イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マクロビは日本食という訳ではないことが判明

コメントへのお返事が途絶えていてすみません。
・・・実は木曜日から昨日(日曜日)までの四日間、全くインターネットにアクセスしなかったからです。

山奥に隠れていた、と言う訳ではなく、マクロビオティクスの料理教室に参加しにアムステルダムに行ってたんです。

考え方は良くても肉もチョコレートも乳製品もお酒もダメっていうのはちょっと。。
味付けがフラットで、毎日は耐えられない。。。

という二大マイナス点のせいで、100%マクロビアンになるっていうのはどうも気乗りしないし、

(伝統的)日本食が基礎になっている

っていうんなら、わざわざ習うようなものではないのかも?

という疑問もある中、マクロビオティクスへの興味は尽きず、アムステルダムにあるKushi Instituteのヨーロッパ本部に出向いたものです。

*****

三泊四日の期間中、どんなものを食べ、どんな料理を習っていたのか、少し紹介します。

◆これは典型的朝食。
typical breakfast
・玄米やポリッジにごま塩やフルーツペーストなどで各自が味付けする。
・野菜たっぷりの味噌汁や醤油味ブイヨンなどのスープ。
・茹で野菜。
・スタンダードな飲み物は番茶。
これに焼き魚が付いたら、典型的な日本の旅館朝食に多少似ているかも?っていうよりは、病人食寄りか?
今が旬のカボチャが甘くて滋味があって本当に美味しかったです。

◆マクロビオティクス風Sushiの作り方です。
tofu frying
中に巻く具の一つ。豆腐を酒とみりんで「揚げて」います。

prepared cucumber
これも具の一つ。きゅうりは中の種をこそげ取ります。種が入っていると水分が出てくるから。

putting rice on nori
海苔の上にスプーンの背で玄米をぺたぺた置いていく。

started to roll
赤いのは大きな紫蘇の葉です。紫蘇、味付け豆腐、きゅうりの海苔巻きを蒔いていきます。
外人さんに海苔巻きの作り方を習うのも興味深いものがあります。

・・・そしてお味はというと、うむ。淡白ではある。

◆マクロビオティクス風アップルパイの作り方。
oil instead of egg and butter
卵やバターは使わないので、その代わりにコーン油を使います。これは粉に油を投入した所。

dough making
くるくる伸ばしてドウ完成。

amasake paste
そしてその上に、なんと、甘酒ペースト(っていうのがマクロビでは甘味料として多用されます)を塗る。

sliced appled to line up
その上にスライスしたりんごを並べていく。

そして焼いて、焼きあがったらオレンジジュースに葛でトロミを付けたものを塗って、そして食します。
・・・お味は、まずまず。上に塗るペーストの甘みが大きく寄与していますが。

◆旅行に行く時は梅干入りのおにぎりを持っていく、とのことで、最終日、おにぎり制作。
onigiri
真っ黒なのは、海苔でぐるりと玄米を包んで空気が入らないようにして日持ちを良くする、と言う工夫をしたもの。
ぶつぶつに見えているのは、白ごまとゆかりを混ぜたものです。


*****

何となく写真を撮りそびれたり、撮ろうと思ったらカメラを宿舎に忘れてしまったりで、一推し、二推しの料理の写真は無いんですが、

一推しは:セイタンというグルテンから作った代替肉を揚げて甘酸っぱく味付けした「酢豚」みたいなの。
二推しは:豆腐コロッケ。

*****

行くまでは代替肉なんて、と抵抗あったんです。ぼやけた甘みのお菓子もピンと来なかったし。

行ってみて判ったのは、
「肉や乳製品を摂らないということは決めた。でも、おいしく楽しく色んなものを食べて行きたい。」
という確固たる信念の元に、材料もレシピも味付け方法も、全てに渡って工夫の限りをし尽くされた食べ方なんだ、ということ。感動しました。

一食につき、色んな味付けの10種以上のおかずと、それから必ず日によって和洋色んな味付けで具沢山のスープを食べるっていうのが、ちっとも「修験者系」じゃないし。

なにより、美味しくなるように工夫するプロセスが非常にクリエイティブで、私のマクロビオティクスへの興味の炎は大きくなって来てしまっています。








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りす美さんKUSHIのヨーロッパ本部行ってたんですかー!

