イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愉快な野菜の仲間達inちろりん村?

イギリスのスーパー等でごく普通に売っている、それまで日本で見たことも無かった野菜達を紹介します。ずらっと並べると何だか「ちろりん村とくるみの木」を思い出してしまったのが題名の由来・・・。

第一幕。どんなもの???

◇パースニップ(parsnip)パースニップとスウェード

写真の左の方がパースニップ、右がその次に説明するスウィード。

朝鮮(高麗)人参が何故イギリスのスーパーで売っているのか最初不思議だったんですが、全く違うものと判明。和名はアメリカボウフウ、オランダボウフウ或いはその甘さからサトウニンジン、とのことです。
コーカサス地方出身とのこと。

おいしいか?:
見た目が何だかおじいさん臭いっていうか、何ともまずそうだったので試す気になかなかならなかったんですが、甘めで意外においしい。
うちではこうやって食べてます:
焼いたり煮たり、色々試しましたが、油で揚げると美味さが引き立つことを発見。昨日、縦に6つ切りにして、塩・こしょうし、まず、うっすら油を引いたフライパンで強火にして焦げ目をつけ、その後ふたをして弱火の蒸し焼きしてみたところ、大変おいしゅうございました。思いついて、ピタパンの中にこれと白髪ねぎ、セロリ、人参、香菜を入れてパクついたところ、パースニップがみんなを取り纏める役割を果たすかのような見事なお味でございました!

◇スウィード(swede)、和名はスウェーデンかぶ
アメリカではルタバガ(rutabaga)、スコットランドではニープス(neeps)と呼ばれているとか。ボヘミア出身の模様。キャベツとかぶとのハイブリッドとのこと。

好き嫌いが余り無い夫には珍しく、スーパーで興味を示す私に「これだけは食べたくない。」と断言され続けていた野菜。小学校の給食で出てまずかったのが余程のトラウマになっているようだったのです・・・。内緒で購入。

おいしいか?:
一回しか食べてないけど、まずまずでしたよ。
うちではこうやって食べてます:
「大嫌いという子供も食べる取っておきレシピ」というのを見つけてきてトライしました。ポテトチップス(日本ではアメリカ式にフレンチフライと言う方が普通と記憶!)状に楔形に切り、小麦粉とパルメザンチーズをまぶしてロースト。
私:「これ、食べてみて。・・・ どう??」
夫:「おいしいよ。」
私:「何だと思う?」
夫:「パースニップ?」
私:「スウィードなんだけど。」
夫:「げぇ。」
私:「おいしいって言ったくせに。スウィード嫌いな子供もおいしいと言う、っていうレシピなんだけど。」
夫:「ポテトチップスのふりしてずるい!!!子供はポテトチップが好きだから・・・。」
と言いながら沢山食べました。

◇色々なスクオッシュ(squash)達
「スクオッシュ」という、聞くだに非・イギリス的な名前はイギリスもので無いに違いないと思ったらその通りで、どうやら北部南米出身の模様。通年もの、夏ものグループ、冬ものグループがあるようで、以下は通年~冬もの達。
スクオッシュ達

(右からバターナッツ・スクオッシュ、エイコーン・スクオッシュ、スパゲッティ・スクオッシュ)

1.バターナッツ・スクオッシュ(butternut squash)
おいしいか?:
何じゃこれ、ひからびた瓢箪??と、興味を抱きながらもパースニップ同様、「まずそう・・・。」と尻込みしておりましたが、ちょっと水っぽいかぼちゃみたいな感じ。種も洗って乾かして煎って食べてみましたが、皮が固くて今ひとつでした。
うちではこうやって食べてます:
縦に二つに割り、種を取って塩こしょうし、油を引いた耐熱皿に下向きに置き、180℃程度でローストすること約40~45分でロースト・バターナッツ・スクオッシュの出来上がり! というシンプルなもの。

