イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

変な野菜を試してみるの巻。

まず最初は、名前と「おいしいよ」っていうのを耳だけで以前、聞いたことがあって

ぎょっとする名前なので、一体何のこと?と思っただけだったもの。

それがどうやら日本のさつま芋風のもの、と謎が解けて・・・欲しくてスーパーに行く度に探すんだけれど見つからなかったもの。

kumara」:クマラって、言います。

ちょっと引いてしまう名前と思いませんか?

こちらで一般的に「スウイート・ポテト」として売っているものは、確かに外見は「さつま芋」なんですけど、切ってみると断面が鮮やかなオレンジ色。それに水っぽくて「栗よりうまい何とやら」なんてことは全く無く、

そうなると、ほくほく・むちむちした焼き芋とか蒸かし芋が無性に食べたくなるのです。。

ガーデニング掲示板「みどりの指」でセインズベリーズ(大手スーパーの一つ)で売っている、というのを目にして、

早速、通りがかりの小ぶりのセインズベリーズに寄ってみたら

沢山あったんです、ク・マ・ラ

どうしても焼き芋にして食べたくて、ググってみた結果、

「湿らせたキッチンタオルを巻いてアルミ箔をその上から巻いて、それをオーブントースターで30分程焼く。」
クマラで焼き芋
というやり方を採用。

美味しかったです・・・ああ。ほんとに。

高校の時(=はっきり言って大昔!)、Z会の通信添削をやっていましたが、ペンネームを「アーティーショー」としていました。

朝鮮アザミ=英語ではアーティチョーク、フランス語ではアーティーショー(の筈)。

何故そんなペンネームにしたのか、自分でも記憶に無いんですが、きっとその頃、「カッコイイ」とでも思ったんでしょう。。

でも随分最近まで、食べた事は無かったんです。

イギリスに来る直前に住んでいた所のすぐ近くのスーパーにはいつも売っていて、見る度に興味が惹かれてどうしようもなくなっていて、

友人が遊びに来た時に、「食べよう!」ということになって、蒸して一枚ずつ剥がしてしゃぶった。
・・・百合根のような味だった。

これ、イギリスだとごく普通に売ってます。

この前、マーケットで「3つで1ポンド」という破格値で売っている
アーティチョーク3つで1ポンド
のをみて、そこのお兄さんに

「アーティチョークってどうやって料理したら一番おいしいの?」

と聞くと、

「いや~???売るのより食べる方が得意なもんで。。」

挙句に

「料理法が判らないんなら買わないほうがいいよ。」

などと言われて、

だから、買いました!

野菜のみじん切りと一緒に白ワイン蒸しにして食べたら・・・
みじん切り野菜と白ワイン蒸し
所謂interestingなお味でした。

又、他の料理法でおいしく食べられるようになるまでトライし続けるぞ

もう一つ、気になりながら手を出していなかったのがフェンネルの根元。
根元膨らむ系フェンネル

根元が膨らむ種類のものがあるんですね、フェンネルって。

思い切って買いました!

これは・・軽く炒めたじゃが芋・玉ねぎと一緒にストックで煮て、それをブレンダーでがーっとやって、その後、生クリームを加えて

→ ぼったりヘビーな冬のスープ。これは、美味いです!
  ですので、一発で拙宅の定番商品になりました。

*****

たまには、お料理関係のことも書こう、と思って書きました。

*****

今晩はラムを一昼夜ワイン&スターアニス、にんにく等に漬けておいてからコトコト・コトコト・コトコト。3時間煮たシチュー。これがメイン。

ラムもイギリスに来てからよく食べますが、このレシピは本当にイケます。

今晩も美味いぞぉ~。これから食べに下に行ってきます。

*****

さてそろそろ、ブログのランキング投票、お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログのマーク  
三つのマーク↑↑↑それぞれを一回ずつクリックしてくださいませ。

いつもご協力、本当に有難うございます。

*****

ラム。平らげた後、ブログを書きに戻って来ました。美味かったです。

写真を撮るの、すっかり忘れていたので、・・・ご想像ください。
・・・人参、パースニップ、玉ねぎ、リークを一緒に煮たシチューです。

ゴードン・ラムゼイのレシピですが、知りたい方、おられたらお申し越しください。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イギリスでのマナー

始めまして。

グローバル・ビズ( http://gbiz.jp/ )というサイトで、
世界各国でのビジネスの成功のための
ビジネス文化/マナーを紹介しているカワテと申します。

イギリスにつきましても紹介させていただいており、
http://gbiz.jp/engtop.htm
イギリス文化に身近に触れられている方々にご訪問いただき
ご意見やご感想を聞かせていただけたらと思い、
勝手ながら書き込みさせていただきました。

それにしても、料理法が分からなければ買わなければいいとの店員の対応にはビックリです。
う~ん、文化の違いでしょうか???

*りす美様、突然の書き込み失礼いたしました。
 不適切でしたら、お手数ですが削除ください。

グローバル・ビズ | URL | 2007/01/20 (Sat) 19:23 [編集]


アーティチョークは私も聞いたことも食べたこともありませんでしたが トルコでは普通に食べられてます。おいしいですよ。ちょっとたけのこを柔らかくした感じで 炊き込みご飯とか春巻きの中に入れたり 野菜と一緒に煮付けたりします。こちらでは野菜と一緒ににこんだりします。ただゴミがすごいです。

ウータン | URL | 2007/01/20 (Sat) 22:27 [編集]


ラムですかあ。あまり食べることないんですが、ゴードン・ラムゼイのレシピーって聞いて、俄然興味が・・・。写真、みたかったな。おいしそうなシチューの写真がなかったので、K しそびれちゃって・・・。なあんちゃって。

dekoboko | URL | 2007/01/21 (Sun) 06:28 [編集]


飽くなき食べる工夫!!

