イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅はテーマと自助努力!

今、日本の知人夫妻がイギリスに来られています。ヒースロー到着後の二晩、拙宅に宿泊。さっき、イギリス中北部への出発に備えて移動し、その後再び、日本へ戻る数日前に拙宅に戻ってこられる予定。

彼らの旅は間違いなく満足度の高いものとなり、その結果、必ずや、再びイギリスの地を踏むことになる、
という予感が非常に非常に濃厚。

予感の根拠ですが、

・テーマがはっきりしている。
・自分達で調べられる範囲を具体的に予習して、主体性満点。
・バスターミナルから指定バス停まで全く問題なくやって来たり、電車の乗り換えも自分達で判断してスイスイこなしている。

*****

彼らのテーマの一つはイギリスの保存鉄道見学。

古いものを大切に維持する、っていうのはイギリスの得意技なので、そういうことならお任せくだっさ~い!
ホームの上にバケツが並ぶ
時は折りしもハロイーン。そしてハーフターム=学校の学期途中の一休み期間。そういう商機を見事に捕らえた保存鉄道イベント出発点まで一緒に行きました。

ホームには豪華絢爛っていうのとは違うんですが、蜘蛛の絵だとか、おばけの絵だとか、それから、切符を売っているおばさんが魔女の帽子をかぶっていたり。
くもの装飾とかも

ロンドンから決して近くは無い場所だし、ちょっとマニアック寄りのテーマっていうのもあるし、日本人は見当たらないです。

採算が合わない路線が廃止された後、有志による運営、或いはチャリティとしての運営等で、時期限定のイベントを催している鉄道が色々あります。これも、その一つとのこと。

夏休みは夏休みなりの、クリスマスはクリスマスなりのテーマに沿ったイベントが年間を通じて行われています。

*****

出発時刻を過ぎても何故か出発しない。蒸気蒸気蒸気。
蒸気ふかしてます

準備万端に見えるのに何故、発車しないの???
準備万端です

と思ったら、判りました。

魔女の衣装に身を包んだ女の子とその家族一同が走って乗り込むや、出発の合図!
*この一行を待っていたみたいです。

いよいよ発車

蒸気が

しゅわ~!!!
空まで届くか
と、天まで届く勢い。

行ってらっしゃ~い

*****

先月、ブログリンク先のmakikoさんご夫妻がイギリスに来られた折も、同じようなことを思いました。

パッケージツアーではカバー出来ない自分達独自のテーマに沿って、自分達流の旅を組み立てる。そして、自分達なりにやってみる。

・・・そういう、意思を持ち、且つ 自立した旅人を イギリスに居るから判ること、手伝えること、そういうことで応援したいな、と思います♪







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした。。。

大した事はできないけれど、私もお客様は好きです。

ずっと以前と違って、日本から来られる人たちは、皆さん、英語も話すし、自分的個人旅行を自力で楽しんでいますよね。

それに、物腰や態度が上品でスマートで、他の国の人達とははっきり違う気がするのはひいき目でしょうか。

サンブリーで、プディングを半分食べる人が必要な時は、何時でも言ってください。v-16

KH | URL | 2007/10/25 (Thu) 06:29 [編集]


すごいですねー、この蜘蛛の絵!リアルなのに不思議と気持ち悪くはない感じ。こういうセンスは日本ではなかなかお目にかかれないですよねー。
そうそう、それと以前の記事に出てた、自転車の荷台につけるバッグが気になっています。私のバイクにもあったら便利・・・と思ってるんですが、自作できそうな感じですか??

boxiz | URL | 2007/10/25 (Thu) 19:20 [編集]


激しく同意

そうそう! それすっごく分かります!!
なんでもおんぶに抱っこの旅って何か思い出に残るのかなあって疑問ですもん。

ところでコレ、ブルーベル鉄道ですか?
あ、りす美さん近々お茶でもしませんか?

katherine | URL | 2007/10/25 (Thu) 20:20 [編集]


KHさんへ

堂々と個人旅してる日本人って頼もしいですよね。うちの夫、「日本人は東洋のフランス人」と褒めます。服のセンスとかから、やっぱり一目で日本人は判るんですって。

りす美 | URL | 2007/10/25 (Thu) 22:41 [編集]


boxizさんへ

もっと色々蜘蛛だの何だのがあったんですけどね、グロテスク度合いが、仰るように頃合いでした。

自転車の荷台にかける袋ですよね。自作出来ると思いますよ。雨に濡れても良い素材でどうぞv-14

りす美 | URL | 2007/10/25 (Thu) 22:44 [編集]


katherineさんへ

何を見たい、とか何を経験したい、っていう意思があって、出来る限り自分達で調べ尽くして計画する、っていう姿勢があったら、旅慣れていなくても良い旅が出来るだろうな、と思うのであります。

これはAltonから出ているWatercress鉄道です。28日迄この企画やってるから、行ってみたら良いかもしれませんよ。検索したらすぐ判ります。オススメ。

お茶の件、前向きに検討しますv-10

りす美 | URL | 2007/10/25 (Thu) 22:48 [編集]


