになっているもの(写真取り忘れ・・・)

◆玄関先の写真です。ぱっと見には別に何も変わった所が無い、
一見どうということのない
かもしれませんが・・・

よくよく見てみると、
実はとの外側に洪水防止装置
ドアと通りとの間に縦に溝があって(で囲みました)、洪水になったらそこに板をはめて水を食い止めるようです。

◆洪水で水が染みた跡がついている・・・ハンプトンコート@キングズリン
「ハンプトン・コート」という名前の雰囲気満点のレジデンスがありました!

*****

・地震があるけれど温泉も有る。冬でも空は青い
・地震は無いけれど洪水が有る。冬はどんより暗~い・・・。

どちらが良いのか?

どちらの場合も、「ここに住む」と決めたら腹を据えて住む、ということに変わりは無いみたいです。

*****

お読み頂いたら・・・
面倒がらずに(面倒でしょうが・・・お察しします。でもでも、)
是非とも、必ずや、ランキング応援クリックをしてから帰って頂けると非常に嬉しいです。

どうかよろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
上の三つのマークを、それぞれ一回ずつクリックしてくださいませ。

Thank you very much!!!!!

*一番上の写真は、この町の教会の一つが夕日を受けて美しく輝いていた写真です。ノーフォークはイギリス一教会が多い土地と聞きました。この町にも沢山立派な教会がありました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

dekobokoもしょっちゅう、レンガを積み上げた建物を見て、地震がない国だからあれでもいいんだな、って自分になっとくさせたりしてます。それでもパブとかにはいって、レンガの壁にくっついて腰掛けるときは、また地震のないことを自分に言い聞かせないと、おちつきませんね。同感至極でした。でも、水も恐いですね。あんな仕切り板で本当にフラッドが防げるんですかねえ。
(別便をMixiで送ります。)

dekoboko | URL | 2006/12/11 (Mon) 04:58 [編集]


dekobokoさんへ

dekobokoさんもやっぱりそうですか?? 体にしみついた感覚は本能みたいになってしまってます。
板で洪水が防げるのか・・・・・さあ~、なかなか難しいだろうと懸念します。

りす美 | URL | 2006/12/11 (Mon) 07:15 [編集]


日本の一戸建ての平均寿命は30年。一方イギリスはそれは141年だそうで(http://realestate.yahoo.co.jp/docs/myhomeguide/01_64_01.html),日本では住宅ローンがようやく終わったら,家の寿命が終わっているというひどさ。とはいえ,日本の住宅の場合,古くても住みたくなるような家がほとんどないというもの事実。戦後急激な経済成長を遂げた日本で,かつての貧しい時代に建てられた家に住めという方が酷なのかもしれません。
また,断熱技術や耐震技術なども向上して,やはり家は新しい方がいいよねということになってしまう。
ちなみに,うちの親がちょうど家を新築しておりますが,木造建築ですが,きちんとメンテナンスをすれば60年は大丈夫だそうです。それでもイギリスの平均寿命の半分以下。日本の住宅はどこか根本的なところでおかしいのではないかと思います。
イギリス人の古いものを大切に使うという意識もあるかと思いますが,141年というのは本当にすごいと思う。そこで,りす美さんに聞きたいのですが,イギリスの一戸建ては木造住宅が多いのでしょうか。それとも煉瓦造りの家が多いのでしょうか。

すー | URL | 2006/12/11 (Mon) 13:23 [編集]


こんばんわguitarbirdです

日本の場合は、絶対に水が入ってこないように治山治水対策しますが、
英国のこのような姿勢の方が自然と向き合って生きている、
という感じがしました。
どこまで水が上がったなんて記録にとっているところも、
ある意味生活全般を楽しんでいる姿勢ともとれました。
ちなみにうちは震度5強以上になるときっと
CDがいっせいに棚から崩れ落ちると思います・・・

guitarbird | URL | 2006/12/11 (Mon) 17:41 [編集]


地震苦手です・・・

こんにちは!

ブログへのコメントどうもありがとうございました!!

わたしは、反対で、イギリスで地震がないのに、慣れていたので、日本に帰って来てから、地震が大の苦手でした・・・・

ねずみなみに、地震が来る前から察して、夜とか、家族のほかのメンバーの寝ている部屋に飛び込んで行ったことがしょっちゅうでした。

日本人は、さすが、地震慣れしてる・・・と感じたことがしばしばでした。

イギリスでは、ほんのちょっとの揺れ(震度1,2)くらいでニュースになってしまいますものね。日本からすると信じられないですよね。

ほんと、地震があっても冬でも空は青い、地震がなくても、どーんより暗い、どちらがいいのか・・・ ですね。実は、ど~んより暗いのも結構苦手でしたぁ。

どちらにしろ、ここに住むと決めたら腹を据える!その通りですね!!!

arigatou | URL | 2006/12/11 (Mon) 20:58 [編集]


ほんっと地震ないですよねぇ。
6年イギリス住んでましたけど、そういえば一度もなかった・・・地震。しかし一昨年の夏日本に帰国して早々に東京は地震ばっかりでした。

日本は地震大国だと実感した年でもありました。

ちあ菌 | URL | 2006/12/12 (Tue) 00:17 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。