この前は「種を取った後の穴でグラタンをしたらおいしそう。」というヒントを頂き、25分ローストした後、別に作っておいたマカロニ&玉葱inベシャメルソースを穴に入れ、更に15分、今度はもちろん上向きにして焼くと・・・満腹・満足ばっちりでした!
バターナッツスクオッシュ調理例


2.スパゲッティ・スクオッシュ(spaghetti squash)
おいしいか?:
・・・と言う前に、これ、冗談みたいな野菜です。ローストすると中身が固まりではなくて、繊維状になる。名前の通り、まるでスパゲッティみたいに変貌するのです。「おいしい」と断言は出来ませんが、まずくは無い。
うちではこうやって食べてます:
レシピを検索してみると「スパゲッティとして扱えばよい」と書いてあったので、そのように扱っております。

3.エイコーン・スクオッシュ(acorn squash)
おいしいか? & うちではこうやって食べてます:
どちらもバターナッツ・スクオッシュに準じる。っていう感じでしょうか。

◇おまけ:ちびクルジェット(courgette=zucchini)日本でもズッキーニとして結構一般的に売られていると思うんですが、もろきゅうを思い出させるような可愛いちび版が売っていたので思わず購入。でかクルジェットと味は変らなかったです。
ミニクルジェット★一番下に置いたのはティースプーンです。

★ちょっと面白かったのが、スクオッシュ達を各種一つずつ買い物カーとに入れてレジに持っていくと、お兄ちゃん(=売っている人、です。一応。)が「これ、何?」って、この私(=逆にその質問をしてもおかしくない、客、なんですけど。。)に聞くのです・・・。彼の前にはこんな風なカンニングペーパーがあるんですが、見比べるのが面倒だったみたい・・・。
カンニングペーパー


◆こんな野菜チップス(赤カブ、パースニップ、人参)も見つけて、おいしそう!と買ってはみたんですが、食べたらがっかり・・・油ギッシュで辟易でした。
野菜チップス


・・・もっと色々試して見たいのがあるんです。セルリアックっていう根用セロリ。ルバーブっていう赤っぽいフキみたいなの。等等。あと、夏に向かって又面白いのが出てくるのが楽しみ!


さて、面白野菜達をおいしく頂いた後で、

第二幕。「フード・マイル」という考え方。

ところで上記の野菜達、どこの産と思います?

・スクオッシュ達はバターナッツ君がアルゼンチン。他の二つは南アフリカ。(国名に赤丸をつけました。)
産地ラベル

・ちびクルジェットはグアテマラ。
・パースニップとスウェードだけがイギリス国内もの。

2月18日(土)のThe Times紙に「How to be green」という環境問題特集の別冊がついていました。その中に「It's nuts to eat berries.」(←イギリスっぽい駄洒落で、nutsの持つ二つの意味、「木の実」と「愚か者」とをかけている。…→(ニュージーランド産の)ブルーベリーを食べるのは愚か者だ!)という記事がありました。

その中からピックアップすると・・・

抜き打ち調査によると、ある買い物かごには26個の輸入品が入ってて、延べ150,000マイルの旅をした(フード・マイル)ことになる。

遠方から食物を運ぶに当たっての飛行機による空気汚染が車の排気ガス以上にグリーンハウス・イフェクトに影響している。加えて、野菜の中のビタミンCやEは運搬中にどんどん減少していく。

なるべく近くで採れたものを食べよ、ということになるのでが・・・。

二つのブログ・ランキングに参加中です。読んで頂いて面白かったな、と思われたら・・・次の二つのマークをワンクリックずつしてください!
※ひよこのをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数なのですが、とっても励みになります:どうかよろしくお願い致します。***








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

美味しそう

今度欧州会議の時の晩餐会にご馳走してくださ~い!
うちの実家は百姓屋なんで昔から野菜はよく食べたかな。って今でもなんですけどね。

のびー | URL | 2006/03/15 (Wed) 07:32 [編集]


のびーさんへ

晩餐会・・・何を着たら良いのだろう?

