イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新たな恒例行事になるのか。

これは一体どういうシーンだ?
痒かった馬
・・・説明は最後に書きます。

*****

夫にとっては十何年来の夏の恒例行事、スコットランド(ハイランド)のウオーキング。昨年は、家売買の為に行けなかった。

クゥうううう、残念。くぅウウウウ、残念。と何度悔しがっていたことか。

この恒例行事、どう言う訳かオーガナイズするのは夫、という暗黙の了解があるみたいで、だから彼の友人達一同も昨年はスコットランドは無し、だった。

そのことがずっと気になっていた夫。12月4日にやっと前の家の売却が完了した(詳しい経緯はここをクリック)後、年末の日曜日、12月30日にちょっとした挽回計画を着想。

ハンプシャーの町、アルトンとピータースフィールドは、どちらも拙宅から車で一時間程度の距離。これら二つは16マイルのフットパスで結ばれている。ここをウオーキングしよう!との案です。

急な事だったのに、スコットランド行き常連のCとSに声をかけたら、一も二もなく乗って来た。

私が「いっそのこと、AとかA2とかMとかPとかP2とかBとかDにも声をかけてみたら?」と何気に口にしたところ、

「クリスマス期間のファミリーサービスで皆、辟易してるだろうから、きっと行きたがるかも!」と、すぐその気になって、早速、電話電話電話の夫であった。

*****

結果、

・Aはノリノリ。既に予定があったのをキャンセルしてまで参加するということに!
・A2は本人は行きたい気持ち満々なんですが、夫人が許可を出さない模様(A2は、いつもそう・・・)。
・Mは「ふへ~。到着する頃、ピータースフィールドのパブで待ってるわ。」とのこと。
・Pは「そんな無謀な!」と即刻却下。
・P2は、その電話がきっかけとなって、ウオーキングの前日、一家で拙宅に遊びに来た。が、ウオーキングは不参加。
・Bは「ま、頑張ってくれたまえ。」的コメントにて却下。
・Dは昨年産まれた待望の女の赤ちゃんがいることがブレーキの大きな要因となり、不参加。

*****

以上より、(写真左より)S、C、A、夫、合計四人の男の子達の年末ウオーキング実行計画が具体化された。
お手手つないで?
まるで「お手手つないで」るみたいに見える三人組。右手前の影が写真撮影中の夫!

1.まず、午前9時にアルトン駅構内駐車場に各人が各人の車で集合。ウオーキング開始!

元気なSとA
日頃からエクササイズに余念の無いAとSは元気一杯!仕事漬けのCは早くもお疲れ気味、っていうのが見て取れる写真ではある
がんばれC!


2.ウオーキング隊の午後4時過ぎピータースフィールド到着を想定し、私が別途、車でピータースフィールドに向かい、待ち受ける。

3.ご一行様到着後、私の車に全員を乗せて皆の車が停めてあるアルトン駅に向かい、その後そこに停めてあった各人の車で帰路につく。

・・・或いは、成り行きでその辺で一緒に夕食を食べる。

*****

するとウオーキングの途中、A夫人より「皆に会いたいし、うちで夕食をどうぞ。」と連絡が入ったとのことで、アルトン駅からそれぞれの車でA宅に向かい、ウオーキング後のお喋り会までが開催さらえてしまったのでありました。

*****

このイベント、大成功

もう少し前から連絡を取り合えば、多分あと数人は参加希望者が出て来ようし、この「年末ウオーキング」は夫達の新たな恒例行事になるやもしれません。

多分、オーガナイズするのは夫になる予感を強く感じるので、また、、、忙しくなるのではないのか・・・・・・・・と思っていたら、今さっきCだかSだかから電話が入り、夏のスコットランド行きの相談してるみたいです。今年は拠点となる所を一軒、一週間ほど借りて、数人がタイミングをずらしながらやって来ることにしよう、と言う案が浮上して来ており、そして、又又、その、多分にややこっしいアレンジをきっと夫が中心になってやることになるんでしょう。

念のために付け加えますが、夫はそういうアレンジが職業ではないですし、そういうことばかりをしている訳では無く、イギリス人のくせに、人一倍、お仕事も頑張ってやっております。遊んでばっかりいるんじゃないんですよ~。念のために、でした。

*****

◆最後に:トップの写真は何?
・・・お答えは、脚が痒くてゴリゴリ木で掻いている馬が居たので写真を撮ってみた、とのことでした。

が、この写真一枚からは雰囲気がまるで伝わってこないんですがね。









スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/01/04 (Fri) 13:46 [編集]


大役でしたのね。車で一人が帰り道を拾ってくれると、同じ道を2度歩かないで済むからとってもありがたいものです。時にはわざわざ2台の車で出かけて1台を目的地において、運転手をのせてもう1台でスタート地点におもむく、ということをやったことがあります。それほどまでしてその道を歩きたいか、といわれれば、はいそうです、という答しかないんですよね。(拍手)

dekoboko | URL | 2008/01/05 (Sat) 06:06 [編集]


dekobokoさんへ

いえいえ、あのルートで日曜のあの時間帯なら、この私でも全く問題無かったので引き受けました。うまく行ってホッとしました。

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:13 [編集]


馬が好き(笑)

こんにちわ
最初の馬の写真を見て、ジェスロ・タルの
HEAVY HORSESというアルバムのジャケットを思い出して
そういう馬ってほんとにいるんだ、と、うれしくなりました(笑)。

guitarbird | URL | 2008/01/06 (Sun) 19:20 [編集]


guitarbirdさんへ

ほんとに居ますよ! うちの夫は、何にも聞いてないのに、「もし、馬にならないといけないんなら、どんな馬になりたいか、って聞かれたら、あの馬になりたいって答える。」って言ってましたけど。。

りす美 | URL | 2008/01/07 (Mon) 00:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。