イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家を買うならニュージーランド?

夫がフランスから帰って来たら、引っ越し先探しを再開の予定です。(探し始めた状況は→ここに)イギリスで家を買うというと、即ち、殆ど所謂中古のものを買う、ということになります。新築っていうのは殆ど無いみたいです。それに、最近の新築の家は庭が狭いことが多いので、我々は1960年代か70年代に建ったものを狙っています。

一階だけで充分です


実は「おし、これだ!」っていう家を見つけたんですが、一足違いで買い手が決まったとのことで、

・・・その時は、ただならぬショックを受けました。へなへなへな、と座り込んだほど!

デタッチト・ハウスで隣の物音が聞こえなくて
庭が広くて11月の花火大会も問題無く開催出来て
駅にもそこそこ近くて
家の前に車を数台停めるスペースがあって
等々の要件を全て満たし、

その上、風水的にも大丈夫で、

しかし、夫が望む「雰囲気の良い、ヴィレッジ風ストリートにある、自然発生した家」というのではなく、「デベロッパーがまとめて開発したエステート内にある」というのだけが璧に傷だった。

ま。夫には辛抱してもらおう~。

イースターの直前に見つけて「すぐ見に行きたい」と不動産屋に申し入れたら「イースターホリデー中は留守かもしれないので明けに」と言われて、辛抱出来なくて界隈をドライブしたら留守じゃない形跡があって「何だ、じゃあ、見せてもらえただろうに。」とジリジリして、すると、ますます「これだ!」という気持ちが盛り上がった。のに・・・

休み明け、見に行く事になっていた当日朝に不動産屋から「さっき売れた」って・・・あんた、そりゃ無いでしょうに。ごり押しして休みの間にどうしても見たい、と主張すれば良かった。。

イギリスでは、家、飛ぶように売れるみたいです。あの家、フロアプランを見ながら勝手にうっとり引っ越し後の暮らしを夢見ていたのに。。。

しかし、繰り返しますが、高いです。ぶっ飛びますよ。ほんとに。ロンドン地方がダントツに凄くて、地方に行くと随分安いということを最近知り、ま、日本でも東京がダントツというのと同じか、とは思えど、それでも、高過ぎます。

*****

ニュージーランドなら同じ額で城(はニュージーランドには無いか。。)が買えるぞ!!

*****

ニュージーランドで見た家々のパーツを組み合わせて理想の家をイメージしてみると、以下のようになります。

*まず、家そのものですが、一番上の写真のような、だだ~っと床面積が広い一階だけの家が、階段を上ったり下りたり、上ったり下りたりしなくてすむので理想!

*裏口のドアは、こんな風にちょっと遊んでみるか?
こんなドアで遊んでみる

*敷地の裏の方にバンガローを建てて、斜面に野菜畑を作る。
野菜畑を斜面に作って

*庭の面積がだだっ広いので、秘密基地みたいなのも作ろう。
庭も好きにいじります

*広い敷地だからサッカー・グラウンドも作っておこう。
サッカーも出来るでよ。


ニュージーランドなら、そんな風なことも出来そうで・・・羨ましいわあ~。

★尚、野菜畑とサッカーグラウンドを持つ家は、ロトルアという温泉町で泊まったB&Bです。木を斬りたい時に持ち運べるモバイル・ソーミル(木を斬る機械)を考案してデモ販売している会社の娘夫婦がやっていたんですが、モバイルと言っても20畳くらいのスペースは必要みたいで、そんなもの、誰が買うのか全く実感湧かない・・・要はスケールのデカイ話でした。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そんなに高いんですか!!

関西でも家探ししてる時、大阪の方に近づくだけで、似たような間取りでもびびってしまう程、高騰するのに驚いたものでした。
(駐車場だけで6万とか、ローンが払えないよぉ・・・って泣きました。ちなみにうちが買ったマンションは駐車場代0です(*^^)v)

場所が変わると同じ値段でも、ずいぶんと住める形態が変わるものなんですね。。。。
ロンドンがそんなに高いなんて、ちょっと驚きましたが、また「これだ!」っていう出会いがあることを願ってますね♪♪

くるみ | URL | 2007/04/26 (Thu) 17:47 [編集]


くるみさんへ

有難うございます!!

ロンドン圏の家って、ロケーション代が殆ど、みたいな感じです。家探し、どうなることやら。

りす美 | URL | 2007/04/27 (Fri) 04:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。