イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

引っ越しが9割方終わり、そして。

引っ越しと片付けとで・・文字通り、疲労困憊。前の家と車でちょうど20分程度離れているんですが、何度往復したことか。車線変更やウィンカーを出すタイミングが体に完全に染み込み、結果、自動運転している感じになってしまったほど!

そのような中、風呂用の椅子に座ってパソコンに向かっているんです。

*****

さて、今度の家は夫と私の双方が「これだ!」と一目惚れした家。

で、住み始めたら現実はどうなのか?

・・・幸いなことに、私の信念である「大きい買い物は一目惚れで即断即決がポイント」を立証するような快適な住み心地で

二人して、疲れた体にじんわり幸せ~が染み渡る感覚を楽しんでいます。

*****

どんな家なのかというと、外見、内装ともに、「愛想無し」と言える程、プレーン、シンプル、飾りっけが無くて、ラグジュアリーな家って言う訳ではちっとも無い、「普通の家」です。

イギリスの基準からは「新しい」と言える1960年頃に建てられて、その後、ガレージの上に建て増し、その後一階部分も庭に向かって一部屋が増築され、今に至る。

前の持ち主は非常にキレイ好きで、きちんとした暮らしをしていた一家だったと思う。

まず、引っ越し荷物を運び込むに当たって、掃除の必要が無かった。

きれい!

*****

ご近所は、穏やか、和やか、良い感じです。

・引っ越ししている最中に隣の奥様が車から降りて来た私に挨拶に来られたり、
・一つおいた先の家の奥様がにこにこしながら夫に声をかけられたり、
・お隣のご主人と夫とが早速お喋りしていたり。

*****

引っ越し開始後四日目のこと。前の持ち主から封書が届き、

「郵便局に転送手続きはしたけれど、転送開始まで数日かかると思うので、もし我々あての郵便が届いたら、お手間だけれど、同封のステッカーを貼ってポストに入れて貰えたら嬉しいです。」
と書いてあって、50枚程、住所を印刷したステッカーが入っていた。

少しは落ち着いた「四日目」に届くっていうのがポイント、なかなかやるじゃないの!と思って、届いた郵便にステッカーを貼ってポストに運ぶ毎日です。

*****

こういったこと、別にどうってことないのかもしれません。でも古き良きイングランドの良識が生きている、っていう感じがして嬉しい。

*****

しかるにここはイギリス。勿論のことながら!良いことばかりでは無い!!!

昨日の午前8時~午後1時にブロードバンドと固定電話の設定にヴァージン・メディアのテクニシャンが来ることになっていたので、8時に来ても良いように、それなりに整理して待ち構えていた。

◆9時:未だ来ない。

◆10時:来ないなあ。

◆11時:全く気配もない。

◆12時:幾ら何でも そろそろ現れるだろう。

1時:未だ来ない!

カスタマーセンターに携帯から電話した。

カスタマーセンターはイギリス北部にあるらしくて、訛りがきつい!

それでも何とか意思が通じ、オペレーターのフィル(と名前を聞いた)が調べてくれて、「あと20分くらいで着く筈。」とのこと。

そんなこと信用出来ないので、「30分経ったら本当に来たかどうか確認するため、携帯に電話してもらえますか?」

30分経過。

来ません、まだ!

するとフィルから電話。「もうテクニシャンは来てるでしょ?」

「NO!」

フィル:「チェースしてみます。」

◆2時:テクニシャンも来ないし、フィルからの連絡も途絶えた。

再度カスタマーセンターに電話すると、こちらから聞く前に「チャーリー・オニールと言いますが、携帯からおかけのようですね。高くつきますので、折り返しこちらからかけ直します。」

チャーリーに再び事情を一から説明。彼はテクニシャンに電話してくれているのだけれど、電話に出ないとのこと。

「もう少し待ってくださいね。」と言われて待っていると、かち、という音がして、続いて電話が鳴る音がして、そして別の男が出て来た。

「チャーリー・オニールとやり取りしているので、チャーリーにかわって。」

すると、、、切れた!

