イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マクロは美味しいし、小難しくも無いですよ♪

マクロビオティックを未だ未だ芯から判りきっていない中、食生活は「マクロ一直線」というより、「マクロ志向」。だから、友人と一緒に外食する時など、砂糖や乳製品、肉が入っているものも食べなくはありません。年末ウオーキング(ここをクリック)の後、A家でスナックをご馳走になった時もチーズあり、ハムあり、肉入りフィンガーフードあり。勿論、それらを美味しく頂きました。

が、自分で作る時には基本的には、そういったもの、殆ど食べません。それじゃあ、毎日味気ないでしょう、、って思われるかもしれませんが、

そんなことは全く無く、

*****

「砂糖は必要でしょうに?」
「カルシウムを摂取するのに牛乳は必須なんでは?」
「肉を食べないとタンパク質不足になるでしょう。」
っていう疑問も投げかけられるけれど、

そういう訳では無く、

*****

「手間暇かかるでしょ。」
「働いてるから時間がかけられない、だから無理!」

というイメージかもしれませんが、

必ずしもそういう訳でも無いですよ。

*****
*****

もう少し詳しく言うと、拙宅では、昨年10月頃から精白砂糖、乳製品は基本的にやめました。頭と体で「やめた方が良い」と納得したから。

肉については、私の胃腸がどうも大量の肉で消化不良、胃炎を引き起こす性質みたいで、食べ過ぎた時の苦しい体験が身に染みているのと、夫も肉肉肉派という訳でもないので、一週間に一回、食卓に乗せる程度にしています。そのように減らした上で、私は夫の三分の一量程度以下食べる位。それが一番我々に合った量かな、と試行錯誤中です。

シーフードは一週間に二~三度くらいです。

以上、本やコースで学んだ知識と自分の体の声との双方向から、そうするのが我々の体には合っている、と、これが今のところの結論です。今後も試行錯誤の中で匙加減しながら、我々にとっての黄金比率のようなものを編み出して行きたいと思うのです。

*****

さて、砂糖と乳製品等の危険性については、この前推薦した私のマクロ・バイブルの一つ、これ

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当てからだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
(2000/10)
大森 一慧

内容詳細はここをクリック

に要旨がきちんと且つ簡明に書かれているんですが、乳製品は生牛乳で作られた「活きている」ものなら時々食べても害は無いとのこと。また、きのこが「毒消し」になると書いてあるので、チーズを食べる時は併せてマッシュルームを食べたりしています。

しかし、砂糖ばかりは救いようが無い、と言及されています。

この本なんですが、初心者からマクロに入り込んでいる人まで、書評を書いている沢山の人全員が★五つの評価をしているのが凄過ぎるところです。

*****

砂糖について網羅的に書いてあるのが以下の本。砂糖精製の歴史と奴隷制の関係など、目から鱗の事実が判り易く書かれています。

Sugar BluesSugar Blues
(1993/04)
William Dufty

内容詳細はここをクリック


残念ながら日本語訳は売っていないみたいなんです。興味ある方は、英語の勉強をかねて読んでみる、というのでいかがでしょう? 私が先に読んだ後、現在夫に貸し出し中。

*****

これは現在の私の所謂「マイブーム」本、その1。

野菜と玄米―肉、魚、卵なしで、体の中からきれいになる野菜と玄米―肉、魚、卵なしで、体の中からきれいになる
(2004/02)
月森 紀子

内容詳細はここをクリック

見て美味しそう、作って本当に美味しいレシピが目白押しで、毎日のように使っています。
・・・昨夜のメインディッシュは「高野豆腐と野菜の中華炒め」でしたが、二人して絶賛。
・・・休日のブランチは決まってパスタなんですが、この本の「もちきびときのこのクリームスパゲティ」、いけました
・・・あんずのパウンドケーキも好評のうちに早々と完売致しましたです!

姉妹本的な以下の本もヘビーに愛用してます。

玄米菜食―肉、魚、卵なしで、体の中からきれいになる玄米菜食―肉、魚、卵なしで、体の中からきれいになる
(2004/11)
月森 紀子

内容詳細はここをクリック


*****

夫は大の甘い物好き。以前は砂糖やバターたっぷりのケーキを良く焼きましたが、今や成功裏にマクロ・レシピに完全転換を果たしました。コツ・・・それは砂糖無しの美味しいデザート・レシピを沢山持つ事。次から次に色々試して意表をつく!