 お久しぶりです。楽しみに、時々拝見しています。私はすこし元気になってきましたのと、少し元気の出るチョコレートを賞品としていただけるものならいただきたいと思い、書き込みをしました。
先日のモヤシといい、今回のアーティチョークといい、ちょっと食べようという気にはならないものをよく・・という気がします。相方もお喜びになるのでしょうか?

fujisan | URL | 2007/01/21 (Sun) 09:44 [編集]


実物を見れて感動

こんにちわ、guitarbirdです
アーティチョークは先日読んで記事にしたサラダ野菜の本でも
出てきましたし、以前から名前は知っていますが、
写真を見たのは初めてで、ちょっと感動しました。
私の英国料理の本には、イラストがありますが。
アスパラガスが肥大化して開いたみたいですね・・・
フェンネルのスープもおいしそうです。
あの本を読んでから、りす美さんの記事で見る野菜に
ますます興味がわいてきました。
野菜の写真だけでも楽しい記事になりそうですね(笑)。

guitarbird | URL | 2007/01/21 (Sun) 12:55 [編集]


やはり

Z会やってましたか。
私はペンネームは忘れましたが、
数学ができなかったので(他もできなかったですが)見栄を張ってZ会をやってみました。
解説が全くわからず、添削の問題を解くために新しい参考書を買いました。 そしてもっともっと数学が嫌いになりました。

kusaki | URL | 2007/01/21 (Sun) 22:34 [編集]


ラムのシチュー、おいしそうです!
今冷凍庫にラムの塊が入ってますが、塊が大きすぎて、どうやって冷凍してあるラムを使いたいだけ取り出せるか悩んでます。
レシピ、ぜひ知りたいです♪

harry | URL | 2007/01/22 (Mon) 00:01 [編集]


fujisanさんへ

ご無沙汰してます!元気の出るチョコレート・・・元気の出るチョコレートと言うのは、どんなチョコレートなのか???ノミネートするとともに、夫と議論しますv-16

アーティチョーク、ひまわりスプラウト、何でも食べますよ、うちの夫は。納豆と生卵だけがダメです。

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:43 [編集]


guitarbirdさんへ

野菜や果物、もっと色々おもしろいの、あります!果物はマルメロに今、注目中。

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:46 [編集]


kusakiさんへ

今のZ会はもっともっと親切みたいですね。私の頃は、マゾヒスト受験生向け・・だった気がする。その頃私はかなりのマゾヒストだったかもv-12

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:48 [編集]


harryさんへ

了解です。私の好きな赤ワインを使ったラムのレシピは二つあって、ゴードン・ラムゼーのは塊ではなく、首のあたりの肉でもおいしい、っていうものなので、塊には勿体ないかもしれませんが。

ちょっと待ってくださいね。

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:50 [編集]


グローバル・ビズさんへ

初めまして。あとでゆっくりサイトにおじゃまします。

商売っ気が余り無いのがイギリスの特徴の一つかもしれません・・・。どっちが客なのか?っていう局面が多々ありますv-17

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:54 [編集]


ウータンさんへ

予めばらしてから料理するんでしょうか?どこまでがくを剥いて行くのが良いのか、判断に困ります・・・ほんとに、ゴミ、一杯出ますよねv-11

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:55 [編集]


dekobokoさんへ

コメントへの返答の順番が滅茶苦茶になってしまってすみません・・・。

レシピ、ちょっと待ってくださいね。本日は景品検討会が深更にまで及ぶやもしれず、手が離せないかもしれません!?

りす美 | URL | 2007/01/22 (Mon) 03:57 [編集]


フヌイユのサラダ

こんにちは。フランスのリヨンからです。
たまたまフヌイユを娘と食べながら
この記事を読みました。

フヌイユはサラダでしか食べない娘です。
煮ると『臭い』そうです・・・。
確かにサラダにすると甘みさえ感じられて
おいしくてたくさん食べられます。

ソースはレモン汁+オリーヴオイル+ゴマシオ
+きなこ+白だしか、お醤油を隠し味に。
お試しください。

はるるん | URL | 2007/01/23 (Tue) 02:43 [編集]


アーティチョーク

りす美さんが初めてアーティチョークを食する場面に偶然居合わせた者の一人です。イギリス行きを想定してのトライアルだとばかり思っていましたが、もっと古い歴史があったんですね。ネットで検索して、適当にむいた後茹でて、恐る恐る試食。確かに下半分百合根、上半分は葉っぱでした。同じスーパーで売られていた、バラの花10個入りパック(デコレーション用か?)と共に、都会のスーパーは違うと強烈な印象が残りました。そちらでもバラの花のパック見かけますか?

オセロ | URL | 2007/01/23 (Tue) 12:07 [編集]


オセロさんへ

爆笑・・バラの花のパック、強烈なインパクトだったみたいですねv-15

こちらでもバラの花のパック??今度気をつけてみてみます。

りす美 | URL | 2007/01/23 (Tue) 20:50 [編集]


はるるんさんへ

順番が入れ替わってしまってすみません。

フヌイユって、え?何ジャらホイ、っと思いましたが、フェンネルのことですね?!?!?(フランス語、全くダメ、ですv-12

煮ると臭い・・・ほんとに??私には芳香なんですが。もっとも納豆や香菜の匂いにうっとりする私ゆえ。。

りす美 | URL | 2007/01/23 (Tue) 21:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。