あたくしもマクロビにはめちゃくちゃ興味あるんですけど、めんどくさそうで手が出ておりません(笑  鎌倉で行ったマクロビカフェのスイーツが恐ろしくまずかったと言うのも手が出ない原因の一つかもしれない。

西邨まゆみさんの本読んでると、やってみたくはなるんですけどね。

katherine | URL | 2007/10/02 (Tue) 00:18 [編集]


味付けに工夫の限りをし尽くされた、というのは良いですね(*^▽^*)

どんなに身体に良くても、美味しくなければそれは精神も含めた健康に悪いものだ・・・と僕は考えています。

代替肉を使ったお弁当を食べたことがありますが、すごく美味しかったのでビックリしました。

にせピピ | URL | 2007/10/02 (Tue) 00:44 [編集]


これって

歌手のマドンナ一家が実践してるあれでしょうか?
凄いです。
私は時間がなくてとても無理ですが、うちの旦那がトライしてくれたらどんなに嬉しいか。
って、イギリス人の彼にはできっこないですね。

ロンドンの椿姫 | URL | 2007/10/02 (Tue) 02:13 [編集]


katherineさんへ

日本に居る頃、マクロビ・カフェが素敵だ、ということから興味を持ったように覚えています。katherineさんとは逆に、「意外においしい♪」と思って益々興味が出たんですが、そのスウィーツって、一体どのような代物だったんでしょう???

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 04:13 [編集]


にせピピさんへ

味付けだけじゃなくて、原材料を非常に吟味しています。イギリスでは見た事も無かったようなピッチピチの大根を見て感激してしまいました。安易に化学調味料に頼らないで美味しいものを作るっていうのは、やっぱり良い材料がベースだな、と思ったんです。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 04:15 [編集]


ロンドンの椿姫さんへ

マドンナやグゥイネス・パルトロウで非常に有名になった感がありますが、30年前にも一度イギリス界隈で火がついたことがあるそうなんです。

イギリス人が一家で参加しておられましたが、イギリス人、しかも男性が興味を持つのは、余程の事があって初めて、っていうことみたいです。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 04:17 [編集]


とっても勉強になりました。真似してみたい点もいくつか。やっぱり、油っぽいものや甘いものは控えた方がいい、ってこともなんでしょう、ね。
でも、ゲセワなことかいてごめんなさいけど、参加費、高かったでしょう?。庶民にはちと手が出せねえ、なんて、ビンボーニンがまたひがんでおりまする。

dekoboko | URL | 2007/10/02 (Tue) 05:45 [編集]


dekobokoさんへ

deep fryは多用していましたし、米飴などで結構甘い味も出していたので、油っぽいものや甘いものがだめ、っていうのでは必ずしも無いみたいですよ。要するに全粒穀物類を50%取るのが基本中の基本です。詳しい事はKushi Instituteのウエブサイトやマクロビオティクスで検索したら色々参考情報がありますよ!
*参加費は三泊四日で朝のエクササイズや宿泊代、三食込みで350ユーロなので、それ程高くは無いと思ったんです。拙宅のすぐ傍でやっている一日料理コースが何と400ポンドで腰を抜かしましたが!

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 06:16 [編集]


おひさしぶりデス

アムステルダムにいってらしたんですね!
ホーリアやカレルは元気でしたか?!
私もそちらに通っていたのでお話を読んでて懐かしいです。
素敵なお料理を体験なさったようですね。
アップルパイが美味しそうです~v-10
味を思い出したら、食べたくなってきちゃった。
でも、写真と記事からすると私が参加してた時より、
ずっと紹介してるお料理の数も増えてるみたいですね.
なんていうコースに参加なさったんですか?

