イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花粉症本格化の4日目。

昨日は花粉症、本当に大変なレベルに到達しました。スギ花粉恐るべし。夫もくしゃみをしたりして、ひょっとしていきなりなった?!?

ノートに書き留めていることから数点、日本の不思議をピックアップします。

1.日本は動物も甘えの構造?

・日本人の犬の扱い方、犬の行動パターン。:互いに甘えあっているような気がした。
・日本人のきつねに対する感じ方。:きたきつね物語とか、今映画をやっている(少なくとも奈良では)こぎつねの話とか、きつねをいたいけないものとして捉えている。イギリスは危険が及ぶのでそんなことを言っていられない。

2.高速道路の見通し

・両側に壁、というのが仕方ないかもしれなくても、グリーンを噛ませるとか、ちょっと日本人の美意識に適う処理の仕方はないものか・・・いかにも見苦しい。。

3.商店街が楽しい

・ナショナル・チェーンが大勢を占めるイギリスは、どこの町に行っても代わり映えしない気分がするのに対して、日本は個人商店がたくさん。面白い。
・一方、在庫の種類が大変多くて、経営的にはどうなのか?と思ったり。

4.日本の犬もう一度。

・スピードスケートのコーナーリングみたいに傾いて、ぜえぜえいいながらやっきになって飼い主を引っ張って歩く犬が席巻しているのは面白い。
・イギリスの犬は皆、ぽこぽこ落ち着いて歩いている。

しつけの違い?血??

5.スーパーのレジは立っている

イギリスのレジの人は座ったままなのに。立ってお辞儀までしてくれる。

6.包装紙が売っていない!

イギリスから持ってきたものを包んで渡そうと思って包装紙を探し回って汗だくになって、結局見つからず仕舞い。日本はお店でラッピングしてくれるから、包装紙ってわざわざ買わなくても良いんだ。。

7.人の良い日本人

日本人は無防備&性善説なんだな、と思える。
あと、女性は女の子でいることが男性受けするんですね。。イギリスはもっと自身溢れる女が志向されていると思う。

8.ラブホテルがいっぱい

イギリスはまったくないけれど、日本だけの産業なんですね、これ??

もっとあるんですが、これから成田を後にします。また書きます!
二つのブログ・ランキングに参加中です。次の二つのマークをワンクリックずつして応援頂けると大変、有り難いです!
※ひよこのをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、とっても励みになります:よろしくお願い致します。***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わんこが

気になるのですね・・・そうそう。英国の犬は主人を引っ張ったりしません。

日本人、人は良いけれど、一枚剥いたら結構怖いと思うのですが。こちらは大体見たら分かるので、変な意味で安心。

ぴこりん | URL | 2006/03/22 (Wed) 23:30 [編集]


狐に残飯を与えるうちの旦那は

ある日近所に住む自分のガーデンを誇りに思っている伯父さんの家でのディナーで、伯父さんと狐に餌を与えることについて討論になっていました。
かなり笑えました。

3ぱいんと  | URL | 2006/03/23 (Thu) 18:37 [編集]


日本とイギリスの違い。
面白かったです。まだまだありませんか?
(*⌒―⌒*)))

外国と日本はぜんぜん違うっていいますよね。いろんなところが違うのでしょうね。
私は日本にしかすんだことないからわかりません。

わふわふ | URL | 2006/03/26 (Sun) 18:52 [編集]


ぴこりんさんへ

なるほど・・・そのような見方もありますか!

KK | URL | 2006/04/09 (Sun) 21:27 [編集]


3パイントさんへ

狐との共存共栄、イギリスの人達がどう思ってどう対処しているのか、じっくり調べてみないといけないな、と思っておりますのです。

KK | URL | 2006/04/09 (Sun) 21:28 [編集]


わふわふさんへ

日本→イギリス、そして今回の旅で→日本→オーストラリア→日本→イギリスと経て、世界は広いな大きいな♪ という思いです。

KK | URL | 2006/04/09 (Sun) 21:30 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。