そう言う意味で、この本もやっぱり目鱗本。この人、天才!と感嘆しながら活用させて貰ってます。

菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身 菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身
カノウ ユミコ (2006/07)
柴田書店
内容詳細はここをクリック


ほんとに大感動なんです。バター、卵、牛乳、砂糖を一切使わなくてもカスタードクリームみたいな味と食感が簡単に出せたり、チーズを入れなくてもチーズ味が無理なく出せたり・・・考えてもみなかった意外な組み合わせで「どうせ不味いでしょ。」と思いながら試してみると、

あれれ、、、、お、いっ しい!!

*但し「大根と苺」という組み合わせには未だ手が出せずにいるコンサバな私ではありますが。

*****

他にも色々、甲乙つけ難い本が沢山あって!! 

先日、日本に行った時に持ち帰って来たレシピ本や理論本がキッチンの棚にずらりと勢揃い、、、しているにも関わらず、12月29日に10冊程をアマゾン日本に発注したら、1月2日、もう着荷。
送料は安くはありませんが、まとめて買うと一冊当たりの送料が相対的に減って行くので、欲しい本をウイッシュリストに溜めておいて10冊程度になってきたらまとめて注文、という段取りで今回初めて発注しました。

当面はマクロ・レシピのトライ&エラーに日々、明け暮れる事でありましょう

今年の抱負の一つが、マクロビオティックを自分として納得行くまで学びながら、その知識をベースにして自分達に合った食事内容や不調の治し方を頭と体の両方で追究&実践して行く事、であります。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぱちぱちぱちー

りす美さん ますますみがきをかけていくのですね。。

ところで おふ は使わないのですか??
おふ も結構いろいろ使い道あるんだけど。。。。。。

ウシミ | URL | 2008/01/04 (Fri) 23:46 [編集]


なんだかあしたいっぱい勉強できそう。うれしいな。たのしみだな。よろしくおねがいします。りす美さま。

dekoboko | URL | 2008/01/05 (Sat) 05:59 [編集]


ウシミさんへ

ますます、、っていうんじゃなくて、これからの出発です。。何にも体系たって頭に入って無いんです。

おふ、ですか。はいはい、よくぞ聞いてくださいました。車麩を揚げてキャベツで包んで甘辛く煮る「車麩のロールキャベツ」とか、味付けをしておいてパン粉を付けてオーブンで焼くのとか、どちらも最高に美味しくて病み付きになるお味でございますよ。

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:09 [編集]


dekobokoさんへ

勉強、ですか・・・勉強はdekobokoさんの専門領域ということでお願いいたしますv-15

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:12 [編集]


マクロ

マクロ、流行っていますね。Putneyでヨガを教えている日本人の先生がマクロクッキングも教えてくださるらしくママ友の間で評判になっています。
かくいう私も幕内氏の本(ちょっと違うけど;)をかってみたり、砂糖などを使わないお菓子の本を買ってみたりしましたが、マクロ系のレシピって、乳製品などを使わない替わりにナッツやゴマなどでコクや味を出すものが多くて。
うちの娘はゴマ・ナッツがダメなので、そこで「キーっ、どうせいっちゃうんじゃー」と短気を起こしてしまうので、近づけずに居ます(笑)
でも私自身、乳糖不耐の気があるので、ほんとは興味あるところです。
良い本のご紹介、ありがとうございました!

ろくろく | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:21 [編集]


ろくろくさんへ

その先生のこと、私も教えて貰いました。興味あり・・。でも、本当は、料理教室っていうんじゃなくて、食養のことを教えてもらえる所にもっと興味あるんですが、ご存知無いでしょうか?

ナッツやゴマ、ですか。菜菜スイーツはそんなこと無いですよ。

*「どうせいっちゃうんじゃー」に受けましたが、えっと、ご出身は何処なのでしょうv-206

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:42 [編集]


マクロビオティックと限らなくても、「自分達に合った食事内容や不調の治し方を頭と体の両方で追究&実践して行く」という考え方に大賛成です♪

「食」って、一番大切なことですものね。

lapis | URL | 2008/01/05 (Sat) 08:28 [編集]


lapisさんへ

マクロビオティクスで良い事いってるな、っていう中に「からだの声を聞いてそれに応える」っていうのがあるんですが、そういうことが出来るようになれればどんなに素敵だろう、と憧れているんです。未だ未だでしょうかね。そのうち!

