イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何故か大受け。

年初のニュースでも大きく扱っているトピックの一つが全世界的肥満問題。日本も例外じゃない、っていうのがイギリス人には驚きのようです。

BMIでも体脂肪率でもぎりぎりセーフかアウトか、という線上に居続けている夫ですが、今年は日常的に運動をすることで筋肉量を増やすのが彼の目標!
・・・家の裏のクリケットクラブ会員になって何気兼ねなく毎日グラウンドをジョギングしようと考えてます。

*****

さて、年末に拙宅に泊まりに来ていた運動マニアのSと夫と三人でマクロ夕食を食べていた時のこと。

和食風とかマクロ食風のものをイギリス人達に出すと

必ずや

「健康」

まわりの話題になるんですけど、

この時もそう。その流れで、

S:「母方の祖父母は95過ぎても未だ健在。父方の祖父は95歳で亡くなった。」

それを受けて

私:「っていうことは貴男も長生き間違い無し。良かった良かった、お葬式に来てくれる人、少なくとも一人は確実に確保出来て。」

と発言したらば、イギリス人一同(つまりSと夫の二名ですが)、大爆笑。

「面白過ぎる!」

ってお腹抱えて笑うんですが、

そこまで面白いですか???

*****

あと、封切り当時、キリスト(教)冒涜と大騒ぎになった「Life of Brian」、あれも最高に面白いらしいんですが、私にはさっぱり。

あれ、ご存知の方、あれって、そこまで面白いですか???

どうも教養が多少以上無かったらツボにはまらないみたいです

私の今年の目標の一つは捻りが入りまくったイギリス流ユーモアを少しでも解するようになること、かな。「Life of Brian」のDVDを買いこんで、面白いと思えるまで日夜鑑賞してみようか・・・。

*関心ある方、これでストーリー要旨やらレビューやらを見てどんなものかご想像ください。
MONTY_PYTHON'S_LIFE_OB_BRIANMONTY_PYTHON'S_LIFE_OB_BRIAN
(1996/12/18)
グレアム・チャップマン

商品詳細を見る







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イギリス的ブラックジョーク

遅まきながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますね。

どうもこの話題にコメントを書く人がいないようなので、いつもは読み逃げの私めがひと言。

Life of Brian に限らず、MONTY PYTHON には、若かりし頃衝撃的な出会いをして以来のファンでありまする。(あの当時、私の回りには大ファンが多かったのですが、考えてみるとみんな男だったような)

こちらに住むようになった当初、わが同居人は私にイギリス的ブラックジョークを仕込もうと、いろいろトレーニングを課したのでありましたが、ネイティブスピーカーではなく文化的背景の違う私には、所詮不可能な事ではありました。

Have I Got News For You などを見続けて、いまだに無駄なトレーニングを重ねてはおりますが、これはトレーニングでどうなるものでもありませんわねえ。
相手のジョークを理解できても、瞬時にそれに受け答えをするというのが非常に難しいことで・・・

Have I Got・・・の新シリーズはまた春から始まりますので、再トレーニングを続ける事にいたしましょうか。

lapis | URL | 2008/01/04 (Fri) 20:49 [編集]


Life of Brian とか、MONTY PYTHON とか、私は遅れて生まれてきたような、あるいは早すぎたのか、とにかくお目にかかったことがなくて、このあいだテレビでやってましたね。一人だけのチャンネルじゃなかったんで、一部しかみれませんでした。うーん、dvdで研究されますか。すごい皮肉とか、風刺とかですかねえ、あれって。ユーモアの学校には私も興味おおあり、ですが。また、ご感想をお伺いしたいです。

dekoboko | URL | 2008/01/05 (Sat) 06:13 [編集]


lapisさんへ

こちらこそ読み逃げ専門になってしまっていますが、お見捨てなきよう宜しくお願いします。

イギリス人がどっと笑うつぼって、何だか下品な笑いのつぼのような気がしてならないんですが、偏見なんでしょうか。

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 07:07 [編集]


それはちょっと偏見かもしれませんね。
日本のように、下品な駄洒落で笑いを取るコメディアンもいますが、本物はとてもセンスがあってウィッティなユーモアだと思いますよ。

でも、余りにきつすぎるブラックジョークには、辟易することもありますよね!

lapis | URL | 2008/01/05 (Sat) 08:22 [編集]


lapisさんへ

では私もそのHave I got news for youとやらを教材に研究してみたいと思いますv-14

りす美 | URL | 2008/01/05 (Sat) 10:43 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。