イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人災天災トリプルパンチっていうこともある。

plan


週末、ドーセット~デヴォン(イギリス南西部海岸寄りの素敵なカントリーサイド地帯です)への一泊ミニトリップに行っていました。

目的は

夫:家売買関係の強ストレスからの解放
私:リンク先のharryさんのキャンプ日記(ここをクリック)に刺激を受け、テントで寝ること!

★もっとも、予報では午後三時頃から晴れて来る筈だったのに、雨の開始が遅くなった結果、午後六時頃まで降り、結局テントで寝るのは実際的では無いとして、B&Bに泊まる事になってしまいましたが。

*****

今週末からスクールホリデーが始まると混雑が極度に達すると予想されるので、一歩先んじて、このタイミングしか無い、と国内有数の人気エリアに出かけたんですが、

人出が少なくは無い、賑わってはいるんですが、何だか少しトーンが低い様子。

パンチその1:今夏の天候不順。

エルニーニョならぬ「ラニーニャ」(← 私は今年初めて聞きました)の為に「去年以上の烈夏」との予測に反して冷夏。豪雨、雹なども発生。

パンチその2:金利上昇。

つい先日の事ですが、英国銀行が金利を5.5%から5.75%にアップ。それに伴うハウジング・ローン利息アップで観光を手控える人が増加。
 ランチに立ち寄ったパブの主人(publican/パブリカンという)に「今年の調子はどう?」と夫が聞くや、「さっぱり。。」とこの説を持ち出した。

パンチその3:ナポリ

今年の1月に、南アフリカに向かっていたコンテナ船ナポリが嵐の中で大きく損傷する事故がコーンウオール(=イギリス最南西部)沖で起き、
keel over

その後この船はドーセット~デヴォン(コーンウオールのすぐ東側=我々の目的地の辺り)の沖に置かれていました。

積んでいたコンテナ貨物が海中にバラまかれる結果になり、BMWのモーターバイクやら高級ワインやらもが浜に流れ着くのを
washed up

かっぱらいに行く人達が絶えなかった。
beachcomber


その頃は、てんやわんやの「賑わい」だった。

イギリスの名誉の為に:かっ払いという不埒な輩達が頻出した反面、油まみれに成った鳥を救出するボランティアが活躍したとのこと。

*****

それからもう半年経ちます。

つい先日、やっとrefloatさせてドライドックに曳航していく、というニュースが報道されていたので、行く頃にはもう居なくなっているだろうと思っていたら、居た。
napoli in the fog
バージ二艘に取り囲まれるように、霧の中、岸近くに未だ居たナポリ。

写真を拡大してみると少し判り易くなるんですが、後ろの部分は水面と水平なのに、前の部分が跳ね上がっていて、その間に想像以上のヒビが入っていたみたいで、引っ張って行くことは不可能とされたようでした。

*****

すると帰って来た翌日に、このナポリの爆破がありました。
explosion
テロによるもの等ではなく、意図的爆破。そうするしか無い、という結論になったようです。(一番始めの写真が爆破プラン)

昨日午後に二度目の爆破があった筈です。

爆破前から既に油で海岸が汚れていたのを目にしました。
oil on the beach
近くの海岸で目にした、引っ張って行こうとした際に漏れたと思われる油。

爆破があれば、もっと汚れるのは必至と思われ、せっかくのスクールホリデーが正しく始まるタイミングに、ホリデーに行こうと予定していた人達がキャンセルするかもしれない。

丁度日本に台風や地震の被害が起きていた頃、そのようなトリプルパンチが、我々の大好きなイギリス南西部の海岸沿いに起きています。

写真はを付けた二枚は私が撮ったもの。それ以外は全てここをクリックすると出て来る、1月18日以来のフルストーリーのサイト(BBC) から拝借させて頂きました。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

興味深い

レポートでした。
こういう目撃談+バックグランドを説明したお話は、興味深いですね。
下調べが大変だけど、時々聞けたら、嬉しいです。。。。(書く人は大変ですよねえ。)

KHtobe | URL | 2007/07/20 (Fri) 07:17 [編集]


このニュース覚えていますよ!アメリカでも映像を見ました!BMWのモーターバイクを運んでいく人がいましたね。でもニュースでは持っていくのは違法だから本当は返さないといけないって言っていましたけど。返したのでしょうか。
結局結末はこうなったのですね。

chiblits | URL | 2007/07/20 (Fri) 16:16 [編集]


気になる!