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 10:45 [編集]


「大根と苺」・・・味も見た目も全く想像できません。
挑戦した暁にはぜひ報告してください!!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
りす美さんの記事を通して勝手に自分もイギリスに住んでる様な気分に浸らせてもらいます(笑)

奈良も寒かったです・・・。
帰省中、2回も雪を見ました。この時期の奈良としてはかなり珍しいことみたいです。

ナラ | URL | 2008/01/07 (Mon) 00:15 [編集]


ナラさんへ

こちらこそ今年もよろしくお願いします♪

イギリスに住んでるような気分ですか。うむむ。なかなかハードでしょ!?

大根と苺なんですけれど、大根は冬、苺は夏。辛い夏大根と夏の苺でやるのか、或いは甘い冬大根と膨張した温室苺でやるのか、悩むところです。昨日、立派な大根を入手した所なので、いっちょ、冬に挑戦してみますかね!!

りす美 | URL | 2008/01/07 (Mon) 01:09 [編集]


栄養と料理の本の レシピに
おふ がよくでてきます。

おふを ぐらたんにいれたり、
おふを コロッケにしてたんじゃないかなあ。。。

まだ試してないけど、おふ はほんと便利ですよね!!

。。私のこだわりは 揚げるという料理を
できるだけ避けている。。笑

でも 鶏のからあげ、てんぷら、フライ、
春巻き これは最低限するけど。。

ちなみに 油は 知人がくれる 米油です!

ウシミ | URL | 2008/01/07 (Mon) 11:51 [編集]


ウシミさんへ

私も揚げるの嫌いです。が、揚げるとコクが出るものは止む無くやります。あるいは油をちょんちょんとまぶしてオーブンで焼いたりもします。ディープフライはルクルーゼでやると温度が安定してすっごくラクチンですよ。

あ、それとも、健康のため、油を使いたく無いっていうことですか? 良い油を使えば、ベッチョベチョで無ければ害は無いんでは、と思ってるんですが、ダメ??

りす美 | URL | 2008/01/08 (Tue) 04:39 [編集]


うん!ルクルーゼもやってるんです。
牡蠣を揚げるのをやめてグラタン皿で焼いたりしてます
そう 健康の為。
油を吸収しちゃう。。て感じで。
それと 揚げた油の鍋をおいておくのとか処分が面倒なのもあって。あは。

中華って、とにかく先に揚げればおいしくなるでしょう。でもいかに揚げないでおいしくするかをがんばってるの。

でも子供って油で揚げた料理が好きよね。

あと、私が食べれる肉料理は トンカツだし!あはは 
ムジュンしてますよね。

ウシミ | URL | 2008/01/08 (Tue) 10:39 [編集]


紹介ありがとうございます

りす美さん、こんにちは。のよりんです。(わかります?)

本の紹介ありがとうございます!
「必ずしも手間隙かかる訳でもない」にひかれ、ものすごく食指が動いています。
真剣に読んでいたら、玄米の苦手な娘が横から「いやな予感」と言ってたりして・・・

実行に移せるかどうかはさておき、とりあえずは本を眺めてみようかなと思います。
楽しみ!

のよりん | URL | 2008/01/08 (Tue) 22:04 [編集]


ウシミさんへ

油の種類と油の処理にもよるのでは、と思ってるんです。

種類では菜種油がいいみたいですよ。汚れ難いと謳っている油を使ってるんですけど、私も出来るだけディープフライは避けてます。ウシミさんと同じ気持ちから。

りす美 | URL | 2008/01/08 (Tue) 22:40 [編集]


のよりんさんへ

「のより」んさん、ですよね、勿論、判ります、、結構、簡単?!

どの本のことでしょうか? 大森さんの本は理論と手当ての本ですが、料理本も出しておられます。あれらもお薦めv-218

玄米、嫌いですか? 固いのは私も苦手ですが、ふっくら炊いた玄米とか玄米粥とか、大好きで、逆に白米がフニャフニャに思えてしまいます。

「手間暇かかる訳じゃない」っていうのは、
・玄米(雑穀や豆類をとっかえ引っ替え混ぜてバラテエティ感出してますが)炊くのは、一晩漬けておいても、すぐでも大丈夫で、圧力鍋さえあればシンプル。これで献立の大半は完了。
・あとは海藻とか芋とか根菜などの具沢山の味噌汁や醤油ブイヨンと、
・他に葉菜中心の一品
っていうので一食が可能だから、っていうような意味です。

