イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

で・き・た!

思えば長い道のりだった・・・。

結婚記念日にノーフォークに行った帰りに寄ったサフォークにある夫の従妹の家と、その両親の家。そこから大量に各種木の枝を持ち帰り、
こういう所から色々取って来た。
こういう所から色々物色したのです。

そして、まず、拙宅流クリスマストゥリーを作って、その後リース作りに進んだ(この間の事情は、よろしければここをクリックしてご覧ください。)ものの、

小枝を束ねた部品を組み立てて・・・という所まででストップしていた。

それをクリスマスが迫りに迫り来る昨日、とうとう、

やっつけました!

まず、しで紐(っていうような記憶があります、茶色の毛羽立った紐。ホームセンターで売っていました。)でぐるぐる巻きにして、スポッと抜け落ちたりすることが決して無い様に、土台部分を強化。
しで紐でぐるぐる巻きに。
※我ながらしみじみ。。思えば私も成長したものだ・・・せっかち大将(女ですけど)なもので、何をやるにも、とにかく本番にさっさと進みたいと気が急くのが常。なのに、「土台部分を強化」なんてことが出来るようになったのだから!!

おことわり:その後、熱中して事を進めたので、途中経過の写真は一枚もありません。

*****

夜になって夫が帰って来て、家の中に取り合えずかけておいた「リース」を見るや、

おお、

すばらしい。

感動した!


と、予想範囲内の賞賛(うちの夫が特殊ではなく、西洋の男性は一様にそんな感じです。)を受け・・・

すると直後にかかって来た電話(夫の父から)に向かって、

「りす美(仮名です。念の為。)クリスマスの壁飾り(wall decoration)を作ったのを愛でていた所。」
と報告しているのを聞き、


ん?!? 

「壁飾り」じゃなくて、リースなんだけど???

何か、問題あるでしょか???


その、

問題の、

作品は、


これ↓です。  
  ↓
  ↓




  






  
完成後、玄関のドアに着けたところ。

★原材料一式:
 小枝
 ひのきの葉、
 柊の葉と実、
 もう一つ名前を忘れた木の葉、
 加えてポピーのシードポッド、
 春にオーストラリアから持ち帰ったジャラの実(銀色にペイント)、
 麦(家の前に生えたもの:鳥が種を運んで来たものと思われる)、
 籐製星型
 リボン

★総費用:これでも1000円程度はかかってしまった・・・スーパーグルー(ボンド)が500円以上。籐製星型、スプレー、紐、針金、リボン、等。

輪にしてそこに木の実をくっつけて行くのは、非常に困難だったので、方向転換して、空洞部無しのものと致しました。

★因みにランダムハウスの英和大辞典によると、
リース(wreath)とは
1(編んだりよったりして作った)輪; (花や葉などで作った装飾用の)冠、輪; 花冠、花輪
2 輪状(うず巻状)のもの
・・・などとなっており、どうやら「リース」とは「輪」が基本形のようです。

あ~あ。

だから、私が作ったのは

「壁飾り」でした!

・・・来年は、リース作り教室に行って習って来て、正真正銘の
「リース made by リース美」
を作ろうと思います。

お粗末さまでございました。

でも一心不乱に取り組んだし・・・敢闘賞、受け付け中!♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
ブログ・ランキングの応援クリック、よろしくお願いします!!!(三つのマークをそれぞれ一回ずつクリックくださいませ。)


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りす美さんご無沙汰しております。^^
素敵な壁飾り(私もリースと思ってました^^)ですね~手作りってやっぱり素敵ですよね^^
ペイントがナイスだわ~~~^^

hami | URL | 2006/12/20 (Wed) 03:27 [編集]


hamiさんへ

おお・・そんなに褒めてもらうと本気にしてしまう危険性があります!来年はちゃんと穴あきのを作ろうと改めて決意!

