イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

孔雀の親子が闊歩する国

ニュージーランド話のその1です。
闊歩する孔雀


今回は(といっても私は初ニュージーランド)オークランドから東北部に当たるコロマンデル半島という所を根城にしました。

根城に、というのは私が強力に「一、二泊で次に移るようなのはしんどい。一箇所を拠点にしてそこから色々行く、というのにしたい!」と主張したことによります。

で、専属の旅行代理店が選定してくれたのが「コロマンデル半島」でした。

とは言え、この専属代理店は前もってホテルを予約するのを渋る(=見てからじゃないと嫌という方針)ので、一泊目は適当な所。二泊目以降に納得の場所に移るということになります。

※注:お気づきでしょうが、専属代理店とは勿論・・・他でもない
ひげぼうぼう
夫のことです。

*****

B&Bは朝食の時間が決まっているので、自炊できるコテージを第一希望として探したところ、

何と!一泊約8000円

※二人で、です。やっほー

でリーゾナブルな感じのところが見つかり、行って、見てみて・・・「いいじゃない!」ということになりました。
ここに居た小屋。

ベッドルームが二つ。リビングとキッチン付き。何の変哲も無い小屋なんですが、ちょっとしたファームの中にあって環境抜群。

誰も来ないからパジャマのままで新聞を読んだり、
パジャマで新聞


もうもう、髭も伸ばし放題(さっきの↑写真)。

*****

いくつかの区画に馬やら牛やら鹿やらを飼っています。

一人ぼっちは可愛そう・・・に思えた鹿。
鹿一人


生まれて間も無かろう子牛。なかなか写真を撮らせない。
隠れる子牛

これがどうやらファミリー全員。
子牛のファミリー

*****

おやおや。敷地内を孔雀の親子がノンビリとほっつき回っている。
(一番上の写真です。)

鴨、あひる(どちらも英語ではduck)の一団もガーガー言いながら歩いている。
餌を要求するduck達
・・・人を見るや、まるで奈良公園の鹿のように餌を要請しに擦り寄ってくる。

彼らはこのような放し飼い状態のままで夜を迎え、朝を迎えます。

「考えられない!!」
と夫。

「イギリスだと、すぐ狐にやられてしまうから、こんな飼い方、

絶対に

出来ない!」

*****

そうなんです。ニュージーランド(と十把一絡げにするのは疑問かもしれませんが)は

野生動物が居ないに等しい(キウイも減っているみたいですし)国

だったんです!

・・・ということは、りすも居ない!

・・・・・ということは、

ガーデニングには

もってこい!!


*****

お隣同士なので、どうしても比べてしまうのですが、

・オーストラリアはニュージーランドに比べて活気がある(という印象の夫)、
・オーストラリアは白豪主義以降、どんどん色んな人種が移民して来ているのに対し、ニュージーランドはマオリ以外は圧倒的にイギリス人、

などという違いの他に、野生動物の有無、という違いもあったのでした。

*****

とは言え、ニュージーランドならではの野生鳥(の筈)、pokeko。
pokekoが逃げる

pokekoがスキップ

寄っていくとスタコラ逃げるので上手く撮れない~。

浜辺のペアは同じ種類?違う種類?
足の色が違うカップル
足の色、腹の色が違うんですが、一緒に行動していました。

もう一つ浜辺にて。
何故ここにタンブルウイード?
砂漠でも無いのに何故だか有ったタンブルウイードとカモメとの2ショット。なんかこう、哀愁漂う名写真!!
※でも良く見るとこのカモメ、あくびしてる?



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご無沙汰してま~す( ^∇^ )

思わず鳥に反応しました♪

1枚目の画像の鳥は何?
クジャク???
鴨とアヒルとカモメ以外は見たこともない鳥ばかりです。
面白いなぁ( ^∇^)

pippi | URL | 2007/04/08 (Sun) 00:06 [編集]


pippiさんへ

そうです、クジャク。ひな二匹を引き連れたクジャクです。面白く思ってもらえて嬉しいですv-14

りす美 | URL | 2007/04/08 (Sun) 00:35 [編集]


こんな自然

 すばらしい自然を満喫つされているのにまだ薬草研究会に参加して野草の天麩羅を食べたいとか!
今、会員33名です。
会員の皆様にはいつも迷惑をかけています。1ヶ月前の思いついた時が開催日です。
今年の概要では4月春を食べよう、10月後半秋を食べよう、後2回勉強会となる予定です。
来年のことを言えば鬼が笑いますが、4月の第1か第2、日曜日になるでしょう。
その時の植物の成長度合いで決めます。

自然を尋ねる人 | URL | 2007/04/08 (Sun) 22:02 [編集]


自然を尋ねる人さん

たらの芽とかフキノトウのほろ苦いのとか、大好きなんです!飽きを食べよう、っていうのも良いですねえ~。。

りす美 | URL | 2007/04/09 (Mon) 14:37 [編集]


お久しぶりです

パジャマのまま新聞を読むりす美さんのウエストの細さに感動しています。
あ~、私もりす美さんのようになりたい。
あ、そうだ腹筋しよ。

kusaki | URL | 2007/04/09 (Mon) 16:39 [編集]


kusakiさんへ

はは。目の錯覚、実際は段腹です。○段腹と言わないのは、時によって二の時、三の時などがあるから決められないので!!
・・それよりも、Tシャツをパジャマズボンに入れている、っていうのが妙だと思いませんでしたか?夫は妙だと言うんですけど、お腹が冷えたら困るので私はこんな感じ~。

りす美 | URL | 2007/04/09 (Mon) 20:07 [編集]


私には・・・

おはようございます、guitarbirdです

私の知り合いも、半年ほどNZに仕事で行っていて
先日、帰札以来始めて会って話しました。
私は・・・正直、自然という観点からすると、
NZにはあまり魅力を感じません。
でも、それがガーデニングにはいいというのは、
人により考え方が違って面白い点だなと思いました。

pekekoはクイナの仲間で多分飛べないやつですね。
島に住むクイナの仲間は飛べないのが多いようです。
浜辺のペアは腹が白い方は日本にも来るミヤコドリに見えますが、
図鑑を見ると、雌雄同色と書いてあるので、
腹が黒いのは別の種類かもしれません。
或いは日本では見られない亜種か・・・
NZも、鳥は、個性的なのばかりで面白そうですが。

guitarbird | URL | 2007/04/11 (Wed) 08:24 [編集]


guitarbirdさんへ

>私は・・・正直、自然という観点からすると、
>NZにはあまり魅力を感じません。
実は、わたしも~。はっきり断言するのが憚られたのです。。。

りす美 | URL | 2007/04/11 (Wed) 20:20 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。