イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新しいペット!その名はジェノーム。

パート1
ペパーミントグリーン地に紫・黄・ピンクの微かな縦じまが入ったカーテンを、日本の以前の家のLDKに吊っていた。気に入っていた。

イギリスにもそれを持ってきた。

掃きだし窓三つ分=六枚もある。それらをこの家に使えないかと思ったけれど、幅も長さもどの窓にも合わない。

キッチンの背高ドアに試しに吊るしてみると、てんで短い。丁稚ドンが着物から脚がにょっきり出してるみたいな・・・つんつるてんの浴衣みたいに滑稽・・・。
つんつるテン

もちろん使い物にならない。

沢山あるから、うまく継ぎ接ぎすれば良いかな、と思って、ならばミシンが必要!ということになった。
リンクしているタイの宝石鑑定士さんのカーテン作りに刺激されたのもきっかけの一つかも・・・。


パート2
ミシンは娘が幼女の頃(≒20年ほども前!)、ワンピースやらジャンパースカートやらを濫造乱造したのを最後に触ってもいないし、あの頃使っていたのは実家に置き去りになっているから現地調達。

今、ミシンって、どんなのがあるのか?どういうのを選ぶべき?

全く手がかりが無いので、まず、街角のミシン専門店に行ってみた。
・私:「カーテンを縫ったりしたいんですけど、どんなのがお薦め?」
・おじさん:「これは○種類のステッチが出来る。こっちのは◎種類も出来るのでが少し高い。更にこれは多種類のステッチをコンピューターで自動設定できるので大変高い。」
・私:「いやいや、だから私はカーテンとかを縫うだけなので、ベーシックな機能のもので、モーターが比較的しっかりしたものを選びたい。」
・おじさん:「うぅ~ん。」

Whichという、暮らしの手帳の商品評価のようなことを専門にやっている雑誌があることを知って、図書館で見てみた。けれど、ミシンの特集は無かった。

Whichに載っている他の電気製品の評価の中に、ジョン・ルイス(鏡台を買った百貨店)印のものが高評価を受けているのに気付いた。

ジョン・ルイス印って、要するにどこかのミシンメーカーに作らせて、ブランド分価格を高くしてるだけでしょうに?と思いながらも行ってみた。

ミシンのコーナーにいるおばさんに、ミシン専門店のおじさんにしたのと同じような質問をしてみた。すると・・・
・おばさん:「刺繍程度の軽い用途ならそれ程しっかりしたモーターは要らないけれど、カーテンのようなヘビー・ワークには結構しっかりしたモーターのものが必要。本当の基本ステッチだけならこれ(99ポンド≒2万円強)で良いけれど、もう少しヘムかがりの便利なものがついていて自動糸通し機能もあるのがこのJL200で199ポンド(≒4万円強)。もっとステッチが沢山出来るものだと299ポンド(≒6万円強)のこれを薦めるけれど、そこまでは必要無いと思う。私自身はこのJL200 を使っていて重宝してる。娘は99ポンドのこれを使ってる。」
嬉しい期待はずれ!多少は長いお喋り風ではあるけれど、ずばり答えが返って来た。
・私:「ところで、これは、どこのメーカー製?」
・おばさん:「ジェノーム。JL(≒ジョン・ルイス)が大量発注してるので、ジェノーム製のJLマーク無しのよりお得。同じ値段でJL製の方が機能が充実している。」
・・・テキパキと的を得た答えを立て板に水でくれるおばさんの勝利!

買った!!199ポンドのを即買い!

★もう、お気づきかもしれませんが、「ジェノーム」=イギリス人による「蛇の目」の読み方。つまり、私が買ったのは蛇の目ミシン製造のジョン・ルイス印のミシン。

パート3
使ってみると、これが誠にスルスル動く優れミシン!