懐かしのSWトレイン♪

蜘蛛アートが飾ってある写真を見て、その後ろにある電車に釘付けになりました(あまりの懐かしさに叫んでしまいました~)。
さて本題ですが、テーマを絞り込んだ旅って、本当に充実するし、しっかり予習もしますよね。でもうちの場合は、ダンナと全く趣味が違うので、テーマを絞った旅ができないのが残念ですv-195

Q2 | URL | 2007/10/25 (Thu) 23:19 [編集]


Q2さんへ

目ざといv-15 ・・・目立ちますよね、あのカラースキーム。

旅のテーマですが、そう言えば拙宅の場合、船、海、石もの、クラフトショップ、キッチンショップ、といった5大テーマでぐるぐる回っているだけですがね。。へへ。

りす美 | URL | 2007/10/25 (Thu) 23:30 [編集]


りす美さんの知人ご夫妻、
楽しい旅になりそうでよかったですね^^
保存鉄道、とても素敵!季節ごとのイベントも工夫があっていいですね。
イギリスを何度か訪れましたが、今では諸事情で遠い国になってしまったのが少し残念です。
私は、そちらで買ったイギリスの道路地図が今でも宝物です。立ち寄った町のいろんな思い出が浮かんできてページを開いただけで顔がにやけます。
日本の地図だとそういうことはないのが不思議ですけど(苦笑)

harry | URL | 2007/10/26 (Fri) 00:39 [編集]


harryさんへ

harryさんは我々より余程イギリスの穴場に詳しそうで、一度ゆっくり講義してもらいたいと思ってるんです♪よろしくご検討くださいv-254

りす美 | URL | 2007/10/26 (Fri) 02:08 [編集]


いえいえいえいえ(滝汗)
ごめんなさい、もちろん、お二人ほどは知りませんよ^^;
ただ、私の場合はイギリスが大好きだというだけなのです。
それに暮らしたことはないので、うわべだけ見て帰ってきただけですよ。
りす美さんのディープなイギリスのお話がほんとうに楽しいです。
講義じゃなくていつかりす美さんとゆっくりとおしゃべりしてみたいです(^▽^)

harry | URL | 2007/10/26 (Fri) 12:05 [編集]


まだ今年の旅の余韻に浸っています。

りす美さんとお会いしたのが昨日のようですがもう1ヶ月あまり立ってしまいましたね。
日本に戻って仕事やガーデニングの合宿で毎日が飛ぶように過ぎていきました。
イギリス旅行の話、途切れ途切れにブログで続いています。
思い出しながらなので忘れていることもありますが、ガーデンとガーデンセンターの旅はまたこれからも続けたいです。
懐かしい思い出を掘り起こさせてくださったりす美さん本当にありがとうございました。

makiko | URL | 2007/10/26 (Fri) 23:10 [編集]


お友だちと一緒に楽しく過ごされたようで
良かったですね~。
旅の目的といえば・・・・
高校の修学旅行は
バスに乗って“連れ回された”感ばかりでした
(何も下調べをしなかった私が悪い!)。
もったいなかったなぁ・・・と今さらながら思いますね~。
ま、今ではあまり目的を限定しないで
ブラブラ、徘徊する旅も結構好きなんですけど~(*`艸'*)キシシ

ハロウィーンムードいっぱいの駅、いいですね!!
こういうの、大好きです!
“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪

Hana | URL | 2007/10/27 (Sat) 09:51 [編集]


harryさんへ

ディープなイギリス話は不愉快なものも多々ありますが、、、良いことにフォーカスしないとね、、、。私もharryさんと直接お話してみたいです♪

りす美 | URL | 2007/10/27 (Sat) 18:28 [編集]


makikoさんへ

ブログ拝見していますよ!!あそこを、あんなふうに感じられていたんだ、っていう新たな発見が色々あって楽しいです。

ほんとに光陰矢の如し、、やりたいことをどんどんやらないといけませんね!

りす美 | URL | 2007/10/27 (Sat) 18:30 [編集]


Hanaさんへ

ハロイーンにこじつけてる、っていう感じもしますけど、駅員さん達自身も楽しんでるみたいで、ほんわか良い感じでしたよv-218

りす美 | URL | 2007/10/27 (Sat) 18:31 [編集]


鉄道文化

こんにちわ、guitarbirdです
鉄道好きとしては、この記事のテーマそのもので、
追体験ツアーをしてみたいくらいです。
北海道の美深で、旧美幸線の線路の跡に
人力トロッコを走らせている人がいるとニュースで見ましたが、
日本の鉄道文化もようやく始まったところかな
という気も、この記事を読んでしました。

guitarbird | URL | 2007/10/28 (Sun) 10:30 [編集]


guitarbirdさんへ

保存鉄道ですが、スクールホリデーやハーフタームの時にイギリスに来られたら必ずや子供向けイベントをやっているみたいで、そう言う時が狙い目かもしれません。ただ、宿を確保するのが大変かもしれないんですが。。

りす美 | URL | 2007/10/29 (Mon) 02:09 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。