そうそう、普段は動物性の物や乳製品は取らないことが
基本ですが、マクロビオティックでは、必要な時にはそれも
とれるような柔軟さがいるんだって感じのことを
久司先生が本にかいてらっしゃいました。
何が駄目というのではなくて、マクロは判断力を育成する方法で、
なりたい自分、その時のコンディションに合わせて、
見た目や雰囲気も含めた食べる物を自分で決定するものなんだって、
習いました.(もし違ってたらごめんなさい)
難しいときもあるけど、楽しみながら自分のマクロを模索中です!

ナオコ | URL | 2007/10/02 (Tue) 15:09 [編集]


ナオコさんへ

そうなんですね♪♪ナオコさんはひょっとしてレベル5迄の全てをやられたんですか? いつ頃だったんでしょう?? 私が今回行ったのはArt of Cookingです。今後どうするかは、非常に迷っている所です。かなり長い間、家を離れないといけないこと、宿舎が冷たい床のシャワーしか無いこと、っていうのが二大ネック。

ホーリアは、名前が覚えられなくて勝手に「ホレイショー」と名付けていた、夫妻の娘さんの事ですね? バイブラントでリズミカルで、すっごく好感度高し!カレルはお店のお兄さんですよね? 彼にも親切にしてもらって好感度高し!

"It's your choice."っていう言葉が何度も出て来て、ナオコさんが仰るように自己判断力をつけていくものなんだと思いました。アメリカや日本でもそうなんでしょうか? 各々ちょっと違うんじゃないのか、っていう気もしています。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 16:54 [編集]


おひさしぶりです。

マクロビ。再発してからほぼそんな生活です。また、現在私が作っているスイーツメニューは、卵、乳製品(バター含む)、精製糖、精製塩、精白小麦粉を使用せずにどこまでおいしくできるか?をテーマに、日夜粉まみれで、娘たちやその友達、そのお母さんたちを巻き込んで試食してもらっています。
ネット通販したら?なんてまで言われて、けっこう人気メニューに。おだてられて木に登りそうですが^^。
工夫しだすと病み付きになりますよ^^。
それではまた。

ish | URL | 2007/10/02 (Tue) 18:19 [編集]


スイーツ、何だったかなあ~ 何かのタルト
だったんですよね、確か。

あの当時のわたしには甘みも味も足りなくて、食べた瞬間『Yack!』でした(笑

でもそのすぐ後から、ちょっと影響を受けて白砂糖をやめてきび砂糖とかメープルシロップに変えちゃったんです。 今もそれだけは続いてます。

katherine | URL | 2007/10/02 (Tue) 20:50 [編集]


ishさんへ

久しぶりのコメント嬉しいですv-222

Kushiのアメリカ本部は癌治療の為のマクロビオティクスが主流のように聞いています。癌の場合は本当に厳しい食制限を暫く続けるみたいですが、詰まる所、自分がやっている食生活を体がどう受けとめているのかを感じ取って軌道修正して行くということ、つまりishさんならそういうのは大得意だと思いますので、粉に塗れながら癌克服の道を進まれるのを心寄り応援しています。

Kushiでは甘みは米飴、甘酒といった多糖類の糖分を始めとし、りんごジュース等の果物ジュースやドライフルーツ等を利用して工夫していました。ほんとですね、工夫の面白さを知ったら際限なく凝ってしまうかもしれませんね。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 21:39 [編集]


katherineさんへ

多分、マクロビオティクスをやっている人には抵抗無い甘さだったのかもしれません。コースでも「一般人に出すには、絶対に美味しいものにしないと!」とばかり、strong tasteのものを紹介されました。おかずですが、しょうがの千切りやしょうが汁、にんにく、みりん、チリペパー等々、大きくアクセントをつけるものを一つ二つ入れたメニューを組むと美味しく食べられるな、と思いました。そうそう、スイーツは、今日の夫の弁当には、りんごと米飴ときびのゼリー(寒天で)にメープルシロップをたらしたものを入れておきましたが、どういう感想かちょっと楽しみにしています。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 21:45 [編集]


