イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リラ照りの家でホワイトアスパラガスを堪能す。

リラ借景

リラ=「リラ冷えの街 by 渡辺淳一」と連想するも、当該小説は未読の私。
*多分、今後も読まないような気がする。。

リラと言ってもライラックと言ってもロマンティックな感じがしてしまうのは何故?良い香りです~。

昨日、おとといと曇ったり小雨が降ったり・・・雨ではないけれど今朝などマグニチュード4.3っていう地震がケント州で起きてびっくりする(イギリスは全く地震の無い国と多寡をくくっていたので)ものの、「リラ冷え」という感じでは無くて、「リラ照り」の初夏(春とは思えない)の今日この頃。

そのリラと最近良く出会います。

1.借景
この家の庭は、何と合計5軒と接点があり、しかし、どの家からも覗き込まれる事が無いという摩訶不思議な形状になっていて、しかもずら~っと、美しい借景まで楽しめるのです。

台所の窓から見える所に薄ピンクと濃ピンクの花が今、真っ盛り。(上の写真)

2.近所を歩いていて
桜の次はリラですね。あと藤。今、絶頂期。

3.市場
フランスのマーケットで野菜と並んで売られていて、「ひょっとしてリラって食べられるの?」と思わず身を乗り出した。
菜っ葉の横で売っている

*この辺、徹底調査未実行ですが、どうなんでしょ???

4.花瓶

花瓶にもリラ
昨夜、17日ぶりにやっとこの家に戻って来た夫に「この花瓶の花、どうしたと思う?」と聞くと、ズバリ言い当てました。

「あそこの切ったんでしょ?」

・・・そう。。木の生えている家からは全く見えない部分で、この家の庭にズンズン突き出ている部分をちょいと頂きました。
この赤丸の所にあった
赤丸の中から花瓶に移動。
★念のために書き添えますが、これって別に違法行為じゃないですからね。

それから。この花瓶の手前の皿に乗っているものは!

そうです!
ホワイトアスパラガス。

フランスでホワイトアスパラガスが食べられなかったのを歯軋りして悔しがっていた私の歯軋り具合が恐ろしかったのでしょうか、夫がフランスを発つ日の朝市で買って持って帰ってくれたものです。

緑のもホワイトのも元は一緒で、緑のは日を浴びさせて、ホワイトのは土を被せて暗くして育てるということを初めて知りましたが、こういう知識は常識なんでしょうか。

*イギリスではホワイトのが余り売っていないのに、フランスでは互角で売ってましたが、何故???
*注:リラを生けている花瓶(水差し)はチャリティーショップで見つけたもの。7.5ポンド也。
*アスパラガスの事を調べている中で、え!?そりゃそりゃ。と思ってしまったことを知りました。ここの最後の二行。先ほどooh. 知らなかったら大騒ぎしてたかも。あ。でも、初めて気付いた=読まなければ気付かなかった。って言う程度のことかも。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アスパラガスの代謝物質って?

それって代謝率が良くなるってことなんでしょうか? それなら臭かろうがナンだろうが食べないと。 ダイエットにいいってことですものね。 そう言えばアスパラガスって繊維がスゴイもんね。

kusaki←ダイエットお休み中 | URL | 2007/04/29 (Sun) 05:49 [編集]


早起き鳥のkusakiさんへ

そ、、そんなにはっきり書いてしまうと!! 昼も夜も食べたので暫くこの調子が続くのか。。。。。そうそう、ダイエットに良いかも、でも、お休み中とのことで残念です。

りす美 | URL | 2007/04/29 (Sun) 05:54 [編集]


ホワイトアスパラガスはレストランで

ベルギーやフランスでは、アスパラガス茹で用の縦に長いお鍋は必需品ですって。
根っこに近いところと先っちょでは同じ茹で時間ではいけないいんだそうで、ふつうのお鍋で茹でるわたしはお友達に叱られました。
そして、素材を活かすためにはマヨネーズなんてつけてはいけないんですって。
食べることに真剣になるお国柄で、おもしろい。
めんどうだから、この時期はホワイトアスパラガスばかりをしょっちゅうレストラン出食べてます。

きらら | URL | 2007/04/29 (Sun) 08:14 [編集]


日本でも生のホワイトアスパラに出会うことはそうそう多くないですよ。

缶詰のものは昔から売っているし、小学校の給食でも良く出たけど、あれはマズくて食べられない・・・><;

pippi | URL | 2007/04/29 (Sun) 12:08 [編集]


きららさん

あのお鍋、イギリスでも売ってますよ。アスパラ&コーン用と標榜してました。私は茹でるより、同じくらいに火が通るように大きさを変えて切って、で、じっくりバターで焼いて塩こしょう、お醤油たらすっていう食べ方が一番好きです。さっと茹でて粒マスタード&オリーブ油にメープルシロップを混ぜたソースで和えるのも行けました。こんばんは残りでスープかな。。

りす美 | URL | 2007/04/29 (Sun) 21:24 [編集]


pippiさんへ

缶詰のは妙に柔らかくて気持ち悪いですよね。生のはウドみたい(調理の仕方によるけれど)にシャキシャキしててよろしいですよ!

りす美 | URL | 2007/04/29 (Sun) 21:25 [編集]


アスパラ、昨年種から植えた10本が今年は大量に芽吹いてくれています。
緑のものですがもう50本以上は食べました。美味しいです。
↓のニンニク コメント入れたつもりが入っていませんでした。
イギリスにノビルがあればその頭に似た花でムカゴ状に実がつきそれらが発芽します。

自然を尋ねる人 | URL | 2007/04/29 (Sun) 21:59 [編集]


ライラック!

豊かに咲きほこっていてうらやましいです。
我が家のは、高温多湿の気候が気に入らないせいか、何年経ってもひょろっとしていて、4~5輪しか咲きません。
顔を近付けて、必死で香りを吸い込んでいます。

Qu | URL | 2007/04/30 (Mon) 01:26 [編集]


庭にも

おはようございます、guitarbirdです

ライラックは庭にありますよ!
今年も花が咲いたら記事にします。
ライラックは札幌の木で(外来種なのに)、
渡辺淳一は札幌出身で中島公園の近くに
渡辺淳一文学館があるように、
札幌にはおなじみの花・木ですね。
あ、私もその小説は読んだことないし、今後も読まないかな、と(笑)。

guitarbird | URL | 2007/04/30 (Mon) 06:14 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

種から蒔いて一年で収穫できているんですか?驚きです。てっきり二三年かかると思ってました。

ノビルの話ですが、ノビルって何?!?!というのからして調べないと何の事やらさっぱりなんですが。。今から調べてみます。

りす美 | URL | 2007/05/01 (Tue) 05:28 [編集]


Quさんへ

家にあるなんて素敵です!この辺のはザクザク花がついているので、やっぱり気象条件って非常に大切なんですね。

りす美 | URL | 2007/05/01 (Tue) 05:29 [編集]


guitarbirdさんへ

って言う事は、未だ咲いていないんですね?イギリスも本当はあと二三週間後で咲くのが本来だと思うんですけれども。

記事を楽しみにしています!

りす美 | URL | 2007/05/01 (Tue) 05:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。