イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「黄金のエルサレム」

っていう小説、大学三年の時に読んで大感動しました。

・・・高校一年の時に読んで、子供が産まれたら絶対名前は「武蔵」にしよう!と決意するに至った「宮本武蔵」、
・・・高校二年で読んで、クラクラする程感激したおかげで、暫くは何を読んでもスカみたい、としか思えなくなってしまった「風と共に去りぬ」、

これらに匹敵するような、でも静か~で深い感動の嵐本でした。

Jerusalem The Golden
  by Margaret Drabble

です。絶版になってしまってるんでしょうか、、、アマゾンでは原著も日本語訳も出て来なかったです。良い本なのに残念。

私の行っていた大学に出講されていた、かの田嶋陽子先生による「小説概論」っていう講義を三年生の時に取って、蓋を開けてみたら「ピカレスク小説」というテーマ。テーマは面白くとも、半年で10冊程度の課題図書 in English があって大変だった・・・けれど、その中で特に琴線に触れたのがこの本でした。

*****

さてさて、こういう野菜があります。
エルサレムと何の関係も無い
ラベルが光ってて良く判らないかもしれませんが、Jerusalem Artichoke、つまりエルサレム・アーティチョークと書いてあります。


嫌でも小説の名前を思い出さざるを得ない エキゾティックな名前では、あ~りませんか

普通の英和辞典には載ってない動物や植物などの日本語名が知りたい、そういう場合よく使う 奥の手、、というほどのものでも無いけれど、

まずWikipediaで「Jerusalem Artichoke」を検索して、次に左コラムの言語リストで日本語を選ぶと、「Jerusalem Artichoke」を日本語で何と言うのかが一発で判る!

やってみてください。「あれま、そうなの?」って思うこと請合います。

やった方だけ「続きを読む」がクリックできるように仕込みました

そんな高度な技が私に出来る筈は無く、だから、誰にでもクリックできた筈です、はは。

*****

日本語では「菊芋」なんですって。誠にJapanな呼称! 
・・・エキゾティックなのかジャパニーズなのか、どっちかにしてください!!
・・・・・・・・あれれ、ぶたいもとも言うらしいです!

更に「菊芋」でグーグル検索すると、何と、血糖値を下げる働きをする「ナチュラル・インシュリン」と言われている代物であることが判明。

生のままスライスして味噌漬けにすると美味、とのこと。しました。美味・・・かどうかは保証できかねますが。揚げ煮すると独特のスモーキーな風味が強調されて、その方が好きでした。

*****

因みにエルサレムには何の関係も無いばかりか、
アーティチョークではなくてキク科ヒマワリ属だそうな。

「主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリン」と言及されてます。りんを含む芋!

*****

このややこしいモノ、たまにしか売ってないので、一年に一度くらいしかありつけてないんです。見つけたらサッと買ってます。

ゴードン・ラムゼーが以前、The Times土曜版の付録雑誌に書いていたレシピで美味しそうなのがあるので、最後に残った三個を使ってそれでスープを作ってみたら、

ほっくりでうまうま
*写真をクリックして拡大すると賞味期限がとっくに切れていることが丸判りですが、スープにしたのは期限11日後の1月7日。全く問題無しでしたよ。


でした♪

*****

◆最後に

英語版Wikipediaをお読みになった方には蛇足になりますが、

1. 何故にJerusalem?
2. 何故にArtichoke?

という問題について。

1.は、原産地であるアメリカ大陸からヨーロッパに最初に持ち込まれた当初、イタリア語で「ひまわり」に当たる「Girasole」という名前がつけられた:このイタリア語、「ジラソーレ」、的な発音なんでしょうか。

で、それがジェルーサレム(エルサレムの英語読み)と音が似てる、と、英語名にJerusalemが付いて来たそうな。

2.ですが、味がアーティチョークに似てるからなんですって。私にはそうは思えませんが。

以上、本日のお勉強、終わりです(←花はこんな感じ)