こり始めると幾らでも・・・ですけどねv-16

りす美 | URL | 2008/01/08 (Tue) 22:49 [編集]


読んでいたのは・・・

りす美さん、おはようございます(at日本時間)

「真剣に読んで」娘にチェックされたのは、りす美さんのブログ&amazon書評でした。
(文章がなっていませんでした・・・トホホ)

私自身は、玄米+納豆+具沢山味噌汁あれば全くOKで、息子も量さえあれば何でもOKなのですが、娘が完全な「動物性蛋白大好き&野菜嫌い。玄米は論外」みたいな感じなんですね・・・

息子は身体が丈夫なのに、娘はお肌が弱い(小さい頃はアトピーで、今もかなーりひどい感想肌)のは、食べ物のせいではないかと思いつつ、、、美味しいお料理作ってあげれば食べるのでしょうが、、、なかなかです。

のよりん | URL | 2008/01/09 (Wed) 06:40 [編集]


油ですよね

日本の安いコーン油はとてもにおうの、
仕事場の子供たちは これを使いだすと 
臭いを連発します。
キャノーラ油はにおわないけどね。
菜種油か。。うちはもらいものの米油。
これも臭いませんよーん

野菜のスイーツですが、少し前に栄養と料理の本に特集されていました、私はさすがにこれはパス!
でも マクロの観点からいくと
組み合わせで いいんですね。
で、りす美さん作って食べてるんですね。。
さすがだ。。これは私いつもレシピ読んでるだけです。
たまねぎのケーキとかもありましたわ、
旦那死んじゃうだろうなあ。。あはあ

ウシミ | URL | 2008/01/09 (Wed) 10:56 [編集]


のよりんさんへ

娘さん、セイタンとかテンペとかはお嫌いですか?美味しいセイタンは肉そのものだし、テンペは納豆嫌いの夫が何と大好きなんです!

肉はね、大森さんの本なんかにも書いてますが、肉の量の3倍くらいの青菜とか、きのことか、そういったものを併せて食べたら中和可能みたいですよ。うちは、そうやって食べてます。昨日はラムをウスターソース・米飴・ローズマリーでマリネしてオーブンで焼いたものを、たっぷりの茹でケールを下に敷いて出しました。

玄米が嫌いだったら無理に食べなくても分づき米と雑穀で問題ないのでは??

りす美 | URL | 2008/01/09 (Wed) 19:53 [編集]


ウシミさんへ

何故菜種油が良いのか、書いてあったのをもう一度読んでみます。

「マクロ」っていうと普通の料理と違う特殊なもの、っていうイメージがあるんでしょうか?別に玉ねぎでスイーツ作ってるわけではないです・・・。昨夜はドライフルーツのコンポート(オレンジジュースとシナモンでことこと)、その前は杏のケーキでした。今日は・・・未定v-14

りす美 | URL | 2008/01/09 (Wed) 19:56 [編集]


いえいえ

いつも野菜スイーツ作ってるとかじゃなくって、
マクロが特別なものではなくって、りす美さんがいろいろ挑戦されるんだなあ。。て思って。

どこかで、いちごと大根のスイーツって書いてたのを見たので。。あああ。。りす美さんもやってるんだーって思ったの。
私は そのー栄養と料理の特集で野菜のスイーツをいくつかみて、、うー、、ん、、
これはどんな味だろうか。。でも作るのは。。う。。む。。。。
て思ってたんで。。

ウシミ | URL | 2008/01/09 (Wed) 20:14 [編集]


セイタンとテンペ

セイタンとテンペ・・・試したことさえありませんでした。(というか、セイタンは名前さえはじめて聞きました)

なんだか、いろいろな素材があるんですね。
うーん、やっぱり面白そう。
すごく興味がムクムクムク。
「お手軽バージョン」限定で、マクロ(もどき、になるはずですが)、ちょっと本を読んでみて試してみます~!

のよりん | URL | 2008/01/09 (Wed) 21:13 [編集]


ウシミさんへ

大根と苺、未だに手つかずなんです!! 脅えてるっていうんではなくてね、心底、興味津々なんですが、旬の季節が合わないのがネックでありいます。だから、無難なもの中心に回転中。今晩は干し柿のショウガ味コンポートを作ってみました。無難ぎりぎり??

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:26 [編集]


のよりんさんへ

テンペはね、ほんとに美味しいんです。特に油を絡めるとほんとに美味! 是非お試しをv-91

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:27 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。