イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フットパス・ウオーキングのコツ?

色々な面白いものとの出会いが必然的なイギリスのフットパス・ウオーキング、

ですが、

気をつけるポイントは多々あって、、、

駅構内、向かい側のホームの先の方にフットパスへの入り口がある
見過ごしそうな所に
ので、ホームが低くなっている所から線路に降りて向こう側に行こうとするのは

だめだめ!!
such a danger
・・・んなことしようとするのは私だけかもしれないので心配無用かとは思いますが、線路には高圧電流が流れていて、渡ったら死にますゼ!!!

変な事してないかCCTVカメラが見張ってるので、
under watch
くれぐれも妙な行動(ってどんな???)はとってはいけない!

この電柱に登ったら感電するよ、って、英語が判らなくても意味が通じる誠に直接的なイラスト。
electrocuted again

フットパスの途中で何回も出くわす「垣根超え」ですが、針金にゴムが巻いてあるのは・・
don’t touch
針金に直接触れるとビリビリ来るから!
*羊が逃げないように極めて低レベルのビリビリみたいですけどね。



あと、「こっちがフットパスだよ」と教えてくれるサインが見当たらないので通り過ぎてしまって、おかしいなあ、と、目を皿のようにして戻ると、全くサインが無いけれど、怪しい木と木の隙間があって、そこから這い上ってみたらフットパスがあった。
no sign whatsoever
見つけ難い入り口をフットパス内から撮った所)

これは、サインの矢印が微妙に左に傾斜していて、その左右に草に覆われたフットパスが分岐していて、
斜め具合がどっちとも取れる

微妙な傾き具合からはどちらとも取れて、
微妙な斜め矢印
多分こっちだろう、と一か八か、どちらかを選ぶ、と、


枝がフットパス上に倒れて随分経つであろうにそのままにしてあるから
垂直に生える枝
遂に枝が垂直に生えて久しいような木がそのままになっていたりして。枝の間をすり抜けて進む!


これはやけに狭いゲート。腹の出たヒトを捕まえる罠?罰ゲーム???入ったら引っかかって出て来れない!
出腹はアウト


それでも何とかクリアして歩み続けると、

ははは、、、
footpath closed
この先工事中でフットパス閉鎖中、っていうサインにトドメを刺される!??

なんていうことにメゲたりせず、工事現場を用心しながら通過し、歩み続ける。

・・・すると、昨日のような色々なものが待っていてくれるのでありました。

以上、人生ゲーム? それとも、、、風雲!たけし城? みたいなフットパスも中にはあるので、イギリスは本当に楽しめます




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Foot Passってカルフォルニアでいう、Trailの事なんですね。線路が高圧電気が来ているなんてしらなかった!私たちは線路伝いに散歩に行きますが、感電した事ないです。ここの汽車は何で動いているのでしょうね。近所の家の犬は絶対に自分の庭から出ません。塀もないのに。何かが仕掛けてあるみたいです。一体何が仕掛けてあるのか。一歩も芝から踏み出さないんですよ。

chiblits | URL | 2007/08/17 (Fri) 17:44 [編集]


はっはっは、まさにたけし城そのものですね♪

それにしても苦労してたどり着いた先がCLOSEDなんて・・・・!!

でも、りす美さんは案外こういう探検がお好きなのでは?

にせピピ | URL | 2007/08/17 (Fri) 18:17 [編集]


はじめまして。Hanaです。
ご訪問&コメント、ありがとうございました。

いろいろ共通点がありそうなので
とても楽しみにしています。
これからぜひよろしくお願いいたします。

ひとまずご挨拶まで。
またあとでゆっくり遊びに来させていただきますね。
それでは。

Hana | URL | 2007/08/17 (Fri) 22:23 [編集]


chiblitsさんへ

線路は実は全く感電なんかしない、ただの脅しだったりするかもしれないですね。でも試してみる勇気は私にはありませんv-12

りす美 | URL | 2007/08/18 (Sat) 01:19 [編集]


にせピピさんへ

ご明察です! そして私は知っている、にせピピさんも大好きということを!

りす美 | URL | 2007/08/18 (Sat) 01:21 [編集]


Hanaさんへ

有難うございます♪ どうか末永く宜しく御願いします。

りす美 | URL | 2007/08/18 (Sat) 01:22 [編集]


chiblitsさんへ

犬が庭から出ないのは、地面に「Invisible Electric Fence」を埋め込んであるからでしょう。うちの近所も皆そうしています。

そば | URL | 2007/08/18 (Sat) 06:52 [編集]


りす美さん、とってもとってもお久しぶりです!
そういえば、お約束をしながら果たせなかった事を想い出しました!
ごめんなさい。
(と言っても、本当に前の事になってしまいました^^;)
久しぶりに、りす美さんワールドを堪能しました。本当に、知らないイギリスがいっぱいありますね。

ゆう | URL | 2007/08/18 (Sat) 19:44 [編集]


そばさんへ

情報提供ありがとうございます。

chiblitsさん
そばさんはアメリカ在住の方です。

りす美 | URL | 2007/08/19 (Sun) 04:47 [編集]


ゆうさんへ

戻って来られて非常に嬉しいです! 約束・・・忘却してしまいました。すみませんv-15何だったんだろう・・・忘却力に富むもので。。

りす美 | URL | 2007/08/19 (Sun) 04:49 [編集]


紙一重

こんばんわ、guitarbirdです
この記事を見ていて、自由と監視が紙一重という感じがしました。
線引きがしっかりしているというのか。
英国の鉄道は第三軌条なんですね。
実は、知らなかったのです・・・
架線がないと景観的にはいいですね。

guitarbird | URL | 2007/08/23 (Thu) 19:26 [編集]


guitarbirdさんへ

架線が無いと景観的にはいい、です。町中もそうなんですが、だから、しょっちゅう地面を掘り返して工事ばっかりしてるのがすっごく迷惑でもあります!

りす美 | URL | 2007/08/23 (Thu) 19:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。