私もマクロビ

りす美さん、こんにちは!
私もちょっと前からなんちゃってマクロビやってます。りす美さんの行かれた Kushi Institute には、私も行ってみようと思ってたところです。タイムリーでびっくりしました。
これからも楽しみにしています。

トビー | URL | 2007/10/02 (Tue) 23:43 [編集]


トビーさんへ

こんにちは!!

実はね、寒いのでね、、、冬はパスかな、と思ったりしてるんです。宿舎が冷たい床のシャワーでね、、ここだけの話、風邪引きそうで一度もシャワー浴びなかった!!  着込んで行ってください。

りす美 | URL | 2007/10/02 (Tue) 23:53 [編集]


>肉や乳製品を摂らないということは決めた。

これらの食品は身体に良くないのですか?
チーズでカルシウムを摂っているもので・・・
サプリメントは、なんとなく不安で摂りたくないのです。(^-^;;

みさき | URL | 2007/10/03 (Wed) 10:28 [編集]


りす美さんへ

ホリアって、雰囲気がホレイショー!って感じですもんね.笑
いつもエナジェティックで、素敵でした。
カレルも朝の導引教えてるんですよ。
彼はかなり実践派で、自分が勉強した効果があると思ったことを
加えるので、オリジナリティのあるクラスでした。
私は彼の導引クラスが好きです!

私たちが参加した時はレベル4までしかなくて、
私は日本で久司先生のビデオや、家族から習ったことなどを参考に勉強してたんですけど、夫が興味を持ったのでそちらにレベル2まで参加しました。
レベル1だけにしておけばよかったなー、と正直思いましたが、
レベル3は良かったそうです。 
気に入ったらレベル2もって、現地でプラスできましたよ。

宿舎には泊まらなかったので、シャワーがそんな大変なことになってるとは知りませんでした! v-12 夏だったし。
でも、希望すれば他の家庭にホームステイも出来るみたいです. ただ、もう少し割り増しになって、当たりハズレがありました。

りす美さんがおっしゃるように、日本の久司インスティテュートには残念ながら参加したことはないのでちょっと分かりませんが、アメリカとアムステルダムでは内容も違うみたいです。

ナオコ | URL | 2007/10/03 (Wed) 13:29 [編集]


みさきさんへ

私が生半可に解説して間違っているといけないので少しだけにしますが、食べても体の具合が悪くならないのなら何を食べても良いんだと思うんです。が、一般的に言って肉は血を酸化させる、陽性にし過ぎる、というのが大きな問題点のようです。乳製品の害は色々なサイト(nomilk.comなど)に詳しく載っています。

カルシウムについては、濃い緑の野菜(ケールとか)、大豆、海藻、種子などから採るという考えのようです。

結局は、自分で試行錯誤して自分に合うもの、合わないものを選び取って行くということだと思うんです。私はイギリスに来てから非常に胃腸の調子が悪くなって、胃が重くて仕方無い状態が続いたんです。特に肉がヘビー。肉を減らし、乳製品を減らし(どちらもやめていません)、等して行く中で、体調が整って来たので、私にはやっぱり肉や乳製品はアウトかな、と感じてるんです。

りす美 | URL | 2007/10/03 (Wed) 18:41 [編集]


ナオコさんへ

ホレイショーとはもっとお喋りしたかったんですが、時間が無かった、、残念。カレル(いいオトコですよね♪)の導引は三日目の朝にあったんですが、さぼってしまったんです、、、。日曜日だし、と思って。残念なことをしました。ところで「Do-In」って何?と思ってたら、導引のことだったんですね。目から鱗v-15

