イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年の決意!

・・・っていうのが出来るのは今日明日のうちで、それ以降になると「ま、いいか。」と流れてしまうので、今日明日のうちに

「今年は必ずやるぞ、三つの項目」というのを大書しておこうと思っています。
*昨日はラムの半分を使って「ラムの赤ワイン煮&タリアテッレ」を「年越し鰊蕎麦」変わりに食べたんです。あと半分のラムはその時から丸一日間赤ワイン&スターアニス&コリアンダーの種&にんにく等でマリネートしておいた・・・それを今コトコト煮ていて(得もいえぬ良い香り~)、それを食べながらのオーバー・ディナー・ディスカッションを経て確定することになるかと思うのですが、

うち二つはもう決めています。
・・・何なのか?ちょっとね、内緒。。

*****

遅くなりましたが

Happy New Year!!!

今年も皆様にとりまして益々充実した年になりますように

*****

で、ですね、

三つ目をどうするか、を現在、思案中。

候補案の一つが・・・

「ミニ葉牡丹をイギリスで普及させる!」
だって、こちらの葉牡丹、色々ガーデンセンターやナースリーを渡り歩いて探し回りましたが、苗として売っているものはドデカイのや中デカイのばかり。切花として売っているのにはミニもあったんですが、あくまでも私は苗が欲しい!

★もしお時間あれば・・・葉牡丹についての私の思いが詰まった記事はこれなんかをご覧くださいませ。
(もっと時間のある葉牡丹仲間有志の方は、「ブログの検索」に「葉牡丹」を入れて検索して頂くと何個かが出て来ます。)

*****

・妊娠したら街に妊婦さんが溢れているように見え、
・出産したら街に赤ちゃんが溢れているように見え、
・柴犬を飼ったら街に柴犬が溢れているように見え、

・・・という経験を持ってすると、

・葉牡丹が気になったら到るところで葉牡丹に出会
  っても良さそうなのに、出会わないんですよね、なかなか。

そうそう、葉牡丹のことをこちらでは「Ornamental Cabbage」って言うんです。牡丹じゃなくてキャベツ。

*****

すると、大晦日の日に沢山の種類に出会いました。

Tokyoシリーズから。
Tokyo Red Tokyo Pink

Nagoyaシリーズから。
Nagoya Rose

Osakaシリーズから。
Osaka White

Kujiシリーズから。
Kuji Pink

Chidoriシリーズから。
Red Chidori White Chidori

これら↑↑↑↑は、ついている名前から推して、どう考えても日本のものに違いない!と誰でも推察出来ると思うんですが、やっぱりそうでした。

Coral Queen
Coral Prince
Coral Queen Coral Prince
っていうクルーザーの名前みたいなのも。これらも日本由来みたいです。

実はウィズリー・ガーデンの片隅に直径30cmくらいの鉢に植わったデカ葉牡丹(これらはその中から)のありとあらゆる種類見本がずら~り並んでいたんです。

で、その横の説明ボードがこれです。
葉牡丹サインボード

右に書いてあるSenderに名を連ねる二大勢力はTakii(赤丸)とSakata(青丸)・・・モロ、日本の著名種苗屋さん。

これら以外のSenderによるのには、
Vermontとか
Redbor
Redbor

Darkibor
Darkibor

等がありましたが、Vermontはともかく、他の二つは赤ブロッコリとブロッコリ異種、みたいな・・・。

*****

それならば、来年こそは、可愛らしいミニ葉牡丹をふんだんに使った花壇だとか寄せ植えだとかハンギングバスケットを作りたいと切望する私としては、RHSや日本の種苗会社に陳情したりなんかして、イギリスでミニ葉牡丹を普及させる運動を起こすべきなのかもしれない、

と、思っております。

冗談に聞こえるかもしれませんが、結構、本気

*****

ではそろそろ、家族会議で食するものを準備する事にします。今日のラムも美味いぞ~・・・。

*****

本年も最後は当ブログ恒例の「どうぞ応援して」コーナーです。
よろしくクリックくださいませ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
三つのマーク↑↑↑を順番に一つずつ「クリック→戻る」、「クリック→戻る」、「クリック→戻る」、という繰り返しを・・・誠に面倒ながら、お願いいたします。

Thank you very much!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

新年おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします(^▽^)

おお、日本のミニ葉ボタンが並んで居るんですね。これかわいいですもんねえ。
種蒔きは7月だからたぶん発芽に温度が必要なんでしょうね。それ(温度)さえ確保できれば、英国でもたぶんちゃんと芽がでて育つと思いますよ。でも、ミニ品種の種、売っているのを見ないです。
過去記事の、バイキングの船に並んでるのも可愛かったです。りす美さんナチュラルなのお好きそうなので、流木さがしてきて、それにあしらったりしたらお好みのムードになるかもしれませんね!(そっちでも流木ってあるんでしょうか?)

harry | URL | 2007/01/02 (Tue) 03:36 [編集]