うちは野菜が主食なんですよ・・出来れば生っぽいままが一番良いんでしょうけど、冬場は根菜類に火を通して食べて体を温めるのが良いのかな、と、結構、根菜を沢山食べております。

KK | URL | 2006/03/15 (Wed) 07:47 [編集]


どれも。おいしそうですね!
スェードも、スクウォッシュも、ポタージュくらいしか使ってませんでした。
アイデア、いただきます!

UKI | URL | 2006/03/15 (Wed) 08:24 [編集]


UKIさんへ

どうぞどうぞ!スウェードのレシピはデリア・スミスの本からです。熱々に3分ほど茹でて、小麦粉とパルメザンを混ぜた中に入れてこれらをまぶし、暫く冷やす。その後40分ほどローストするんですけど、おいしかったんですよ!!

KK | URL | 2006/03/15 (Wed) 08:53 [編集]


こちらではズッキーニぐらいしか手に入りませんね~。
・・・・・というか、初めて見るものばかりです。
名前すら聞いたことなかった・・・

ぜひ一度食べてみたい!!!
・・・・・・とは思いませんでしたm(__)m

ぴっぴ | URL | 2006/03/15 (Wed) 10:53 [編集]


面白い!!

色々な種類の見たことない野菜がいっぱいですね。

イギリスは食べ物が美味しくない、とはやっぱりよく聞きますが、りす美さんみたいな奥様がいたら、話は別になりますね♪
スウィードを食べた時の旦那様のリアクションがまたまた面白い!!v-238

くるみ | URL | 2006/03/15 (Wed) 11:03 [編集]


やった!レシピ!

ありがとうございます m(_ _)m
スクウォッシュ、早速カボチャ代わりに使ってみようと思います。
スウェードって、ドイツで始めて料理して食べたんですが、なんかほんのり甘いんですよね。
パースニップは細切りにしてきんぴらにしてみようかな、とも。

英国って、食料自給率は日本よりはまだましなはずなんですが。

ぴこりん | URL | 2006/03/15 (Wed) 18:48 [編集]


チロリン村っていうのが、、(後省略)笑
知っている人は知っている。ぷッ。

確か、マクロビの考えもその土地で採れるものを食べる、というのでしたね。 そうは言っても、食の輸出入は世界経済のものすごい大きいうねりの中にありますからねえ。自給自足しかないかあ。。

hiro | URL | 2006/03/16 (Thu) 02:01 [編集]


晩餐会

晩餐会の招待状、まだ来てませんが。やっぱり大西洋を横断するとなると時間がかかるのでしょうか?

KR | URL | 2006/03/16 (Thu) 13:18 [編集]


ぴっぴさん

レスポンス遅れてすみません。

正直な話、私の一押しはパースニップかな。ちょっと癖がある独自性があると思います。

日本の栗かぼちゃがこの種のものの王様v-20かも?カボチャ・スクオッシュって言って売ってます。

KK | URL | 2006/03/17 (Fri) 00:06 [編集]


くるみさんへ

生で齧れるものが最高、ただローストするだけでおいしいのが次点、それ以外のものは手をかけて何とかするその他大勢野菜なんだろうか、と、ふと思うこの頃です。

KK | URL | 2006/03/17 (Fri) 00:08 [編集]


ぴこりんさんへ

パースニップきんぴら大賛成v-218!グーグルで検索していた時、確か日本のパースニップ普及協会といった名前の所があって、そこもきんぴらを推薦していたような気もします。是非やってみてください!!

KK | URL | 2006/03/17 (Fri) 00:11 [編集]


hiroさんへ

ひょっこりひょうたん島も、もちろんご存知ですね?じゃあチビッ子大将とかちびっこギャングとか、巨象マヤとか、エイトマンとか、とかとかとかは、どうでしょう?

フードマイルですけどね、出来たものだけじゃなくて、肥料の製造や運搬のマイレージも斟酌しないといけないですよね・・・。

KK | URL | 2006/03/17 (Fri) 00:14 [編集]


KRさんへ

はてv-11KRさんって一体どなた様なんでしょう?!?

KK | URL | 2006/03/17 (Fri) 00:16 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。