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

菊芋

 糖尿病の方にお勧めの食べ物です。
私も植えましたが良く繁殖します。一度植えた場所では数年間植物が育ちにくい程栄養分を吸収します。
ほかにもタラの木が血糖値の高い人に効く植物です。
 こう見えても私は1月27日薬草研究会の講師を務めます。
今回はイチョウとそばがテーマです。

自然を尋ねる人 | URL | 2008/01/09 (Wed) 22:10 [編集]


エルサレム・アーティチョーク、1年ほど前に『みどりのゆび』でも話題に上った事があります。
Grow Your Own Veg で、ビギナー向きの野菜の中にこれが入っていて、何でこんな厄介なものをと、実際に育てているメンバーの人と話したことがありました。
なんでもトライされるりす美さんですが、これは決して庭には植えられませんように! 
大変な事になってしまいます。
雨の多いイギリスでさえも3mほどに成長、原産国や日本の暖地では環境が合えば5~6mにもなるとの事。
植えたら移植しない方がいいので、広がるばかり。
うっかり捨てようものなら、そこから生えてくる。
うちの近所のアロットメントでも、誰かが植えたものが広がってどうしょうもなくなって放置したものが悠々と育っています。

栄養価が高いので、残念なのですけれどねえ。。。
スーパーで買ったものは、日にちがたっているのでイヌリン半減だそうですけれど。
2回ほど試しに料理してみた事がありましたが、余り美味とは言えなかったのでそれっきりになっていましたが、そんなにおいしいレシピがあるのだったら、またトライして見たいと思います。
ゴードン・ラムジーのレシピ、教えてくださればうれしいです。

lapis | URL | 2008/01/09 (Wed) 22:48 [編集]


凄い!!

すごいお芋があるんですねー!!
母は糖尿病でもあるので、かなり興味深く読みましたが・・・・
犬りんを含む豚芋!ってのには爆笑っ☆

日本では菊芋になるんですね。
今度大きいスーパーに行ったら探してみようと思います。
それにしても、りす美さんの探究心にはいつも感心させられますっ(^^)

くるみ♪ | URL | 2008/01/10 (Thu) 17:21 [編集]


あたしも心動かされました。今度テスコに行ったら、探してみたいと思います。でも太りたくないのよお。

dekoboko | URL | 2008/01/11 (Fri) 04:55 [編集]


あっ、むさし...
うちの猫むさしです(笑)
って、ぜんぜん関係ないですが(^^ゞ

風と共に去りぬ、愛読書だったのですね。それってりす美さんのイメージどうり。
愛情深く、芯が通った女性っていう感じがしますので。

エルサレムアーティチョークですか!面白いですね!
スープにするとほっくりうまうまなんですか。魅力的...^^
美味しくて体によいとなると、嬉しいですね。
それに一年でその時期にしか手に入らない野菜ってありがたさも倍増しますよね^^

harry | URL | 2008/01/11 (Fri) 09:07 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

やっぱり自然を尋ねる人さんにとっては、周知の事実なんですね。繁殖し過ぎても構わない、だから、土地が広くて余裕のある農家だけがやってる、っていうことなんでしょうか?

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:29 [編集]


lapisさんへ

大きなポットに植えてみるっていうのがありかな、とチラッと思ってはいるんです。それでも無謀でしょうか・・・・・。

ゴードン・ラムゼイのレシピは、追ってフォローしますね。

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:31 [編集]


くるみさんへ

菊芋でググってみてください。菊芋の販売サイトなんかも出て来るので、もし定期的に買いたい場合は、そう言う所からの方が良いのかもしれませんよv-14

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:32 [編集]


dekobokoさんへ

おお。dekobokoさんも、あの小説を読まれたんですか!! 同志ですね! ・・・え?? 或いは、菊芋というモノに心動かされた、ということでしょうか?????

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:34 [編集]


harryさんへ

あ、むさやん! 本名は武蔵なんですね!!  私の子供は女だったので、女の子に「武蔵」はちょっと厳しいかと思って、違う名前にしたんです。。

「愛情深く、芯が通った女性」:これは、メラニーのことですね。私は、、激情家で鈍感なスカーレットの方ですぅうう。

りす美 | URL | 2008/01/12 (Sat) 05:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。