時計を見るともう2時半をとうに回っている。

脳みそが次第に熱くなって来る。1時前からチロチロし始めていた怒りの炎がメラメラにランクアップ。

◆3時:もう一度電話してみることに。

すると出て来たのは、の~んびりした年配の男性(のような声):「携帯からかけているので、そちらからコールバックしてください。」
「はぁ?」
「さっきのオペレーターは自ら進んでそうしてくれたんですけど、そちらからかけて貰えませんか?チャージがどんどん減って行くので。」
「はぁ。。じゃ、番号をおしえてください。」
「え?スクリーンに出てるでしょ?さっきは教えなくても見えてるって言ってましたけど?」
「判りませんねえ。」
番号をおしえて待つこと10分。かけて来なかった!

◆3時半:もう一度気を取り直してかけてみる。今度は女性オペレーター。この人、本当に訛りがキツくてキツくて、たまらない。そんなことを言うのは可哀想と思ったけれど、「聞き取れないので、訛りの無いオペレーターに変わってください。」と言ってしまった。。

変わって出て来たオペレーターも訛りがかなりあって、聞き取り難い。そしてまた、一から説明です!

途中でプッチンしました。訛りはきついは、同じことを何度も聞かれるわ、同じ話を最初から懇切丁寧に説明しないといけないわ、・・・なんだかんだで、「もう結構です。」と切ってしまいました!

今日はもう諦めて、夫が帰って来たら夫にかけてもらって、日程を改めて設定しよう、と。

この時点で脳みその温度は沸点に達していた。

*****

気を取り直して片付けに勤しむ勤しむ勤しむ。すると、

◆5時半頃。何やら玄関方面でトントン、っていう音がしたような気が。

誰か来たのなら呼び鈴を鳴らすだろうに、といぶかしく思いながら念のために玄関に行ってみると、何やら赤い影が動いている。

ドアを開けると、赤いジャンパーを来たヴァージンメディアのテクニシャン(以降、「テ」)が居た!

私:「ちょっと!私、すっごく怒ってるからね。」
テ:「いやいや、コンピューターには予定変更となってたので来なかった。でもヴァージン側の間違いだった。」
私:「(もう何とでも言い訳すれば、と、どうでもよくなって)じゃあ、早くやってちょうだい。」





そして、めでたくブロードバンドと固定電話とが開通しました。取り敢えず。

でも、今度のはADSLじゃなくてケーブルなので、ケーブル用のルーターじゃないとワイアレス設定出来ないと言われた。数日前に不安になって、「ADSL用のルーターだとワイアレス設定出来ませんよね?ケーブル用のを買って待ってないとダメですよね。」と問い合わせたら、「大丈夫」と言われたからそのままにしてたんです。。

というような事情のため、私の机を置いてある部屋までコンピューターを持って行けずに、ケーブルが届く所に小さなテーブルを持って来て、それだと普通の椅子に座ると低過ぎるので、風呂用の椅子(日本から持って来て、踏み台として便利に活用しているものです)にクッションを置いて、そこに座って不自然な姿勢でパソコンやっている次第です。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わはは!

って笑ってる場合じゃないですよね。

引越しおめでとうございました&お疲れ様!
お天気でよかったですね~。
では、まだ私のご近所なんですね?

この間、うちはSKYを入れましたが
電話の対応、とても親切だったけど
スコティッシュの訛りがきつくてすんごい大変でした。
もう、笑っちゃうくらいに。

かよ | URL | 2007/09/02 (Sun) 07:18 [編集]


お引越しおめでとうございます!! シンプルな家ならなおさら、ご主人の大工仕事とりす美さんの庭仕事に最適ですね! 

しかし、お風呂のいすにちょこんと座ってパソコンしてるりす美ざんを思い浮かべて、ぷっ。きゃわいい!!

hiro | URL | 2007/09/02 (Sun) 10:39 [編集]


蕎麦屋の出前がイギリスにも!?

大変な1日でしたねー。
(でも、読みながら想像して笑っちゃいました~ゴメンナサーイ)
来るはずなのに来ない、っていうのは
いちばんイライラしますね。
日本はこういう所かなりキチッとしてるから、そういう感覚でいると海外ではイライラすることが多いですよね~。
もし私だったら、絶対説明できないだろうなぁ、キレて日本語でまくし立てちゃうだろうナァ、って考えてしまいました(* ̄m ̄)ププッ。
日本のお風呂の椅子、海外でも大活躍なんですね~! 
えらい(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


Hana | URL | 2007/09/02 (Sun) 14:45 [編集]


かよさんへ

そうです、まだご近所の範疇ですよ。かよ家からだと車で15分足らずくらいでしょうか。何とか片付いた状態になるのは12月に入ってからかもしれませんが、片付いてなくてもよければ是非遊びに来てください~。

りす美 | URL | 2007/09/02 (Sun) 22:54 [編集]


hiroさんへ

はい、きゃわいいですよ。。目撃に来たくてたまらなくなったでしょ?

