イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスカードの待遇問題

新居の向かって左隣は結婚以来47年間ここに住んでいる、という老夫婦のお住まいです。いつも出くわす度にすっごく良い感じで挨拶してもらえて・・・隣近所との関係はquality of lifeの大きな要因、とのことですが、本当にその通り。

何と43年間、クリスマスのランチタイムに同じ通りの人達との立食パーティーを自宅で催してきた、とのことで、我々も招かれました。

12時半以降、とのことだったので、1時頃、隣との境にある花壇をひょいと越えて、お邪魔して来ました。

パーティーの模様はさておき、これらは、そのお宅でのクリスマス・カードの飾り方例です。

★クリスマス・トゥリーの背景として。
beside the christmas tree

★フロント・ホールのドアの扉に。
at the door

★さっきのドアの裏側にも。
both sides of both doors

★写真は撮りそびれましたが、マントルピースの上、出窓の所、そういった場所にも並んでいました。

*****

拙宅ではどうしているかと言うと、

★フロントホールのラジエーターの上に吊るす。
front hall with string

★ダイニングの小窓にも置いたり、
at the window

★マントルピースの上にも少々。
at the mantlepiece

★ステレオの前にも少々。
in front of the stereo

っていう、「クリスマスカードの待遇」に明確なコンセプトが無くなってしまった状況です。

*****

お隣は、最初はクリスマストゥリーの背景に貼り付けていたけれど、納まり切らない物がドアやその他の所に進出していった、とのこと。

拙宅は、前の家ではマントルピースの上に乗せるのを始め、横にクリスマスっぽいリボンを垂らしてそこにぺたぺた張り付けたり、或いは暖炉周りの床にもずらりと並べたり、、という具合でした。

今年、新居では、フロント・ホール一点集中でやってみようとしていたのに、いつの間にか夫が「マントルピースの上にもやっぱり欲しいし・・・。」とか言って、気が付けば色んなところにポツポツ散らばっているという状況になっております。

*****

他のお宅ではどうしておられるんでしょうか?

更に、

クリスマスの後、どうしておられるんでしょうか?

捨ててしまうのは勿体無いし、かと言って毎年取って置くのもなんだし。

ちょっとアイディアとしては、バースデーカード、バレンタインカード、そういったものも含めて、一つの部屋の壁にコラージュして飾っていく、っていうのをやってみようかな、と思ったりしています。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ステキなカードがいっぱい! やっぱりほんとのクリスマスですねえ、そちらは。 日本の年賀状は印刷ばっかでつまらん、と言いつつ、うちもそうです。ぷっ。 手紙やカード類は整理が難しい。どんどんたまっていくしね。私も悩みの種です、気に入ったものだけとっておいたり、でも増えてくし。いずれ処分するしかないのか、、それもちとさびしい気もする。うむ。

hiro | URL | 2007/12/28 (Fri) 21:45 [編集]


hiroさんへ

そうなんです、素敵なカードが一杯あって、捨てるなんて勿体ない・・・・・どうしましょ。

りす美 | URL | 2007/12/30 (Sun) 07:47 [編集]


冷房とロードヒーティング・・・

この記事を読んでふと、2つのことを思い出しました。
ひとつは電車に貼ってある「弱冷房車」。
もうひとつは道路にある「ロードヒーティング」関係の標識。
どっちも年中あるよなぁ、と・・・
コラージュするのはいいですね!

guitarbird | URL | 2007/12/31 (Mon) 07:40 [編集]


guitarbirdさんへ

あれ???あの、意味が・・・判らないv-17

・・・クリスマスカードを年中飾っていても許されるよ、っていう、そういうこと、でしょうか?????

りす美 | URL | 2008/01/03 (Thu) 02:12 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。