船上のコンテナーは少しでも回収したのでしょうか。
あぶらを回収しないで爆破したのですか。
思い切った事をするものですね。

保険金が予想以上に入るのでしょうか。 ロイドが頑張ったとかがあるのかな!

自然を尋ねる人 | URL | 2007/07/20 (Fri) 19:53 [編集]


ひぇー
りす美さんのワールドワイドなブログに、あの普通に日本的なキャンプ風景がリンクされてるのって嬉しいやらお恥ずかしいやらです(^^ゞ
結局テント泊なさったんですか?^^
そちらのキャンプ風景レポ、ぜひお願いします^^

南西部に行ってらしたんですね♪
ステレオタイプなわたしは、そっち方面だと『アガサクリスティー』を思い浮かべてしまったり。

コンテナ船の事故後のかっぱらいのことは日本にも報道されていました。結局爆破したのですか。
船の難破はやっぱり重油のことが一番気がかりです。

harry | URL | 2007/07/20 (Fri) 22:02 [編集]


KTtobeさんへ

バックグラウンドって言う程のことは書いていないんです。ほんの障りだけです。もしご興味あれば、最後の段落につけてあるリンクに行ってもらうと、この事に関する全ての出来事にアクセス出来るページに行きますよ♪

りす美 | URL | 2007/07/21 (Sat) 00:56 [編集]


chiblitsさんへ

返した人も居るんでしょうが、それ程多くは無いような感じですよ。e-bayに次々載せた事から足がついた人達の話は聞きましたが。

りす美 | URL | 2007/07/21 (Sat) 00:57 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

コンテナの回収の件ですね: 知らないので、ニュースのアーカイブをよく読んでみます。

オイルですが、抜き取れるものは全て抜き取る作業をした筈です。何しろ半年かけて色々やってるので。最近の油漏れは船体を二つに分断しようとした際に、残留分がひび部分から漏れ流れた模様です。爆破の後の詳細な状況は未だ伝えられていないんですが、油用のバリアーがしてあったのと、海に入らないようにとの警告が出ていたのは見ました。諸般の検討の結果のベストな対処策なんでしょうけれど。。

りす美 | URL | 2007/07/21 (Sat) 01:03 [編集]


harryさんへ

ワールドワイド、ですか。。。最初のうちは「海外/イギリス情報」のカテゴリーのランキングにも入っていたんですが、私の書きたいのは「海外情報」っていう括りではなくて、色んな事を目一杯楽しもうっていう路線で、たまたま海外/イギリスが舞台だ、っていうことなんです。だんだんランキングの他のブログと一緒に並んでいるのに違和感が高まって来て、ランキングからも抜けたんです。harryさんのブログもコンセプトは同種と勝手に親近感を持たせて頂いてます!
*トラックバックしたかったんですが、やっておられないので勝手にリンクつけてしまいました。。遅まきながらご容赦くださいませ。

泊まったのはB&B=ベッド&ブレークファーストです。キャンプしたかったのに残念!

船はこの後まっ二つに分断され、船首部分は陸揚げ、船尾部分はrefloat、って書いてありました。最後の方の「ここをクリック」っていう所をクリックすると写真が出て来ますよ。

りす美 | URL | 2007/07/21 (Sat) 01:10 [編集]


処理費用・・・

これは、処理の費用を誰が出しているのかが気になりました。
最終的には船主に請求するんでしょうけど、
それまでは誰(どこ)が・・・
日本だと、そこが引っかかって、3年くらい放っておかれそうです。
だからこの記事を読んで、もう処理したのか早いな、
と私は思いました。

guitarbird | URL | 2007/07/21 (Sat) 13:37 [編集]


guitarbirdさんへ

費用は取り敢えずは持ち主が出して、その後、その会社と保険会社と(実際にはそれぞれのsolicitor達)が争うみたいです。政府も絡むんでしょうね、今回のは。

りす美 | URL | 2007/07/27 (Fri) 01:57 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。