赤ブロッコリー、緑ブロッコリーみたいな葉。。なんですが、これって 娘の大好物の
オランダでいう BOERENKOOL =日本ではKEELケール =ウエイトロースではKERY って名で野菜のコーナーに売ってたと思うんですが。
MIXIの いつかの日記に書きましたが、
じゃがいもとソーセージでマッシュにするとうまーいのです。。ukではどういう料理に。。いやいや。。この前のウエイトロースのカフェのカレーにもはいってましたよー。おいしかったですよ

ウシミ | URL | 2007/01/02 (Tue) 05:16 [編集]


葉牡丹は

おはようございます、guitarbirdでs
あらためて、あけましておめでとうございます

りす美さんの葉牡丹への思いの強さを感じる記事です。
で、Ornamental Cabbageについて、先日読んで記事にした
「サラダ野菜の植物史」を再び見てみると
ケールという基になる種があって、そこから
・葉の色が変わったもの=ハボタン
・葉が巻いたもの=キャベツ
・茎が肥大化したもの=コールラビ
・花序が肥大化したもの=ブロッコリ、カリフラワー
・腋芽の変形化=メキャベツ
ということが書いてありましたが、なるほど、
それがよく分かる記事で、私も復習になりました。
今年もよろしくお願いします!

guitarbird | URL | 2007/01/02 (Tue) 06:32 [編集]


harryさんへ

日本から種を持ち帰って植える、という手がありますよね・・・でも自分だけじゃなくて、もっと大々的にミニ葉牡丹を普及したいようにも思えます。

りす美 | URL | 2007/01/02 (Tue) 06:54 [編集]


ウシミさんへ

・・っていうことは、あの鉢植えのケール似のも食べられるんでしょうか!?赤いケール、どんな味がするんだろう???

りす美 | URL | 2007/01/02 (Tue) 06:57 [編集]


guitarbirdさんへ

なるほど~・・・。親はケールなんですね。逆だとばかり思ってました。ケール、日本ではこちらほど普通にスーパーで売ってたりしませんよね。ふむ。ケールはこっちで普通。葉牡丹は日本で普通。ふむ。。

りす美 | URL | 2007/01/02 (Tue) 07:01 [編集]


私も 以前、ケールを説明する時に
ネットで検索したら、
 
ブロッコリーの源種ってでてきて。

だから、葉が似てるのかーって思ってたんですよー。。

赤いケールねえ 色がきもそうだけど、
葉みてるだけでおいしそうなんだもの。。
じゅるり。。。。

橋本では、義父の畑に作ってもらってます。
私の大好物はカリフラワーです!

ウシミ | URL | 2007/01/02 (Tue) 10:26 [編集]


ウシミさんへ

そうか・・カリフラワーというのもありますね。キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー三姉妹?

りす美 | URL | 2007/01/02 (Tue) 15:09 [編集]


ブログのほうで、改めて
おめでとうございます。

ええっとですねえ。
あるのはあると思うんですけれどねえ。

りす美さん、ウィズリーの葉牡丹に気付くのも遅すぎるよ。1ヶ月以上前だと、もっときれいだったんですけれどねえ。11月頃に見たときとくらべてかなりしなびているようですね。この暖冬で、しかもフェンスの横のシェルターな所に置いてあるにもかかわらず。
クリスマス前になってから探しても、ちと時期遅れって感じですね。もっと早い時期に買うとけっこうミニのもありますけどねえ。
イギリスではシェルターな所でないと、葉牡丹は冬場ずっとはもたないんですよ。霜と風雨でやられてしまうんだと思います。(たぶん、ロンドン市内だと大丈夫かも)
それと、外に地植えの場合は、ウサギにかじられて芯だけになることも多いのです。(なにしろ、ブラシカの仲間ですから)
それと、イギリス全体の需要から見ると、南部のシェルターでないとだめなプランツはなかなかねえ。
数年前に、けっこう種類の増えた年もあったのですが・・・地球温暖化で、このままもっと暖かくなると、葉牡丹も春までもつようになるかもしれませんが・・・1度だけ、暖冬だったときに踊り葉牡丹を作ったことがありますけれど。(ケールは丈夫で、一昨日最後のを収穫しましたが)
私は、秋の寄せ植えに使って、その後本格的な冬の寄せ植えを作るときに、抜いてしまいます。毎年秋になると、葉牡丹を使うので、亭主には「また、サーチライト?」と言われておりまする。
1番いいのは、サカタやタキイの種を取り寄せて、自分で育てる事だと思います。そんなにむずかしくはないですから。

mixiの日記のほうに、たまたまお正月と言う事で、葉牡丹の画像を貼っていますので、覗きに来て下さいね。(ミニではないですが)

お正月そうそう、水を差すようなことを申しまして、申し訳ありません。m(_ _)m 

これに懲りず、今年もよろしくお願いいたします。

lapis | URL | 2007/01/02 (Tue) 21:31 [編集]


lapisさんへ

葉牡丹を探し始めたのは10月終わりからなので、この辺ではやっぱりミニのは滅多に入手できないのかもしれません・・・。

りす美 | URL | 2007/01/03 (Wed) 01:53 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。