りす美 | URL | 2007/09/02 (Sun) 22:55 [編集]


Hanaさんへ

実はね、全部書くと長くなり過ぎるから省略したんです。実際は7人くらいのオペレーターと対処いたしました。コールセンターって賃金の安い所に作るから、インド訛りだったり北国訛りだったりで、特に英語が母国語じゃない人には厳しいことが多いかも・・・うんざりです。

キレて日本語捲し立て、っていうの、意外と効果覿面かも。。今度やってみますv-218

りす美 | URL | 2007/09/02 (Sun) 22:58 [編集]


むかし。。

アメリカで、コールセンターにかけて事情を説明中に。。。電話切られました。店員さんに怒鳴られたこともあります。
我が家のJさえも、’少々お待ち下さい’ってそのままずーっとほっとかれ、最後は消えちゃった。。とか。

人間こうして、強くなってゆくんですねー。

かんばれ!がんばれ!

HK | URL | 2007/09/03 (Mon) 08:02 [編集]


どこにでもあるのですね。
すみません。笑ってしまいました。

当方に葦という植物があります。
関東では葦(アシ、悪し)と呼びます。
関西ではよし(良し、善し)と呼ぶことが多いようです。同じ植物でもあるときは悪く、良いこともする代表的なものです。
怒りは良くわかりました。
最終的には工事が済んでも支払わないことが賢明と判断しましたがこれは悪いことでしょうか。

自然を尋ねる人 | URL | 2007/09/03 (Mon) 21:51 [編集]


KHさん(あれ?今日はHKさんだ)へ

これ以上強くなりたく無い気もしますが・・・・・・・・。

りす美 | URL | 2007/09/04 (Tue) 07:55 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

どうぞ笑ってください、自分で読み返しても笑えましたからv-206

工事代は25ポンド(≒6000円)なんですが、申し込み時にダイレクトデビットの登録させられるので、奪還することは不可能。。。ほんとに、払いたく無い、むしろ慰謝料もらいたいです!

りす美 | URL | 2007/09/04 (Tue) 07:58 [編集]


引っ越しおめでとうございます~♪
ネット接続バトル、タイヘンでしたね~
かなり笑えます。来た奴も多少びびってたので、
ノックしてもいなかったとか、とでも言うつもりだった
のでは!??

そらじ | URL | 2007/09/04 (Tue) 08:15 [編集]


そらじさんへ

そう。びびってたからピンポンじゃなくて、こそこそノックしたのかも、、でも来ただけまし、ていう考え方もあるみたいです、この辺ではv-12

りす美 | URL | 2007/09/04 (Tue) 19:23 [編集]


いい話と・・・

こんにちわ、guitarbirdです
話の前半と後半で、いいこととよくないこと
まるで毛色が違うものを一気に読ませてしまう
りす美さんの文章力に感動しました。
後半については、またまた大変でしたね・・・
英国がすっかりそういう国だと思い込んでしまいそうです(笑)。
家ですが、質素なのは落ち着きますよね。
大きいものは即断即決・・・私にはできません・・・
1960年頃の家ということは、もしかすると、
私のうちより新しいかもしれません。
勝ったんだか、負けたんだか・・・(笑)。

guitarbird | URL | 2007/09/07 (Fri) 09:50 [編集]


お引越しされていたんですね!
大変なやり取りがあったようですが、最後にはなんとかおさまって、おめでとうございます~( ・∀・ )ノ
そしてお疲れ様です!
新居でご近所の方々もお優しそうだし♪
ご夫婦ともが気に入られたお家で今後どんな楽しいエピソードが聞けるのか、またまた楽しみでなりません!

harry | URL | 2007/09/08 (Sat) 23:18 [編集]


guitarbirdさんへ

英国には良い所が一杯ありますが、、ことサービスになると、日本人的感覚では太刀打ちできません!

りす美 | URL | 2007/09/09 (Sun) 05:54 [編集]


harryさんへ

有難うございます。イギリスでの家売買は二度とやりたくないです! この家を見つけられたのは非常に幸いな事でした。

りす美 | URL | 2007/09/09 (Sun) 06:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。