シャワーは、ヨーロッパの人には何て事無い普通の設備だと思いますが、寒い時には私には辛過ぎると感じてしまったんです。ヘアドライアー持って行かなかったし。何より風邪を引くのが怖かったです。

レベル2は余り良く無いですか? 今後どうしようか、悩んでいる所です。

りす美 | URL | 2007/10/03 (Wed) 18:46 [編集]


りす美さんへ

ご説明、ありがとうございます。

nomilk.comへいきましたが、英語なのでわかりませんでした(;^_^A アセアセ・・・

みさき | URL | 2007/10/03 (Wed) 22:17 [編集]


みさきさんへ

乳製品については、まだまだ調べたいので断定は出来ませんし、妄信的になりたくもないんですが、検索してみたら「乳製品の怖い話」っていうサイトに詳しく載っているのを発見しました。日本語です♪どう理解するかは各人の判断ですね。

りす美 | URL | 2007/10/03 (Wed) 22:33 [編集]


仲間~♪

わーーーーい、さらに目覚められたのですね~~。嬉しいです~~。
私は、マクロビオティックは世界一すばらしい方法だと確信していますし、これが本当に健康を作るものだと確信してもいます。
味が平坦だなんていうことはまったくないですよね(今回の教室でわかって頂けました?)。それに料理のバリエーションも無限だし、ホント大好き! 「マクロに出会えた私は本当に幸せモノだ」と思ってるんですよ(これマジです)。
肉や乳製品については、どうしても食べたいなら(そして病気がないなら)、たまーーーに食べていいと思うんですよね。
ただ、日本人はこの手の食品を何千年も食べないで暮らしてきたわけで。だから日本人の体(健康)には合わない――消化吸収する酵素を本来持ち合わせていない――んですよね。そういう意味で常食をしない方が、本来あるべき健康な体に戻ると思うんです。
でもまぁ、ど~~うしても食べたい人は、口を楽しませる程度に月に1回くらいはいいのではないかなぁ、と。

私、もともと病気があったわけではないんですが、マクロを始めたら(最初はかなり極端にやりました)、ものすごーーく体調が変わったんです。まさに激変! 体の中がすごくすっきりした感があって、それ以来、体の不調で悩むことが皆無になったんです。
私が料理のブログを始めたのは、ほんのちょっとでもいいからマクロの素晴らしさをいろいろな人に気付いてほしかったのと、少しでも動物性食品を減らして、野菜の料理を食卓にのせてほしかったから・・・。野菜だけの料理でも、すごくおいしく食べられることに気付いてほしかったから。そして、「本当の健康とは何か」を考えてほしかったからなんですよね~~。
なーんて、目標ばかり壮大で、ちっともそれに近づいてはいないんですけど・・・。

すっごく長いコメになっちゃってごめんなさい。
しかも自分の書きたいことだけ、書いてるし・・・(;^_^A アセアセ・・・スミマセン

りす美さんに、こうしてマクロのことを記事にしていただけたら、もっと大勢の人に良さを知っていただけると思います。
これからもぜひぜひよろしくお願いします!!


Hana | URL | 2007/10/05 (Fri) 10:03 [編集]


追伸

(まだ書き足りないのか、って感じでごめんなさい)
セイタン、私も大好きなんですよ!
日本では、醤油で煮詰めたセイタンが手に入るんですけど、そちらでも買えますか?
葉物野菜を煮るときに一緒に入れたり
すったレンコンに加えてお団子にしたりすると
すっごーーーーく美味しいんですよね。
うちのブログにも、たしかセイタンを使った料理をひとつ書いたような記憶が・・・
ご飯の上にセイタンをのせて、海苔で巻いて食べるだけでも、おいしいんです~~~~ぅ

Hana | URL | 2007/10/05 (Fri) 10:34 [編集]


