イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家売買ブラック・コメディ

イギリスでの家の売買が
 複雑怪奇、
    面妖
一向に埒があかない、
っていうのは以前にもぼやきましたが、

イライラや怒りを超越して、滑稽の域の出来事が立て続けに起きる、という貴重な実体験の数々を
お裾分けしたいので、

以下、現在迄の「5大 信じられない事件」を羅列します。

1.全部料金不足で出しているのかも事件
郵便配達のお兄さんがピンポンと鳴らし、「料金不足だから本局に自分で取りに行って。」と紙を渡した。送付者名も書かれていないので、てっきり、夫の実家から合鍵を送って来た(送ってくれるように頼んだ所だったので)んじゃないの、と夫が想像。そうなのかな、と思いながら郵便局に行ってみたら、、、

不動産屋からの契約書だった!

契約書送付は不動産屋にとってはルーティン的業務であり、中身もA4の紙が数枚というごく一般的なもの=間違えようがないでしょ、っていうものだったにも拘らず。

2.突然の引っ越しで仕事ができないんです事件
不動産屋の私達の担当者に、何だったかを依頼して連絡を待つも電話無し。かけてみると、

「いやあ、それが、今日急に事務所が移転する事になって、仕事にならないんです。だから未だやってません。」

事務所の移転ってそんなに急に決まるものなの?

estate agent flyer
おまけに事務所が移転した事を知らせる案内が、移転一週間後に玄関に置いてあった、しかも、「due to」=「将来のこと」として。
★7月7日付の新聞と一緒に写真を撮りました。事務所移転は7月1日のことでした。

3.何も言わずに もう辞めていた事件
4月に夫が二週間のフランス出張に行く前に、買う方の家の不動産屋支店に出向き、留守中のプロセス進捗要請をしに行ったんです。

帰って来てその担当者に電話してみると、

夫が最後に会ったすぐ後に辞めていた!

もっちろん、次の担当者にちゃんとした引き継ぎなどもされていない。

4.メルアド無いんです事件
上記3つは全て不動産屋が仕出かしたことでした。4番面は住宅ローンの会社。

近所の支店で手続きが完了して可及的速やかに認可される見通しだったのに、一週間後に本部から訳の判らないレターが届き、結果、その一週間の間、何も進んでいなかった。

そのことを支店に質そうと電話するもなかなか繋がらない。メールしようと名刺を見てもメルアドが載っていない。

やっと担当者に繋がった時に、メールアドレスを訊ねると、

なんと、

「まだ一人一人のメールアドレス無いんです。7月から貰えるみたいですが。」

今時、そんなこと、あり?!?!?

因みにイギリスで三本の指に入る有名銀行系列の=ちゃんと名の通った会社です。

*****

5番目については、明日に持ち越しです。

とんでもない事が起きたんです。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イギリスでは。。。

こういうストリーは、いろいろ聞きますよね。
でも、こう次々と起こると、もうどうにでもなれとか思っちゃいますよね。。。

ここでは、なんでもありなんだと、笑ってしまう今日この頃です、ハイ。

KHtobe | URL | 2007/07/21 (Sat) 06:01 [編集]


不動産屋かごろつきか・・・

うーん、こんな不動産屋さんが居て、それで家の売買市場が一応は回って行ってるという事実が不思議の国ならではですねぇ
5番目のすごいこと、なんでしょう、気になります

ろくろく | URL | 2007/07/21 (Sat) 08:29 [編集]


人々のほうが

こんにちわ、guitarbirdです
自分が当事者だったら困るな、と思いながら見ていました・・・
担当者ということは、よく顔を合わせる人なのに
そういう「嘘」とは言わない「ものの言い方」ができるなぁ
というのが、信じられないです・・・

guitarbird | URL | 2007/07/21 (Sat) 13:34 [編集]


うーん、なんか「紳士淑女の国」のイギリス(イメージ)

なのん、とんでもなくいい加減ですね~
日本って素晴らしいのね(^-^;

みさき | URL | 2007/07/21 (Sat) 16:06 [編集]


すでに「1」の段階から信じられない思いで読ませていただきました。
契約書に万が一のことがあったらどうするのでしょう?
免責条項だけは忘れずきっちり書き込んであったりするのでしょうか?(笑)

その5は・・・どんなエピソードが!?

ナラ | URL | 2007/07/21 (Sat) 17:06 [編集]


皆様へ

一括コメントですみません。お許しを。

イギリスで生活するには、これくらいのことが全く気にならないような神経が必要。。逆に、日本は、きちんと仕事し過ぎなのかもしれません。何れにせよ、日本の物差しで見たら体を悪くします!

りす美 | URL | 2007/07/27 (Fri) 02:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。