イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家を鋭意、探し始めています。

やっと本格的に探し始めました。

車がずら~っと両側に駐車されていないストリートに行きたい!
*余程のカントリー(注:イギリス人、カントリー大好き)じゃないと、大抵のストリートがダメ、ということになるか~。

部屋の一つ一つが広めの家に変わりたい!
*今の家は1920年代に立てられたとかで、どの部屋も小ぶり。

ダブル・キャビティーの、冬でもホンワリ暖かい家に住みたい!
*やっぱり建てられた時点ではシングルが一般的だったみたいです。

バストイレが一つしか無い!ものすっごく不便!!
*これもやはり、建った時代と大いに関係ありのよう。

インテリアに注力しなさ過ぎ!はっきり言って、、しょぼい。
*夫が独身時代の住まい、と思って買って以来ずっと独身だったので、凝ったことをしていないのが最大の要因。

*****

といったような要望を持ちながら何軒か見て回った結果、
今の住まいには良い所が一杯あるかも
と改めて・・・何て言うか、古女房を見直すみたいな心境になってしまった。。

★まず、庭は結構広い。
・今咲いている中から精選した花々
りんごの木の下

ベル型の水仙

・3月1日のクリスマスローズは未だこんな感じ
3月1日のクリスマスローズ
だったのに、

今や立ち上がって歩き出しかねない風情で、ユサユサ風に揺れる。
立ち上がるクリスマスローズ


★隣近所の二階の窓などから覗かれること無く、庭に居られる。
 つまり、誰に気兼ねすること無く、裸でひっくり返っていられる(勿論、そんなことしないけど)

★ガレージやオフ・ストリート・パーキングがある。(イギリスって自宅にパーキングが無くても車を買えますから。。。)
・その横の小さい地面で咲くチューリップとムスカリ。
チューリップとムスカリ

・ムスカリは3月1日は色付きのつくしんぼみたいだったのに、今やバリバリ。
3月1日のムスカリ

などと言った点。つまり、家そのものではなく、所謂エクステリアはまずまず。

でも、インテリアが・・・なので、やっぱり引っ越したい!!!!!

*****

ところで、今までに見た家は
★「インテリアの女王
4つのベッドルームに全部バストイレが付いているのを始め、本当に趣向を凝らした作り。でも庭が実質、無い。だから裸でひっくり返れない。駅に至近は良いけれど、至近過ぎ。などなどの「中に居れば快適」一直線。

★「見るだけの庭の家」。
門と壁に囲われた所謂gated developmentの中の家は、リビングの外が芝生でも、自分でそこに何かすることは出来ない、つまり敷地内の家全部の共有物。年額60万円以上もの管理費を払うのと引き換えに庭整備やら見回りやらをやってくれる・・「インテリアの女王」同様、「庭仕事したく無い人」には絶好。やっぱり芝生に裸でひっくり返れない(んなこと、しないけど)からダメ。

★「敷地内に川が流れ、橋を渡るともう一つ庭がある家」:今の所から車で15分程行くだけなのに「ビレッジ」風の雰囲気(注:イギリス人、ビレッジ大好き)の中に佇むデタッチト・ハウス。

家の前には車が4台ほど停まれるスペースがあるし、裏庭もそれなりに広い。川については風水的にどうなんだろう、という疑問がムクムク湧くも、雰囲気上々なので夫ともどもグイと惹かれる!

・・・然るに建物が今の家とさして変わらぬ広さだし、何よりバストイレが一カ所しか無い。などの致命的欠陥故、一昼夜考えたけれど・・・やっぱり没。

★「川のある家」と同域にある「建物は良いけれど裏庭が猫の額」の家。
・・・あの庭だと、かえってストレス溜まりそう。即刻、没。

・・・と言う訳で、一目惚れする家は、なかなか見つかりません。

*****

ところでイギリスの家って目の玉がどうかなる程のお高さ、というの、改めてしみじみ・・溜息ものです。

ロンドン地区だから、というのが大きいみたいですけれど、ちょっとした家で日本円換算で1億円は軽く行きますから~。みんな、どうやって工面してるんだろう。。。。。。

*****

今日でイースター・ホリデーも終わりなので、脈絡的には無関係だけれど、ホットクロス・バンっていう、この時期に食べるものを載せておこ。
ホットクロスバン

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りす美さん
お久しぶり~
家探し、頑張ってください。
私は借家ですが、何軒も見てボツの家が多かったあ~と思い出しました。トイレは、出来たら3個は欲しい(実際に3個あると来客があっても便利♪)ですよね~先日、友人の義理弟さんが、リッチモンドに3億?の家を買ったそうです。見学したいわ~~~

hami | URL | 2007/04/10 (Tue) 05:52 [編集]


おおっ、ロンドンイエ探しのエピソード、楽しいです!
いろんなご苦労がありそうですが、いろいろな家を見られるのってとても楽しそうだし、わたしも興味しんしんです!
庭に川がある家って個人的にはすごくいいな~♪日本ではなかなかないですよね。

歩き出しそうなクリスマスローズ、大爆笑でした。(表現が)

harry | URL | 2007/04/10 (Tue) 09:45 [編集]


hamiさんへ

億万長者でもない限り、どこかで妥協しないといけないんでしょうが、まずは一目惚れする所から入りたいと思っています。私が大きな買い物をする時はいつも「一目惚れ」で後から理屈を付ける。。。

りす美 | URL | 2007/04/10 (Tue) 17:11 [編集]


harryさんへ

庭に川。ほんとにググッと惹かれました。1mあるかないかなんですけど、どぶ川じゃなくて、ちゃんとした川。川岸をロックガーデンにして。。など考えてしまいました。

クリスマスローズですけど、風が吹いている時は、ほんとにみんなして、ゆっさゆっさ歩き出しそうに見えます。花の中に顔を描いたらもっとそういう風に見えると思うけど、まだやってません!

りす美 | URL | 2007/04/10 (Tue) 17:14 [編集]


家探しは・・・・

大変ですよね。
私も覚えがありますが・・・・
うちの場合は、モデルルームを見て、結局は直感で決めました(^^;)
でも、ホントに日本とイギリスでは何から何まで事情が違うようですねー!!

お庭のお花、とっても可愛いですね。
りす美さんたちがいなくなったら、お花たちも寂しくなりそうで、気になりますv-22

くるみ | URL | 2007/04/10 (Tue) 19:49 [編集]


くるみさんへ

やっぱりそうですよね、チェックシートを手に項目別に点数をつけて分析する、っていうのが先じゃないですよね。一目惚れです、一目惚れ。私は人生全て、それでやって来ました。。

りす美 | URL | 2007/04/10 (Tue) 22:24 [編集]


おはようございます、guitarbirdです

家探しの一長一短検討比較は読んでいても面白いですね。
私なら川がある家がいいなぁ。
「フェアリー・ティル」という映画で、そこは見た感じでは
ほんとうのカントリーでしたが、家の裏の小川のシーンが
とっても印象的でした。
魚も飼えるかな、とか・・・
いい家が見つかるといいですね。

guitarbird | URL | 2007/04/11 (Wed) 08:30 [編集]


guitarbirdさんへ

映画は知りませんが、多分私たちが見た家の数倍のスケールのものだと思います。ささやかな小川でした。

家探し・・・有り難うございます。遅まきながらHow to Buy a Houseという本を読み始める所です。

りす美 | URL | 2007/04/11 (Wed) 20:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。