りす美 | URL | 2006/12/20 (Wed) 03:40 [編集]


自分では小枝の一本もまとめたり、くくったりできないくせに、えらそうなことを、おくればせに、言わせてもらう dekoboko です。リースのリの字も造ったことないけど、リースが輪っかだってことだけは知ってました。でなけりやあ何で土台を丸くするんですかあ。なあんて、ほんとこんなこと言えるような物作りしたことないのに、生意気言ってます。緑の葉が茂る壁飾り、ってとこがとっても気にいりました。大好きになってしまいそうなアーティスト、りす美さんの力作ですね。祝完成!!!

dekoboko | URL | 2006/12/20 (Wed) 05:12 [編集]


dekobokoさんへ

最初はね、勿論、穴あきのつもりだったんです。でも、土台に葉っぱを絡めて、その後、木の実を色々くっつけて行くとした時に、ぺたぺたボンドで貼り付けていくのが何だかとっても人工的な感じがしてどうだろう、と思って・・・、で、葉っぱをまとめてぐるりと360度分回転させて、それを土台に留めて行こう、と、この前のジャージーで見た穴無しのものを思い出して進めて行ったら・・・あんな結果となったのでしたv-12

りす美 | URL | 2006/12/20 (Wed) 05:42 [編集]


wreath

おはようございます、guitarbirdです

TBありがとうございました。
私のところでコメントした、読んだ記事というのは、
このひとつ前のもののことでした、勘違い。
リースについて、とっても勉強になりました。
なるほど、輪状じゃないとだめなんですね。
私が作ったものは、間違いなく違いますね・・・
そういう単語による意味の違いがまた面白く興味深いです。
ちなみに私は、感動した時の言葉の表現が
欧米人みたいと言われることがよくあります(笑)。
でも、きれいですね。

guitarbird | URL | 2006/12/20 (Wed) 06:13 [編集]


guitarbirdさんへ

リースの記事内でリンクされていたリース関係の記事元へ飛んで行って堪能しました、そして、又、別のを作りたい気持ちが湧いて来てしまって困っています。だって、どこに飾るのだ!?!

りす美 | URL | 2006/12/20 (Wed) 08:16 [編集]


りすみさん

あそびにきました。壁飾りだろうがリースだろうが、呼び名よりも旦那さんがほめるだけあってすばらしい芸術品ですよ!私もお金ないないっていってないで、知恵をしぼって雰囲気をもりあげねばと痛感しました。

Marmite | URL | 2006/12/20 (Wed) 08:53 [編集]


Marmiteさんへ

Welcome!!

この頃、自分で好き放題に作る、っていうのにちょっと凝っているのです。お金を出しても買えないものを作れると最高ですよね!
・・・私は未だ未だ修行中!

りす美 | URL | 2006/12/20 (Wed) 09:40 [編集]


はじめまして^^

りす美さん、当方のリースを見に来てくださってありがとうございました。早速遊びに来ました。
りす美さんが作られたリース、ものすごく素敵ですよ。大人っぽいですね。
土台は輪だったのに、完成したリースは真ん中もたっぷりと飾ってあったので、びっくりしました(^▽^)個性的でいいですね~。

また寄らせていただきたいです。どうぞよろしくお願いします
(⌒ー⌒)

harry | URL | 2006/12/20 (Wed) 20:40 [編集]


石調査報告

 ノルウェーの石は、日本でも、高級な墓石として使われていることがわかりました。意外な展開です。v-108
 わたしも、古いリースに、いろいろ飾りを足してみようと思っています。何をつけようかな、と思案中。v-255

はりねずみ | URL | 2006/12/20 (Wed) 21:30 [編集]


harryさんへ

いらっしゃいませ!!

「自然系壁飾り」とでも名前を変えようかと思います!やっぱり、リースじゃないですよねv-11

りす美 | URL | 2006/12/21 (Thu) 00:46 [編集]


はりねずみさんへ

ノルウエーの輸出品の中で「石」が占める比率はどの程度なんだろう??と思ってしまいました!

リースですが、一回作ろうとして初めて、どんなことが必要なのか実感が持てたので、来年用に向けて、原材料を仕込もう(拾って取っておくだけですが!!)と思ってます。

りす美 | URL | 2006/12/21 (Thu) 00:49 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。