自動糸通し機能(老眼には便利な目玉機能!)も駆使して仕上げた初期作品、以下の通りです。

全貌から。
カーテン完成

★右横にごにょごにょ線等が見苦しく写っているのは見ないで頂きますよう・・・。

継ぎ接ぎ部アップ
カーテンアップ

つんつるてん出身とは思えない、そして、継ぎ接ぎ(生地を横にして使用)して長さを出した意図が丸見えではない、大変満足の行く結果となった、と、自己満足最高潮です。

次に作ったのがブラインド。ローマン・ブラインドのようなややこしいのは勿論めんどうなので、ぺロリとシンプルなもの。
ブラインド


最後に、これがジェノーム君です。何の変哲も無いシンプルな子。
ジェノーム

こういうのって買ってみると可愛くなって、まさしく下手の横好きとはこのこと。次々色んなものが作りたくなってインスピレーションが湧いてくるような感じ・・・この新しい「ペット」と共に、次はテーブルマットやクッションカバー等の制作に繰り出そうとしているところです。

◇追記:ジョン・ルイスっていうのは、中程度クラスの百貨店らしいんですが、
-近所にある。
-品揃えが良い=売り場面積は大きく無いのに私が欲しい物がちゃんと並んでいる。
-結構上質の家具や出来合いのカーテンや生地も揃っている。
-日本だと百貨店でミシンや電気器具を買うなんて有り得ない(少なくとも私は)し、例えば高島屋印のミシンとか洗濯機なんて聞いたことも無いけれど、JL(=ジョン・ルイス)印って信頼に足りそう。
-馬鹿が付くほどのお高さでもない。
と言う具合で、大変気に入っているのです。

日本に居る時は伊勢丹や松屋で化粧品や洋服、あとは地下の食品を買うぐらいしか活用していなかった「百貨店」。イギリスはちょっと機能が違うのかも・・・。

fc2ブログ・ランキング参加中です。これをワンクリック、どうぞよろしくお願い致します。
   ↓

人気ブログ・ランキングも参加開始しました。fc2の何倍も何倍も規模がでかいようですが、それでも、現在やっと93位に来ています・・・。すみません、こちらのマークもワンクリックで応援、どうぞよろしくお願い致します!
   ↓
ひよこマークを押した後、もう一度戻ってきてください!!
   ↓
人気ブログのマーク

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えっ、ぺっと!?と思ったら…おもしろくてかわいいペットを、入手されたのですね。
カーテンの仕上がり、すばらしいです!ジョン・ルイスは、手軽でそこそこのものが多いので、けっこう便利ですよね。
次回作品も、続々ご披露くださいませ。

UKI | URL | 2006/03/09 (Thu) 03:30 [編集]


ペットって!

私もペットって、健ちゃんみたいなワンちゃんでも飼われたのかなぁ??って思って飛んできましたが(^^;)

でも、りす美さん、器用ですねぇ。
ステキな仕上がりですし、すかした色合いがすごく綺麗で、生活にまたうるおいが増えましたね♪
これからもステキな作品が増えていくんでしょうね。でも、百貨店製のミシンって私にも驚きです。ミシンはシンガー!!って思ってましたから!!

くるみ | URL | 2006/03/09 (Thu) 09:42 [編集]


UKIさん

カーテンの仕上がりは、ほんとは色々失敗してるのを写真ではっきり見えないので幸いしているんです・・・だから実物はお見せ出来ない!!

KK | URL | 2006/03/09 (Thu) 21:13 [編集]


くるみさんへ

写真は魔術師・・・アラは多々あるのですが、まぁ、失敗に学ぶと言う事で自分に優しい私なのでした。

ミシンってそう買わないものだから、何を基準にしてどこで買えば良いのか、困りました。日本でたと、どうしてたんだろう・・・。

KK | URL | 2006/03/09 (Thu) 21:15 [編集]


ジェノーム君、なかなかやりますなあ~。あ、違うか、りす美さんが、すごいのね!笑

カーテンステキ!布ってねえ、ちょっとした使い方でがらっと部屋の雰囲気変わるから、私も一時はまったことがありましたけど。
なんせミシンが怖くて使えない。
不器用なんで。(高倉健さん風)
手縫いでちくちくやってたことありました。

今はもっぱら、安くてしゃれた和風の風呂敷や、使わなくなったスカーフなんかで、お部屋のぼろ隠し。笑
火災報知器の検査とかで人が家に入ってくる!ってときに、見られたくないところに、(洗濯籠やら、ドレッサーの棚とか)にパラリとかけて、、。>< しょーもないことやってます。

hiro | URL | 2006/03/10 (Fri) 08:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。