Hanaさんへ

熱の籠ったコメント有難うございます♪ しか~し、、、、、先ほど、月に一度、口を楽しませる為の肉料理?、ラムの赤ワイン煮を供したばかりで、、恐縮です。でも私はラムそのものはどうしても食べる気になれなくて、私の分は未だ鍋に入ってます。夫は肉が時々無いと寂しそうなので、多分、10日に一回くらいは肉の日を作るかな、と思ってるんです。私は野菜だけで不足無いんですけどね。

セイタンはなかなか売ってません。でも、自分でも作れるでしょ。一度作ってみようかな、と思ってます。海苔で巻いて食べるんですね。私が買っているのは、醤油味は付いていません。一度醤油で味を付けてから海苔で巻いてみよう、絶対おいしそうううう!と興奮気味です。もうすぐ寝る時間なのに!

りす美 | URL | 2007/10/06 (Sat) 06:25 [編集]


ヨガの先生と研究した料理で
ガンを治す!by 安保徹ってひとの本があります。あれだと みりんも使っちゃだめねの。
えーと 精製されてるからあかんとか、、??だから 煮物はサトウもつかっちゃいけないから、 なんか物たりずにとても寂しいから あそこまでして徹底したいと思わないですね。逆に食欲なくなって 食が楽しくなくなるじゃないですか。

さつまいもとあずきのいとこ煮も
野菜そのものと豆の甘みだけの煮物ですからねえ。

でも 私 野菜を煮込んででる おいしいさが好きだから 基本的にめったなこと コンソメだのブイヨンは使わない。家族もその味でなれてるけど、慣れてない人が私の料理を食べると 塩ちょうーだいと言うなあ。

入院中、食事に 魚×肉×とリクエストしてたので。

魚のあんかけも 厚揚げや豆腐にかかってたし。メインは高野豆腐!
めっちゃしあわせ!!笑

帰宅してからもずーとそんな生活になってる。。笑
家族が肉はいったもの食べてても
一人焼きなすにトマトソースかけてたり。。

そのくせ 和食の おだしはとるの面倒で
ほんだしを使ってる。。矛盾してるよね 

でも 自分にストレスかけないのが私流なんで!あはは

ウシミ | URL | 2007/11/11 (Sun) 13:58 [編集]


ウシミさんへ

安保さんは、たまたま直接お目にかかったことがあるんですが、おごり高ぶりのみじんもない真摯で素敵な紳士です。ああ言う人が真面目に研究している事は正しい事に違いない、と思えるような。きっと、精製されたみりんはいけない、という意味だと思うんですが。。マクロでは、みりんは甘い味をつけるのに躊躇い無く使われてますし。精製白砂糖はやっぱり、色んな意味で体に負担がきついと実感してるんですよ・・・やめて暫くして砂糖入りの菓子を食べたら舌が刺すように痛くなりました! 米飴や甘酒のような多糖類で甘みを出すのが奨励されてますけれど、私はもう少し甘みが欲しいので、メープルシロップを多用する昨今ではあります。

自分にストレスかけないっていうのは、一番大切ですよね。食材に拘り過ぎて緊張が高まるのって本末転倒・・・。要は、特に要注意の食べもの(トマト、なすもです!)が体に及ぼす影響を自分で敏感に感じる事に留意して、こりゃ体を冷やすわ、みたいに感じ取ったら採り過ぎないようにする、みたいな態度がいいんでしょうね。

りす美 | URL | 2007/11/12 (Mon) 06:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


おにぎり、味噌汁、おかず(代官山のおにぎり専門店)おにぎり(御握り)とは、飯|ご飯に味をつけたり、具を入れ、三角形・俵形・球状などに握ってまとめた食べ物。同義の言葉に握り飯、おむすび(御結び)などがある。他、地方や家庭によっていくつもの呼び方がある。→#呼 [続きを読む]

やっぱり日本食 / 2007/10/06 (Sat) 10:05


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。